category: ◆本を読むと眼から血が出ませんか?=映画本読書感想文  1/5

1980年代、すでに徳島県ではワープロソフト・一太郎が販売されていた

少し前の話だけどまあまあの値段だった「謎の円盤UFO 完全資料集成」をちょっとムリして( ̄。 ̄;)買った。※「謎の円盤UFO」とは??大判横長サイズで約二百ページほどの内容だが、スーパーメカのデザイン画であるとかバックステージの写真であるとか、今まで見たことのないモノが多数収録されていて値段なりの満足度はかなり高かったと思っている。元々この「謎の円盤UFO」という番組は我が輩の年齢的にそれほど思い入れがあ...

  •  2
  •  0

現在鋭意読書中

五月後半から六月にかけて買った本たち。まだ数冊読めてないのもあるけどこの中じゃドラマ「怪獣倶楽部」の原作扱いでもある「PUFFと怪獣倶楽部の時代~特撮ファンジン風雲録~」(著者:中島紳介。現在も雑誌「まんだらけZENBU」で連載中)が一番アタマに入ってきた気がする(しかもこれ通常流通している書籍ではなく、イベント用の小冊子。たまたま良いタイミングでツイッター上に「まんだらけ通販で五〇部限定販売アリ」という...

  •  2
  •  0

けっして一人では読まないでください

いや、複数の方が読みづらいだろ( ̄。 ̄;) と、いうことでこの週末に入手した本が二冊。まずは「別冊映画秘宝謎の映画」ツイッターの方でもつぶやいたのだが、このシンプルながらもワクワクするタイトルに惹かれてろくに中身もわからないまま注文をかけていたのである。それが家に届いて表紙を見たら「わ、ジェシカ・ハーパーやん」(__;)と思わず意表を突かれ、ページをめくればカラーパートのすべてを使ったまさかの「サスペリア...

  •  10
  •  0

見慣れたカラータイマーの灯りが、何故だがあざやかに映るわ

年末から年明けにかけていろいろな本を買った(右写真のみなさん)物量的にはたいしたこと無いのだが、いちおう一通り読んだので簡単な読書感想文を書いておく。じつはこれ以外にも読んだモノは何冊かあるのだけど、これがまあ「清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実」とか「1993年の女子プロレス」「完本 1976年のアントニオ猪木」「1964年のジャイアント馬場」と言った野球・プロレスのドキュメンタリー本ばかりで( ̄▽ ̄;)こ...

  •  0
  •  0

寝ながら本を読めないなんて、まさに現代の怪奇ですね

今月アタマに買っていた「不死蝶・岸田森」を読了。この本は2000年に発売されていた同書(右写真左の本)を文庫化(同写真右の本)した物だが今回は岸田森が生前書いたエッセイを新たに二編追加収録した形で再編集されており、そこが購入理由の一つにもなっているのだけど、何より文庫サイズになったことにより布団で寝ながら読めるというメリットが我が輩にはあったのである(あとはスナップ写真もけっこう入れ替えが行われている...

  •  10
  •  0