You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 11 2010

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

穴埋めに使うには失礼な映画である

今全国のシネコンで(ここに徳島は含まれないが(__;))「午前十時の映画祭」という企画上映会が開催されている。この時期仲間内で高知遠征する機会があったついでにそちらも行ってみようかということで「大脱走」を見に行ってきた。場所はTOHOシネマズ高知



もうガキの頃からテレビで何度も何度も見ている映画ではあるのだが(だいたい2週に分けて放送されていたなあ)気がつけば最後に見てからもう10年以上は時間が経っていて、きっと今のオッサン視点からだと違う印象があるかもしれないという若干の期待と、そこはかない不安を同居させた上での鑑賞となったのだった。

三時間を超える長い映画で朝からと言うのはどーかなと思ったが、途中でダレたりしなかったのはさすが。なんとなく平和で監視の緩い収容所の中での脱獄作戦はそれほどスリリングな感じが持てなかったが、何せこれは50年も前の映画なのでそれを言ってみてもあまり意味がない(「プリズン・ブレイク」みたいなのを期待するのがそもそもマチガイ)あれやこれやでやっぱり面白い物は面白いという感想しか残らなかったし。

いちばん感心したのはマックィーンが外へ逃げてからの遠景ショットがかなりの引きで尚かつ長めのワンカットを多用している点で、昨今のような膨大なカット数に激しく短い映像が切り替わるカットバックを用いたりせずともこんなに画面に引き込まれてしまうのかと今さらながらに驚いた。これはテレビじゃぜったいわからない大画面ならではのものだろう。

欲を言えばオールスターキャストにありがちなことだけど、マックィーンの活躍場面が思っていたより少ないなというのが意外だったかなと(記憶の中では「マックィーン映画」で処理されていたけど、そうではなかった)それとすっかり忘れていたのは脱獄メンバーに「CI5」のコーレー部長(ゴードン・ジャクソン)がいたのも完全な記憶欠落。一番劇中で頑張ったのは実はブロンソンだったというのも気がつかなんだですわ・・・

それからやっぱり映画始まってすぐにあの超・有名なテーマ曲が大音響で耳に入ってくるのも実に心地よくて、それに酔っぱらってるウチに三時間経っちゃったなという感じがしないでもなかった。やっぱり映画音楽というのは大事だなとあらためて思ってしまったなあ。



それにしてもTOHOシネマズは初めて来たけど椅子が座りやすくてよかった。座席の傾斜もきつめで前の奴がまったく邪魔にならんし、やはり県内にも別系列のシネコンが欲しいとワシは強く思ったよ。






Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

終わるヤツ、続くけどお別れのヤツ、いろいろ

穴埋めエントリーなので走り書き程度に纏めるが、夏から秋にかけてのワシが見ている海外ドラマ動向。

「デクスター」・・・forceSeasonで視聴停止



シーズン4のラストは「やってはいけないこと」をやってしまったなと。このドラマのオンリーワンな長所だった”凄惨な中でのほのぼの”という他の番組ではまず類を見ないようなとんでもない世界観をわざわざ崩すのかとワシはシーズンフィナーレを見て怒りが収まらなくなってしまったのだ。4年もかけてここまで作り上げた見事な空気をこんな安易なことで止められるとハッキリ言って裏切られた思いがする。もうネクストシーズンからは見ることはないだろう。さようならデクスター、今まで楽しかったよ・・・

「HEROES」・・・forceSeasonで終了



ちーっとも解決しない中途半端な幕引き。あれだけいろんな事をグタグダやってきて一つくらいはカタをつけろよと言いたいが、番組自体がキャンセルなんだからどうにもならんわな。thirdシーズンまではなんだかんだ文句言いながら楽しめるところもあったけど、今回はそれもほとんどなかったしねー。終わるべくして終わったという感じですわ。

「LOST」・・・sixSeasonで終了



AXNでの最終回の放映後は数分で2ちゃんねるに「LOST最終回反省会」なるスレッドが立ちあがっていたほどなので、内容についてはなにをか況やなのだけどワシは微妙だったなあ。謎のすべてが解決するとははなっから思ってないけど、まあよく仕上げた方ではないのかな。そもそもこの番組については以前も書いたように気持ち的にはそれほど強い期待があったわけではないので、とりあえずはちゃんとした最終回があったと言う点については大いに評価して良いのではないかと(最後はモノスゴク面積の広いビニールプールだったのかも)

「CHUCK」・・・スーパードラマTVで放送開始



この時期スタートした番組の中ではワシの一押しだ。「人間コンピューター」という発想がマンガ的で楽しいし、コメディの枠の中にアクションやお色気も適度に含まれていてひじょうにバランス感覚の高い娯楽活劇だとワシは思っている(また久しぶりに吹き替えの方が面白いと思える番組でもあった)個人的にはサラ役のイヴォンヌ・ストラホフスキーが実にヨイのも毎回見ている理由としては大きいかも(__;)

「THE MENTALIST/メンタリストの捜査ファイル」・・・同じくスーパードラマTVで放送開始



「CHUCK」と同時期に始まったちょっと変わったクライムストーリー。ドラマの体裁は「刑事コロンボ」のパターンを踏んでいて毎回の犯人はバレバレだけど、解決に至るプロセスが丁寧に描かれており、この辺が最後まで見えてしまう所以となっている(お話自体にそれほどの目新しさはないが、物語の転がし方がうまいので面白く感じてしまう)また主人公が警察官ではなく一般市民のコンサルタントという部分も捜査内容が突飛になって楽しいという旨い効果を生んでいるようだ(会って直ぐの人に「あなた犯人ですよね?」と問いかけたりするのに笑ってしまう。ふつうの人がこういう行動を取るとただのイタイ奴だけど、主人公のパトリック・ジェーン(「ニック・フォーリン」や「ランド・オブ・サ・デッド」のサイモン・ベイカー)がムダに爽やかなイケメンというところで何か許されてしまう空気を生んでいるのだろう。こちらもプッシュしたい番組の一つだ。

さらにこのドラマはチーム物として見た場合もメンバーの個性がひじょうに分かり易く、見ていてイヤになるキャラが一人もいない。このあたりは警察以外のプロと合同捜査を展開するところで類似感のある「BONES」などと比べても入って行きやすい点になっているのではないだろうか(「BONES」はレギュラー同士の会話がときどきウザいときがあるので・・・)



12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >