FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

ドアの裏からオオ!来る来る来る帰ってくる

Posted by しろくろShow on   0  0

「ぼぎわんが、来る」読了。これで映画版の「来る」を見てから(それ去年の12月の話だよオイヾ(・∀・;))ようやく自分の中で補完および完結ができた気分。
IMG_0629.jpgそれにしてもたかだか400ページ未満の長編を読むのにこんな遅読になってきたようでは今後の読書生活(?)に自信が持てなくなりそうだ(明るい部屋で目が疲れない体勢かつ首や肩が凝らない、もっと言えば眠くならない読書方式に変えていく必要があるな)

こういう原作付きの映画の場合わたしはまず映画版を見て少しでも面白いと感じたら原作を読むようにしているのだけど、当然作品によってはその順番で消化できないケースもあるがその場合は「この話がどのように映像化されるのか」「キャスト誰になるのか」と言ったそこいらのごくごくふつーな期待感を持って映画を見ている。

とりあえずその映画版の方を中心に感想を書いておくが、私はなんと言っても公開前の宣伝に完全にだまされたところがあって(「リング」の貞子を超える恐怖!という煽り方をしておきながら実際流れたテレビスポットはアンタッチャブルのザキヤマと今くるよを起用した完全なギャグ仕立て(しかも「来~る~」「どやさどやさで今「来る」よ」と、持ちネタをダジャレで落とす超ベタなパターンで)見ている方からしたらこれはきっと内容がホントに怖すぎて客で来てくれないかもと心配した映画会社が「逃げ」で作ったCMではないのか?と裏読してしまうところもあったのである(;゚ロ゚)

ましてや原作の方も第22回日本ホラー小説大賞を受賞(作者の澤村伊智はなんとこれがデビュー作だったそうで)しており一般読者筋の評価も高い小説となればそういう期待(コレは死ぬほどコワイに違いない!ひょっとしたら小便ちびるかも!的な)をしないのがおかしい(今思えばめっちゃ自分に都合の良い解釈をして映画館に行ってきたのだろうなあ・・・)

結論から先に書くとこの映画「来る」で我が輩が感じた恐怖レベルは正直それほどでもなく、寧ろ正当または純然たるホラー映画ではなかったのかなと私には思えたのだった(映画始まって直ぐからの数分だけはまあまあコワイが、ホラー臭があったのはソコだけだったかも)これをムリヤリでもあえてジャンル特定するのであれば「お祓いエンタメ」とでも言うべきか、同一視して良いのかどうかは判断しかねるのだが、りんたろう監督のアニメ版「幻魔大戦」のエスパーの扱いを祈祷師(エクソシスト)に変えた物と思ってもらえばイメージしやすいかも。

但し怖くないからつまらないかというとそういうわけではなく、先に書いたとおりエンタメとしてはかなり面白かったと私は思っているのである。自分で勝手にめっちゃコワイ映画だと決めつけていたから「え?思てたんとちゃうやん(ーー;)」と一瞬反応してしまっただけで、映画の属性としては「妖怪ハンター・ヒルコ」、近年だと「貞子vs伽椰子」のような現代妖怪/モンスター(物の怪)映画でもあり、それに創作民話や都市伝説をブレンドした味付けの巧みな好編だったとも思っているのだ。

映画の方で特徴的なのは「けっきょく"ぼぎわん"ってなんなん?」(小説では"ブギーマン"という言葉が海を渡って日本に伝わっていく過程で、ある地方では"ぼぎわん"という名前で定着したと語られていた。小説版はこうした言葉遊びを随所で物語に埋め込むのが巧妙で、じわじわあとからボディーブローのように効いてくる)という点をぼかしたまんまにしている点で、その正体が少しずつ判明していく中、実体を最後までハッキリ見せず物語を進行していたのはミステリアスで強敵イメージを最後まで崩すことなく機能していたし、その流れで最終決戦(ここでの中島哲也監督の演出は「対決」を「祭り」のような見せ方にしていて、それに意味があるのか無いのかよくわからない「大袈裟ぶり」は観客サイドの高揚感をすごく煽られている感覚があって妙に気持ちよかった)になだれ込んでいくあたりではもう映画のムードが「陰」ではなく完全に「大・陽」となっており、ホラー映画の香りは一切しなくなっていたのであった。

また、この映画で面白かったのは原作同様三部構成となっているところで、主役(語り部)は順次交代していくのだけど、特に二部(主役=黒木華)の項は完全に原作を超えていると思わずには居られなかった。一部の妻夫木聡の"リア充サラリーマンアピールのうざさ"が本気で腹立つところもかなり心がざわざわして(__;)良かったのだが、黒木華のパートでは毒親(母)に育てられて「ぜったい母のようにはなるまい」と誓っていたはずの彼女がどんどんそれに近づいてしまう女としての業の部分というか、この描写がすさまじくもリアルでなんとも言えないエロスを感じてしまったのである(我が輩はこの映画で一気に黒木華のファンになってしまったよ)

公開は終わったけどDVDが出た暁にはホラー映画だと思って敬遠していた人にそうじゃないから安心して楽しんで欲しいと言いたいが、ゴア(残酷描写)シーンは「IT/それが見えたら終わり」程度はあるので、あれがアカンかった人はちょっとしんどいかも。でもくどいようだけど映画としてはまちがいなく「エンタメ」だったよと断言しておきたい(中島哲也監督は前作「渇き」がイマイチだっただけに今回はかなり挽回できた感じがしたなー)ちなみに原作の方はまごう事なき「ホラー小説」で、こっちはけっうコワかったッス(ーー;)

ともかく今回は原作も映画版もなかなかのアタリだったというはなしでした。

遠くの〒から来た男が、本のタイトルを教えてくれる

Posted by しろくろShow on   4  0

Amazonで古本を注文していたのが郵便で届いたのだけど、いつもなら買った物の中身がわからないようにしてくれているのに今回はどういうわけか封筒に思いっきりタイトルが書かれており、我が輩が何を注文していたかがバレッバレになっていたのであった(ーー;)

ちなみにその本は「君はウルトラマン80を愛しているか」というタイトルで、封書の方には私の宛名へ併記するような形でこの文言が書かれていたのである。仕事から帰宅したら家内より「なんかアンタに問いかているような荷物が届いたぞ」と言われ、なんじゃそりゃと思ったらこの状態だったという( ̄。 ̄;)

まあ別に腹立ったりしたわけではないけど(何の自慢にもならんがこういうことの免疫はあるので)できれば「書籍」くらいでお茶を濁して欲しかった気はするよな(^_^;)

それでなぜこれを今頃買ったのかというと(発行自体は14年も前の本)近年我が輩は過去に処分してしまった特撮本を一部また買い直すようにしていて、特にこのタツミムックの検証シリーズは「帰ってきた」「エース」「タロウ」を古書店で取り戻しており、あとは「レオ」と「80」だけになっていたのである。Amazonでは一時価格が高騰していたのだけど、それが落ち着いてきたこともあって買うことにしてみたのだ(今回これで80が帰ってきたのであとはレオだけ。ちなみにレオ本としては昨年「エンターテインメントアーカイブ・ウルトラマンレオ」という本も出ているが、とにかく値段が高いのとサイズが大きいのとで二の足を踏んでいたのだった←基本A5版サイズ以上の本はよほどでなければ手を出さないようにしているのだよ)

img_0 (1)あと私の知る限りで80の研究本・ガイドの類いは講談社の「ウルトラマン80超百科」およびケイブンシャ「ウルトラマン80大百科」というのがあったと思うがあれはどちらも少しお子さま向けだったし、オンエア当時には「別冊てれびくん・ウルトラマン80」(右画像の本)というややマニア対象の(体裁は子供向けだった物の、一話のシナリオが丸々掲載されていたり関係者へのインタビュー記事も豊富だった)ムック本が出たこともあったけど紹介されているのが6話までと言う半端さだったので、一冊全てが「80」という大人向けの本は同人誌を除けばたぶんこれだけだったと思うのである。

今回買った本自体のコンディションはとても良く、帯も付いていたし値段もほぼ定価並と比較的良心的だったおかげで買い物としてはとても満足している(発送方法はもう少し何とかならんかったんかと言いたいが(--#))中身の方は先に書いた「別冊てれびくん」をブローアップしたような構成で全話解説はもちろん考察・インタビューもたっぷりあったからまったく不満はないが、唯一残念だったのはヒロインだった石田えりのインタビューがなかったこと(彼女の「80」に関するインタビュー記事は「ウルトラヒロインズ」という本で読めるが、この本がまた高くて買えないのよ(ーー;))

しかしこうして本を読むと今度は映像を見たくなってしまうからいけない。もともと「80」は前作「ザ・ウルトラマン」でウルトラシリーズがアニメになってしまった落胆を解消してくれた番組として、当時はそらとんでもない期待を持って毎週見ていた番組でもあったし別の意味でも(単純にリアルタイム少年視聴者だった「帰ってきたウルトラマン」の時とは違い、すでに中学生になっていた自分にとっては芽吹きつつあった特オタとしての自覚を持ちつつ、番組をマニア眼で見ようとしていたところはあったのだ)思い入れは強い番組だったのである。

気長に待っていればファミ劇HDリマスター版ウルトラの枠でいずれ80も放送されるのだろうかと期待はしているが(但し「80」に関しては今までそういう処理(HD化)をされたという話を聞いたことはないけど、そもそもBlu-rayですら出てないんじゃなかったっけ・・・) 

※参考動画「ウルトラマン80」ノンクレジットオープニングタイトル

シャウト無くしてオタソンなし

Posted by しろくろShow on   6  0

年明けからNHKで放送が開始された「トクサツガガガ」がひじょーに面白い。我が輩原作は読んでいたのだが、正直同じ特オタ(=特撮オタク)でも自分とは少々生態が違うなという違和感があって(と、言うかコレはジェネレーションギャップの問題でもあるけど、自分のような種類の特オタは漫画版にも出てくる"懐古怪人"と変わらないのかも・・・)当初はドラマ化されたと聞いてもさほど興味は持ってなかったのである。

とりあえず一回目だけ見てみようかと軽い気持ちでチェックしたら、いかん、これは面白いぞと(ーー;)完全にハマった状態になってしまったのであった。ドラマ版の方は原作をほぼそのまま素直に映像化しており、特にテレビならではの新展開みたいなのはここまで(二話まで)特に無かったにもかかわらず、おんなじストーリーをやりながらなんでドラマ版がこんなに面白いのか私は不思議でならなかった。

それで自分なりに思ったのはこれって題材そのものが実はマンガよりテレビの方が向いていたのではないかという事で、いろいろな演出(仲村さんの脳内に登場するトクサツキャラたちの表現が原作以上に「今そこにいる感」があるためよりシュールさが増長されていたり←当然他の人には見えてないという体でやっているのだが、似たような見せ方だと「怪獣倶楽部」のときの本郷奏多が妄想する脳内登場怪獣たちがある)が相当なデフォルメとなって提示されているように見えたのである。

あとはキャスティングの方もなかなかどうしてツボを外しておらず、仲村さん役の小芝風花は実年齢に合わせた少し若い設定(原作では26歳のところを24歳に)になっており、最初ビジュアルを見たときはちょっとイメージ違うかもと心配していたのだが今ではすっかり慣れてしまった( ̄。 ̄;)(また、話の中では随時関西弁を駆使する必要があるため大阪出身の彼女はこの点でピッタリとも言えたのだ)ほかでは北代さん役の木南晴夏が漫画版とクリソツなのもビックリしたし(ーー;)

残り4回しかないのが勿体ないので、ここはぜひシーズン2も検討していただきたいとNHKには申し上げたい。

それで今回ドラマの方にも登場した"カラオケ怪人"(下画像参照。こうしてみるとマンガの再現度クオリティがホント高い)の毒気に当てられたのか、ちょっと無性にカラオケに行きたくなってしまいこの週末は某所でスキモノ達とオタソン祭りを敢行していたのであった。
karao.jpg

今回我が輩が唄ってきたのは_

①昭和仮面ライダー・オープニングメドレー(1号からゼクロスまで。唄いきるのに10分かかってしまった( ̄。 ̄;))
②平成仮面ライダー・オープニングメドレー(クウガからブレイドまで。キーが高くて"懐古怪人"には難しすぎる・・・)
③昭和仮面ライダー・エンディングメドレー(「まわせ!ふかせ!エンジン吹かせ!」のところでこの日最大の雄叫びを)
④水木一郎40周年メドレー(参考動画はこちら。終盤で歌えないのが三つくらいあったなー・・・)
⑤タイムボカンシリーズメドレー(「タイムボカン」から「イッパツマン」までの主題歌)

たぶんあと6,7曲は歌ったと思うけどそれらもすべてメドレーだったので消耗度が激しく(ーー;)最後は声ガラガラ。また2月になったら今度はヒトカラへ行こうかな。

※2月3日(日) NHK総合チャンネルにて 午後3:47~5:58・「トクサツガガガ」の1~3話一挙再放送が決定 詳細はこちらで 見逃した人や興味ある方はこの機会にご覧くださいませ。

我ら特オタを狙う東映チャンネル本部が送った次なる使者は

Posted by しろくろShow on   6  0

次回"怪奇バッタ男"にご期待ください(タイトル含めてここまでは中江真司さんの声で読んでいただきたい)
※本記事閲覧時のBGMはこちらで

と、いうことで東映チャンネルでは今月から三ヶ月連続の特集として最初の「仮面ライダー」を集中放送することになった。その第一弾が今週からスタートし21日の月曜から明日25日の金曜まで毎日8話ずつの40話までがオンエアされる予定となっている(続きは来月2/18~2/22に41話から80話まで、残りの81~98話は三月中に)

mask.jpg

昨年東映チャンネルがスカパーのサービスパックに降りてきたとき私は即契約変更を行ったのだが、そのときからもっとも見たい・録画して残しておきたい、と思っていたのはこの元祖「仮面ライダー」だったので自分にとっては待ってましたという感じだったのである。この三日間は初期の1号編(1~13話)と2号編(14話~24話)を一気に見ていたが特にサボテグロン登場の回以外の2号編はほんと久しぶりで、たぶん二〇年以上は見てなかったんじゃないかと思うのだけど、それを含めてここまでは番組が試行錯誤を続けながらなんとかスタイルを確立させてきたことがよくわかるのだった。

「怪奇アクション」を謳っていた序盤から主役を交代して以降の明快で陽気な「アクション活劇」への転換はメイン視聴者である我々当時の子供に対して間違いなくプラスの効果があったと思うのである。自分のことで言うと我が輩は思いっきりリアタイ世代(ライダーをやっていた頃(1971年-73年)私は5歳から7歳)なのだが、最初に「仮面ライダー」を見たのは確か第2話の「恐怖蝙蝠男」で、これがもう当時は怖くて怖くてたまらなく(__;)一緒に見ていた祖母にしがみついたままテレビを睨んでいた記憶があるのだけど、怖いもの見たさとでも言うのかそこで終わらずに次週以降もずっと見てしまったのはやはり某かガキを引きつける要素があったのだろう。ただしばあちゃんにしがみついていたのは毎回変わらず(~_~;)特にゲバコンドルの回は泣きそうになりながらも(T^T)最後まで見続けていた。

それが14話以降の2号編では怪奇なムードは相当に薄味となり、それまでは文字通り暗躍して人知れず破壊活動を行っていたショッカーも白昼堂々姿を現すようになったし、なにより旧1号編のような悲壮感が(己が人間でなくなったこと、一歩間違えれば自分もショッカーの怪人として扱われていたであろうという悲しみみたいな)いっさい画面からは出てこなくなって、キャラクター(または役者)のカラーもあってのことだと思うけど一文字隼人(佐々木剛)には本郷猛(藤岡弘)のような自分も被害者のひとりであったという雰囲気は微塵も感じられなかったのである(むしろ「改造されたもんはしゃーない(ーー;) せっかくだからこの力を何かの役に立てよう」とどこまでもポジティブなムードを彼は持っていた)

これをまた最初の数話で時間をかけて(一文字登場後は前後編のエピソードが最初のクール13本中で8本もある←それぞれ第14話「魔人サボテグロンの襲来」第15話「逆襲サボテグロン」/第16話「悪魔のレスラーピラザウルス」第17話「リングの死闘 倒せ!ピラザウルス」/第20話「火を吹く毛虫怪人ドクガンダー」第21話「ドクガンダー大阪城の対決!」/第24話「猛毒怪人キノコモルグの出撃!」第25話「キノコモルグを倒せ!」)視聴者になじませてくれようとしたのが功を奏して、いつしか「仮面ライダー」は子供達にとって「怖いけどなんだか気になる」ではなく「かっこよくて楽しい」番組へと変貌を遂げていたはずなのである(私もこのあたりになるともう祖母にしがみつくようなこともなくなっていた)

まさに怪我の功名(藤岡弘の事故による1クール13話での主役交代)ではあったが、この大胆なてこ入れ(変身方法含めたかなりの設定変更)はまちがいなく番組をヒットさせるきっかけになったと同時にドラマとしての幅も与えてくれたような気がするのだ。人気番組として安定期(ちょうどこの2号編のあたりから視聴率の平均が20パーセントを超え、最高で30パーセントを突破することもありつつ最終的には約二年も放送が続いた)に入ったからこそ一度は脱却した「怪奇アクション」への原点回帰も中期以降は定期的に行われたわけで、その辺想像の域を出ることはないがスタッフサイドとしても当初描いた世界観を貫けたことは満足度もきっと高かったことだろう。

そんなこんなで第一クール時に怯えながら見ていた我々当時の子供もその頃にはすっかり免疫が出来て、多少不気味な怪人や怖そうな大幹部が出てきても、「仮面ライダー」という番組自体を心から楽しんでいたと思うのである(物語はより単純にかっこよく、そしてドラマ構造がどこまでも勧善懲悪になったことで)今回はその頃のことを色々と思い出しながら再見していくつもりだ。

とりあえず明日の1月放送分最終日では我が輩の一番好きな回である第40話「死斗!怪人スノーマン対二人のライダー」を新テレビで鑑賞できるのかと思うとワクワクが止まらなかったりする(ーー;)ちなみに現在同チャンネルで放送されている物は2010年に作成されたHDマスター版ということで、以前に比べればかなり高画質になっているハズなのだけど55インチのテレビで見るとそこまでの綺麗さはあまり感じられなかった。唯一おおっと唸ったのは緑川ルリ子(「アイアンキング」にも出ていた真樹千恵子)のバイクスタントを担当していたのがミッキー吉野みたいなオッサンだったこと( ̄。 ̄;)コレに一番驚いたですわ(何十年も気がつかなかったことがテレビが大きくなることで判明するという)

※「仮面ライダー」HD化に関する参考動画

四国では禁断の宴が二ヶ月遅れて始まるそうだよ

Posted by しろくろShow on   4  0

◆正月明けてから仕事が意外と忙しくなってしまい(ーー;)最初の連休も昨日の土曜も休日出勤が入り少々疲労困憊中(~Q~;) 今は腰にサロンパスを貼ったままコレを書いているところである(膏薬の香りがますますジジイ化を促進させるのお・・・) とりあえず今年も既に20日が経過したし、いつまでも年賀挨拶のエントリーで終わっていくわけにもいくまいということで、いろいろ書いてみることにした。

◇このブログで今年私が最初にやったことはテンプレの変更だった。ここしばらくは気に入ったものがなくて以前のスタイルをずっと継続していたわけだが、いま使っているモニター+パソコンの解像度が1920x1080で、コレだと両サイドがすごく余ってやたら余白が目立ってしまうのだ。なので以前からもう少しワイドで使えるテンプレが欲しくていろいろと当たっていたのだが、あーこれならいいかもと思って導入したのが今回のモノなのである。

トップ画像のバナーも大きく取れるし複数枚使えるのが気に入った(毎度の事ながら絵のチョイスと編集にセンスがないのは許してくれ(ーー;))また、写真のサイズも解像度に合わせて可変するのがありがたい。ただし埋め込み動画だけはシンクロしないのでこのテンプレ使っている間は参考動画掲載をリンクするだけにしようかと思っている(もっとも、どこかで飽きたり「なんかちがうな」と感じたらまた以前の物に戻っている可能性もゼロではない←これもこのブログでは慣例事項)

◆昨年暮れから年始にかけて見た映画やドラマの記録。ざっと一覧にしてみた。

 ○「来る」・・・劇場で鑑賞。今原作の「ぼぎわんが、来る」を読んでいる途中なのでそれが済んだら感想を書こうかなと
 ○「ハイランダー・悪魔の戦士」・・・シネフィルWOWOWで数年ぶりに再見。相変わらずアタマとラストだけが異常にカッコいい、その印象は不変。
 ○「ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル」・・・スターチャンネルで視聴。カレン・ギランがすぱらしく可愛いのが良いのだ(ーー;)
 ○「レッドスパロー」・・・スターチャンネルで視聴。自分の中では「ニキータ」ほどの盛り上がりはなかったなあ・・・
 ○「アンフレンテッド」・・・Netflexで視聴。最近ぽちぽちあるPC画面だけの映画。アイディアは良いけどやっぱり長くなるとダレる。
 ○「TSUNAMI-ツナミ-」・・・チャンネルNECOで視聴。韓国産のパニック映画という部分で新鮮味はあった。
 ○「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」・・・MOND-TVで視聴。中身は酷いもんだが(__;)大島ゆかりさんを見たくて鑑賞。
 ○「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」・・・東映チャンネルで視聴。思ってたより全然楽しかった。また別途感想を書こう。

で、先月テレビを買ったときに申し込んでいたスカパー無料体験の権利を使って1/11までWOWOW以外の全チャネルが見られたため、HDDにはまだ映画が15本、なつかしの昭和プロレスと野球関連番組が10本近く未視聴で残っている。こうして書くとなんだか鑑賞本数が少ないのではと思われそうだが実は休みの間主に見ていたのは最近アマゾンプライムに降りてきた「エレメンタリー/ホームズ&ワトソン」「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」の二本で、「エレメンタリー」はシーズン5まで「キャッスル」の方はシーズン7までが見放題になっていたのであった。

両作品とも私はDlifeで見ていたのだけど、どちらも歯抜けというか最初の方を殆ど見てなかったのでこれ幸いとばかりに連日連夜遅くまでこれらをフォローしていたのである。当たり前だがやはりどちらもシーズン1のストーリーが一番面白く、レギュラーキャストが馴染んでドラマとして充実してくるのがシーズン3あたりというのは傾向としてよく似ている(そしておそらくシーズン5以降はグタグダした感じになるのだろうという予想もついてしまうが)

特に「キャッスル」の場合この番組はベケット刑事役のスタナ・カティックの存在なくして成立しないといういうくらい彼女の魅力ありきで保っている番組なのだなとあらためて感じてしまった(本来の主役であるキャッスル役のネイサン・フィリオンだけではたぶんここまで続かなかったんじゃと我が輩は思ったですよ)

そのスタナ・カティック主演の新作ドラマ「アブセンシア~FBIの疑心~」(一昨年WOWOWでオンエア済み)がこれまたプライムに降りてきたので、こちらも一緒に見ておったわけですが( ̄。 ̄;)個人的にはちょっとビミョーな感じだった。全10話のミニシリーズなので長いの苦手な人には良いかも(初回はめちゃめちゃ面白かったけど)

「サスペリア」がリメイクされたと聞いてぜひ見たいと思っていたのに徳島ではまったく公開予定がなくプンスカとヽ(`Д´)ノしていたので、それを埋め合わせるべくAmazonで「サスペリアマガジン」(新旧2本の「サスペリア」だけで一冊というとんでもない本( ̄。 ̄;))というのを買っていま読んでいる。

ネタバレに触れないよう神経質に読んでるけど、そのせいでますます本編を見たくなってしまった・・・と、思っていたら今日聞いた話だけどお隣の香川で三月に劇場公開されることになったそうだ。これは行かねばなりますまい。

 ○ホール・ソレイユにて3/22より上映