archive: 2011年10月  1/1

汚泥の中から7年前のややきれいな泥が Part.2

No image

2004年の回顧録が長かったので分割。以下後編(前編が7月~12月分でこちらは1月~6月鑑賞分)しかしこう羅列するとすっかりアフィリエイターのブログみたいになってしまった・・・(__;)◇「デイ・アフター・トゥモロー」  鑑賞日:2004/06/30 北島シネマ 一番足りないモノ、それは丹波哲郎。この映画はその一言に尽きる。なにせ地球に氷河期到来!というとんでもない事態が発生しているにも拘わらず、恐ろしいほどに緊縛感が希...

  •  0
  •  0

汚泥の中から7年前のややきれいな泥が Part.1

No image

旧館ブログをなにげに眺めているとかなり前にアップされた映画感想文(いつも思うけど「レビュー」って書くのが面映ゆい(__;))がコンテンツの沼底に沈んでいたことに気がついた。そういえばこういうの書いてたな・・・と思い出しながらせっかくなんでこっちに移してしまえと運んできた次第である。全部が2004年に劇場で見た作品ばかりなのでプチ懐古気分も味わえるが、同時に自分の進歩のなさも感じてちょっと悲しい気分も(×_×)(...

  •  0
  •  0

すべてはこの猿に

No image

北島で「猿の惑星・創世記」を見てきた。旧シリーズとのリンクは殆ど無いと聞いていたので、タイムパラドックのくだりが一切無いのは特に気にはならず。むしろ猿が賢くなっていく過程が人間側の事情による物であることを前面に出した作りにしている関係で、見ている方としたらシーザーの行動に対して応援してしまう心理が働いてしまい、完全に猿目線で映画を見ているような感じになってしまった(これのベースとなっている旧作の「...

  •  0
  •  0

いかん、否定できない・・・

No image

もうけっこう前の話だけど「仮面ライダーオーズ」が終了。今作はアタマから15話くらいまでは頑張って見てきたが途中で平成ライダーでは久しぶりにリタイアしてしまった。いちお終盤35話あたりから復帰してラストまでつきあったけど、今回は最後までとうとう僕とは趣味が合わなかったようだ。もうこれは最初から思っていたことだが基本プロットが浅いというのか足りないというか、事前にアイディアを一年分使えるだけ用意してなかっ...

  •  0
  •  0

ほったらかしにもほどがあろうと

No image

不定期ながら劇場にも行って家でもいろいろ見ているのに記録を怠ってしまった。せめて日時更新的な意味合いでと思い鑑賞記録用のツイッターもブログパーツに追加したのにそれすら使用せずもはや記憶の中はごっちゃごちゃ(__;)しょーがないんで覚えている範疇で少しずつ脳のしわを伸ばしながら書いていくことにする。「塔の上のラプンツェル」・・・北島シネマ姪のお供で行ってきたのだが思っていたよりけっこう面白かった。やっぱ...

  •  0
  •  0