category: ◆本を読むと眼から血が出ませんか?=映画本読書感想文  1/4

見慣れたカラータイマーの灯りが、何故だがあざやかに映るわ

年末から年明けにかけていろいろな本を買った(右写真のみなさん)物量的にはたいしたこと無いのだが、いちおう一通り読んだので簡単な読書感想文を書いておく。じつはこれ以外にも読んだモノは何冊かあるのだけど、これがまあ「清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実」とか「1993年の女子プロレス」「完本 1976年のアントニオ猪木」「1964年のジャイアント馬場」と言った野球・プロレスのドキュメンタリー本ばかりで( ̄▽ ̄;)こ...

  •  0
  •  0

寝ながら本を読めないなんて、まさに現代の怪奇ですね

今月アタマに買っていた「不死蝶・岸田森」を読了。この本は2000年に発売されていた同書(右写真左の本)を文庫化(同写真右の本)した物だが今回は岸田森が生前書いたエッセイを新たに二編追加収録した形で再編集されており、そこが購入理由の一つにもなっているのだけど、何より文庫サイズになったことにより布団で寝ながら読めるというメリットが我が輩にはあったのである(あとはスナップ写真もけっこう入れ替えが行われている...

  •  10
  •  0

日曜の昼下がりに「早く行け」とケツを叩く使者が来る

昨日は朝から深夜まで外出していたせいでかなり疲れており、今日はもうなんにもせんぞと(動くのがイヤになるほど疲れていたのだ(~Q~;))クーラーの効いた部屋でふんぞり返っていると郵便さんが荷物を届けに来てくれた。なんだろうと思っていたら数日前注文していた「特撮秘宝Vol.4」が今日になって届いたのである。昨日一言メモのような走り書きで"「シン・ゴジラ」の情報遮断中"と書いたにも拘わらず、その大特集やってるムック...

  •  10
  •  0

一票ならぬ一匹の登場格差を感じる話

最近買った映画関連本の感想。本当はまだ何冊かあるのだが、とりあえず読んだ物から順に紹介。「映画秘宝COLLECTION・心霊ドキュメンタリー読本」・・・これからの時期にピッタリな所謂"恐怖映像系"(心霊写真や映画に映り込んだ幽霊等)を具体的に作品名を挙げて紹介し、敢えてオカルト的解釈を挟むことなくそれがどうしてコワいのか、演出意図や背景を探ることにより人間心理の面白さや意外性を解析していこうという本(だと私は解...

  •  6
  •  0

風が光れば手錠がうなる

今年1月から2月にかけて購入した映画関連本の数々を(左写真参照)遅まきながら読了。遅いヤツは読むのに10日くらいかかったのもあったけど、なんとか最後まで読みきった。実は2/14の記事に書いた「ウルトラQの誕生」の方が買った順番としたら後だったのだが、ついそちらを優先して先に読んでしまったためこちらの方が遅れることになってしまったのである(自分の中の嗜好順位がよくわかる話だ( ̄。 ̄;))ホントはこれにプラスし...

  •  8
  •  0