FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 10 2011

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

汚泥の中から7年前のややきれいな泥が Part.2

2004年の回顧録が長かったので分割。以下後編(前編が7月~12月分でこちらは1月~6月鑑賞分)しかしこう羅列するとすっかりアフィリエイターのブログみたいになってしまった・・・(__;)


◇「デイ・アフター・トゥモロー」  鑑賞日:2004/06/30 北島シネマ<★★☆☆☆>
一番足りないモノ、それは丹波哲郎。この映画はその一言に尽きる。なにせ地球に氷河期到来!というとんでもない事態が発生しているにも拘わらず、恐ろしいほどに緊迫感が希薄。映像イメージ(これはなかなか見応え有)とドラマが両立していないというのがそのすべての理由だが、これなら「日本沈没」や「復活の日」の方が何倍も”ただごとではない”状態をひしひしと感じたものだ。

なんか台風で体育館に避難したおばちゃんとかが「たいへんやなあ、床下浸水だけやったらええのになあ」と心配している程度の大変さしか伝わってこないというのはパニック映画として致命的にダメだろう(__;)

ココはやはり大統領役にデニス・ホッパーかドナルド・サザーランドあたりを起用して、観客置いてきぼりの勝手な芝居を(当然ながら地球が滅びてしまうことを根拠もなくとことん悲観的に語らせる)やらせた方が無理矢理でも緊迫感があってよかったはず。


◇「ラスト・サムライ」  鑑賞日:2004/06/19  鳴門文化会館 <★★★☆☆>
渡辺謙は「助演」ではないだろう・・・時代考証的なことは歴史に造詣が深くないので何とも言えないが(そーとー「間違っている」という噂・・・)ともかく全編渡辺謙が熱くなおかつ濃くて良い(暑苦しいの一歩手前まで来ていたけど(__;))

最後まで見るとトム・クルーズはただの狂言回しにしか映っていないようにワシは思った。アレならまったく画面に登場せずとも、主演:渡辺謙 ナレーション:トム・クルーズ(或いは「かつてそんな男がいたんだよ」みたいな語り部役でも良かったのでは?)

あとは日本人をインディアン扱いされたのが少々気に入らんかったけど、このへんはしょうがないのか・・・


◇「ビッグ・フィッシュ」 鑑賞日:2004/06/01 北島シネマ <★★★★☆>
真実だけが正しいというわけではない・・・これには激しく同意しよう。そして鑑賞後は「感動した!」とコイズミ某の如く(コレも古いたとえになったな・・・)心の中で呟いてしまった。

人が人に話をすると言うことは内容がどうであれ、相手の受け止め方一つでどのようにでも解釈が変わってしまうモノだとワシは思うのである。

たとえば伝聞・体験等を語るときに一言一句同じ言葉など駆使できるはずはなく、話すたびに微妙に物語は動いていくものだ。そして気がつけば最初の話とは違った「おもしろばなし」が角が取られアレンジが加わり「ネタ」として自分のレパートリーに加わっていく。

それをさして「あんたの話は以前と言うことが違っている」とか「そんな話あるわけないやん」と頭から否定するのは間違っている。真実だけどつまんない話・嘘だけど面白い話だったら聞きたいのは面白い話に決まっている。

人を悲しませるような嘘はむろん論外だとは思うけれども、その嘘(徳島的に「おげった」と言うべきか)で聞いた人が楽しい気持ちや、幸せな気分になれるのであれば、その人の語る話は肯定されるべきなのだ。

特に親と子、父と息子の場合など殆どそれが成立するのではないかな。ワシは父親の存在が希薄な人生を過ごしてきたけれども、それでも子供の頃彼から聞いた「嘘八〇〇」の物語を今でもいくつかは覚えている。それ以外の正論や説教なんてなーんにも覚えていないのに(^_^; それが父親との数少ない思い出の一つになっているのなら、嘘は決して悪ではない。ワシは今回の映画でそのことを特に痛感した。

特にラスト近く、臨終間際の父親に息子がストーリーを作って物語の世界で「彼が作った登場人物たち」全員と再会させる場面なんて、うー(T.T)一人で見ていたら泣いていたかもしれぬという場面だった。あー、ええ話や(;>_<;)

ついでながらヘレナ・ボナム・カーターを初めて「カワイイ」と思えた映画でもあった。やはり夫が撮ると違う物なのか・・


◇「ドーン・オブ・ザ・デッド」鑑賞日:2004/06/01 北島シネマ<★★★☆☆>
走るゾンビはホラーのトレンドなのか??それはともかく”きっとしょーもないにちがいない”という固定観念をキープしたまま見たのだが、冒頭の掴みはばっちりでお話のテンポも良く、思いの外没頭してしまった。

元祖「ゾンビ」に比べればやはり人物描写などスカスカなところが否めないものの、「なんかしらんが世の中はタイヘンな事になっているのだ!」という終末感はちゃんと押さえられている。元祖に対するリスペクトもそこはかなく存在しているし、まんまなリメイクと言うことを考えれば合格点をやっても良い出来だった(トム・サビーニの保安官が一番気合いが入っていて面白い)

それにしてもここ最近映画に登場するゾンビたちはなんでああも生きが良いのだろう?(スローな動きだと昨今の高速カットバックのテンポと合わないのか・・)


◇「ホーンテッドマンション」鑑賞日:2004/05/01 北島シネマ<★★☆☆☆>
5/1映画の日である。「あえて」最終上映を狙ったのだが、やはり甘かったか館内は満員(__;)この映画も全席指定であった(ワシらはかなり前の席)まあ連休というぬるい空間の時間に、特別低料金で見る映画としてこれほどふさわしい1本もない。

いざ始まってみたらこちらの予想以上でもそれ以下でもない出来に、なんとなく変な安心感を覚えたモノである。元気なだけで芸のないゾンビたち・どんな化け物より恐ろしい素顔のテレンス・スタンプ・道に迷ったエディたちになんの足しにもならないアドバイスをくれる「歌う胸像」など(コレと水晶玉占い師は本当のアトラクションにも出てくるそうだけど)楽しい場面はかなりある。

しかしながらこの映画でいちばん納得出来なかったのは”なぜエディ・マーフィーなのか?”というキャスティングだろう。この手の話になると彼のオーバーアクトは逆に劇中でのリアリティを感じることが出来なくなってしまうと思うのだが。

「家族を顧みない仕事本意の優秀な不動産屋」そんな設定はおそらく本編が始まって15分後には見ている人すべてが忘れてしまうのではないかとさえ思えてしまうほどだった。結局いちばん不要なのがエディではないのか??


◇「キル・ビル2」 鑑賞日:2004/04/30 北島シネマ<★★★★☆>
今回はなんといってもダリル・ハンナがカッコよい。トレーラーハウスでの決闘シーンをよく見ると分かるのだが、少なくともワシの目にはユマ・サーマンよりこちらのほうが美人に映ったほど(彼女の末路は前振りがよく効いていた)

あと、パイ・メイとの絡みがある回想シーンはワシ的にこの映画の中で一番ばかばかしくもオモシロイ場面だった思っている(2番目はビルのスーパーマンとバットマンの違いに関する長い長いウンチク。これがしょーもなくて笑える)

エンディングを見て最後まで座っていたいと思えたのも何時以来か。そう言う意味ではシアワセな映画との出会いだったかもしれない。


◇「おとなの東宝チャンピオンまつり」 鑑賞日:2004/04/03~04/04 高松東宝<★無採点☆>
今日はさしずめ「田中邦衛まつり」の様相か・・・ ※当時の紹介記事

◆1本目「キングコング対ゴジラ」
今回上映のプリントは20分短縮されたチャンピオン祭版。以前のワシなら「オリジナルをカットして上映するなど以ての外だ!」とぷんすかしていたものだが、今日的感性からするとこちらの方がテンポ良く面白く感じるから不思議だ(有島一郎のしょーもないギャグをカットしたのは大正解)劇場で見るのは83年のゴジラ復活祭以来とはいえ、今までビデオとかでさんざん見ていたはずなのに、ダレずに最後まで退屈しなかったというのは自分でも驚いた。やはり大画面で見る怪獣映画には味と趣がある。


◆2本目「ハワイの若大将」
実はこのシリーズをちゃんと見たのは初めて。概ね楽しい世界観だったが、そのうえで一番思ったことは、加山雄三の芸風が全く以て現在の長嶋一茂と一緒だったと言う点(微妙な棒読みまで一緒だった・・)


◆3本目「殺人狂時代」
テンポの良いアクション、仲代達也の巧みな(なおかつカッコいい)一人二役(?)に意表をつく展開と、見事なまでに無駄のない仕上がり。さらにはそのすべてを100分やそこらで一気に見せてしまう、これを傑作といわずなんとするのか。やはり噂通りの1本と感嘆。


◆4本目「ルパン3世・念力珍作戦」
25年くらい前に読売テレビで日曜午後の映画枠があったころ、よく「三大怪獣」なんかと並んで放送されていたのを見た記憶がある。当時の記憶には1シーンも残っていなかったが、今見るとある意味70年代らしい映画だなあと思ってしまった(しょーもないといえばしょーもないんだけど)


◆5本目「椿三十郎」
大画面で見るクロサワ映画は_ と、結局は「キンゴジ」の感想と同工異曲になってしまうのだが、ほんとにそうとしか言いようがないのだから仕方がない。とにかく見応えありすぎ(^_^;)最後の最後でここまで見てきた映画の登場人物たちがわさわさとこの映画にも出ているのが何ともいえず(田中邦衛と平田昭彦は3本目か?仲代も2本目でこちらはピカレスク的魅力全開)こういう上映会のファイナルとしては言うこと無いセレクトだったのではないかな。


◇「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」 鑑賞日:2004/03/29 北島シネマ<★★★☆☆>
ジョニー・デップとチーチ・マリンが酒場でマリアッチの話しをしているつかみのパートはテンポも最高で、導入部としては文句なしのスタート。

なのに、話しが転がり出すと簡単なストーリーのハズなのにわざわざ登場人物を多く絡めて(これがあんまり効果を上げていない)シンプルな物語をわかりにくくしてしまっている。

悪く言えば説明臭くてくどい展開。そのせいで中盤は人物関係を頭で整理するのに疲れてきて、体調悪ければ鑑賞中寝てしまうかもしれないという状態に陥る。

それでもクライマックスはひじょーに痛快(デップの目の下が血で濡れていたのはこういう意味だったのか・・・)まとまりのないまま一気になだれ込んだ感が強いが、エンドロールへの仕上げは強引ながら見事。なんとなく「終わった・・・」という感じにさせてくれる綺麗なラストシーンだったと思う。とにかく音楽がヨイので、それだけで乗せられているような所もあるけど。

なんか最初と最後が最高だったので、なんとなく満足感が残ってしまったのだが、これはヨシとすべきなのか・・・


◇「ゴシカ」鑑賞日:2004/02/29 ワーナーマイカル高松<★★☆☆☆>
ハル・ベリーの後ろ姿はまるでオッサンだった・・・閑話休題、サスペンスとして考えるなら、ネタも伏線もバレバレで成功しているとは言い難いが、「オカルト映画」として捉えればそんなに悪い映画ではなかった。

特にハル・ベリーが最初にゴーストと遭遇するくだりは(およびそれを回想するシーン)ビジュアル・イメージとしてかなり秀逸。

反対に説明不足で食い足りない部分もちらほらあって、なんでペネロペとハルはああもあっさり釈放されたのか?とか(霊に憑依されていたとはいえかたや喉笛かっ切り(^_^;)こなた斧でズタズタの殺人をしているのに、どーやって説明したのか??)ロバート・ダウニーJrが刺青の説明聞いただけで「君が正しかった!」とコペ転する説得力のなさたるや如何なものか?等々。

もっとも、些細な事はじつのところどーでもよい。100分前後という短い尺でマジメなコワイ映画を作り続けるダークキャッスル社という会社の姿勢にワシはひたすら感心するのである。


◇「マスター・アンド・コマンダー」 鑑賞日:2004/02/26 徳島ホール<★★★☆☆>
波の谷間に命の花が・・・そんな兄弟船調の1本。「白い嵐」が「パーフェクト・ストーム」になり気がつけば「宇宙大作戦」になっていたというのが全体的な印象(わかりにくいなあ(__;))

聞いたところによると原作の方では船長とドクターのやおい的展開なんてのもあるそうで(ますますスタトレ調)それからするとこっちの方はぐっと骨太な感じになっていた。

不思議な物で前半のドンパチや、船が嵐で沈みそうになる派手な場面が退屈でどーしようもなく、中盤以降フランス軍を待ち伏せするまでの、静かな待機時間に突入したあたり(テンポが緩くなってきた頃)から俄然おもしろなってきたような気がする。ガラパゴス島で暢気に動物の調査をし出すシーンなど、妙に見入ってしまった。

クライマックスも「今この瞬間はこの船こそ祖国なり!」という船長の台詞にグッとくるものがあった。世評的には芳しくないみたいだけど、悪くはなかったとワシは思う。


◇「タイムライン」 鑑賞日:2004/01/27 北島シネマ<★★★☆☆>
余所のレビュー等ではそんなに評価が芳しくなかったものの、個人的には思っていたよりオモシロかったと思う。

例によってSF的小道具は単なる小話の前フリにしかすぎないというマイケル・クライトンいつものパターンだけど、こういうの嫌いじゃないんだよなあ(^_^;)

少なくともH・G・ウェルズ孫の「タイムマシン」よりはよっぽど娯楽映画としてまとまっている。

すべての伏線(簡単なネタばかりとは言え)をちゃんと2時間以内に昇華(消化?)して見せてくれたのも好感が持てた。でも事前情報あんましなかったけど監督はリチャード・ドナーだったのだ。健在だなあ(__;)


◇「半落ち」鑑賞日:2004/01/17 北島シネマ<★★☆☆☆>
ワシはまじめにオチが半分しかないと映画と思っていたのだが・・・(__;)

どんどん登場する著名な俳優さんを見るにつけ、とても映画らしい作りだと思ってはみたものの、如何せんすべての登場人物が描き切れておらず、感情移入が腹八分にすら届かなかったというのが実情ではないかという気がした。(どのキャラも登場してしばらくするとあっという間に影が薄くなってしまう。柴田恭兵なんか後半殆どセリフ無かったし)

察するに原作を(この時点では未読)かなり忠実に映画化したのではないかと思うのだが、ここは敢えて登場人物の切り捨てというか絞り込みが必要だったと思う。

どちらかと言えばテレビドラマ化したほうが向いている作品かもしれない(時間かければもう少し面白くなるのでは)


◇「ファインディング・ニモ」鑑賞日:2004/1/16 北島シネマ<★★★☆☆>
ピクサーの作品は今までビデオでしたか見た事が無く、正直いい年したオッサンが劇場で見る映画としてはどーなんだ?という心配も事前にはあったのだが、上映中退屈指数はゼロ(^_^;)

「海」というビジュアルはCG向きなんかわからんけど、ともかく絵で引っ張られてしまった感じが強い(ストーリーは昔さんざん見た「ゴルゴ」とか「ガッパ」なんかであった伝統的な(?)子供救出劇だし)そのうえ絵に新鮮みがなくなってきた頃にはちょうど終わりがくるという、そういう意味では巧い尺割りをしている。

「カモメはアホでエサのことしか考えてない」というキーワードは個人的にはかなりツボだった・・・

あと、歯の矯正している女の子を「イヤな子供」の象徴として扱っていたのはちょっと気になったな。


◇「マトリックス・レボリューションズ」鑑賞日:2004/1/8 北島シネマ<★☆☆☆☆>
時間の無駄とはこういう状況を言うのか。コレは「アニマトリックス」の一編か?それとも番外編か?と見まがうばかりの芯のなさ。「レボ」が「リロ」に続くことを前提とした続編であるならば、少なくともそれに相応しい幕引きというモノが必要なはずではなかったのか。

こんなしょーもない映画をだらだらと150分も見せておいて「完結編でございます」などというのはシリーズを見続けた客をなめてるとしか思えない。

ところどころに見るべき場面もあるのだが(ミフネ船長の大暴れとかスミス対ネオのドラゴンボール的対決シーンなど)そんなものは副次的な話で、物語世界の根幹がしっかり存在してこそ枝葉のおもしろさというのも光るわけで・・・

なんにせよこの作品は劇場でまっとうな対価を払って見る映画ではない(「エンド・オブ・デイズ」以来ひさしぶりに映画館で腹立った)



Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

汚泥の中から7年前のややきれいな泥が Part.1

旧館ブログをなにげに眺めているとかなり前にアップされた映画感想文(いつも思うけど「レビュー」って書くのが面映ゆい(__;))がコンテンツの沼底に沈んでいたことに気がついた。そういえばこういうの書いてたな・・・と思い出しながらせっかくなんでこっちに移してしまえと運んできた次第である。全部が2004年に劇場で見た作品ばかりなのでプチ懐古気分も味わえるが、同時に自分の進歩のなさも感じてちょっと悲しい気分も(×_×)(星取り表とか嬉しげに付けたのが今となっては笑える。まんま「スクリーン」かなんかの付録だった映画手帳みたいなのを目指していたのかねー >2004年の自分)



◇「エイリアンVSプレデター」 鑑賞日:2004/12/19 神戸シネモザイク<★★★☆☆>
しょーもなさ満開だが憎めない出来。ランス・ヘンリクセンの「指の間ナイフコンコン」に少し笑うくらいで他は記憶に残るところ殆どなかったなあ(__;)わざわざ神戸まで行って見るような映画じゃなかったかもしれないけど楽しいことは楽しい。吹雪の中をエイリアンクイーンがどやどやと追いかけてくるところだけはおおーっと(__;)見入ってしまった。


◇「ゴジラ/FINALWARS」 鑑賞日:2004/12/04 北島シネマサンシャイン<★★★☆☆>
失笑しつつも満足してしまった自分がコワイ。ほとんど北村一輝司会の「ウルトラファイト・ゴジラ編」みたいな話。ほかにも意味なく足を組み替えて画面に登場する水野真紀と菊川怜とか、ストーリーになんの関係もないアクションを本人だけノリノリで展開する松岡昌宏と言った具合に、構成は完全なインディーズ映画のノリ。北村龍平監督は金を目一杯かけて自主映画を撮ったということだけど、己の趣味だけで映画作りをするのが悪いとは思わないがスベったら意味ないわけで、そこははき違えないで貰いたい。


◇「コラテラル」 鑑賞日:2004/11/01 北島シネマサンシャイン<★★★☆☆>
ロスってこんなとこ??と勘違いするかも。そもそも映画の日なので特別見たかったわけでもなかったのだが、他に適当な物もなくコレを見ることにした・・・と言う程度の力の抜け具合。しかしワシ的には意外と「当たり」の1本だった。

トム・クルーズの悪役ぶりはこの際おいといて、この映画の主役は間違いなくロサンゼルスの町並みそのものだと見ていて感じた。道路に突然現れるコヨーテの描写なんて演出でも何でもなく、ホンマにおるねんというのがリアルに伝わってくるし、きっと明日にでも現地に行けばあのまんまが見られるんではないかとい確信に近い感覚がワシを襲うのだ。それくらい「作られた絵」臭さを感じられない。

また、特筆すべきはタクシーの中での会話。ジェイミー・フォックスとウィル・スミス嫁、及びトム・クルーズとの会話シーンが抜群によい。こういう会話だけで画面に引き込まれたのも何年ぶりやらと言う気がする。

それだけに終盤のアクションがアタリマエのハリウッドスタイルで山場が一番つまんないのはいかんともしがたいところ(最後はトムがターミネーターかジェイソン状態だし)


◇「父と暮らせば」 鑑賞日:2004/10/12 香川県民ホール<★★☆☆☆>
方言には字幕を!と思わず心の中で叫んだよ。ワシ事前情報なかったのだが、井上ひさしの原作で既に舞台化されている作品だったそうだ。どうりで映画の方も舞台調の演出になっていると思った。

しかし、これはあくまでも映画なのであるから、あそこまで台詞だけの展開にこだわることはなかった。そのうえ全編の六割以上がセットでの場面というのも如何なものかと(舞台のまんま映画化ということがもし狙いとしてあったのなら、この試みは逆に成功とも言えるが)

実際のところ被爆者の悲しみのようなものは伝わり方として薄かったという印象だが、原田芳雄が一人インパクトのある芝居をしていて、その点には魅力あり(浅野忠信は印象薄かったけど・・・)

もひとつ気になったのは方言の聞き取りがいまひとつ不明瞭で、ときどき何を言っているのかわからない箇所がある。やはりこういう方言だらけの(特に会話の多い映画の時は)字幕の必要性を感じるのである。鳴門で見た聴覚障害者用「ラストサムライ」は字幕のおかげでかなりわかりやすかったもんなあ。


◇「アイ・ロボット」鑑賞日:2004/10/04 北島シネマ <★★★☆☆>
懐かしい感じのするSF映画。オープニングは画面が凝っていて面白い(音楽も久しぶりに聞き応えのあるスコアだった)いきなりの期待感が募る。

ウィル・スミスが悪夢から目覚める場面から物語は始まるのだが、この場面がパンツ一丁でみょーにカッコつけているのがおかしい。シャワー浴びて服を着替えるだけのカットが意味なく長い上、最後はコンバースをことさらアピールして(このシーンはCMか!?)なんともマヌケな登場シーンとなってしまった。

で、肝心なお話の方は「ロボットの反乱」という手あかどころか錆まで生えそうなふるーいテーマ。しかし、古いということはそれだけ安心感もあるわけで(新しくはないがネタとして面白くないわけではない)ストーリーに驚きはなくても、その分ベタな展開に集中して鑑賞することができた。

さらに全編これでもかと見せられる特殊効果が古ぼけた物語を気にならないほど彩っている。これだけでも一見の価値はあるはずだ(未来の立体駐車所は笑った(__;))


◇「ロード88/出会い路、四国へ」 鑑賞日:2004/9/15 徳島ホール<★★★☆☆>
試写会(タダ)ということで、ふだん見ないジャンルに足を踏み入れてみた。当初は「今時白血病の女の子が自分を見つめるためにお遍路さんをやるなんて、そんなカビくさい昭和臭のする陳腐な映画オモロイはずないやん!」とキメウチ。当初から期待感は薄かった。

そしていざ本編を見たら、物語は徳島駅から始まるわけだ。おー、そごうの時計前か・・・うーん、最初はやはり霊山寺だろう・・・ほほう、由岐の駅なあ・・・と次から次に知っているところがスクリーンに登場。気がつけば三〇分間完全な追体験である。こいうのは思っていた以上に楽しいものだった。

本編の方は役者の好演もあって、半分くらい見た頃には感情移入ができており、桂浜で(ここも行ったことある食堂登場)一悶着ある場面なんか画面に見入ってしまっていた。

最後は屋島で大団円となるのだけれども、やはり冷静に全体像を見ていけば、物語の端々に矛盾であったり脚本の不備であったりといった部分が露呈して、決して映画として良くできているわけではない(長谷川初範のエピソードは丸々不要だったと思う)しかしながら、自分のよく知った町並みが映画という別世界の中心に延々と映し出されるというのが案外気持ちのいい物だという事を実感した。それだけでもこの映画を見た意味はあったのではないかという思いが強い。


◇「華氏911」 鑑賞日:2004/8/28 北島シネマ <★★★☆☆>
冒頭の「テロ当日に絵本を読みづけるブッシュ」と「多国籍同盟の皆さん紹介シーン」(コスタリカの紹介シーンは大爆笑(^o^))だったが、どうもその他の、特に後半メインとなる息子が戦死したお母さんの密着取材はちょっとキツイものがあった。

あの部分に関しては劇場映画ではなく、テレビのドキュメンタリーとして放送した方が良かった。こういうテーマを映画館でやるのであれば、批判すべき権威対象を「笑い」の膜でパッケージにした方が、ワシは観客に伝わりやすかったと思うのだ。現に印象に残ったのは何かと他者に問われたとき、ワシが話すのは絶対上記のシーンになるはずだからである。

鑑賞前はそういう括りになっているという予想があったのに、実際は「ドキュメントNNN」調の展開が半分以上占めるという構成には、少々ヘビーなものを感じざるを得なかった。


◇「リディック」 鑑賞日:2004/08/07 北島シネマ<★★★☆☆>
今回は吹き替え版を見た。ヴィン・ディーゼルの大塚明夫がたいへんカッコよろしい。今回当てていた声優さんは概ね旨い人ばかりで見ていて違和感なかったのだけれども、一人だけヒロインの声がものすごくヘタクソ。

案の定エンドロールで名前をチェックしたら仲根かすみの仕事だった。テレビならともかく、劇場版でこういうキャストは勘弁してほしい・・・

内容の方は殆ど金かかった「宇宙刑事」シリーズのようなノリだった。楽しいけどそれだけっ・・・という感じ。これが「ピッチブラック」の続編(作ってる方はスピンオフだと言うだろうけど)というのは納得いかん人もおるだろう。

大宇宙の悪「ネクロモンガー」というこのネーミングセンスがもうなんとも(^_^; たぶん数日したら内容なんかなんにも頭には残らないだろうけど、楽しい映画には間違いない一本。


◇「スパイダーマン2」  鑑賞日:2004/08/02 北島シネマ<★★★★☆>
まだ21だというのに、キルステン・ダンストの老け具合はいったいどーしたことか?「チアーズ!」のときはあんなに可愛かったのに、今回はハッキリ言ってかなりキツい!

それはともかく、本編の方は前作にあったイライラ感(昇華されない愛、報われない活躍、増長される今後への不安等々)がすべて払拭されて、ヒーロー活劇として完成度の高い作品に変わっていた(カットを漫画的な見せ方で構成するサム・ライミ監督お得意の演出ぶりも今回の方が濃かったと思う)

正体がばれても列車事故を食い止めたシーンなんか、ベタな展開だけどついジーン(>_<)と来てしまった(「クモ復活!」もイイ場面だったな)

この感じでシリーズ化されるならワシは今後も期待する(「3」はやっぱゴブリン復活になるのか。その前にヒロインをなんとかしろ!という声が起きなければいいけど)


◇「マッハ!!!!!!!!」 鑑賞日:2004/07/30 北島シネマ<★★★☆☆>
タイの映画など20年前に見た「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」(今は無き福島平和劇場で見た。確か入場料は700円ではなかったか)以来2本目。吹替版を見たので言語に対する違和感はなかったが、この作品も「怪獣軍団」同様に仏教色の強い一本だった。

そのへんのお国柄はともかくとして、主演のトニー・ジャーは動きが尋常ではなくスゴイ(全盛時のジャッキー・チェン以上のものを思わせる)顔が少し阪神の浜中に似ていて次の出演作も見てみたいと思わせる俳優だと思った。

なにせ普通なら特殊効果でごまかす「足に火がついた状態で相手にキック」というシーンなんかもホンマにズボンに点火(!)して撮影ししているし(エンディングのメイキングでそのシーン流してたけど、あれは凄い(__;))金がないのかアイディアがないのかはともかくとして、作り手の真剣度が異常に高いと思わせるのに十分な場面ではあった(もしシリーズになったら三作目くらいで死人出るんじゃないかと心配)


◇「ハリー・ポッター/アズカバンの囚人」 鑑賞日:2004/07/01 北島シネマ<★★★☆☆>
ここ何ヶ月かで原作本を2冊読破。そのせいかワシの中のキャラクター把握力が「賢者の石」の時より数段アップしており、比較的はすんなり物語の中へ没頭することができような気がする。

結論から言うと今回の映画は面白かった(と感じることが出来た)やはりこれは原作を読んでいる人用の映画なのだと実感する。

あとモノスゴク思ったのは子役達の成長スピード。極端に背の伸びるヤツ。かわいかったのに薄汚くなってしまうヤツ。変わりっぷりは日本の俳優の比ではない。次回作も同じメンバーで2年後の公開らしいが、そっちを確認するのも楽しみだ(ドラッグとかで捕まるヤツとか出なければよいが・・・)

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

すべてはこの猿に

北島で「猿の惑星・創世記」を見てきた。



旧シリーズとのリンクは殆ど無いと聞いていたので、タイムパラドックのくだりが一切無いのは特に気にはならず。むしろ猿が賢くなっていく過程が人間側の事情による物であることを前面に出した作りにしている関係で、見ている方としたらシーザーの行動に対して応援してしまう心理が働いてしまい、完全に猿目線で映画を見ているような感じになってしまった(これのベースとなっている旧作の「猿の惑星・征服」と比較しても猿たちの蜂起するくだりはこの新作の方が高揚感が大きい)

研究所のセキュリティが甘甘だったり、人間側の使用する近代兵器が手ぬるかったりと(ウィルスの拡散ペースも速すぎるんじゃないかという気もしたが、それは許せる範疇だろう)まあまあ穴はあるけどストーリーはストレートでどんどん頭に入ってくるし、アクションの見所も多いしで最初思っていた「安易な企画映画」だという決めつけからしたら遙かに面白い映画だと思ってしまった。また時間も100分ほどというのが短すぎず長すぎず、こういうジャンルの映画はやっぱしこれくらいのランニングタイムがバイオリズムに合うなとも実感もした。その気になればあと3本くらい続けられると思うので、この後作るならちょっと期待しても良いかもしれない。今回はアタリと言ってもいいだろう。





Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

いかん、否定できない・・・

もうけっこう前の話だけど「仮面ライダーオーズ」が終了。今作はアタマから15話くらいまでは頑張って見てきたが途中で平成ライダーでは久しぶりにリタイアしてしまった。いちお終盤35話あたりから復帰してラストまでつきあったけど、今回は最後までとうとう僕とは趣味が合わなかったようだ。

もうこれは最初から思っていたことだが基本プロットが浅いというのか足りないというか、事前にアイディアを一年分使えるだけ用意してなかったんじゃないのかとさえ思えて仕方なかったし(なんかホントなら2クールくらいのネタを無理して一年引っ張りました、みたいな感じ)この手駒の少なさというか出し惜しみというか、10話すぎても一向に話が前に進まないぐだぐだした歩みの遅さがオーズ前半の「つまらなさ」を助長していたのではなかったかと僕は思うのである。

ほかでもたとえば鴻上ファウンデーションがメダルを集めてグリード(オーズ)を復活させたい理由が何度聞いてもよくワカランとか、鴻上会長が毎回ケーキを焼き続けているのはなんのため??であるとか比奈の人並み外れた怪力の説明は誰がしてくれるの??またはドクターの知世子に対する思いは結局どーなったの??みたいに中身のさほど無い風呂敷を拡げて出しっぱなしのままトンズラこいたみたいな小ネタが山ほどあったのも納得いかず、そんなのが書き出すとホントたくさんあったなと。

とにかく主人公の「意志」というものがこれほど伝わらないヒーロー物というのも僕は過去にお目にかかったことはなかったし(終幕近辺で映司の野望が「大事な人を守りその絆を繋ぎ止めるための最強の力がほしい」と語られたけど、それ自体唐突というか、聞いてなるほどって思える言葉じゃなかったとも思うのだ。過去のバックボーンや彼に今まであったこと、そしてこういう経緯があってこういう性格になってるというのをもっと時間かけて掘り下げてくれないと感情移入などできるはずもなく←一応エピの中では語られるけど全部伝聞や過去イメージの処理ばかりなので、どうしても印象の薄さが拭えず)終始番組の構成としたら主人公=アンク/オーズ=アンクの戦闘員という図式が毎回出来上がっているように見えてしまっていたのもパンチ不足だったかもしれない(これも「アイアンキング」みたいになかったパターンではないが、あれは五郎が人間ではなくロボットだったという部分で得心できたからねー)

そのせいかどうか定かではないが、最初に用意された設定が最後まで生きたのはグリード関連のアイディアだけだったというのが、まさに彼らこそがこの番組の中心だったと証明しているような物ではないかと思ってしまった。制作サイドも終盤に突入しておそらく前振りや初期設定の収拾がつかなくなったと判断したのか、各登場人物のキャラ立てだけでドラマ展開がされていたようにも見えたし、もはや連続ドラマとしては完全に破綻していたと言っても過言ではないとも思うのである。

オーズのビジュアルはライダーらしくて気に入っていたし、メダルで能力が変わるコンボも楽しかったからもっとドラマとうまく絡んでくれたらいいシリーズになったのになと、残念な気持ちで最終回を迎えた気がしますわ。とにかく残念(主題歌も好きだったしなあ・・・)

 

そしてウェブでデザイン(最初見たときは「キョーダイン」のスカイゼルかと思った・・・)を見て同時にストーリー聞いた瞬間「こらアカンわ(__;)」と始まる前から落胆の色が濃かった後番組「仮面ライダーフォーゼ」だが、困ったことに(?)現時点ではひじょーに面白いのである(^_^;)

 



学校というある種閉鎖された空間で起こるドラマを「部活」という形で見せていくのは新しいというかほんとにビックリした(__;) 今日の段階で6話まで来ているけど学園生活以外に外界との接触がまったくなく(学校の外には出ても絡んでいるのはすべて学生たちばかりという)同一には語れないが「宇宙刑事シリーズ」で作られた魔空空間みたいな、この世界では何でもありなのだよというのをその中に閉じ込めたようにも見えるのだ。つまり怪しげな怪人が徘徊しようとも部室が月面につながっていようとも(^_^;)この学校空間ではぜんぶオッケー、という空気を無理なく感じられてしまうのだった。これは自分でも意外だったが初回のムチャクチャ(__;)な展開が今のところ良いように出ているような気がしている。

へたすりゃ海外学園ドラマのパロディーで終わってしまいそうな物語設定を(これで誰か歌い出したら「Glee」状態かも・・・)恥ずかしげもなくてらいもなく(__;)若い役者さんたちが一生懸命キャラを作り込もうとしているのもイヤミなく見えてるし、なにより番組のトーンが異常に明るいのが良い。

「仮面ライダー」という存在を都市伝説扱いしているのは「W」なんかと同義だが、それを部活のシンボルにしてしまうと言うのが実にユニークだし、しばらくは部員が増えてレギュラーが固定するまではこのパターンを踏襲するだろう。問題は中盤からこれをどう転がしていくかという点にあると思うのでそこは期待して待ってみようかと思う。

 





Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

ほったらかしにもほどがあろうと

不定期ながら劇場にも行って家でもいろいろ見ているのに記録を怠ってしまった。せめて日時更新的な意味合いでと思い鑑賞記録用のツイッターもブログパーツに追加したのにそれすら使用せずもはや記憶の中はごっちゃごちゃ(__;)しょーがないんで覚えている範疇で少しずつ脳のしわを伸ばしながら書いていくことにする。

「塔の上のラプンツェル」・・・北島シネマ


姪のお供で行ってきたのだが思っていたよりけっこう面白かった。やっぱりミュージカルはアニメでやってくれた方が座りが良くて良い(3Dの出具合は今回もイマイチだけど)基本的に魔女以外に悪い人が登場しないというのも考えようによっちゃ悲惨な人生を歩んできた主人公にこれ以上不幸をやるなと言う観客側の心理に考慮してのものかもしれないが、そこに安心感があったおかげでおっさん目線でもこの物語世界には入りやすかったな。




「ツーリスト」・・・北島シネマ


この人はあの人かもしれないと思っていたらやっぱりあの人でしたという展開に脱力(__;)思わずナメとんのか!と言いたくなるほど捻りのない脚本にひっくり返りそうになってしまった。こんだけカネかけて映画撮るのにそんなことをチェックできるような大人は誰もおらんかったんかい。事前に聞いていたキャストの変更もやはりシャーリーズ・セロンの想定(たぶんこの役は合っていたと思う)になっているのがわかるような設定だからアンジェリーナ・ジョリーだとかなり無理のある感じだったし(デップは基本的に仕事を選ばない人だと思っているので今回もいつも通りといったところ)これはほぼ2時間かけたヴェネチアの観光ビデオだったと言い切ってしまおう。




「エンジェル・ウォーズ」・・・北島シネマ


今いちばん趣味に合うザック・スナイダー監督の最新作。コアなアニメファンからは鼻で笑われそうな日本アニメ/ゲームに「ありがちな」ビジュアルをこれでもかと出してくるあたりは好き嫌いの判定が分かれそう。ぼくはあんまり最近のアニメには造詣が深くないのでわりと楽しく見えてしまった方だけど、ストーリーとしてはぜんぜん救いがないから弾けていた映像面に対してフォローが効いてないというか高揚感が弾けてはしぼむの繰り返しみたいな感じになっちゃって少し消化不良かもしれない。

しかしながら相変わらず映像のセンスは良いので(いちいちカッコ良いというか)個人的にはその点だけでも満足している。主役のお姉ちゃん(アクションは少々カタいが)もなかなか可愛いなあと思ったら「ゴーストシップ」の時のコドモ幽霊の子が大きくなった姿だったというのを後で知り、ふと時間の流れの速さに己の老いを感じた次第である。も一つ書けば「真のアドベンチャーなんて所詮は脳内にしかない」というシニカルな目線も内包した映画だったと僕には思えた。



ということで別の皺へ移動。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >