FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき

Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

♪視れば いつでも眠くなるー、ふわぁ~と眠りが忍び寄るー

このブログでは過去何度か同じ話を書いてきたが、最近加齢のせいなのかとみに睡眠時間が早くなって困っているのである。そもそもふだんからそんなに目一杯働いているわけでもなく(月-金はほぼ8時~17時の定時勤務で残業ならびに休日出勤は年間20日程度)バリバリ激務をこなしておられるご同輩に比べれば元気・余力がもっとあって然るべきだと思うのだけど、それを近年自分の中で感じることが殆どできなくなっているのだ。

平日だとだいたい18時には帰宅して19時には食事も終わり、風呂入って就寝準備に突入するのが23時頃で、そこから午前2時位までが我が輩の家庭内ゴールデンタイムだと自覚していたのだが、情けないことに0時を過ぎると猛烈な睡魔に襲われるようになってしまい(-_-)゚zzz…映画はおろかドラマすら一晩で1エピソード完走できない状態がここしばらく続いているのであった。

やはり布団に入って深夜テレビを見るという行為がもはやこの52歳5ヶ月の肉体には耐えられなくなっているのかと( ̄。 ̄;)ここにきて諦めの境地に達した我が輩はそれならやり方を変えようと思い、小さい変化をいろいろと取り入れることにしてみたのだ。まず見たいモノがあるときは布団ではなく疲れにくい椅子に座って見るようにしたのだが、そのため数年使用してガタガタになっていた古い二人がけソファーを入れ替え、一人用の大きな座椅子にチェンジ。これだとテレビ画面のセンターにポジションも取れるし音と画面のバランスも良くより集中してモニターに対峙することが出来る。

そして今回思い切ってテレビそのものをバージョンアップすることも決めたワケだが、そうはいっても超ビンボー映画/特撮ファンの我が輩にとって4K/8Kの高品位テレビやHDプロジェクター等は敷居が高く(プロジェクターなんか家が狭くて設置も投影するところもないうえ(T^T)予算の限界はMaxでも7万を切るくらいだし)最初は値下がりしていたPlayStationVRみたいなヘッドマウントタイプを買おうかと考えていたのだけれども(アレ被ると眼前に200インチ相当の大画面が現れるそうだよ)ただでさえ疲れやすくなっている時にあんなモンかぶって二時間も映画見られへんだろうと(ーー;)いう考えに至り、最後は「とりあえずデカくて安いテレビを探そう」という結論に達したのである(現状が40インチなので最低でも50以上にはしたかった)

いろいろ調べてみたら内蔵チューナーを持たない「4K対応」モデルで海外およびマイナープランドであれば我が輩の予算でも手が届くテレビはけっこうあったので、三日ほど悩んでから(^_^;)最近復活した懐かし家電メーカーaiwaの55インチに決めた。これが税込みで67800円とまさに希望通りの値段だったのだ(これ以外だとmaxzenとハイセンスも候補になっていたが、AIWAといえば若かりし頃ラジカセもコンポも自分が持っていたのはすべてココだったので、名前で決めてしまったところはあったかもしれない)

ちゅーことでブツは届いてないため果たして今回の買い物がアタリかハズレかはまだわからんのだけど、これが来れば年末年始の深夜はしっかり眼を開けて色んなモノを視てやろうと計画中(問題なければネットフリックスの4K化くらいは考えても良いかもしれないなー)そんなわけでたぶん次の更新はテレビ設置後になることでありましょう。続報は寝て待て((^_^;)\(・_・) オイオイ)
Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

「○月○日、ブログを開設したのはキサマか?!」→「ちがう!オレはその日徳島でさぬきうどんを食っていたんだ!」

先日お仲間のトガジンさんがブログ開設二周年と言うことでお祝いコメントを書かせて頂いたのだが、その後でふと自分のブログ開設日はいつだったっけ?と、気になって記憶を紐解いてみた。

顧みると我が輩がこのFC2でブログを始めたのは確か2009年の9月からで、そういう意味では先々月が「開設記念月」に当たるはずなのだが、その経緯はけっこうめんどくさい話しで(ーー;)じつは大きな声で「○年○月○日からスタートした!」とは言えない形にもなっていたのであった。

ブログそのものについてはもともと2004年から楽天でやっていたのだが、使い勝手が年々悪くなって途中でイヤになってしまい(現役楽天ブロガーの方にはたいへん恐縮ですが( ̄。 ̄;))引越を考えるようになってしまっていた。で、せっかくだしいろんな他ブログサービスを覗いていちばん使いやすいところに移ろうと思っていたので楽天を続けながら最終的には映画・特撮関連の話しをFC2へ、野球やプロレスの話しはgooへ、身辺雑記はヤプログ!へと棲み分けをして(と、同時に楽天のミラーサイトとしての運用も兼ねていた)平行運用をしていたのだった(ココで言えばミラーサイトとして産声を上げたのが2009年の9月ということになる)

その後楽天を完全閉鎖して各ブログを独自運用するようになったのが2011年の10月なので、FC2側で本格的にやり出したのはこの時期となるのだ。したがって開設は2009年9月だが本格運用は2011年10月からとひじょーにわかりにくい始まり方となっているために(しかもデータ移行した記事が2005年の分からあるのがよけいややこしいという(__*))自分の中では本ブログの記念日認定が出来なくなっているのである(アクセスカウンター設置が2012年の正月からになっているのはそのため)いっそのこと楽天時代のデータは消してしまおうかなと思ったこともあるけど、そのとき頂いたコメントが残っていたのでなんとなくそれも忍びないなと感じてけっきょくはそのまま(何処かのタイミングで「楽天過去ログ」みたいな名前のカテゴリを追加して纏めた方が良いような気はするなー・・・)

そして分派したブログだが、ついに先日野球ブログを書いていたgooの更新を止め、身辺雑記用のヤプログ!に統一することにした。やっぱりなんでも「第三の存在」というのは扱いが雑になったり存在感が薄くなったりで(カプセル怪獣で言えばアギラみたいなもんだ)あまりよろしくなかったのである。やり出した頃のイメージだと月間更新ペースをヤプログ!で10~15、FC2で5~10、gooで3~6程度を考えていて、こことヤプログ!はだいたいその通りになっているのだがgooは月どころか年10回くらいしか更新がなく( ̄。 ̄;)こらアカンなという感じだったのだ(当然遊びに来ていただける同好の方もほぼいないという状況だったし)

いろいろ野球ブログで賑わっているべつの所も探してみたけど、今はみんななんJとかヤフコメとかツイッター等、割とたくさんの人が短文で書いている場所に集まっているようで、我が輩みたいにだらだらと長い独り言みたいな事書く野球系ブロガーは減っているのではないかという気がしたのも撤退した要因だった。

まあそういうことなんで(?)このブログはとりあえず先月で正式運用開始から暫定でまる7年、今日からの11月で8年目に突入する(と、いうことにしておきましょう(~_~;))この7年の間にいろんな方とお知り合いになれたのはとても嬉しくありがたいことでもあったけど、同時にブログを止めてしまった人、更新が止まった人とのお別れはたいへん寂しいものがあったが、ここでブログをやってなければ私のような田舎者が全国津々浦々の(それも同じような趣味を持った)方々と触れ合えることは出来なかったわけで、こういうツールがこの年になってある種の励みや生き甲斐になっていることに感謝しなければならないと、今回はわりとマジメにそう思っているのである(普段からもっとマジメなことを書いておけばより説得力があったろうになー・・・)

とりあえず現状では今後も己のボケ防止の意味合いも含めて( ̄。 ̄;)残った二つのブログをマイペースで続けていこうとゆるく決意中であります。今まで一度でもこちらへ来ていただいたことのあるすべての皆様、何年経っても端から端までしょーもないことしか書いてないブログではありますが、これからも引き続き宜しくお願いいたします

Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

フクオカ、そこはDangerous City・・・

タイトルは「ブラックレイン」がテレ東系の「木曜洋画劇劇場」で放送されたときの予告ナレーションからパクっております(あのときは「オオサカ、そこは・・・」だったっけ)

閑話休題で我が輩明日から一泊二日で博多旅行に行ってまいります。そう、一昨年まるで地底怪獣が出現したかのような大陥没が起こり昨年は6億円もの金塊強盗重件が発生、つい最近も有名ブロガーが惨殺されたというあのフクオカへである。しかも移動に使うのがこれまた大事件のあった新幹線という(;゜ロ゜)なかなかに「危険な旅」となりそうな行程ではあるのだが、これは私にとって年に一度ぜったい行っておかなければならない(?)定期行動でもあるのだ。

まあ簡単に言うと贔屓プロ野球チームの応援に行くというただそれだけの話しではあるのだけど( ̄。 ̄;)主な滞在先は「ガメラ 大怪獣空中決戦」でギャオスを閉じ込め、そしてガメラによって破壊されるヤフオクドームだったり「ゴジラVSキングギドラ」で襲撃ポイントになっていた福岡タワーだったりするので、特撮ファン的にはロケ地巡りという楽しみもあったりする(もちろん「空の大怪獣ラドン」も博多及び九州全域で暴れた怪獣の代表格ではあるのだが、如何せん劇中の景色が古すぎて(昭和31年当時)あんまり参考になんないのだよ(°°;))

それと今キャナルシティでもゴジラのイベントをやっているそうなので、なんとかしてコレも行ってみたいと思っているが、次の更新で一切この事に触れて無い場合は「あー、アイツ行けなかったんやな・・・(__;)」と思ってやってくださいまし。


Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

来年行ってみなければなるまい

遠征は続くよ何処までも、と言うことで24日の土曜日によんどころない事情で(ーー;)島根~徳島間を日帰りで車往復してきた。ウチの家族にとってたいへんややこしい関係の人の墓参りに行くためこの地まで毎年来ておるのだけれども、その人が何者かというのは説明がメンドクサイため、ココでは詳しいことをカツアイする。

info_detail01.jpgそして帰ってきてから留守番を務めていた家内より「私も島根行くならここへ行ってみたい」という話を振られ、足立美術館という場所を教えてもらったのだった(ウチのかみさんはこの手合いが好きなのである)

ふむふむと話を聞きながら公式サイトを覗いていたら、なんとこの中には映画監督の故・岡本喜八さんのコーナーがあると言うではありませんか。

なんでもこの美術館の創設者である足立全康と親交が深かったそうで、その縁から監督没後の2011年に同館内でこういうエリアを設けたそうだ(岡本監督ご本人もお隣の鳥取県米子出身という事で同じ山陰仲間でもある。ついでながら我が輩も鳥取生まれの山陰人なので妙なシンパシーも感じているのだった←と、言っても生後4年までしか居なかったけど・・・( ̄。 ̄;))

そんなわけで来年の墓参りはこちらを経由して行こうかと計画中。それにしても帰ってきてから三日も経つのに未だ疲れが取れないのは如何な物なのか・・・(T^T)



Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

「エクスペクト・パトローナム」だけは憶えていたぞ

三月入って最初の土曜日である3/3に一人で福岡遠征に行ってきた。こちらはまあまあハードな貧乏旅行だったのだが、詳しいことを聞いてみたいと思う酔狂な方は本館ブログに旅の顛末を書いてあるので、そちらを覗かれたし。

また、この日の夕方には前から行ってみたかった"中洲大洋映画劇場"にも寄ってきたのである。時間が合わず映画鑑賞は出来なかったのだけど、一階にあるキネマカフェでお茶を飲ませてもらい、館内の雰囲気だけは多少なりとも感じることが出来たのだった(ひじょーに味のある建物だったなあ・・・(; ̄O ̄))

このカフェでは映画関係者を招いてのトークショーなども開催されているそうで、直近では平成ゴジラシリーズでメガホンも取った大森一樹監督による懇親会なども行われたとか。

福岡には天神方面に"KBCシネマ"なんていうミニシアターもあって、こちらの方もちょっと気になっている劇場なので次の博多行き(たぶん6月くらい)の際には廻ってみようかなと思っている(あとは小倉の"昭和館"だな)

そして遠征が続くときは続く物なのか、この土曜日3/10は夫婦でユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきたのである。これはホント突然決まった話で、家内が朝日新聞の懸賞でワンデイパスのペアチケットを当ててしまい( ̄。 ̄;)しかも期限が3/21迄とあまり日程的な余裕がなく、我々が行けるとするとこの10日しかないだろうと言うことで慌てて朝から大阪入りしてきたのであった。

ちなみにわたしがUSJに行くのは10年ぶり三度目(前回はまだ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「E.T」なんかのライドが健在だった)ガキの頃「ウェストワールド」を見て以来、その影響からかこういう映画系テーマパークは未だに大好きだったので、このトシになっても行く前はかなりワクワクしていたのである(じつは太秦映画村もかなり好きなのだよ)

と、言いながらもUSJはここ何年かで「映画」に拘らないアトラクションを少しずつ増やしてきていて(それは例えば「モンスターハンター」「ファイナルファンタジー」「バイオハザード」と言った人気ゲームや「名探偵コナン」「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」という人気アニメ等)"ユニバーサルスタジオ"というハリウッドテイスト溢れた名前からはだいぶ乖離したアミューズメント施設になってきたような印象を受けていたのだ。

しかし実際にUSJへ久しぶりに来てみれば「ハリーポッター」「ミニオン」と言った新作映画系のコンテンツが主力として機能しており、新名物の"フライングダイナソー"も「ジュラシックパーク」シリーズのプテラノドンが人間を抱えてさらっていくイメージからデザインされていたし、決して「映画」を蔑ろにしているわけではないなと、なんだか少し安心した気分になってしまったのであった。

今回現場で「おー」と声が出たのはなんと言ってもハリーポッターのエリア。なんだかんだ言ってもこういう映画の中の風景を原寸に近いスケールで再現されるとその臨場感は相当な物で、ミニチュアやライドの映像ではないホンモノ臭というのをとてつもなく感じることが出来たのである(城や街並みがダイレクトに目に飛び込んでくるそのインパクトは強力だ(ーー;))

我が輩は今回このエリアだけでも来て良かったなと(^_^;)既に来場二時間程度ですっかり満足した気分に浸っていたのだった。味はともかくバタービールもしっかり飲んでしまったしなあ・・・(一口飲んで「甘!」ってなったわ。それとライドでクィディッチを疑似体験できたのも面白かった)
IMG_2377.jpg

IMG_2376.jpg

IMG_2375.jpg

IMG_2374.jpg

IMG_2387.jpgあと、今回個人的に行きたいと思っていたのは園内にある"LOUIE’S PIZZA"というピザ屋さんで、ここは「ゴッドファーザー」に登場する同名の店をモチーフに作られているという話だった。

昼食はここで取ろうと最初から決めていたので迷うことなく入店してきたけど、まったく映画と一緒というわけではないがそれなりにあのムードに似せた空気は感じ取ることが出来たかなと思う。

※映画の中ではこの店がマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)の"最初のマフィア仕事現場"となった重要な場所でもあるのだ。

店舗の真ん中付近には撮影用のパナビジョンフィルムカメラが飾ってあったりもしたが、どうせならトイレに拳銃が隠してあるとか突然どこかのテーブルから銃撃音がするとか(^_^;)そんな仕込みがあっても良かったとは思ったけど。

この日は予想していたよりも待ち時間が長くなく、この後も「スパイダーマン」「ターミネーター」「ジョーズ」「バックドラフト」「ジュラシックパーク」「シュレック」と映画関連の物を軸にして順調に見て回ることが出来たのであった。
IMG_2381.jpg

ほかではミニオンパークが混み混みで見学を断念したのと「ウォーターワールド」のショーがお休みだったのは残念だったが(フライングダイナソーとバックドロップはもともと乗る気無かったので良いのだ。あんなもんゼニもらってもよー乗らんわ(; ̄ェ ̄))予想以上に満喫できた事には心から満足している。

次来るのが何年後になるかはわからんけど、またびっくりするようなアトラクションが出来ていることを期待したい。本音を言うともう少し古い映画にもスポットを当ててもらいたいのだが、そういう趣旨でシニア向けの別館とか建ててくれても面白いかも。
IMG_2386.jpg

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >