You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Sort by ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録

Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

なかなかウドン屋から出られんな

◇ホントは年明けてからやろうと思っていたのだが、いつものクセでつい勢いに任せてテンプレを変更してしまった。しかもコレ以前使っていた古いヤツで新鮮さはまったく無いのだけれども、どーもこのデザインに愛着が強いのか飽きたらコレに戻してしまうパターンがここ数年何度か続いていたのである。せめてバナー画像くらいはどっかで入れ替えようと思うけど、しばらくはこれで続けてみる予定。

◆「ブレードランナー2049」のヒロインであるアナ・デ・アルマスを予告編で初めて見た。

恥ずかしながら我が輩全然知らない女優さんだったが、なんてかわいいおねいさんなのかといっぺんでファンになってしまった。

その彼女が出ている「ノック・ノック」(監督がイーライ・ロスだったとはそのことも知らず(;゜ロ゜))という映画がNETFLIXで配信されていたので早速見てみたら内容が激鬱で( ̄。 ̄;) すっごいヤな気分になってしまったよ。

肝心のアナ嬢はビッチぶり全快でキアヌを追い込む役を快演。劇中では綺麗なおっぱいを惜しげも無くさらして芝居度胸も感じさせてもらったし、今後出演作をフォローしていかねばいかんと緩く決意中。

◇いまのところその「2049」を連休中に夫婦で行こうかと画策しているが、家内が旧作を見たいと言ってきたので数日前から就寝前にブルーレイを再生している。ところが毎回ガフが迎えに来る場面でかみさんが寝てしまい、いつまで経ってもうどん屋から進むことができないのである(__*) うどん屋のオヤジの「ひいせいゆうぶれえどらんなあ??」の台詞をもう三日くらい聞いてるような気がするけど、いーかげん起きといてもらいたいものですわ。




Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

わざわざ「四つくれ」と言ったのに「二つで十分ですよ」とは返してくれず

◆そんな気の利いた(?)こと言ってくる店なんかあれへんがな、ということで下記写真にある四冊の本を週末に買ってきた。

IMG_2238.jpgこの中で一番欲しかったのは「別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界」だったのだけど、この本の事はロッカリアさんがブログで紹介していたのを読むまで出版予定があったことすらまったく知らず、慌ててAmazonを覗いたら発売日当日(10/26)にはあっというまに品切れになっていたのである。

仕方なく翌日の仕事帰りにさほど期待もせず近所の本屋さんへ行ったらさいわい二冊だけ棚に残っていたので、大急ぎで手にとって小脇に抱えたのであった。

後の三冊は店内散策中に見かけた本と家内から購入を頼まれていた本だが「特撮ゼロ」は前から一回読んでみたいと思っていたし(徳島じゃ扱っている店も今まで無かったので)「GODZILLA怪獣黙示録」は来月公開予定のアニメ版ゴジラ映画「GODZILLA-怪獣惑星-」の前日譚小説と言うことで、如何にして地球があのような事態になったかというのが報告書形式で書かれているようだ。これは映画鑑賞前のサブ・テキストとしてもかなり有効活用できそう。そんなわけで今回の買い物にはとても満足している。

購入後「ブレラン読本」の中身を少しだけ読んでビックリしたのは巻頭カラーから冒頭部が大量のページを使って劇中に登場する銃器(ブラスター)だけの記事で埋め尽くされていたこと。いっしゅん間違えて「コンバットマガジン」か「GUN」あたりを買ってしまったのかと思ったわ・・・(__;) あとの記事はまだ「ブレードランナー2049」を見てないんで、鑑賞後にじっくり読もうと思っているが、なにせ総ページ数が300を超えているため( ̄。 ̄;)全部読み切るにはかなりの時間がかかることだろう。ともかく早く映画館へ行かないとね(ネタバレ防ぎで情報遮断を続けるのも限界あるわい)

 

◇その「ブレラン」特需なのかどうかは知らないけど、ハリソン・フォード括りでめっちゃ久しぶりに「レイダース/失われたアーク」が土曜日にオンエアされていた(かつての「ゴールデン洋画劇場」枠)我が輩日本シリーズを見ていたので録画だけして後から見たのだが、なんかずいぶんとずいぶんなカットのされ方してましたなー( ̄。 ̄;) 特にアークを開けて顔どろどろなる場面一切無かったけど、あれがなかったらその力のすごさが全然伝わらんがな!と思ってしまった。それだけ今の地上波の規制が厳しいということなんだろうけどね、せっかくの好機会なのに残念ですわ。あとBSジャパンでも11/15にハリソン・フォード主演の名作「刑事ジョン・ブック/目撃者」が磯部勉版(1990年9月30日『日曜洋画劇場』バージョン)の吹き替えで放送あるらしく、こっちの方も楽しみ。

◆11月ゴジラ関連番組追加情報・・・11/3にBSジャパンの「昭和は輝いていた」という番組で昭和29年が特集され、その中で「ゴジラ」が語られるとのこと(ゲストの一人に宝田明さん)

いちおうゴジラ俳優でもある司会の武田鉄矢が自らの出演作である「84ゴジラ」について何を言及するのか、わたしはそれが楽しみだったりする(ファン的には邪魔なキャストの1人でもあったけど)


Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

あの怪獣はげにわりことしじゃ

たった今一泊二日の高知旅行より帰還。最大の目的であった高知県立美術館・夏の定期上映会「昭和ゴジラシリーズ・新時代」をしっかり満喫してきたのでありました。

もう今日はしんどいんで( ̄。 ̄;)詳しい感想や報告等は明日以降綴るけど、同地での企画上映に対する来年への期待値がさらにグッと上がったことだけは間違いなかったと断言しておきましょう。
kochi_201708271919537fb.jpg

img008.jpg

Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

今年の文月は想い出を残して過ぎてゆく

◇今年の7月は自分にとって長年お馴染みだった方々が一気に三人もお亡くなりになってしまうという、たいへん寂しい一ヶ月になってしまった。

その一人目はタレントの砂川啓介さん。昭和特撮ファンからすればなんと言っても「超人バロム1」の熱血キャラ・松叔父役が印象的で、ある意味オトナサイドの主役(本当の主役は猛と健太郎という子供二人だけなので)と言っても良い存在だった。

二人目はホラー映画界の大巨匠・ジョージ・A・ロメロ監督。小学生の時「ゾンビ」のテレビスポットを見て半泣きになったのが最初の出会いだったが、その後「死霊のえじき」のときは劇場まで一人で観に行けるようになっていたわけで、我が輩をホラー映画の耐性が持てるまでに鍛えてくれた(?)恩人の一人でもあった。

そしてもうお一人は音楽家の小川寛興さん。一般的には「月光仮面」の主題歌を作った作家として有名だが、自分の中だと「仮面の忍者・赤影」と「遠山の金さん捕物帖」(中村梅之助主演)の音楽を担当されていたのがインパクト大だった(未だに♪白影のテーマ♪を聞くとワクワクしてしまうのだよ)

そんなわけでこのたびは心からお三方のご冥福をお祈りいたします。合掌(‐人‐)


◆今年の夏は去年一昨年みたいに怪獣映画のテレビ放映がなく、つまらんなあと思っていたらBSプレミアムが「大魔神」三部作をオンエアしてくれることになった。

・8月7日(月)午後1時00分〜2時25分 「大魔神」
・8月8日(火)午後1時00分〜2時20分 「大魔神怒る」
・8月9日(水)午後1時00分〜2時28分 「大魔神逆襲」

我が輩数年前に北米版Blu-rayのソフトを買っては居るのだが、アレには日本語版の字幕が入っていないので今回もし表示されるのであれば全作録画しようかと思っている。それから同チャンネルではこの時期ならではの「怪談」もラインナップに入っていたので、忘れずにこちらも要チェック(放送日は8月12日(土)午前0時15分〜3時19分←こういう映画をお盆の時期に見るのはやっぱり深夜の方がイイよな( ̄。 ̄;))

IMG_2067.jpg◇少し前に淡路島で開催中の「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本」を観に行ってきた。

私はドラクエをやらないのだが家内が昔からのマニアで、今回はどうしてもコレを見学したいと希望を出されていたため仕方なく同行してきた次第。

そこで展示されていた作者である堀井雄二氏の歴史を振り返るコーナーで、彼と鳥山明(ドラクエのキャラクターデザイン担当)が知り合ったきっかけが「84ゴジラ」のエキストラ出演だったという記事にちょっとおおっ!となってしまった。

この話ってオレが知らないだけでひょっとしたら有名なエピソードなんかねー?まさかゴジラが縁を取り持っていたとは思わなかったので凄く驚いてしまったなあ・・・(思わず帰宅後に「84ゴジラ」見返したりして)


Category: ◆140文字では収まらない呟きがそこにある=ぶつ切り備忘録  

ダイアン、どうやら少しだけ無料らしい

IMG_1976.jpg◇この24-25日と福岡旅行に行ってきた。

三月に体調不良で断念した野球観戦旅の再チャレンジではあったが、今回は妻を伴っての通常夫婦旅行にもなっていたのである。

そのため野球場意外にもさまざまな場所へと赴いていたのだけれども、念願だった中洲大洋映画劇場をついに発見(?)することが出来たのだった。

たまたま予約していたホテルが中洲だったこともあり、移動途中で偶然前を通ったのだが残念なことに今回は時間が無くて中に入ることが出来ず、それが心残りになってしまった。

失礼ながら私はもっとうらぶれた感のある(__;)知る人ぞ知る、みたいな存在の劇場だと思っていたのだけど、場所は大通りに面した好ポジションに位置しているし、建物もwebで見るより遙かにモダンな佇まい。

外から少し見えた館内のカフェもけっこう賑わっていたから地元的にも認知された劇場なのかと思い直しているところである。次来たときは絶対中に入ろう。

◆その旅行から帰還後録画していたドラマ「怪獣倶楽部」最終回を見た。全4回の全てがいわゆるストーリーらしいストーリーもなく70年代怪獣オタクの生態をおもしろおかしく描いているだけではあったが、深夜の30分ドラマだから許される「なんでもあり」の自由な空気と、見る人をあきらかに選別している構成がある意味潔い作り方でもあったなと思うのである(劇中の馬場ふみかのセリフじゃないけど、特撮怪獣モノに興味ない人からしたら「ぜんぜんわかりませんでした(;´Д`)」と言われる中身だな)

そして我が輩はこのドラマは全編でその馬場ふみかを見るためのモノだったと確信して居るのだけれども、特にリョウタ(本郷奏多)の妄想に毎回登場する彼女がいちいち最高で良いのだ。第一話の「いいトシしてカイジューなんか見るの?幼稚!!」という昭和特撮怪獣ファンの肝を握りつぶすような(ーー;)S度の高いディス台詞といい、第二話ではガッツ星人になりきって手を一生懸命かわいくプルプルさせていた場面とか、スローモーションで巨乳がゆっさゆっさ動くところ等( ̄▽ ̄;) とにかく彼女の一挙手一投足すべてが何処までも素晴らしいのだ。本作は無事DVDにもなるらしいので未見の特撮ファンは今後必ず見るよう推奨したい。

◇ついに来月から25年の沈黙を破り「ツイン・ピークス」新シリーズが「ツイン・ピークス/The Return」のタイトルでWOWOWにて独占放送される。私は契約者ではないのでDVDになるか他局へ流れてくるのを待つつもりでいるが、さいわい一話は無料放送されるのでとりあえずはそれを見てみるつもりである。

それ含めてWOWOWでは7/1(土)にツイン・ピークス関連番組を9時間無料で特集放送するとか(旧作のパイロット版や劇場版本編もあるそうだ)

新作の"Return"は全一八話とのことだが、前回の続きからになるのかまったく違うアプローチのドラマになるのか、今のところ手許に情報がないのでさっぱりわからない。旧作はハマリにハマリ倒したシリーズだったのでいずれ全話見るつもりでいるけど、さすがに今度はほったらかしで終わるのだけはカンベンして欲しいですわね。

しかし上記サイトのキャスト集合写真見たらみんなトシ食ったよな~(;゜ロ゜) 我が輩が大好きだったオードリー(シェリリン・フェン)がもう殆ど別人にしか見えないし・・・(;ω;)
 

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >