archive: 2012年05月  1/1

怪奇な映画はピープロのしわざ

No image

何の授業だったかはまったく憶えていないが、小学生の頃に学校の図書館で必ず何か一冊の本を読まなければいけないという時間があり、そのときの僕は迷うことなく江戸川乱歩の子供向き小説「少年探偵・電人M」というタイトルを手に取ったのであった。特に少年探偵団や乱歩が好きだったわけではなく題名の「電人」という古めかしい言葉に惹かれたが故のチョイスだったわけだけど、元を正せばあの頃大好きなテレビ番組だった「電人ザ...

  •  10
  •  0

周回遅れで流行に乗るのも悪くない

No image

最近ちょっと本数減ってきた海外ドラマの鑑賞記録。お休み中のヤツもあるけど今とりあえず頭に残っているものを書き散らかしてみる。「glee/グリー」・・・NHK-Eテレ・1stSeason放送中 地上波でアタマから放送するということだったので初回を「なんとなく」見てみることにした。FOXも契約してるから今まで見ようと思えばいつでも見られたのに放送日の確認を怠っていたのと、ちょっとミュージカルというものに対して食わず嫌いな...

  •  10
  •  0

いろいろ見ておるのだけれども

No image

連休中映画館には二度ほど行った。一本目は「仮面ライダー×スーパー戦隊・ヒーロー大戦」 うむー、言いたか無いけど僕は「出がらし感」を感じたなあ・・・すでにここまでの「レッツゴー仮面ライダー」と「199ヒーロー」でそれぞれライダー/スーパー戦隊の記念碑的イベント(歴代役者の再登場人数もそれぞれ最多だったし)はピークを迎えていたわけで、それをここで合同にしたところで絵的に賑やかになること以外に良くなった部分...

  •  2
  •  0

初夏になってゆうばりの回顧その2

「その1」からこんなに間が開いたのは連休中遊び呆けていたからではなく(__;)私のパソコンが壊れて、その入替等に時間がかかっていたからなのだが、ようやくそれも落ち着き夕べから通常モードに復帰したところなのである。いろいろ書きたいことが溜まっているので(~Q~;)少しずつ処理していかねばイカンが、ともかく今回はゆうばりの感想続きを書く。「大阪外道」・・・おそらくだけど出演者のほとんどはスタッフの知人友人親族関...

  •  4
  •  0

初夏になってゆうばりの回顧その1

No image

2月にBSスカパーで放送のあった「2012ゆうばり映画祭」の録画を少しずつ見ているが、本数多いので走り書き程度にまとめながら簡単な感想をアップする。「妹の足」 ・・・妹と兄の距離感が理解不能。リアル妹のいる立場から言えばこんな感覚は賛同もできないし、この映画の可笑しさそのものがち僕にはちっともわからない。今のところ一番のハズレ。「ビートルズ」 ・・・まとまってるけどこのセンスはちょっと古いわな(__;)なんとな...

  •  2
  •  0

テンプレ変える度胸がないよ

No image

5月になってそろそろテンプレ変えようかなって思いながら、このスタイルけっこう気に入っていて離れがたいのもあったし、好みの1カラムのテンプレが他の候補の中に見つからなかったこともありヘッダ画像の変更だけでお茶を濁すことにした(__;)2回目なので多少は要領を得たというかタイトルを若干見易くしたのと、コラージュの素材を増やしたくらいしか変更点はないが、少しは気分転換になるかなという感じ。今回も自分の大好きな作...

  •  8
  •  0