You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 08 2010

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

飛行機だけはカンベンな

と、下の動画のように飯塚昭三の声はしなかったが友人N氏とK氏とで「特攻野郎Aチーム・THE MOVIE」に行ってきた。



これまた熱心に見ていたわけではないテレビシリーズの映画化と言うことでさほどの期待感はなかったが、鑑賞直前に少々煩わしいことがあったので(^◇^;)その解消としての効能はかなり高かったように思うのだ。レイトで見るにはそれなりには楽しかったなと。

亡くなったジョージ・ペパードはともかくとして、一人くらいオリジナルメンバーが出ないかなと思っていたらほんの少しだけダーク・ベネディクトが出てきたのも良かったしね。ただまあこれって第1話の流れをそのまま再現でやったような作りだったのだけど、いっそ後日談的なエピソードにしてくれた方が新味があってもっと良かったんじゃないかとも思ったなあ(彼を二代目ハンニバルにしてかつてのメンバーを「ブルース・ブラザーズ」風に集めていった方が面白かったとは思うけど、そうするとスター不在の地味な映画になってしまうし、このへんは難しいところではある。結局テレビドラマの映画化ってかつてのファン層にはあんまり目線が向いてないという感じなのだろうか(「スタトレ」みたいなファンが五月蠅いのはともかくとして)


Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

夢は夢のままでは夢でしかない

「インセプション」を見てきた。



粗筋を聞いたときはなんとなく思いつきのアイディア一発勝負!みたいな印象があって、ひょっとしたらまとまりのない話なんじゃないかと心配していたのだが、いやコレはなかなか面白いと素直に感心してしまったわ(というか発想がほんとユニークだ)

夢を何階層にも分けてそのステージでおきる事象がすべてに絡んできて最終的には現実世界に影響が出るという見せ方は、結局の所「マトリックス」なんかの仮想世界と一緒で、なんでもできるという強みはあるのだが、この映画は見進んで行くうちにどの階層が夢だか現実だかがよくわからなくなってくるあたりがひじょうに面白かった(それはオチの部分まで見事に波及している)

いままでこういうパターンの作品は何本もあったが、全編がそういう緊張感に満ちているシチュエーションがまるでバームクーヘンのようになっている映画はそうそうお目にかかることは出来ないのではないか(古い映画だと「トータル・リコール」なんか色合いは近いのだけど、アレは現実と夢の境目がほとんどバレバレの構成になっていたし)ちょうど何年か前に見た日本のアニメ「パプリカ」(そう考えるとこれもたいしたアニメだった)をそのまま実写にしたような、そういう夢ならではのもどかしさとかを見事に映像化できてるんじゃないかと思ってしまったなあ(その「パプリカ」のパクリだという声も出てはいたけど、そこまでの類似感はワシにはなかった)

渡辺謙が役回りとしてあそこまでホントに必要だったのかどうかはちょっと疑問だけど(^_^;)それをさっ引いても十分満足したというか、個人的にこういうのはワシ大好きですわ。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >