FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

バババ円盤ババン~我が友宇宙人

かなり前のことになるが4/6の土曜日、お隣の香川にあるイオンシネマ宇多津「未知との遭遇」を見てきたこの記事に書いたとおり「午前10時の映画祭10」が開催ラストイヤーにして遂に比較的近場で見られることになったのである。これできっと閉幕までの向こう1年間は宇多津に行く機会も増えることだろう。

もともとここは94年に「ワーナーマイカル・シネマズ宇多津」としてオープンした四国初のシネコンだったと思うのだが、その当時はどんどん寂れていく地元の映画館と比べても劇場環境の良さ(この場所で初めて見たのが96年の「ミッション:インポッシブル」。高傾斜で前列の人が邪魔にならないシートやクリアなサラウンド音響、一つの建物で何本もの映画を上映している今じゃシネコン当たり前のスタイルをどれもこれもすごいなと、あの頃は行く度に感動していたのだ(ーー;))に雲泥の差があったので、ほぼ月一程度で通っていたのであった(毎回映画好きの友人2~3人と徒党を組んでガソリン代を等分し車で現地入りしていた)たぶん映画館そのものの施設はある程度初期のモノを流用していると思うので、リフォームはされているもののレイアウトや雰囲気は当時のままだったせいか懐かしさもあり。

閑話休題(ソレハサテオキ)「未知との遭遇」についてだけど、これを映画館で見るのは三度目となる。最初が封切り公開時(小5の時にOSグランドというかつてあった映画館で見た。ここは座席数が500を超えた2階建ての劇場で、当時も今もこれほどのキャパを誇る映画館は徳島に存在していない。2度目が高校時代「特別編」のリバイバル上映がされたこちらも今は無き徳島ホール)

本作はわたしが映画のベストテン企画などに参加する際に必ず入れてしまう映画ではあるのだけど、これだけはちょっと他の映画とは思い入れが違っていて、少しそのへんの事情が変わっていたのである。

それが何かというと要はハマった物のタイミングというか、子供の興味の対象あるあるというか、書き出すと少々長いむかし話になってしまうのだが不幸にしてここまで読んでしまった人は最後まで辛抱して付き合っていただきたい。私が物心ついて(3~4歳の頃)最初に興味を示したのは親の言によると車だったそうで、走行中の車輌を一瞥しただけでそれが何の車種で年式が何で、みたいなのをソラで言えていたそうだ。まったく記憶には残ってないし現在はこれっぽっちも車に興味が無いので不思議な気はするのだけど、父親が車好きな人で私を連れてよくディーラーを廻ったりしていたそうだから、きっとそのときに刷り込まれたのだろう。次にハマったのが怪獣・ヒーロー物である。この時代はわりと長く、4歳~9歳の間約5年ほど続いた(この趣味は思春期にまたぶり返すわけですが( ̄。 ̄;))

そしてそのあと我が輩の新たな興味の対象として出現したのが「野球」と「UFO」だった。野球の話はひとまず置いておいて、なぜUFOに興味を持ったかと言えば、なんといっても日本テレビ系列でやっていた「木曜スペシャル」で年に何度か放送されていたUFO特集に感化されたのが大きく、ガキの頃我が輩はアレをバラエティではなく完全に「報道番組」だと思って見ていたのである。

当時他局の同類オカルト系番組が写真や撮影者のインタビューだけで短時間に終わっていたのと違い、この「木スペ」では90分という尺をフルに使って複数の事案を取り上げ綿密な現地取材(国内だけではなく海外へも年中飛んでいた)と再現フィルムを織り交ぜ、そこへカーク船長でお馴染みの声優・矢島正明の「なんかしらんが説得力のある声」によるナレーションが被された構成でパッケージされていたためか、当時のガキには強烈な印象として残っていたのであった(これは憶測でしかないけど矢島氏の起用は木スペの数年前に同じ日本テレビ系列で放送されていた「謎の円盤UFO」(こちらのナレーターも矢島さんが務めている)を下敷きにしたところがあったのではないか)

62454926.jpg木スペきっかけでUFOに興味を持った我が輩は今度は関連書籍に手を出し始め、中でも南山宏さんのUFO本にハマってしまった(子供ながらに取捨選択の心得はあったのか、UFO本なら何でも良いという感じではなかったようで、南山さんの本は余計な私見は挟まれておらず新聞記事のような伝聞情報に徹していたので、それが信用を抱かせていたのではと思っているのである)

なかでも熟読したのが「世界の円盤ミステリー」というある種UFO/宇宙人の目撃史ともいうべき本で(右画像参照)ここで有名なエピソードの数々(ケネス・アーノルド事件・マンテル大尉事件・アダムスキーの紹介・超有名な「フラットウッズ・モンスター」「FBIに捕まった全裸の宇宙人」等々)を勉強(?)したような記憶があるのだ(この本がもう手元に無いので確認することはできないが)

「未知との遭遇」が公開されたのはまさにそんなタイミングだったので、そらこんな本格UFO映画を昭和の円盤少年が見ずにはおれまいという状態だったのである。なので初見時の我が輩はこの映画をフィクションとは一切感じておらず、「木スペ」や南山本で得た知識をベースに(じっさい「未知との遭遇」は当時のUFO情報を正確に映像化していた。映画の監修者にその道の権威・アレン・ハイネック博士を起用したのもじつに効果抜群)それらの番組や本では当然明かされることの無い「真実/解答」を見ることができるという期待感のような物でいっぱいだったと思うのである(劇中のロイ(リチャード・ドレイファス)の心境と少しシンクロしていたところもあったのだろうなあ)

それまでボケボケの写真や八ミリフィルムでしか見たことの無かったUFOや宇宙人が大画面に映し出されるたびに「これはぜったいホントのことなんだ、世界中で似たようなことが絶対起こってるんだ」と真剣にそう感じてしまったのであった。まー、今ほど情報が無い時代だったとはいえ振り返ると七〇年代のガキってほんとに素直だったんやなー、としか言い様がないのだけど(;´Д`) この映画を見てこういう反応していたのは我が輩だけではなく、たとえば映画監督の手塚真さんなんかも自著「夢見るサイコ」の中で「「未知との遭遇」はスピルバーグが「空飛ぶ円盤」版ウォーターゲート事件として描きたかったのでは」と大真面目に語っている位なので、あの頃の円盤少年たちがこの映画から受けた真実度・ホンモノ臭は相当な物だったと言えましょう。

その後時間も経ってトシもとってある程度分別が付いてくるようになると今度は純粋に映画(エンタメ作品)として「未知との遭遇」を見られるようになってきたのだが、今回数年ぶりに全編を見返してみたら今まで思わなかったようなことが自分の中にいくつかわいてきてしまった。「未知との遭遇」は最初のテレビ放映(日曜洋画劇場)以降LD→DVD→BSでのHD放送といろんなバージョン(主に「劇場公開版」「特別編」「ファイナルカット版」)を各種媒体で自宅鑑賞を行ってきたが、そのときはロイの行動にまったく共感することができず、ひたすら奥さんや子供たちがかわいそうでいくら宇宙人に「選ばれた故の行動」だったとしてもそれはないんじゃないの?と思っていたのだ。

また、バミューダトライアングルで行方不明になった人々が数十年ぶりに帰還できたのも、どうせならもっと早く帰してやれよ!ってツッコミたくなったし、全編がどことなく新興宗教にハマった男の顛末記(その辺もメタファーとして家族崩壊が描かれていたような気もするけど)みたいな作りに見えて、ストーリー的には「しんどい」印象を強く持ってしまったのであった。

それがこのたびの再見だと大画面大音響で見たというのもあってか、けっこう細かいところで引っかかることがあって、まずロイの劇中での現状認識が既に「家族をほっぽり出して自由になりたい」という気配を見せていたこと(深夜のUFO見学に家族を連れ出したとき妻は「若いときにこういうところでデートしたよね」と思い出に浸ったラブサインを出しているのにロイがすごく冷めた態度をとっていたり)また自分が子供じみていることを良しとしているのも然り(自分が思う「子供像」を自分の子供に押しつけようとしたりするのもそうだし、妻から皮肉を込めて「ジミニー・クリケット」(ロイの大好きな「ピノキオ」に登場するコオロギのキャラ)と呼ばれてもそれが伝わらずにノーリアクションだったり→職場から電話がかかってきたシーンで妻が吐く台詞なのだが、この場面字幕にはその言葉が表示されないので今まで気がつかなかったのだ)俺が思い描いたファミリーってこんなんちゃうやん、的な空気が結構序盤から漏れていたのである。

だからあのラストシーンはロイにとってだけは間違いなくハッピーエンドだたのだろうと思えたし、アブダクトされていた人たちの復帰が長期にわたったのも宇宙人側の都合(地球人とコンタクトをとっても大丈夫なのかどうかという下調べもあっただろうし、ウラシマ効果の副作用もあったのではないかと言った事を想像してしまった)と思えばこれも仕方ないのかなと(迷惑を被った彼らの家族にはホント気の毒だけど)そういう見方をしていると実はこの映画って壮大なテーマに見せかけたおっさんの人生リセット物語だったのかもしれないなと、所見から40数年経って全く違う感想を抱いてしまったのである。

こういう自分にとっての様々な時期(或いは年齢)で見たときの印象や感想がガラッと変わってしまう映画ってなかなか無いと思うし、己の中では「未知との遭遇」の特別加減というのは今後些かも衰えることはないだろうと、この三度目の劇場鑑賞であらためてそう感じた次第。それとなんと言ってもジョン・ウィリアムズの音楽がやっぱり素晴らしく、この日以降ラックから引っ張り出してきたサントラを車の中でしつこいくらいに聴いていたりする(これがまた夜聴いたらけっこうコワイのだ(ーー;))(こちらで試聴可能)
関連記事

この餌に食い付いてほしいものだ

gagagag.jpg果たしてこれがシーズン2への布石となるのか、それともタダのGW用穴埋めコンテンツと化すのか、そこいらは知る由もないのだがNHK総合で先月まで放送され、久しぶりにどハマりしたドラマ「トクサツガガガ」の全七話一挙放送と特番のオンエアが決定したのである。

左画像(NHK中部の公式ツイッターより)にもあるとおりBSプレミアムにて以下の日程で放送される予定(地上波ではないので要注意)

・ドラマ10「トクサツガガガ」一挙再放送直前!お宝映像蔵出しSP
4⽉27⽇(⼟)午後11時45分~翌28⽇(⽇)午前0時35分

・ドラマ10「トクサツガガガ」一挙再放送(全7話)
4⽉28⽇(⽇)午前0時35分~午前5時40分


細かくも詳しい情報はこちらを参照のこと。

上記リンク先にはトクサツガガガ展が東京で開催されるという告知も載っているので、関東エリアのファンの方は10連休中に見学に行ってみるのもアリではないでしょうか。

今回は本編は勿論のこと、「お宝映像蔵出しSP」がどういう内容なのかたいへん気になっている(メイキング的なモノだっらなお嬉しい。特に四話のカラオケ編の舞台裏は是非とも見てみたいと思っているのだ)

この勢いに乗って秋頃新シーズンが始まればもっと良いのだが、それも今回の反響次第だろうか。原作未消化の大ネタにはまだ「お泊まり駄作上映会」とか「スペースおせち」等もあるし、劇中劇である「獣将王(ジュウショウワン)」の後番組「ファイブレイバー」もどうせなら思いっきり映像化して欲しいしね~。

で、実は我が輩この両日(27-28日)休日出勤になっていて10連休の初っぱなを挫かれた感が強かったのだけど、この特番のおかげでそれがかなりリカバリーされた気分。当日はこれを楽しみに適当に(?)働いてくるとしよう。
関連記事

PUFF THE MAGIC MAGAZINE

p1.jpgいや、驚いたのなんのって、このことは昨年12月にはまんだらけの公式twitterでも告知されていたそうだが、私が知ったのはほんの数日前だったのだ。

いったい何事かと言いますと月刊誌「まんだらけZENBU」で約8年連載の続いていた中島紳介さんの「PUFFと怪獣倶楽部の時代― 特撮ファンジン風雲録 ―」がついに単行本化されることになったのである。

発売日は来月4日(これはまんだらけ公式サイトへの予約と店頭での先行販売の日程。一般書店での取り扱いは5月31日から)ということで早速予約をかけたのだけど、もうこのページの内容紹介にあった「『PUFF』と富沢雅彦」と書かれた一文を眼にしただけで我が輩既に涙が出そうになっているのだよ(T_T) 

きっと今年のGW後半はこの本を読むことでわたしは時間を費やていることだろう。そしてまたここに載っている各キーワード、および人名にピンと来た旧世代(主に昭和30~40年代生まれ)特撮ファンご同輩の皆々様は絶対買って読むべき本だよと、わたくし今回は強く強~くプッシュしておきたいと思っています(購読はこちらから)

※「PUFF」に対する我が輩の想いはこの記事こちらの記事を参照。
関連記事