You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

こんなビデオ屋なら常連になりたい

年に何度か心をざわつかせてくれるCSチャンネル、ザ・シネマで4月から放送され始めた好企画「町山智浩のVIDEO SHOP UFO」がとても楽しかったので、あらためてココで紹介してみることにした(こんな気分になったのは同局が一昨年やった「ゴッドファーザー」地上波吹替版一挙放送の時以来だな)

これはどういう番組かというと映画評論家の町山智浩さんが"ロスにあるマニアックなビデオショップの店長"という体で登場し、おすすめの映画を案内してくれるというもので、ちょっとタイトルは忘れたのだが水野晴郎先生が生前やっておられた映画紹介番組のスタイルに近かったのではないだろうか(我が輩の地方では毎週土曜日の正午にやっていたと思うのだけど)

この番組は"第一弾"として町山さんがセレクトする6本の映画(これがまた他局ではまず流れないようなものばかり(;゜ロ゜)我が輩「バニー・レーク_」以外は全作初見となった)の本編放送前後に「前解説」「後解説」としてセットになって流されており、まるで古のテレビ映画劇場のような放送形態になっていたのだけれども、おかげでその世代の(「ゴールデン洋画劇場」とか「月曜ロードショー」等で育ってきた)視聴者だった我が輩などはたいへん懐かしい気分で楽しく見ることができたのである。

私はコレを見たいが為だけに5月だけザ・シネマと契約していたのだが、今月(6月)そして来月(7月)とまだ全作が放送ラインナップに入っているので視聴可能な環境下にある方には是非ともご覧になっていただきたいと思います(しかも内三本が自分の契約月にはオンエアされなかった地上波吹替版だし、我が輩7月だけも一回入ろうかなと真剣に思案中である。ちなみに「バニーレークは行方不明」でローレンス・オリビエの声をアテている原保美さんは「怪奇大作戦」のSRI/的矢所長役の人で特撮ファンにはお馴染み)

そのラインナップは下記の通りだが、それぞれのトレーラーと「前解説」の動画をセットにして貼り付けてみた。

1.「サボテンの花」 (監督 ジーン・サックス 出演 ウォルター・マッソー)
 

2.「追跡」 (監督 ブレイク・エドワーズ 出演 グレン・フォード (納谷悟朗))※吹替版
 

3.「バニー・レークは行方不明」 (監督 オットー・プレミンジャー 出演 ローレンス・オリヴィエ (原保美))※吹替版
 

4.「泳ぐひと」 (監督 フランク・ペリー 出演 バート・ランカスター )
 

5.「大反撃」 (監督 シドニー・ポラック 出演 バート・ランカスター (久松保夫) )※吹替版
 

6.「恐怖」 (監督 セス・ホルト 出演 スーザン・ストラスバーグ )
 

このうち何本かは町山さんの「後解説」が無ければ「?」のまま終わっていたであろう映画群で、特に私は「泳ぐひと」の異質・異様さ(?)にまったくついて行くことが出来ず、この解説を聞いてようやく喉につっかえた魚の小骨が取れた気分になれたのだった(それくらいまあみょ~な映画だったなと(__;))また、前からずっと見てみたいと思っていた「恐怖」が期待に違わない良作で、わたしは今回のセレクトではこれが一番面白いと感じられたのである(そして当然ながら「後解説」は放送の中でしか見ることはできない)

この企画はまた時期を見て第二弾を計画しているそうで(或いは形を変えて町山さんに登場してもらうとか)そちらの方も期待できそう(どうせなら今度は最初から吹替版も用意しといてもらいたいもんだ)
Category: ◆本を読むと眼から血が出ませんか?=映画本読書感想文  

俺はジェットジャガーで行く!(いや、もっと他にあるやろ( ̄。 ̄;))

IMG_0102_2018053020123164a.jpg狙っていたのかどうかは定かでは無いものの特撮秘宝系の新刊「別冊映画秘宝・オール東宝メカニック大図鑑」の表紙が「レディ・プレイヤー1」のイメージで描かれていたのは笑ってしまった( ̄∇ ̄) (「レディ」を見た直後だったからよけいそう思った可能性はあるなあ)

そしてこれはなかなかに読み応えのある本だったのだけど、読後は満足すると共にいったいいつになったら「特撮秘宝」の8号が出るのだろうと、今回も出版告知が無かったことに落胆するという二つの気持ちが交錯していたのであった(気長に待ってりゃそのうち出るんだろうけど)

我が輩は自分のことをコケの生えた懐古特撮ファンだと自負して居るのだけど、造形物にさほどの思い入れが無いためフィギュアやプラモデルの類いは普段からまったく買わない(そもそも欲しいと思ったことがあまり無い)

なので特撮系のムック本や解説書なども図版メインのモノはあまり手を出してこなかったのだが、この本はサイズも手頃(横15cm縦21cm)で"図鑑"を謳いながらも文字による情報はかなりの量があり、読み物としても十分楽しめる内容になっていたのである(合間には下写真みたいな濃い座談会もあったりしてひじょうに面白かった)

構成としては以前出た「別冊映画秘宝・オール東宝怪獣大図鑑」と同じく作品ごとに登場したメカ類を順次紹介していくスタイルで、特に「さよならジュピター」に登場する宇宙船等は今見たらとても格好良く、この映画デザインと造形は悪くなかったんだなと(それ以外何か良い所があったのかと言われると困るのだが(ーー;))今になって感心させられてしまった(この辺はカラーページで紹介されている)

できることなら今後このシリーズは以前出された「別冊映画秘宝・東宝特撮女優大全集」を再編集して「オール東宝女優大図鑑(仮題)」と名を変えて出版して貰えたら嬉しいのだけどね。

でもホント最初にも書いたけど東宝がその気になれば自社のキャラだけで「レディ・プレイヤー・1」的な物は作れると思うので、一回くらいやってみても面白いかもしれない。特撮ファンであればメカゴジラ全機とメカニコング、さらにはジェットジャガーと昭和・平成のモゲラが同一画面に登場するのを想像しただけでワクワクすることだろうし東宝さん、ちょっと考えてみてくれんですかね。

IMG_0103.jpg

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

遊んでばかりで仕事しない、しろくろは今に●が狂う

徳島では上映終了日が近づいていた「レディ・プレイヤー・1」(2D字幕版、たぶん4DXだと酔うんじゃないかと(ーー;)心配だったんで敢えて2Dを選択)をよーやく見てきた。

いやもう予想していたより遙かにスゴかったな~・・・( ̄。 ̄;) そしてこれはなんと言えば良いのか、文字で感想を書いて人に説明・推薦をすることの意味があまりない映画だったというか、こういう手合い/ジャンル(主に80年代のSF/ホラー/ファンタジー等々)が好きな人であれば無条件に血湧き肉躍らせることが出来る物であったと、そういう言い方をするしかない映画だったとも思うのである(要は「見ればわかる面白さ」といか言いようのないモノだし「カネかけた"スーパーロボット大戦"みたいなもんだよ」と、一言添えればばだいたいイメージは伝わるハズ)

それで当初心配していた本作でネタに使われている各映画・各キャラたちを一切知らない所謂「いちげんさん」に対しても大枠のストーリー設定が簡単なために劇中で何をしているのかが直ぐわかる親切設計(?)になっていて、これを劇場によっては3D/4DXで上映しているのはそういう人たちにアトラクション映画として単純に映像を楽しんで貰おうという事なのかもしれないのだが、ある意味客層に合わせたダブルスタンダードの対応になっていたのは見事だなと、そっちの方にも感心させられてしまったのだった(マニアには細かく深い所を、ライトユーザーには全体を俯瞰で見てくださいという感じ)

また公式サイトを見て貰えば概要はわかると思うのだけれども、やっていることは特に目新しいことでは無く最初から最後までよくあるストーリーの範疇に収まっている。しかし乍ら先に書いたようにコレはそういう物語を追いかける映画では無く、何処まで自分が映像に埋没しいかにお気に入りのキャラたちと戯れるか( ̄。 ̄;)スキモノマニア側の1人として意見を書かせて貰うならばそれがこの映画の魅力の全てであったと、我が輩はそう感じているのである。

なのでこんなん○○が出たよ!と書けばそれだけでネタバレになってしまう可能性も孕んでいるので(°°;)あんまり細かいところは書きたくないのだけど、私がツボだったのはゲームステージの一つが丸々「シャイニング」の世界になっていたこと、ここがもっとも楽しかったし嬉しい場面でもあったので、それについてはちょっとだけ語らせていただきたい。

なにせ自分にとってはマイ・フェイバリット・ホラーの「シャイニング」、どういう味付けをされるのかなと思いながら見ていたら、ちゃんと映画館に入る所からスタートするのが良かったし同作のテーマ曲(オープニングの♪ぶーん、ぶーん、ぶー、ぶーん♪ああ、いつもの如く伝わりにくい説明だ・・・(__;))がかかって例のオーバールックホテルへ場面転換する所は思わず声出して笑いそうになってしまったくらい(アソコで笑っていたらきっとイタい客扱いされていたのだろうなあ・・・)

過去「シャイニング」に関してはオマージュ、パロディ各種いろんな事で模倣が繰り返されてきたが、ここまで完璧にコピーされていたのは今回が初めてだったのでは無いだろうか(も、それくらいどの名場面も完コピされていたのだけど、さすがに乳首まで出すのはダメだったみたいね(ーー;))

なんでも当初は「シャイニング」ではなく「ブレードランナー」を舞台として使う予定だったらしいが続編の「2049」が直近で公開されることになっていたので見送ることにしたそうだ(それはそれで見てみたかった気はする。うどん屋のオッサンがそこら中に現れてブラスター撃ってくるとか、いろいろやりようはあっただろうし)もし続編やるならソッチで是非やってもらいたい(それは別としても原作小説版の「ゲームウォーズ」では日本製キャラがレオパルドントとかウルトラマン、さらにはライディーンなんかも含まれていたのでつい期待はしてしまう)

わたしはもう正直この大ネタだった「シャイニング」のパートで入場料分元取った気分になってしまって、極端なこと言うと残りは惰性で最後まで見ていたようなモノだったのだが、それでもあのモブシーンに登場するいろんなキャラやメカ類を目で追いかけていくのがアホみたいに楽しくてどうしようもなかったのだ。

動きが速すぎて肉眼で確認できたヤツはたぶん半分も無かったと思うモノの、もうひとつ爆笑しかかったのは××(一応自粛)を「ウルトラセブン」のカプセル怪獣みたいな使い方したところで、思わず「なんでコイツやねん!」と大声でツッコみたかったくらいだが(;゜ロ゜)アレはオモロかったなー。

それで映画が終わってから感じた事なのだが、七〇歳過ぎてよくこんな邪気の無い(念のためだが褒め言葉)映画が撮れるなと、監督のスティーヴン・スピルバーグをあらためてスゴい人だなと見直してしまった。どんな天才監督でも年齢と共に撮る映画は変節していくものだと思うのだけど、この人はホント精神年齢が上昇してないのが本当に素晴らしいのだ(クドいようだが褒めてるので。ほかではジョン・カーペンターも同系統の監督さんだと思っている)

あと嬉しいなと思ったのが「レディ・プレイヤー1」を見て「シャイニング」に興味を持ったという人たちがいた事で、Amazonプライムで配信中の同作コメント欄にはそうした声も届いていた(なんとなく仲間が増えていく感覚があって良い気分)

※Amazonプライムビデオで配信中の「シャイニング」
※Netflixで配信中の「ROOM237」(「シャイング」をマニアが解析しようと試みる変わったドキュメンタリー)

最後にもしこの映画を未見の人でお住まいのエリアがまだ上映継続していたら、悪いことは言わないので今すぐ劇場へ行って見てほしいと思います。後からDVDを見てもこの楽しさは半分も味わえないと思うので、自宅にホームシアターを完備してない方であればシネコンの大画面・大音響に身を置いて楽しむことをお勧めさせて頂きます(後日DVDの静止画像をチェックしながら見つけられなかったキャラを探すのも一興ではありますが)



Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

これはヒーロー版の「ヒルストリート・ブルース」だったのだろうか??

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見てきたはなし。

と、言ってもコレGW期間中の事なので見てきてからだいぶ日が経っているのだけど、ようやく五月病(50過ぎていつまでそんなことを言っているのか??というお叱りの声も無く( ̄▽ ̄;))も治まってきたのでそろそろ書いておこうかなと思った次第である。

耳に入れる気がなくてもこのシリーズに関してはいろんな所から事前情報が流れてくるため、今回もこれが二部構成の映画であくまでも「前編」であるというのはわかった上で見に行っていたのだが如何せん続きの「後編」が一年も後になるとは思って無かったので、正直こんなほったらかしのクリフハンガー勘弁してくれよとも言いたくなってしまった( ̄。 ̄;) しかし乍ら映画としては過去のどのMCU作品よりわかりやすくて見所の多い良作だったように思えたのだった。

そもそもMCUの中でもこの「アベンジャーズ」に関して私は以前から高校野球の全国大会みたいな物だと思っていて、各代表(ヒーロー)が一瞬でもキラリと輝く場面があれば多少無理なストーリーになろうとももうそれで成立するモノだと考えていたのである(以前も書いたけど従って各単体作品はそれぞれ県予選を勝ち上がってもらわないといけけない、これ即ちより深く切り込んだストーリーになってもらいたいということでもあるわけで)

じっさい「アベンジャーズ」「同・エイジ・オブ・ウルトロン」そして系列的には単体作品では無くこちらに近かった「シビルウォー・キャプテンアメリカ」等では群雄割拠とは言いながらも最後まで1グループ内での出来事を追いかけた或る意味平板な物語だったのに対して今回の「IW」だと最強ヴィランであるサノスを軸にした群像劇になっていたわけで、ここが大きく違っていたと私には思えたのであった。

いままでのアベンジャーズが「とりあえず(ーー;)集うことに意義がある」に徹した作りだったことを考えると、「第一部・完」へ向けて物語が終息に向かいだした今作では各ヒーロー(主に初期メンバーのアイアンマン・ハルク・ソー・キャップ)をそれぞれの場所で均等に描くことによって全体のバランスを取り、それはそれは見事に次作への興味として期待を残す結果にもなっていたとも思うのである。

この大量人数のヒーローストーリー(アントマンとホークアイだけは今回出てなかったけど、まあたぶん何か意味があるのだろうなあ・・・)をよくぞここまで旨く纏めたな、と書けばなんとも簡単な言い方になってしまうのだけど、これはホントにスゴいことだと感じたし、なるほど二部構成でたっぷり時間が取れたからこそ出来たことなのかと、映画を見終わってから激しくナットクしたのだった。

上で↑「第一部・完」と書いたけど、おそらく次の「アベンジャーズ」で初期メンバーは殆ど卒業し、今後は残ったメンバーとこれから出てくるであろう新ヒーロー達によって新しい"アベンジャーズ・ネクストジェネレーション"が展開されるハズなのである。その中心人物がスパイダーマンなのかスター・ロードなのかはわからんけど、オッサン映画ファンとしては正直何処までついて行けるのか(~_~;)些か不安も感じてはおるのだが・・・(と、なんだかんだ言いながらあと最低10年くらいは見に行ってるような気もするなー)

最後に次の「アベンジャーズ・とりあえずいったん完結編」で私がもっとも期待しているのは、何処でも良いしカメオ出演でも良いからとにかくコールソン(クラーク・グレッグ)を出して貰いたいこと。このシリーズ序盤最大の功労者でもあった彼の生存をなんとかトニー達初期メンバーに伝えてほしいと、我が輩はそれを切に願っているのであります(時代設定が90年代の「キャプテン・マーベル」には若作りして(?)出てくるそうですが)

 
Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

人生楽ありゃ苦もあるさ

◇先月末に作曲家の木下忠司先生がお亡くなりになった(なんと享年102歳だったとか(;゜ロ゜))

・産経新聞
・毎日新聞
・朝日新聞

上記含めたメジャーどころ新聞がこぞって訃報を掲載していた事からしても木下先生の残してきた功績はとてつもなく大きかったと思わざるを得ないのである。

特に映画・ドラマ方面に於いては過去の担当作品を眺めているとジャンルの幅も広く、また活動期間も長かったので木下さんの書いた曲を聴けばきっとあらゆる世代の人々が「おおっ、この曲知っとるぞ!」なるのは間違いのない話でもあるのだ(これは誇張ではなく我が輩真剣にそう思っているのだよ)

私の場合だとやはり映画なら「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」テレビなら「水戸黄門」と「特捜最前線」の音楽にもっとも馴染みを感じている。木下さんの怪獣映画は「バルゴン」しかないのだが、これがなかなかどうしてどの曲もしっかり"特撮映画の劇伴"として相応しいテーマ曲になっており、下記動画を見てもらえればわかると思うのだが全ガメラ映画のサントラでもベスト5に入るくらいどれも良い曲だと思っているのである。

「水戸黄門」「特捜最前線」はどちらも長寿番組だったので、たとえば♪ぱぱぱー、タカタカタン、タカタカタン♪(わかって貰えるかなー?音楽を文字にすることのもどかしさってヤツを( ̄。 ̄;))と、今このBGMがかかれば風車の弥七が前方回転しながら登場する場面がすぽーんと蘇ってくるし、または♪たんたたたたーら、たんたたたたーら♪(だから伝わらないって(ーー;)左の画像クリックすると試聴できるので4曲目を確認されたし)と鳴ればああ特命課が動き出したなとすぐイメージできるわけで、その刷り込みの強烈さたるや並大抵の物では無いのだ。

今回の木下さんの訃報は大往生という感じだったので悲しみこそ薄いものの、それでも寂寥を感じられずにはいられない、昭和の星がまた一つ消えたよう気持ちになる寂しいニュースでした。謹んでご冥福をお祈りします。合掌(-人-)

 

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >