FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 05 2006

Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

遅!

ワシのオモチャ555Hが予約録画できることを「ころっと」忘れてしまっていた。考えてみればビデオなんだから当たりまえっちゃアタリマエ。しかしアナログの世界にもEPGがあるとは知らなんだ(__;)

直接録画したい番組を選べばそれで完了というのが凄すぎて感心してしまう(かつてのオーディオ少年もすっかりアナクロおやじに・・・)

ここ最近はあんまし地上波を一生懸命見てなかったけど、ちょっと機会が増えそうな予感。とりあえず明後日の「富豪刑事デラックス」をセットしておこう。未だ1話の途中までしか見ていないのだが(^_^;)もう折り返しに来ているものな。



Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

ナレーションは大事だよ

夜は前日に続き「特捜最前線」のHDD落とし。

もう何年前になるか・・・たぶんワシがVHSのデッキを買った頃だから86年くらいのエアチェックだろう(ちなみに生まれて初めて買ったビデオはソニーのベータマックスF11じゃった。高校一年の時に新聞配達のバイトで貯めた金で買ったのだが、アレはイイデッキだったなあ)

あの頃は平日の14時-18時なんていうのはテレビが完全な再放送枠で、何処の局でも月-金帯のリピートをやっていた物だった(「暴れん坊将軍」「太陽にほえろ!」「必殺仕事人」「遠山の金さん」なんかは年中やっていた)そんな中、大阪朝日放送が15時から「特捜最前線」をなんと1話から放送することになり、当時既にこの番組の大ファンだったワシは「テレビジョンドラマ」の放送リストを参考に録画するエピソードをピックアップしていた。

番組自体はまだ放送が続いている時代だっので(87年まで放送された)仕事から帰っては録画した旧作を、木曜21時からは新作を見るという状況が続いた。そのおかげで全508話の内実に104話を録画することに成功。好編は殆ど押さえたと言って良いと自負しているほどだ。

と、言いながらも実はこの10年くらいはちゃんと見返すこともなくなっていて、HDDレコーダーを買わなければラックに埋もれてそのまんまだったかもしれぬ。

そして初期のエピソードを数本見てみて改めて思ったのだけど、ハッキリ言って今のテレビドラマのぬるさ・ダメさ加減を思い知る結果となってしまった。放送コードが今ほど厳しくなかったにしても、よくぞココまで脚本が充実していたものだと感心してしまう(やはりテレビドラマは脚本ありき)

たとえば主人公である刑事のひとりがたまたま交通事故の現場に出くわす。車に跳ねられたのは子供だったたが、ドライバーがすぐに自分の車に乗せて走り出したため目撃者の誰しもが「病院へ行ったと」思いこむ(コレは今では通用しない展開かもだな・・・(__;))しかし子供はそれきり帰ってこなかった。事件となり捜査が開始されるが、現場にいた刑事は車のナンバーを憶えておらず、自責の念に駆られながらも必死で記憶の糸を手繰ろうとする・・・

あるときは変死したガードマンの死因を巡り、捜査本部内で自殺説と他殺説の真っ二つに分かれた。ガードマンは生命保険に加入しており、自殺では1000万、それ以外なら6000万と支払われる金額には差があった。果たして真実は??

そうかと思えば「太陽を盗んだ男」太陽を盗んだ男に先駆けること数年(「24」よりさらに数十年)プルトニウム爆弾を製造したテロリストが登場する話もあったりでもうビックリですわ(¨;)(ちなみに犯人は西田健

本数が多くてめんどくさいから少し割愛して保存しようかとも思ったけど、アカン、どれもオモロイ・・・(__;)

誰かVシネでいいから、新作を作ってくれぬものかなあ。「西武警察」が復活できて「特捜」がアカンことはなかろう(大滝秀治さんがご健在の内に頼む)

そうそう、番組初期のナレーターは森山周一郎だった(「大空駆ける男がいた・・・」で始まるフレーズ)このこともすっかり忘れていたよ。どちらかと言えば中江慎司の「非常の犯罪捜査に挑む心優しき戦士たち。彼ら・・・」の方がワシ的には印象強かったからなあ。

しかしこのままいくとDVD-Rあと何枚いるのやら(__;)





Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

雨が降っているからというワケじゃないけれど

カミさんは今日仕事なので彼女の出社時間にはなんとか目を覚ましたのだが、二度寝したらそのまま一〇時まで眠りこけていたようだ(-_ゞ

昨日カミさんが休みを利用してある程度部屋の片付けをしてくれていたので、特に掃除も必要はなさそう。外は雨が降り続けている。

そういうわけで(?)今日も昨日の夜の続きを。とにかくワシは早くビデオテープで埋まった棚を空っぽにしたいのだ。昼飯も近所のスーパーで298円の弁当を買い(天気が良かったら歩いて近所でも不味いと評判のラーメン屋にチャレンジしに行こうと思っていたのだが)スーパーチャンネルで録画したと思われるロッド・サーリングのドキュメンタリーをダビング。その後”82年録画”と記された「激突!」ユニバーサル・ザ・ベスト1.800キャンペーン円!5月10日までの期間限定出荷ユニバーサル・ピク...を落とした。

コレはどうやらゴールデン洋画劇場で放送された際の録画らしく、随所に次週放送予定作品のテロップが表示されている(告知されていたのは「サイレント・パートナー」だった。いやー懐かしい・・・(__;))

本編もそうだけどCMとかも残しておくとオモシロイものがあるな。

ちゅーことでワシは日中徒歩2分のスーパー以外何処にも出かけなかったのだが、夜はカミさんと夢庵でメシにした。本日ワシは海鮮天丼のセット。彼女はチゲ鍋定食というラインナップ。みょーにこの店は落ち着く。



Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

焼き焼きの進捗

今日はカミさんがようやく休みを取った。朝はこっそり出勤しようと思ったのにもう六時半には起きて新聞を読んでいたそうだ。少しはゆっくりすればヨイものを・・・

本日は天気も良いので自転車出勤。しかし帰る頃には今にも降りそうな空模様で気が気ではなかった。

今日はカミさんが家にいるので晩飯もきっちり作ってくれておる。やはりこうでないとなあ・・・

そして夜は毎日何らかをHDDレコーダーに落とす日々が続いている。容量いっぱいに落としてそれから焼くと大変なので、ある程度ストックが溜まるととりあえずDVDに焼くようにしている。

ここまでは主にテレビ録画した吹き替え洋画(DVDに日本語音声のない物)をダビング。殆どはベータマックス時代に録画した物ばかりで、デッキが壊れる前にVHSへ落としていたのがマスターテープとなっていた。そのため画質・音声ともに酷いモノ(__;)

しかしそれでも消すには忍びない作品が多くてここまでずっと持っていたのだ。ざっと見返してみると山田康夫の「ダーティーハリー」ダーティーハリー 特別版【DL-21516】=>ダーティーハリー 特別版、納谷悟朗の「猿の惑星」、若山玄蔵の「ロシアより愛をこめて」【サウンドトラック】007/ロシアより愛を込めてSoundtrack / From Russia With Love(CD) (Aポ...、広川太一郎の「私を愛したスパイ」「007/私を愛したスパイ」オリジナル・サウンドトラック、富山敬の「燃えよドラゴン」ワーナー・ホーム・ビデオ 燃えよドラゴン ディレクターズカット スペシャル・エディション、柴俊夫(!)の「ドラゴンへの道」●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版、野沢那智の「ゴッドファーザー1&2」●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!ゴッドファーザーゴッドファーザー PART 2と言ったあたり。

「ゴッドファーザー」なんかはDVDで新録版が出ているのだけど、どーもイメージが合わなくて(と言うかテレビ版のキャストの印象が強すぎて)イマイチ好きになれなかった。

あと、基本的な事を書いておくと、ワシ映画は字幕と吹き替え両方で楽しめる人なのだ。映画ファンの中には「吹き替えは邪道」と毛嫌いする向きもあるが、一本の映画を二度楽しめるなんて実にお得感アリアリじゃないか?

残りのテープの中にもまだそんな頃のエアチェック分が残っているはず。それらを発掘するのも少し楽しみになっていたりするのだが・・・(^_^;)



Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

最近笑ったテレビはあるか?

つい最近ケーブルテレビで「最‘狂’絶叫計画」を途中から見たのだが、あまりのバカバカしさに声出して笑ってしまった(^◇^;)こんなんしばらく無かったこと。真ん中当たりの30分程度しか見られなかったので改めて見ないとイカン。

そして今日は遂に連休の最終日。例によってカミさんは不在。天気も悪いし今日はもう何処にも行く気になれず。食料を買いに近所のスーパーに行った以外はまったく外出していない。ほぼ家の中で呆然坊のワシだった。

Iくんからしばらくぶりにメールがあり、ビデオの引き取りオッケーの連絡があった(ついでに再就職したとの報告も)昨日妹にやった分にプラスしてこれでかなり処分が出来る。ありがとう皆の衆<(_ _)>

メールと言えば連休前に以前の同僚だったHさんから「離婚するかも」というメールが来ていて少し悲しかったことを思い出した。一応「親が離婚した経験を持つ子供代表」としてアドバイスをしたつもりなのだが、その後どーなったんだろう(こっちからはよー聞けぬ(__;))夫婦ってムツカシイなあ。

今日もほぼレコーダーと戯れて終わった。いつもは録画だけ仕掛けて他のことをしているパターンが多いのだが、今日落としたのは以前ヒストリーチャンネルで放送したスティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカスのドキュメンタリー。録ったきりでちゃんと見てなかったので改めて見直してみた。

自分で録画しておいてこんな事書くのもどーかとは思うが、どちらもすっごいおもしろかった(^_^;)特にスピルバーグ編で彼の妹が証言した「子供の頃兄は(妹に対して不満が溜まってくると)親のいない土曜日に必ず私をいじめていた」という話。その内容というのが妹の大事にしていた人形の首を取り(__;)それを皿にのせ、その廻りに野菜やフルーツを念入りに盛りつけたうえでテーブルに置いておいたそうだ。やっぱしそんな人だったんじゃなあと納得すると共に爆笑してしまった(妹さんは「兄には二面性がある」と言っていたがコレにも超・納得)

夜は野球を見ながらカミさんを待ったが、20時頃に帰る旨の電話が入った。先に残り物カレーでメシを食い珍しくテレビ東京系で放送している巨人-ヤクルト戦を最後まで見る。今日で前半戦は終了。明後日からは交流戦だ(切符の買えなかったオリックス戦がもう火曜日)

明日から仕事というのがかなりシンドイ(__;)2,3日はリハビリが必要だな・・・



Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

超兵器フル稼働

どんどん処理されていくVHSのみなさん。映画のテープについては我が妹が貰ってくれることとなり、それ以外の思い出深い(?)エロビデオとか古いテレビドラマなどはIくんに引き受けをお願いする予定(しかしなかなか無くならない物だ・・・)

今回期せずしてパイオニアのレコーダーを買ったのだけど、2年前に買ったミニコンポも偶然パイオニアだったのは、たまたまといえばたまたま(直前までディーガにしようと思っていたくらいだし)店の兄ちゃんにはデジタルチューナー付きのヤツを勧められたりもしたが、まだアナログ無くなるまで5年もあるからなあ(地上デジタルになったら徳島に関西の放送は飛んでこなくなるのだろうか?)



Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

布団を干したら映画に行こう

メーデーだが今日も妻は仕事場。天気が良かったのでワシは掛け布団をベランダに干した。ウチのベランダは幅が狭いので、ココで作業するのはちょっと怖かったりする(__;)(3階って高所アカンタレ野郎にとっては実に高いところなのよ)

お昼前くらいにカミさんが一時帰宅してきたので、夕方に仕事がちゃんと終わればレイトに行こうと相談。彼女が仕事場に戻った後布団を部屋に戻し、ワシは自転車でシネサンへ向かう。

そう、今日は1日映画の日。ワシは昼のウチにもう1本見るつもりだったのだ。少々気温の高い中自転車をこいで移動すると、道中川沿いの道があるのだが、ふと見ると亀が異常に生息していることに気がついた。ふだん車でしか通らない道なので今まで気がつかなんだが、こういうのを見ると田舎じゃのうと思ってしまうな。ちゃんと数えてないけど軽く50匹以上はいたぞ。(何亀かはわからず・・・)

この時点で見る映画を決めてはいなかったけど、これはひょっとしたら「小さな勇者たち/ガメラ」を見に来いと言うお告げかと思った。しかし、そのへんは劇場到着後(ちなみに片道45分かかった。汗だくだく(~Q~;))思い直して_

「V・フォー・ベンデッタ」

_を見た。

近未来にイギリスがナチスのような国家になって国民をメディア利用した恐怖政治で統治しているという設定は今更感がありありだけど、そんなに悪くはなかった。

「V」のマスクを被った連中がわさわさと現れて町中があの顔だらけになるというのは絵になるとけっこうインパクトがあったし(^_^;)どこまでホンマか見終わった後でもよーわからんレズのねーちゃんの顛末話も軽くホロリ(; ;)とは来る。

不満点としてはやっぱしオチが弱いのと、Vの存在に悲壮感とか使命感のような物を感じるイメージはずいぶん希薄だったような気はする。キャラクター勝負のこういう映画でその点はやや物足りないとは思った(映画が終盤に近づくにつれてVの怪物的な印象はどんどん薄れていく。あれはどーなのかね??ワシ的にはマイナス要因じゃった)

映画終わりで自宅に向かうと、道中でカミさんから電話。仕事が今終わったのでレイトに行こうとのこと。帰宅後今度は夫婦一緒に車で再度シネサンへ。時間はまだ早かったのでカプリチョーザで食事。二人分3000円のコースを頼んだら思った以上に量があったので店を出る頃には二人ともカカト体重で歩くほど(__;)

ワシにとっては本日2本目。レイトで見たのは_

「ナルニア国物語」ナルニア国物語、ポスターA

「第1章」とあったので、話が途中で終わる物と覚悟していたらそんなことはなかった。特に感動したとか目新しいものがあったとか、そういうものはなんにもなかったけれども、1000円の値打ちは多少なりともあったかなという感じ。出てくるガキどもが揃いも揃って可愛げがナイというのが逆にリアルだったり(^_^;)人間が殆ど出てこないので半ばアニメを見ているような印象だったりで、ファンタジー物としての口当たりは悪くない(いかにもディズニーという風情は満点)

登場するビーバー夫婦の動きが妙にカミさんに似ているような気がしておもしろかったなあ・・・

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >