archive: 2012年07月  1/1

なんでもてんこ盛りになると印象って薄くならないか?

今月22日の日曜に「時空警察ヴェッカー/デッドリーナイトシェード」を見てきた。くわしい事情についてはよくわからないのだが完成試写を徳島で最初にやるということになったらしく、劇場はアニメ専門館の筈のufotable CINEMAで当日限定の無料上映。まだ入館したことの無かったここの小屋自体にも興味があったのと実写映画で尚且つ無料なら行ってみてもイイかなと思い友人と入ってみた。しかし東京ローカルでの放送やオリジナルビ...

  •  0
  •  0

映画村で見た白日夢

今月8日に京都旅行に行ってきた。旅の顛末・記録は本館ブログに書いてあるので読んでもいいぞ!というチャレンジ魂をお持ちの方はこちらへどうぞ。 それで今回の目玉観光は太秦の映画村であった。一緒に行ったメンバーは若い頃一緒に自主映画を作っていた映画好きの精鋭たちでありながら、なんと過去に一度も映画村に来たことがないという連中ばかりだったのだ(と、言ってる僕も昨年初めて見に行った乗り遅れ野郎ではあるのだ...

  •  6
  •  0

アノ馬とは違う馬なのだよ

身辺雑記を書いているヤプログ!の映画情報ブログ・ヤプシネマージュ上で紹介されていたBlu-rayソフトの懸賞に応募したらこれがあっさり当たってしまい、自宅へとそれが届けられていたのであった。ブツは「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」という作品。最初ジャケ写見たときは「戦火の馬」だと思ってしまったよ・・・実は少し前にテレビを買った時にキャンペーンで「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のブルーレイもタダで...

  •  0
  •  0

夏の日の1984

「glee」を見だしてから最近Eテレをチェックする時間が増えていて、その流れでたまたま目にした「グラン・ジュテ ~私が跳んだ日~」という番組になんと知る人ぞ知るアクション俳優・大島由加里さんが取り上げられていたのを見た(これもう先月の話だけどね・・・(__;))大島由加里?と聞いてピンと来たあなたは間違いなく特撮ファンか亜細亜アクション映画の好事家でありましょう(自分の場合は確実に前者となる)今回はこの人の...

  •  6
  •  0

ノンケでも大丈夫??

No image

「図書館戦争・革命のつばさ」を見てきた。 しかも地元の映画館ではなく愛媛の劇場まで行ってきたのだけど(ーー;)このあたりの細かい話はこちらで。僕自身は原作も未読で、原作者・有川浩の他の作品もまったく読んだことはなかったから特に思い入れがあったとか気になっていたとかではなく、もうこの一連のシリーズにハマりにハマっているカミさんのおつきあい(兼運転手)で見に行ったようなところもあったのだ。そんなわけで物...

  •  0
  •  0