You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Sort by 01 2011

Category: ◆Indies Cinema Paradise=自主映画四方山話  

1stblood~"The Day of the Jackal"

前回のエントリーのように若い人たちの創作活動を見ていると羨ましいなと思いながら、ふと自分らがやっていたときはどうだったっけ?と思い出を反芻する時間が増えたりもする。良い機会なので本館ブログでほったらかしだった自主映画に関わっていた頃の話を新エントリーとし「IndiesCinemaParadise」というカテゴリ名で追加していこうかと思う。第一回はそちらからの加筆した転載。

-1982年-

思い起こせばアレは16の春、ワシが入学した高校には映画部という倶楽部活動が存在していた。母子家庭で育ち、毎晩母が仕事で不在時に祖母とテレビの映画劇場や時代劇を見て大きくなったワシは当然ながら映画の裏側(どうやって撮っているのだろう、とか)みたいなものに興味をずっと持っていて、この年の頃には自主映画なんてヤツにも相当な好奇心を抱いていたのである。ココはひとつ思い切って入ってみるかとワシなりに入部のタイミングを伺っていた。

一人で入部に行くのがイヤだったワシは同級生を半ば強引に誘い一緒に入部、生まれて初めて映画作りというものに参加することになったのだった。しかし悲しいかな誘惑の多い思春期16歳。ワシは部活より覚えたての麻雀の方が面白くなり、そちらに方に精力を注ぐようになってしまっていた。

ワシに強引に口説かれて無理矢理入部させられた同級生は意外とマジメに部活へ参加し続け、ワシが部活に来ないことで立腹した先輩方に「あいつはどーした?」と聞かれると「中国語の勉強に行っています」と返答していたとかで(__;)

秋になり改心(?)したワシは先輩方に形だけ(実はこの時点ではそんなに反省していたわけではなく(^_^;))頭を下げて部活に復帰。当時我が校では秋の文化祭で映画部が新作を上映するのが慣例になっていたのだが(と、いうか今思えばそれが活動のすべてみたいな物だった)その年の上映予定作品もワシが戻った頃には撮影も殆ど終わっていて、あとは数回のロケと編集・音入れ作業を残すのみとなっていた。

あらためて現場に参加するとやはりみんなでワイワイとやりながら撮影を進めていくのはとっても楽しい作業で、なんだ、こんなんならちゃんと最初から来ておけばヨカッタと後悔してはみたものの後の祭り(__;)この年途中参加になってしまったことが今以て残念な出来事だったと、自分のチャラい行動を現場に来てから心底自戒したのである。

ちなみにワシが現場復帰して苦労したのは裏方と言うよりは台詞のある出番をあてがわれた所だった。要するに自主映画なぞというものはスタッフとキャストの垣根などナイに等しい世界なので、さっきまでレフ板持って照明を当てていたヤツが「あ、次出番ね」と言ってカメラの前に立つことなど日常茶飯事。しかし芝居なんて生まれてこの方やったことない連中ばかりなので、けっこうこの辺ムリがあるのだ(結局メンバーでイチバン下手なのは実はワシだった・・・)その辺含めてロケに行ったりアフレコやったりという行程自体が楽しいと思える物だったのである。

映画の内容は所謂今で言うクライムサスペンス(^_^;)というヤツで、徳島というローカルな街にワールドワイドなテロリストが地元成金者の殺害を請け負ってやって来るというプロットだった。身も蓋もなく書けばフォーサイスのパロディだったわけだけど、学生映画にしてはけっこうよくできた話だったと今でもワシは思っている。

この時の監督はワシの2年先輩でクラブのリーダーだった人だけど、驚くほど絵作りのセンスがよく、まったくコンテを切らないのに(彼の頭の中には完璧に撮りたい映像がイメージされていたのだ)編集したときの絵の繋がりたるやそれは見事なもので、最初にラッシュでそれを見たときは「おー、こうやって映画は作られるのか」とかなり感心したほどだった。その後自分も含めて何人もの人間が別の映画を作ったが、彼の技量を勝る者は誰一人として存在しなかったわけで、やはり映画監督はセンスがなければ務まらないというのをこの時ワシは学んだのであった。

結局上映日の数日前ギリギリに映画は完成。学園祭のプログラムにもしっかり上映告知が印刷され、後は客の入りを待つばかり。いったいどれくらい来てくれるのだろう?果たしてウケルのかスベるのか?と言った心配事ばかりが先走る中文化祭はスタート。結果から書いてしまえば入場者はフルハウスとなり、急遽2度目の上映を追加したほど反響は上々。

上映中、客の前に姿を見せたくなくて裏の控え室で隠れていたリーダーと一緒に中を覗いていたワシは、館内の拍手を聞きながらなんとも言いようのない感動に浸っていたのである。あー映画を作る事ってホントに素晴らしいと(T^T)結果この時の喜びがベースとなり、ワシはこの日と同じ気持ちを味わいたいがためにズルズルと自主映画の道をダダ滑りしていくのであった。




Category: ◆Indies Cinema Paradise=自主映画四方山話  

Indies Cinema Paradise

カツモク22

文化の森21世紀館に於いて開催された「カツモクエイガ2」を見に行く。前回の「カツモク1」では複数監督によるバトルロイヤル方式の上映となっていたが、今回は地元期待の新鋭・川原康臣監督の作品のみで構成されているイベントとなっていた。

17時スタートの上映に合わせて20分前に会場に潜入。ロビーはけっこう賑わっていたが席に着くとワシが一番乗りだったようだ。ややあって入場者も集まりだし、風雪注意報も出ていて寒かった割にはそこそこの人数がやってきていた。そして定刻通りに映画はスタート。以下はその感想である。

カツモク21


「オープニング」・・・前回(カツモク1)同様期待感のぐっと膨らむスタート映像。こういうのはぜったいあった方が良いと僕は思うのだが、なんというかワクワク感が大きくなると言うか、お祭り気分がぐっと盛り上がってくると言うか、このあとの上映に期待を寄せる空気作りにこれほど効果的な物はないなと思うのだ。

「10ねんのち」・・・さて気分が高揚した直後の一本目だったが、正直ちょっとキツかったかなと。とにかくなにがどうなっているのか事態が最後までまったくわからなくて(あえてそうしている部分もあったのかもしれないが)最初はホームドラマっぽい出だしで来たのがヒロイン登場から突如として抽象的な展開に終始してそのまま終わってしまった感じだったけど、あとから川原さんのブログでの解説を読んで「デッドボールかも」と書かれていたのはなるほどなと妙に納得してしまった。

個人的にはストーリーラインのない映画がきらいなわけではないし、むしろ好きな部類だと自負しているのだが、それからすると最初のシークエンスは一切無しでいきなり彼女との遭遇シーンのくだりからスタートした方が良かったような気がする(僕自身はあの転換で「あ、この映画はそっちへ行くのか?」と少し困惑した)それと川原さんが舞台挨拶の中で仰っていた「前後一時間程度の説明が必要」という部分も、多少織り込んだ方が見易かったんじゃないのかなとも思った(後から紹介ページを見たらあー、そういうことかってなるけど、予備知識無しで入るとちょっと置いてきぼりにされた感じはするかも)

ダムでの二人の応酬シーンは独特の緊張感があって良かったけど、やっぱり最後は奇譚としても少しパンチ不足の感あり。奇譚で行くならスタートから(というか終始それで)もっと無茶苦茶でも良いんじゃないのかな。あと今作はモノクロで撮られているのだが、ちょっと勿体ないなと思ったのは過去の作品で感じていた川原さんの風景の入れ方(薄い水彩絵の具で描いたような色調がとっても好きだった)がひじょうにセンス良くて気に入っていたので、カラーじゃなかったのはその点残念に思えた。

「イートスリープクリープ」・・・感想を書くのがとっても難しい映画だったと思っている。ウソ偽りなく失礼覚悟で書いてしまえば冗長に感じたし途中で数分寝てしまったところもあった。しかしながらこの日見た三本の中では一番印象に残った映画だったのも事実で、とにかく主演二人の間合いが時間をかけて抜群になってくるのが後々効いてきたというか(それに多少時間かかった分だけ中盤は集中度が削げていたのかも)途中で「眠い」と思ったのは何だったんだというくらい結末に対して心底「良かったな」と思えてしまったのだ。「食べられないなら食べなければいい。眠れないなら眠らなければいい」って台詞は不思議な説得力があってなんか良いなあと。

それからやっぱり舞台が徳島である(だということがわかる)というのはいいなと再認識・・・

「ネコハコベフジワラさん」・・・最初から最後まで穏やかな気持ちで鑑賞できた。ちょっと不思議なファンタジーでありつつ小さいラブストーリーになっているようにも感じられて、オッサンの観客としてはどこかでノスタルジーに近い感覚も抱いていたような気がしている。主役のふたりが走っている背後で猫たち浮遊しているカットはこの数年見た映画の中では出色の場面だった(奇妙でほんわかしているというか)今回の中ではこの映画が一番「好きな」作品になったかなと(見終わって一番頭に残ったのは「イースト」)

「クロージング」・・・「ネコハコベ」でも使われていた猫が飛んでいる映像が最後にも流れていたけど、あれをMayFlyさんのシンボルマーク(上映前に必ず流れるアレ。海の東映マーク!山のParamount!ET乗せた自転車のアンブリン!みたいな)にしたらいいのになと、余計なお世話的な事もアタマに浮かんでしまった・・・これで終わりかと思うと若干の寂しさもあったなあ。

全体の総括的補足事項としては、すべての作品に於いて役者さんの味がヨイという点で統一されている。どこで見つけてくるのかはわからないけど「10ねんのち」の直さん役の彼女(舞台挨拶で見たときは劇中より綺麗な人だと思ってしまった)とか「ネコハコベ」の可愛いヒロインの彼女もそうなのだが、やはり「イースト」のけんいちとまど子のお二人が最高。そんな味のあるキャラの皆さんすべての人たちに今後の作品での再登場を願いたいものである。

それから超蛇足的なはなしでは、川原さんのブログ経由でわかったのだが「イースト」のまど子役・熊谷まどかさんは「はっこう」の監督さんだったとのこと。むかし高松まで見に行ってすごいのおと感心したのを憶えていたのでこのネタはけっこう驚いた。

ともかく、なんだかんだで本当に楽しい3時間だったと、ワシはひじょうに満足している。


Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

進路変更するなら屋号も変えたらどうなのか

朝イチで「ウルトラマンゼロ・THE MOVIE・超決戦!ベリアル銀河帝国」を見に行ってきた。



ガキが少なそうな時間はここしかない!という感じで朝8時50分からの上映をねらい打ち。予想通り正月三日目の朝ともなれば、親の方が動く力が残っていないだろうというこちらの読みは正解。観客は約7名でそのすべてが自分も含めぱっと見推定年齢40以上のオッサンばかりという(__;)(ぜったいみんなトクサツファンだろうなあ)なかなか濃い空間で鑑賞がスタート。

昨年の「ウルトラ銀河伝説」の時と同様、今回も”怪獣ショー”の豪華版という体裁からは殆ど変化がなかった。前回にもまして役者によるライブアクションのパートは激減してるし、ここまで来たらもう人間体のキャラなど出さずにフルCGで処理してしまった方が良いんじゃないのかという気もしたけどねー。それにせっかくミラーマンやジャンボーグを出すならあんなにデザインアレンジしたんじゃ意味無いんじゃんとも思ったなあ(オールドファン対応なら変更はまちがいなく逆効果)もう終幕近くの空気は「アンドロメロス」かよ!と言いたいくらいだったし、もはやこれのどこが「ウルトラ」なんだ?って気分にもなってしまっていたよ。

その他ビジュアル面では少なくとも「銀河帝国」の時にはあったそれなりの映像的工夫というか、これは新鮮な映像だなって感じたカットも殆どなく、おーっと思えたのが長谷川初範や萩原佐代子や石田信之の声だけだったのがなんともはやで。。。

秋にも新作をやるらしいけど、もう少し原点回帰して「ウルトラ」らしい物語(それが「ゼロ」なのは別にかまわないので)作りをも一回やてもらえたらなと、オールドファンの一人としては切に願う次第である。

あ、GirlsNextdoorの主題歌はちょっと良かったかも・・・





1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >