archive: 2012年10月  1/1

天が呼ぶ地が呼ぶ総統が呼ぶ

FC2ブログ仲間のミカエル晴雨堂さんより教えていただいたTOHOシネマズ高知での「アイアンスカイ」上映(四国ではここと愛媛の大街道だけで公開中)の情報はなんとタイムリーなことにたまたま高知の病院へ入院している友人を見舞いに行く予定であった私の耳(いや、目か)へ現地入り4日前に突如として飛び込んできたのであった。こんな見事なタイミングで行けるチャンスができたのは紛う事なき天の声(おーげさ(ーー;))であろうと...

  •  6
  •  2

寒い夜にふたたび熱いモノを

昨年京都みなみ会館で開催され、僕も客として参加してきた「京都怪獣映画祭ナイト」が今年も帰ってきた。 その名も「京都怪獣映画祭ナイト2」(と、タイトルに特に捻りは無し(ーー;)) ※昨年の同所での話 イベントの情報を以下に簡易記載。 ○日時/2012年11月24日(土) ○場所/京都みなみ会館 〒601-8438 京都市南区西九条東比永城町79 Tel.075-661-3993 ○料金/3,500円 大怪獣グッズ特典付き鑑賞券(前売券)は、劇場窓口...

  •  8
  •  1

暗殺者大量廃棄中のお知らせ

No image

月曜日の仕事終わりへろへろの体で無謀にもレイト鑑賞にチャレンジしてきた「ボーン・レガシー」のはなし(実は「踊る」と同日にハシゴで見てきた) 映画見てから気がついたけど、これってジェレミー・レナーが二代目ジェイソン・ボーンを襲名する話かと思っていたら全然違ってましたな(ーー;) 完全なボーンシリーズのスピンオフであることが途中からわかったので自分の中で軌道修正するのがけっこう大変だった。最初の訓練シーン...

  •  2
  •  2

正しい映画を作りたければエラくなれ

No image

と、いかりや長介の言霊を使って現場の末端スタッフ達にそう言ってやりたくなった「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のはなし。 これは凄まじくとんでもない酷い映画だった(__;) もう何と言いますかその酷さは自分の想像の軽く5倍はあろうかというほどで、もはや怒りや落胆と言った体のモノを全て通り越してぐるっと一周した結果理解不能な謎の高揚感に包まれていたかのような、まるで悪いクスリでも打たれて2時間バッドト...

  •  2
  •  0

4th Kind~"Attack of the Killer Tomatoes!"

No image

めっさ久しぶりに書く自主映画思い出話、今回は4本目。-1987~1988年-高校を卒業後僕は県外に就職し、かつての映画仲間とも以前のような頻度で顔を合わすことが無くなっていたのだが、21歳の時に会社の異動で晴れて地元に凱旋することに成功。また旨いことこのタイミングで同じように県外に出ていた先輩・同級生らのメンバーが何人か地元に舞い戻ってくることになった。もう何きっかけでそんな話が出たかはまるっきり覚えてはい...

  •  0
  •  0