archive: 2006年09月  1/2

信じる心が勇気に変わる!

No image

10月に入ってから取得予定だった有給を前倒しで今日に変更。朝は妻の出勤を見届けてから皮膚科へ向かう。以前から気になっていた「水虫疑惑」をはっきりさせるために行ったのだが、私の足から水虫菌は検出されず。小指の股が赤く腫れているのは違う理由のようだ。とりあえず塗り薬を貰って病院を退散。 その足で私は北島シネマに向かい、かなり抵抗はあったが「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見ることにした。 ・公...

  •  2
  •  0

デヴィッド・ザッカー健在

No image

ケーブルテレビで「最‘狂’絶叫計画」を見る。 以前途中まで見てそのままだったのをようやく最後まで見た。なんちゅうくだらん映画じゃ!と思いながらわたしゃ腹抱えて笑ってしまった(__;) ここ最近よくあるパロディ物と違って、とにかく笑いに品がないのがよろしい。このあたり「フライング・ハイ」の頃からなんにも変わってないのがある意味スゴイ。 今回はド頭のパメラ・アンダーソンが無理矢理な女子高生役を洋ピンの色...

  •  0
  •  0

さらばタンバリン

No image

丹波哲郎氏死去。 なにせ「あの世とこの世は地続きだ!」と常々仰っていた方なので、突然「ひょこっ」と帰ってくるんじゃねえの?とも思えてしまうニュースだった。 タンバ先生と言えば我々の世代だと「Gメン75」「キイハンター」「アイフル大作戦」と土曜9時のテレビの人という印象が強い(あとは「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」といった特撮映画で「根拠はないが断言するエライ人」を楽しそうに好演)   ...

  •  0
  •  0

巨大ウナギ犬街を走る

No image

仕事帰りに北島で「グエムル -漢江の怪物-」を見た。 ・公式 ・朝鮮日報 ・Yahoo!ムーピー ・eiga.com特集 実は韓国映画を原語でちゃんと見たのは今回が2本目(「シュリ」以外はすべて日本語吹き替えで見ている) その点を差し引いても、なんちゅうかとっても変わった映画だったように私には思えた。怪物の映像表現というのはなかなかリアル且つ気持ち悪くて良かったのだけれども(画面奥の方からバケモンが1カ...

  •  2
  •  0

見所は1ポイントのみ

No image

ケーブルテレビで「スパイ・バウンド」を見た。 お国柄かねえ。どうも普通にやれば007調の話に出来そうなものを(それこそ「ダイ・アナザー・デイ」のような体で)たらたらと物語が進んでいくのに自分の鑑賞リズムと同期しないため、中盤以降はひたすら睡魔との戦いとなる。主演女優がモニカ・ベルッチでなければきっと最後まで見ることはなかっただろう(私はこの人の大ファンなのであります) ハッキリ言って見所は...

  •  0
  •  0

むしむし

No image

先日来夫婦で就寝前に見続けている「ミクロコスモス」をついに最後まで見た。 虫たちの動きを色んなカメラで捉えた90分の博物館ムービー。面白かったけど場所が日本ではないので、ちょっと見慣れない虫が多い。どうせなら次は日本でこういう映画を誰かに撮って欲しいものだ。...

  •  0
  •  0

想い出のスクリーン

No image

夜のローカルニュースで徳島ホール閉館の報を聞く。(゜◇゜)ガーン ついにというかとうとうこの日がやってきたのだ。これで県内に単館の劇場は「0」になってしまった(と、いうか映画館自体が北島のシネコン1軒だけという有様)遅かれ早かれこの日が来ることは予想されていたが、なんとも寂しい話だ。 ここの劇場は私の学生時代、学校主催の映画上映会で何度も訪れているし(「超高層プロフェッショナル」「典子は今」「マ...

  •  2
  •  0

酒と泪と男と女

No image

深夜に「エターナル・サンシャイン」を見た。 一緒にいればイヤなことばかり見えてきてどうにも耐えられないのに、離れてしまえば良いことしか思い出せないというのは、男女間良くある話だけれども、それを「記憶を消す消さないのお話」としてこのような形で見せられるというのは意表を突いていて面白かった(よーこんな話思いつくわ!(^◇^;)と感心) しかし突飛なストーリーは別として、ジム・キャリーの頭の中で反芻される...

  •  0
  •  0

局地的視聴率は良いかも

No image

出社すると色んな人に「土曜ワイド見たぞ!」と言われて驚いた。そんなにたくさんの人に喋ったわけではなかったのに、口コミとは恐ろしいモノだ・・・ 今日は就寝前Kさんに貸してもらったDVDを見てから寝た。 見たのは「パニック・フライト」 なんとなく「フライトプラン」くさいタイトルだが、その辺はビデオメーカーさんの安易な都合ということで・・・(^_^;)(原題は"RedEye"だし) 監督がウェス・クレイブ...

  •  0
  •  0

刮目して見よ!

No image

今日は文化の森で開催された「カツモクエイガ」という上映会に行った。 自主映画を短編ばかりを4本上映という徳島では珍しいプログラムで、すべてがPFFの常連さんというのが期待感を募らせる。 3回目の上映に行ったのだけれども、けっこうお客さんは入っていた。 それぞれの感想をさらっと書いておくと・・・ 「恋は赤鬼」…………………(19分/小林でび監督作品) ふたりのヤンキー女がとっぽい兄ちゃんに猛烈アタック...

  •  4
  •  0