You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき

Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

店の名は○○、自転車屋のとなり

今月に入って直ぐのこと、京都みなみ会館一時閉館のニュースが飛び込んできた。

・京都現存最古の映画館閉館へ みなみ会館、移転再開目指す

・京都みなみ会館が閉館を発表 理由は施設老朽化、2018年中の移転・営業再開目指す

・京都みなみ会館2018年3月末日閉館のお知らせ!! 名残惜しいが残念!


minami.jpg今や西日本に棲む(いやいや、住む( ̄。 ̄;))怪獣映画ファンにとっては「聖地」と言っても過言では無い劇場だと思っていただけにかえすがえすも残念な話だ。

但し今回は上にも書いてあるとおりあくまでも「一時閉館」とのこと。現状では移転候補地を探しているらしいので、そこに一縷の望みを託して少しでも早期に復活してくれることを願いたい(これは同じく今年閉館した京都の立誠シネマに対しても同様)

あの独特の佇まい(昭和の映画館そのまんまってヤツ)を再現するのはおそらく難しいことだろうが、せめてみなみ会館の象徴とも言うべきあの扉だけでも(来館した映画関係者のサインやイラストがびっしりと描かれている)残してもらい、新館でドアとして使えなくともモニュメント的に展示してくれたら嬉しいのだけど。

50年以上の歴史を持つ同館で私が通ったのはここ数年の話でしかないのだが、いちばん最初に行った2011年の"京都怪獣映画祭ナイト1"がホントに楽しくて、あれ以降ここは自分の中でも特別な場所となっていたような気がするのである(あの心地よい空間を味わいたいが為に毎年何度か海を越えて(__;)訪れていたワケだから)

とにかく運営スタッフの皆さんにはなんとか頑張っていただきたいと、特に自分が何か出来るわけでは無いけど今後も応援だけはしていきたいと思っています。

そして寂しい話はさらに続くのだが(もっともこれは超ローカルネタで徳島の人間じゃないと全然ピンと来ない話でもあるけど(^0^;))このたび県内レンタルビデオチェーンの開祖的存在だったキングスロードが全店を閉店することになった。

・レンタルビデオ店草分け 徳島市のキングスロード撤退

もともと同店は私が高校生の頃(80年代初頭)にレンタルレコード店として営業をスタートし、ピーク時には徳島・淡路・香川で直営・フランチャイズ店含め20店舗以上を展開していたショップで、全国大手のゲオやツタヤが侵攻してきた後でも独自色を出して勝負していた徳島発の地場レンタルビデオ店としては唯一の生き残りとも言える存在だったのである。

じつは我が輩若い頃に短期間ではあるがここで働いていたことがあり(店頭ではなく事務所で仕入れの手伝いみたいなことをやっていた)このニュースにはよけい感慨もひとしおなのだけど、心の何処かでは仕方が無いというかついに来る物が来たのかなと言う感じでもあるのだ(何れはネット配信に食われるのではと言う不安もあったわけだし)

まあそれにしても、だよ。こうして自分の魂のふるさと的なものが少しずつ無くなろうとしているのを目にすると心の底から寂しくて悲しい気持ちでいっぱいになってしまいますな・・・(ノД`)

とりあえず今年の年末年始休暇中に私はこの二つの場所を目に焼き付けておく必要があるのかもしれない(おそらく最後になるであろう「京都怪獣映画祭ナイト7」がなんになるのか、まだ告知がないのも気になっておるのだが)


Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

納涼アラフィフオタソンまつり報告

先週の14日、高松にて旧友との飲み会があり、我が輩仕事終わりで参加してきたのだが宴の最後はいつもの如くカラオケボックスでの大熱唱大会となってしまっていた。

メンバーは若い頃いっしょに自主映画をやっていた連中ばかりで、某大手電機メーカー勤務(51歳)と某大手電力会社勤務(51歳)そして徳島の零細企業スーパーブルーカラー・ポンコツ社員である我が輩の計三名(そういえば当日は50歳だったけど今日で51歳になってしまいました( ̄。 ̄;))全員が社会的にはもうジジイ世代に突入している年齢なワケだけれども揃いも揃ってスキモノ(?)な関係で、カラオケボックスのような自由空間へ来ると100パーセント近い確率で大・オタソン大会になってしまうのである(当然だが会社の同僚と飲んでたらなかなかこうはいかないのだよ)

しかも今回参加人数が少なかった関係で順番が廻ってくるのが早く、いつもより短いインターバルで次々に叫んできたような気がしているのだがかなり酒も入っていたのでそこいらの記憶が曖昧(°°;) そんなわけで己の記憶脳リハビリを兼ねて自分が歌ったものを覚えている限り片っ端から貼り付けてみることにした。よければ真夏のイージーリスニング代わりに聴いていただきたい(と、書いてはみたものの暑苦しい歌が殆ど(ーー;))

○♪傷だらけの栄光♪(「あしたのジョー2」主題歌)ジョー関連ではすべてのテレビシリーズ・劇場版の中で私はこの歌がいちばん好きなのである(ちなみに二番目に好きなのは元UWFの中野龍雄が入場曲に使っていた♪明日への叫び♪
○♪駆けろ!スパイダーマン♪(「スパイダーマン」主題歌)「チェンジ!レオパルドン!」の叫び部分が毎回どーしても「ちぇん!りおぱど-」になってしまうのは何故だろうなあ・・・

○♪炎のさだめ♪(「装甲騎兵ボトムズ」主題歌)番組を見たことは一度も無いが主題歌はめっちゃ気に入っており音源も持っているためかつい歌ってしまうのである(このバターンは他にも「機甲創世記モスピーダ」とか「戦国魔神ゴーショーグン」なんかもあり)
○♪マッハゴー・ゴー・ゴー♪(「マッハGoGoGo」主題歌)映像がホンモノのアニメだったのでそっちを久しぶりに見たかったというのがチョイスの理由。今見たら決めポーズが不自然で実に面白い。

○♪Journey through the Decade♪(「仮面ライダーディケイド」主題歌)平成ライダーの歌ってホンマに難しいわ!これもサビで喉死にそうになったし・・・(>_<)
○♪ULTRA SEVEN♪(「ウルトラセブン」挿入歌)オール英語の歌で昔からカッコイイと思っているのだが、歌詞を読むと実はそんなたいしたことは言ってないという事に気づいてしまう( ̄。 ̄;)

○♪宇宙刑事シャリバン♪(「宇宙刑事シャリバン」主題歌)素人が唄うには意外とハードル高い串田アキラの歌の中でもコレはまだマトモに唄える方。エンディングの「強さは愛だ」も入れておけばよかったな~
○♪仮面ライダーBLACK RX♪(「仮面ライダーBLACK RX」主題歌)「Wake-up!theヒーロー!燃え上がれ!!」のところが唄っていて実に気持ち良いのだ。

○♪砂の十字架♪(劇場版「機動戦士ガンダム」主題歌)何度聞いてもガンダムの世界観に合っているとは思えないが(むしろカップリング曲だった「スターチルドレン」の方が合ってかもしれないな)たかじんの歌として聞くと今も魅力あり
○♪大巨獣ガッパ♪(「大巨獣ガッパ」主題歌)ホントは「紅三四郎」を探していたのだけど美樹克彦の歌がこっちしかなかったので。三番まで聞くと映画のオチがわかるという仕組みになっているのに笑う

○♪戦え!ウルトラマン♪(「帰ってきたウルトラマン」NG主題歌)歌詞は採用された方とほぼおんなじだけどぜったいこっちの方がカッコイイ。しかし本編で一度も使われたことも無かったこの歌がカラオケになっているのには驚く(庵野秀明の「マットアロー1号発進命令」のおかげだろうか?)
○♪時空戦士スピルバン♪(「時空戦士スピルバン」主題歌)メタルヒーローシリーズの中じゃいちばん好きな歌かもしれない。この時期(86年頃)では貴重だった特ソン鉄板、宙名サウンドと水木一郎節の最強コラボ。

と、だいたいこんなところかなと思うけど今思えばアレも唄いたかったコレも唄いたかったと若干の後悔もあるな。つぎはオール・ヒデ夕樹とかそんな縛りを入れても面白いかもしれない。それと我が輩基本的に雄叫びや擬音の入った唄が意味なく好きなので今回はスルーしたがいつもはこの歌↓を締めに持ってくるケースが多いのである(画面の歌詞表示には出ない「ウー!」とか「ダー!」みたいな音もなるべく唄っている)ストレス解消にはピンポイントで有効なので今度は忘れずにやりましょう。

Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

変えたから何がどうってワケではないのですが

もう何度目かわからないがまたまた気まぐれでテンプレ変えてみた。

しかし乍ら自分の中でやっぱり止めじゃと思ったり、来ていただいた方から「見づらい」「内容と合ってない」みたいな声が上がれば直ぐ戻すつもり(腰砕けで芯の無い運営スタイルなのは相変わらず( ̄。 ̄;))

とにかくしばらくはコレでやってみるつもりなのでたまたま見に来て「なんじゃこりゃ(;゜ロ゜)」と思った人も引き続き御贔屓によろしくであります。
Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

ベッカンコの神様でもどうにもならないのか

私が山陰で地震にビビっていた先週から月末にかけてエンタメ業界では訃報が続き、それを聞いてかなり凹んでしまった。

そのひとりは声優の肝付兼太さんで20日に80歳でお亡くなりになったとのこと。私なんかの世代(50歳前後)だと子供の頃にテレビでこの人の声を聞かない日は無かったと言うくらいお馴染みの声優さん。自分の中じゃ「ドカベン」の殿馬、「銀河鉄道999」の車掌さん、そしてレコードも買ってたくらい大好きだった「ジャングル黒べえ」の黒べえが今でもアタマの中に残っている(もちろん他にもたくさん印象的なキャラの声をアテておられるのだがマイベスト3を挙げるとこうなってしまう)

◆芸能ニュースJP・【訃報】声優・肝付兼太さん死去 スネ夫、イヤミなど・・
◆毎日新聞・訃報声優の肝付兼太さん死去…ドラえもんのスネ夫
◆InternetLibrary・肝付兼太死去!ジャイアンもとへ…薩摩の名家!喜入肝付家の末裔だった!
◆Gigazine・【訃報】「ドラえもん」スネ夫役・「銀河鉄道999」車掌役の声優・肝付兼太さん死去

◇マナサビイさんのブログ「ソラリスの時間」でも愛に溢れた追悼記事が書かれています。
 

もう一人は肝付さんのようにニュース等で紹介されることはあまりなかった映画人・池谷仙克(いけやのりよし)さん。こちらは25日に76歳でお亡くなりになったとか。おそらく池谷さんのことはよーく知っている人と全く知らない人の二極に別れるのではないかと思うのだけど、主にテレビ/映画で美術監督として活躍された方である。また、わたしのような特撮ファンにっとっては怪獣デザイナーとして少年時代から慣れ親しんだ方でもあった。

<Wikiから経歴を抜粋>

御茶の水美術学院、桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学で学ぶ。学生時代に助監督のアルバイトを務めたことで映像業界に興味を持ち、テレビドラマ『海の音』で美術監督を勤めていた成田亨の誘いで円谷特技プロダクション(現:円谷プロダクション)の作品に参加。舞台美術や『ウルトラマン』(1966年-1967年)の特殊美術助手を経て『ウルトラセブン』(1967年-1968年)で降板した成田に替わり特殊美術として担当した。

『怪奇大作戦』(1968年-1969年)に参加後、一旦円谷プロ作品から離れ、一連の円谷プロ作品に参加していた実相寺昭雄らと共にコダイグループ(現:株式会社コダイ)を創立。実相寺昭雄の監督のATG作品を中心に一般映画の美術も手がけるようになる。以後、鈴木清順作品や寺山修司作品、相米慎二作品、篠田正浩作品など、数多くの著名な映画監督の作品の美術を担当。『写楽』(1993年)、『瀬戸内ムーンライトセレナーデ』(1998年)で日本アカデミー賞最優秀美術監督賞を受賞。

これらの映画の傍ら、円谷プロや宣弘社などのテレビの番組の美術、キャラクターデザインや、数多くのCM美術も担当。2016年10月25日、癌のために死去。76歳没。

<抜粋記事ここまで>

このブログでは何度も書いてきたが私が初めてリアルタイムで見たウルトラシリーズである「帰ってきたウルトラマン」の初期に登場する怪獣はすべて池谷さんの手によって書かれており、アーストロンやタッコング、グドンにツインテールと言った個性的な怪獣たちは番組の"掴み"として十分な魅力を持っていたと思うのである(放送当時5歳の我が輩は完全に心を鷲掴みにされた状態でこの番組のファンになっていったはず)

怪獣以外だと予算が削減された「ウルトラセブン」終盤で見せたサラダボウルを貼り合わせた円盤や注射器を改良したロケット群なんかも(下写真参照)後から聞いてそんな安いモノを使っていたのかと驚いたことがあったが(全然そんな風に見えなかったので)きっとやりくりとの旨さというのも持っていた人なのだろう。
u7.jpg


◆togetter・池谷仙克さんの忘れられない怪獣や星人が数々… #好きな池谷怪獣宇宙人
◆KAI-YO・美術監督 池谷仙克が逝去 「ウルトラ怪獣」デザインの第一人者
◆J-CAST・「ウルトラ怪獣」美術監督・池谷仙克さん死去 個性的で温かみのあるデザイン

その怪獣や超兵器の生みの親である池谷さんが亡くなったというのは自分をこういう世界に引っ張り込んでくれた人がまた一人居なくなってしまったと言うことでもあり寂しさを通り越した激烈な喪失感とでもいうか、そぞろ世の無常を感じずには居られないのである。ここ数年は定期的にこういう話が(訃報)入ってきており、何事も順番だというのは当然ながら理解しているのだけど、ホント毎回しんどい辛さを味わってるよなー・・・(;ω;)

ともかくアニメ・特撮界のレジェンドとも言えるお二人のご冥福を心からお祈りいたします。合掌 (-人-)

※右下の動画は「怪奇大作戦・ミステリーファイル」(2013年)タイトル文字の撮影風景。元祖「怪奇大作戦」(1969年)の美術担当だった池谷さんが若い特撮スタッフと楽しそうに仕事をしているのが印象的。それと確証はないが先日米子で会ってきた田口清隆監督もここにも映っているような気がする。


Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

徳島じゃ2番目だ

もう10日も経ってしまったのだが9/10-11と福岡の方へ遠征してきた。毎年年二回程度行っている我が家では恒例の野球観戦旅なのだけど、その辺の細かいことはここ(旅の詳細)ココ(野球詳細)に書いてあるので興味あるチャレンジャーの方は決死の覚悟で(?)リンク踏んでみてください(後になって「オモロないぞ!時間かえせ!!」と文句を言わないように(ーー;))

ここで書くのはそのことでは無く、徳島に帰ってきてから気がついたという味のある映画館とのニアミス話。11日の朝にホテルから徒歩で中洲方面に移動していたのだが途中明治時代に建てられた重要文化財のひとつである"赤煉瓦文化館"の横を通った。件の映画館はここから目と鼻の先にある中洲大洋映画劇場というところで、なんと今年で開館70周年を迎えるというひじょうに歴史のある映画館だったのである。

上記公式サイトを見てもらえばわかるが館内は実にモダンで気品のある佇まい。しかも二番館だと思っていたら今も現役作品を上映している4スクリーン形式のシネコンだと言うから驚きだ( ̄。 ̄;)(またこの4つの部屋が雰囲気全部違う作りになっているのが面白い)徳島じゃまったく上映予定に入っていなかった「角川映画祭」もやっていたらしいので、ここのことを事前に知っていたらもっと早く博多入りして見ていたことだろう(ちなみに私が福岡に居た両日では「復活の日」と「Wの悲劇」の二本だったとか。ああー、どっちもスクリーンで見たかったっス・・・(T-T))

今度は来年春に行く予定なのでそのときはココを確実に覗いてみないといけない(もし見たい映画が無くても劇場を見学したいという気持ちが強いので足は伸ばしてみるつもり)そして福岡の映画館というと我が輩の場合先に書いたとおり野球が主目的なのでどうしてもドームの周囲で滞在する時間が多く、試合までの時間つぶしなんかに今までだと球場隣のショッピングモール・ホークスタウンというところにあるユナイテッドシネマ福岡を何度か利用したことがあった。ここはホークスのファンクラブ会員証を提示すると300円割引してくれるので(ーー;)重宝していた劇場だったのだけど、今年の三月にホークスタウン自体が撤退することになり映画館もそれと同時に閉館という憂き目に遭ってしまっていたのだ。聞いた話では2年後に新・ホークスタウンが同じ場所に完成し、その暁にはユナイテッドシネマも戻ってくるという噂もあるらしいのだが、少なくとも二年は待たないといけない。

ほかだと博多駅の駅ビルにはT-JOYが入っているしキャナルシティの中にもユナイテッドシネマがあるけれど、どちらも今風なシネコンなのでわざわざドームから離れたところまで行ってみようとはあまり思えないのだ。その点この中洲大洋映画劇場は「わざわざ行ってみたい」と思わせる魅力を十分に感じさせてくれるような気がするのである(実際の劇場にまだ行ったこともないのに( ̄▽ ̄;))なんてことを先日ツイッターの方でも軽く呟いたら福岡在住のフォロワーの方から「小倉には77年やってる劇場がありますよ」という情報を提供していただいたのだった。

大洋映画劇場を古さでさらに上回るのは(この説明ちょっとオカシイな(ーー;))「小倉昭和館」という劇場。こちらもHPで見た限りの感想を言うと"味"の部分では大洋に引けを取らない独特の個性を持っている。2スクリーン体制ではあるが一部屋は270席もあり(もう一部屋は100席)ミニシアターの規模よりは大きいのではないだろうか。小倉というと毎回通過ポイントでしかなかったから車で福岡入りするとき寄ってみた方が良いかもしれない。なんにせよここも「わざわざ行ってみたい」劇場の一つになった。

で、映画館の話を長々と書いているのは実は映画過疎地だったわが徳島にやっと二件目のシネコンが出来ることになり、そのことを嬉しく思っているというその流れ(やっぱり映画館って良いよなー的な)からの話でもあったのである。工事も始まっているので確定と思って良いはずだが、来年春にオープンするイオンの中にイオンシネマ(8スクリーンを予定)が入るそうだ。これで県庁所在地にシネコンがないという情けない事態はよーやく解消されることになりそう(現状では徳島市内にミニシアターが1軒だけアリ、シネコンは隣町の郊外に1軒)

むつかしいだろうけど出来るだけシネサンと被らないような編成にしてくれるとありがたいし、今までみたいなアレもコレも局地的ビデオスルー(余所じゃ劇場でやってるのに)かい、みたいな事にならないことを少しでも期待したい。



1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >