FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 01 2007

Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

買った人は怒ってるぞ

日曜洋画劇場ではこのところやたらと007シリーズが放送されている。「カジノロワイヤル」が好調なせいか、今日と来週も「私を愛したスパイ」「ムーンレイカー」と続けてオンエアの予定だそうだ。

今日の「私を愛した」の方はプライムタイムに見るのは久しぶりなので、吹き替えが誰なのか気になるところではあった。去年レコーダーにダビングした旧録音版でなければいいのにと(苦労してDVDに起こしたので(^_^;))思っていたが、始まってみるとロジャー・ムーアはやはり広川太一郎。なんだよ、そのまんまかよ、と落胆しつつよく聞いてみると、コレは以前Kさんちで見せてもらった「007アルティメットコレクション」で新録された吹き替え版をそのまま流しているようだった。

あれってあのボックス買った人に対しての特典的な物だったのに、こんなに早くテレビでやっちゃっていいのかねえ(事実Kさんは怒っていた(__;)高い買い物なのだからムリもないが)








Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

待った甲斐はありましたな

昨夜からBSフジで「24」第四シリーズの放送が始まった。毎週二話ずつのオンエアなのでコンディションも整えやすくて良い。今日の就寝時にその録画を見たのだけど、もうジャックはCTUの人じゃなくなっていたのだなあ・・・と思っていたらムリヤリ復職して事件追いかけてるよ(__;)あー、やっぱり掴みのパートは毎回ムチャクチャで面白い。3ではけっこう中だるみもあったので今回はそんなことなければよいのだがなあ。とりあえずあと22本、全部見るぞ!(どーでもいい話だが、最近キム役のエリシャ・カスバート磯山さやかが似ているような気がして仕方がないのよ。単なる目玉のオッサン化による判別不能現象かもしれないけど)






Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

正月見たテレビの話

今頃書くのもなんだが、正月あけて一番「おもしろい」と思ったテレビが実は「紀香の1ボトル」だった。

これは今巷で話題の藤原紀香が、登場するまで誰だかわからないゲストと酒を飲みながらトークをするという番組。しかもそのゲストが持参する酒を飲み干さないとトークが終わらないというとんでもない設定になっているのである(しかも二本取りなので酒量はホントにすごいと思う・・)

今回は北陽の虻川美穂子とペナルティーのワッキーがゲスト。正直どちらもそんなに好きな芸人さんではないが、それでも最後まで見てしまった。それもこれもドラマや映画ではいまいちその魅力が弾けることのなかった藤原紀香の良さが目一杯出た番組だったからだとわしゃ思うのだ。べろべろになって焦点定まらず、ふつーの酔っぱらいお姉さんと化した彼女のなんと可愛かったことか。本気で口説きに入ったワッキーの気持ちもワカランではない(__;)

もう結婚後は吉本に移籍して、関西ローカルで良いからこれ毎週やってくれんかなあ(たぶん2クールくらいで肝臓壊すと思うけど・・・)



Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

味付けはナレーションにあり

昨日の連休最終日は妻が仕事だったので、ワシはK先輩を訪ねた。氏の案内で昼飯に「桂花」でラーメン食った後(初めて行った店だったけどスープは美味かった。麺は少し柔らかめで僕の好みではないが悪い味じゃない)Kさん宅でいろいろとDVDを見せてもらったのだが、今回は外国テレビドラマ特集となった。

Kさんもワシも70ー80年代の海外ドラマが好きな年代なので、今日も「ナイトライダー」「エアーウルフ」「特攻野郎Aチーム」「マイアミバイス」(やはりキャステロ主任役のエドワード・ジェイムス・オルモスが渋い!)と言ったところを鑑賞。やっぱりこの時代のドラマはお話がしっかりしていて(あるいはぶっ飛んでていて)おもしろい。



そして思うのはやはりオープニングナレーションの重要性だ。今日見た作品もそうだけど、印象に残ったシリーズというのはすべてそれが頭に残っている。共通しているのは、そこだけ聞いたら何の事やらサッパリわからないが(__;)なんとなく勢いとムードだけはたっぷり伝わるという点であろうか。

『ヘリコプターは俺の友達!』(「私立探偵マグナム」)
『モノスゴイ男たちが今日も飛び出していく!』(「特捜班CI-5」)
『走れ赤い稲妻!』(「刑事スタスキー&ハッチ」)

等々、見事なくらい「なんじゃそりゃ」という台詞のオンパレードなのだが、毎回見ているとそれを聞かないことには落ち着かなくなるから不思議なものだ(個人的には大好きな味付け)今の海外ドラマも是非ぜひオープニングナレーションを乗せていただきたいとわしゃ切に願う。






Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

で、誰がシャーロットなの?



夕方シネサンで「シャーロットのおくりもの」を見た。妻が懸賞で当てた招待券で行ったのだが、普段ならまず見ないジャンルだろう。

映画を見る前はそんな予備知識もなかったので、まあ「ベイブ」みたいな話かなあと適当な想像をしていた。実際は間引きされる寸前の子豚をダコタ・ファニング扮する女の子が(この子が「シャーロット」だとずっと思っていたよ(__;))一生懸命育てながら、なんとか家畜(食品対象)からペットへの昇格を夢見ようとする話なのだが・・・

トータル的な感想を書けば、現実とファンタジーの境界線がとてつもなく曖昧で映画そのものの作りが実に中途半端な印象。蜘蛛のシャーロット(コイツかい!)が起こす「ある奇跡」によって子豚を特別な存在として祭り上げるわけなのだけど、ハッキリ言ってあれだと偽善臭さを払拭するのにはムリがあるだろうとわたしゃ思うのである。

家畜という、どー言い訳しても食用にしかならない存在の動物を映画にするのであれば、先に書いた「ベイブ」のように100パーセント夢物語として扱わなければ、ぜったい今回みたいにどこかで冷めた感想というのが無粋だと思いながらも消すことは出来なくなってしまうのだ。この映画も劇中で動物たちに言葉をしゃべらせたり、アニメ的な動きをさせてみたり等、ドラマフォーマット自体はファンタジーの体を為している。にもかかわらず合間合間で余計な現実描写を挟むことによって、いらぬ感想が湧き上がる素地を作り上げてしまっているような気がしてならない(豚をハムにされないよう一生懸命庇っているハズのダコタが平気でベーコンをがしがし食ってみたり(__;)動物にかまけてまったく女の子っぽい服を着ようともしなかったのに、気になる男の子が登場するや突然目覚めてそっちへ走ってしまったり等々)

とにかくこの映画はそういった偽善・欺瞞というイメージがワシの中では最後まで拭うことは出来ず、素直に感動しようと思っていた気持ちの行き所に困ってしまう一本だった(動物たちの描写はとてもヨカッタので、それだけで物語を作ればイイと思うのだけれど。あと、声優さんが意味なく豪華なのも結構楽しかった。なんでレッドフォードが「馬」なのか?(^_^;))



Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

長い旅のはじまり

この二日間は殆ど仕事の空気になれるためだけに費やしたような感じであったのだが、その割には例年より仕事量は多かったような気がする。明日からまた三連休だから結局は元の木阿弥のようにも思うけれども(休み明けはまたリハビリだ・・・)

就寝時に夫婦で「ハリー・ポッター/炎のゴブレット」を見る。

予想通り開始十五分で妻が眠りの世界に行ってしまったので(-_-)゜zzz… 物語はまだなんにも動いていない。どうやらたいへんな「魔法大会」が開催されると言うことだけはわかったのだけど、おそらくコレを最後まで鑑賞できるのは節分の頃あたりであろうか。

今回少し見ただけだが、前作にもまして子役の(もはや「子役」とは呼べない(__;))成長度に映画制作が追いついていない感じとなっているようだ。








Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

レコーダーの中は未見の物でいっぱい

今年の正月休みは今日で終了。妻は今年一発目の休日出勤なので、朝だけ一緒に喫茶・パートナーで食事を取り午後からは彼女を職場まで送り自分だけ帰宅。

年末年始で撮りまくった番組を出来るだけ今日見ておこうとテレビの前にふんぞり返る(厳密に言うとウチはレコーダーが寝室にあるので、ごろんと横になって見ていたのだけれども)インデックスを見返すとホンマにお笑い番組ばっかりだった・・・

・オールザッツ漫才
・吉本楽屋ニュース

この二本だけで十時間だものなあ・・・(__;)

そして今日は妻からの依頼で「さんタク」が録画されているのだ。スマップ関連の番組はこれで三本目。去年までならビデオテープの管理が行き届かずどれに入れたかわからぬまま結局「見られなかった」というパターンが多かったのだが、その点レコーダーに入っているウチは忘れることなど絶対ないわけで、安心感は相当な物がある。

しかし考えてみたらこの年末年始ワシが撮った映画って「たそがれ清兵衛」くらいなのだよな。あんなにたくさん映画をやっていたのに・・・



夕方に妻をお迎えに行き、食事の後はとっとと横になった。明日から仕事なので早めに寝ておこう。





1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >