You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Sort by 10 2013

Category: ◆映画は液晶前の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

任侠ごっこも長いと疲れる

ここ数日は日本シリーズの試合時間が長いので映画見る時間もブログの更新気力もあまり残っておらず(ジャイアンツファンとすれば王手をかけられてガックリ来ているのも心理面でマイナスに作用)そんなわけでこれは先週見た映画の話(すべて日本映画専門チャンネルで)

「アウトレイジ」「アウトレイジ・ビヨンド」

リアルなようでリアルじゃないヤクザ映画。どうもまともに取材したり資料を漁ったりするようなことをせずに、北野武監督が独自にイメージする極道の世界を描いたように感じる。宴会シーンだけが異常にリアルだったのはたけしが過去ああいう場に出たことがあったからだろうと邪推しているが(ーー;) 

さらに二本続けて見てみるとこの映画と映画の間では約10年の歳月が流れているはずなのだけど、それがさほど時間が経っているように感じられず、絵で見せても伝わらないような事なら最低限字幕スーパーで日時を出して説明すれば良いのに「山王会デカくなりましたよ」「刑期は10年くらいじゃないですか」みたいに台詞でしか表現されないのはハッキリ言ってわかりにくいし旨い演出方法とは思えなかった。

それでとにかく思ったのは特にシナリオの薄さ。なんか高校の映画部のヤツが書いたみたいなとってつけたような適当感とでもいうか役者側はそれなりに芝居の出来て尚且つ華のあるメンツを揃えているのに、それが物語にうまく絡めてないように見えて仕方がなかった。椎名桔平や國村隼や石橋蓮司なんか個々の魅力は凄いあるけど結局彼らが映画の中であまり機能していないのがひじょうに勿体なかったなと(役者個々の技量の高さを感じられただけ、という感じ)

一番解せないのはたけし扮する大友がそれほどの重要人物に全然見えないというところと、彼の後輩で悪徳警官やってた小日向文世が最後まで何をしたかったのかサッパリわからない点(ーー;) 全体としてはそういうところでかなり大味な映画だったけど、クセのある登場人物(役者)がたくさん出てくるところは飽きないので、見方とすればそこを楽しむキャラ者大全映画なのだろうと自分なりに咀嚼した所である。


「アナザーAnother」
 
これはアニメにもなってるそうだが、或いはそっちのほうを見た方が良かったのかもしれないな・・・と、それくらい見所の無い映画だった(ーー;) 学園ホラーのハズなのに、死人もたくさん出てきて各自酷い死に方もするのに、原作が綾辻行人なのにこんなにコワくなくていいのか??と思ってしまったよ。

橋本愛のヒロインはビジュアル面では合格だと感じたけど、途中から全然ミステリアスな雰囲気がなくなってしまって、恒一と鳴の関係もなんか「転校生」のラストを彷彿するようなご陽気青春映画風の空気感が漂い始めてどうしようかと思ったほど(__;)

そこからあのオチへとなだれ込んでいくのが流れとしてはあまりにもムリヤリで強引だ。映画の中ではほったらかしだったあの「人形の目」のくだりも原作読んだら説明があるのかどうかわかんないけど、なんでストーリーの中にもう少し上手に放り込めなかったのかとすごい疑問。今回は予告が面白そうだった分このガッカリ具合は相当なものだった。


「コミック雑誌なんかいらない」
 
公開当時はけっこう話題になっていたにも拘わらず劇場へも行かなかったし、その後のビデオ化・テレビ放送の際も未見だった。内田裕也の映画だと「十階のモスキート」を唯一見ていたけど(この映画はわりと好き)これも80年代の世相をリアルに体感するには有効な異色珍作(ロス疑惑や日航ジャンボ機墜落、豊田商事事件とこの時期のエポックを旨く取り入れ虚構と現実をない交ぜにした作りになっているのはなかなか面白かった。ただ、このパターンは一発勝負でしか使えないようなネタでもあるかな)

大阪の暴力団抗争事件に取材に行くという体の場面ではおそらく「ホンモノ」の彼らにカメラを向けた物をそのまま使っていると思われるが、特に何かしているわけでもないのにココは異常に迫力があって凄かった(「アウトレイジ」では微塵も感じられなかったものが充満していたのはさすが)

しかし上↑でも書いているようにコレは着想のみな企画モノ映画でもあるので、そうそう何度も見ようとは思えない映画だとも言えるかもしれない。ただ、80年代当時がどんな時代だったかというのを振り返ると言う意味では貴重な映像テキストとも言えるだろう。
Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

SFと書いて"少し・不思議"と読む

IMG_0715.jpg数日前に「プロフェッショナル・仕事の流儀/漫画家.藤子・F・不二雄」という番組を見た。

藤子ファンの僕が(って、このブログでは過去あまり書いてなかったけど、実は40年来の大ファンなのである)見ても今回はかなり面白い構成になっていて、あーまたこのネタかよみたいな既視感は多少なりとも薄くなっているような気がした。

話として知っている事柄はあれどもこれだけ当時の関係者に取材して生の声を紹介し、その上生前の藤子Fさんの肉声や編集者に宛てた創作に対する悩みを記した手紙の公開であるとか、そういった偶像ではないクリエイターとしてのリアルな部分をここまで見せた番組は珍しかったのではないだろうか(こういうアプローチになるのはさすがにNHKだなと、組織としてはあんまし好きなとこじゃないけど(^_^;)今回は褒めてあげたい気分)

そして番組中僕がもっとも嬉しかったのは70年代に入り劇画ブームの煽りで少年誌(最初の大ヒット「オバケのQ太郎」は少年サンデーで連載されていた)を撤退することになり、失意の中で初めて書いたオトナ向きのSF短編「ミノタウロスの皿」の話だった(編集者から「ビッグコミック」への掲載を勧められたとき最初は「子供漫画しか書いてこなかった自分の絵で大人が読んでくれるはずがない」と断ったそうだが「何を書いてもいい」と言われてチャレンジする気になったとか)

14991343.jpgこれがどういうマンガだったのかというのは上のリンクを見て貰うとして、この藤子Fさんの隠れた代表作である「SF短編シリーズ」を最初に読んだときは衝撃的だった。僕の場合は6年生の時にマンガ好きな友人が貸してくれた「宇宙人」(←左写真参照)という単行本で知ったのだけど、これがホントに藤子マンガなのかと思うほどどの作品にも重い重いメッセージや風刺が充満していて、12歳のガキにとっては受け止めるだけで精一杯なほどインパクトは強烈だったのである。

SF短編は他にも何冊が単行本が刊行されていて「コレもっと読みたい!」とは思ってはみたものの、友人もそれしか持ってなかったので後は自分で探してみるしかなかった。しかしこれがなかなか手に取るのが難しく、たとえば当時創刊されたばかりの「コロコロコミック」では藤子マンガの過去作(「ドラえもん」をメインに「ミキオとみきお」や「21エモン」等)が何本も掲載され、それはそれでありがたい存在だったのだけど残念ながら対象年齢の高いこの短編シリーズは入っておらず、読みたければ単行本を買うしか術はなかったのだ。もう地元の本屋を一軒一軒訪ねては少しずつ買い集め喜々として読んでいたモノである(同じような毛色の「中年スーパーマン」というのもこの時期)

その後87年にそれらの短編を纏めた最初の愛蔵版が出版されて一気に大人買いしたが「ミノタウロスの皿」はそこで初めて読んだ。21エモンと同じ顔をした(__;)主人公の辿る皮肉なストーリーが絶望的なまでに描かれていて、そのうえしっかりブラックなオチまでも付いているというこのマンガにまたも打ちのめされ、こんな作品を書けてしまう藤子F先生はなんて凄い人なんだとひたすら驚嘆したものだった。好きだから言うわけじゃないけど間違いなく掛け値なしの傑作だったと僕は思っている(今売られているモノでは「藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1 」に収録)
IMG_0713.jpgIMG_0714.jpg
結果的にこの最初のSF短編だった「ミノタウロスの皿」が内外共に評価を受け、藤子Fさんの中で元々彼が好きだった「SF」と言うジャンルをご自身が自嘲気味に言っておられた「お子様ランチの絵」で十分鑑賞に堪えうる作品になったこと、そこから「初めからウケ狙いな作品ではなく、自分が好きで面白いと思うことを信じて書けば読者にも伝わるハズだ」という自信に変わり、それが「ドラえもん」へと繋がったという話である。

番組終盤はもう「なるほどなー、うむー」と言う言葉しか僕の口からは漏れず(ーー;) ひさしぶりにこの手のドキュメンタリー見て感動したし、出来ることなら藤子マンガを読んだことない人にも是非見てもらいたいなとも思った。

で、実はその機会がさっそく訪れてきて(^_^;)あんまり時間はないのだがなんと明日10/25の金曜日に再放送があるのである。台風情報で吹っ飛んでしまう可能性もあるが、たまたまこのブログ読んで放送のこと覚えてくれてる人がいたら騙されたと思ってチャンネルを合わせていただきたい。

あらためてオンエア情報 10月25日(金)午前0時40分~午前1時28分


Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

生殺しもほどほどに

「半沢直樹」も「リーガルハイ」も「安堂ロイド」もまったく見てない国産ドラマ離れ状態(「ガリレオ2」は録画したまま手つかず(__;))がこの数年果てしなく続いている中、最近見たのも「特捜最前線2013」だけという相変わらずなテレビ視聴状況ではあるが、やはり目が向くのは海外ドラマの方になってしまうようである。

少し前にようやく「デスパレートな妻たち」がシーズン8を以て終了し(なかなかキレイな最終回だと思ったけど、いちばん好きだったキャラのイーディ(ニコレット・シェルダン)が回想シーンですら登場しなかったのは悲しかった。正直ウザい存在だった主役のスーザン(テリー・ハッチャー)より男目線で見たら可愛い女だったのだけど)次は何が始まるのかと思っていたら、後番組はまさかまさかのファンタジー系ドラマ。

「ワンス・アポン・ア・タイム」BSプレミアムで放送中)

詳しいストーリーとかは上の公式サイト見てもらえばわかるけど、要は「魔法にかけられて」をもう少しシリアスにしたようなドラマといえば分かり易いか。アタマと最後に付いている速水もこみちの解説(?)が何の役にも立ってない邪魔なパートではあるのだが、それをさっ引いてもちょっと変わった展開の物語だと思う。

現実世界から異世界に否応なく移動してタイヘンだというストーリーはよくあるけど、このドラマの場合だと御伽噺の世界こそが現実で我々の知る今の世界の方が異世界であるという設定になっているのが面白い。まだ5話目が終わった所だけど、今のところは現代パートと御伽噺パートの話が旨くリンクしているし、毎回のラストも次回に興味を惹く作りになっている。

キャストでは最近のドラマでお馴染みの人たちがたくさん出ており、直ぐわかったのはエマ役のジェニファー・モリソン(「Dr.HOUSE」の女医さん等)とアーチー役のラファエル・スパージ(いろんなドラマの脇役で見たけど印象あるのは「24」と「墜ちた弁護士ニック・フォーリン」 あとこの人見てるとなんとなくジョン・リスゴウにイメージ被りしてしまう(__;) 吹替するなら納谷六郎さんが似合いそうな俳優)くらいだったけど、ビックリしたのはもう一人のヒロイン・白雪姫/メアリーをやっているジニファー・グッドウィン(最初は田舎くさい白雪姫だなーと思ったけど、教師をしている現代での姿だとひじょうに可愛いく見える)

画像1僕はあまり知らない女優さんだったのだがフィルモグラフィ見たらけっこういろんな映画に出演していて(「そんな彼なら捨てちゃえば」「シングルマン」等)芸歴もなかなかのもの。それで時代を遡っていくと「ED/ボーリング弁護士」があったのにちょっと「?」となったのである。

と、言うのも「エド」は僕の中ではかなり大好きなドラマの一本で、録画して残したりはしてないモノの今でもほぼすべてのエピソードも覚えているくらい気に入ってるシリーズだったので、レギュラーキャストもだいたいはアタマに入っているのだが、彼女がいったい何の役で出ていたのか最初は思い出せなかった。

急ぎググってみたら"Diane"という役名だったことがわかり、この瞬間「おーおー、ウォーレン(ジャスティン・ロング)のガールフレンドだった子ではないかー!」と、やっと自分の記憶回路に話が繋がったのだ(ーー;)

あの頃は(↑写真左が「ED」の一場面で右が近年)メガネかけたモンチッチみたいな女の子だったのに、変われば変わるもんだなと女優さんの(というか女の人の)変化のすごさにあらためて驚かされてしまった。そういう10年越しとなる感動(?)もありながら、コレ最後どうするのだろうと早くも最後が心配になっているところ。既に本国ではシーズン3に突入しているらしいので、少なくとも急にほったらかしで終わることはなさそう。

「アンダー・ザ・ドーム」Dlifeで放送中)

原作はホラー小説界の大御所・スティーブン・キング。テイスト的には「LOST」と「ミスト」を混ぜたようなSFサバイバル+ミステリー系のドラマだ。僕はキング大好きでだいたいの本は読んでたけど、これは現状だとハードカバーの上下巻しか出て無くて2冊買うと6000円近くにもなるため(@@;)まだ手を出していなかった(所謂文庫待ち状態で今はまだ1巻と2巻のみ発売。残り半分の3巻4巻が来月出るのでまとめて購入予定)なのでざっくりした話しか予備知識無かったけど初回見た限りでは何処を切ってもキング臭ぷんぷんという、ファンの人なら実に入って行き易い空気の話だし、そうじゃない人でもたぶん一話見たらこのシーズンは全部見たいと思うことだろう。

ただこのパターンだとテレビなら1シーズン(13回)やるより2~5回くらいのミニシリーズ(「IT」や「セーラムズ・ロット」のときみたいな)か2時間の劇場版でやった方がスッキリして良いんじゃないかとも思えた。原作は長いけどたぶん映像化するのにそんなに引っ張るようなネタはあまりないんじゃないかという気もするし、ダラダラ続けてもどうかなとは思いますな。

まあそれにしてもDlifeって無料チャンネルなのにいろんなモノ放送してくれるからありがたいチャンネルですわ。

「クライアント・リスト」(こちらもDlifeで放送中)

映画版を経てのテレビシリーズと言うことだけどそちらは未見。しかし特に見て無くても問題はなさそう。夫が突然失踪して家計を支えるために妻(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)が「アヤシイ風俗」に手を出すという、ココだけ聞いたらライオン奥様劇場(例えが古いな(__;))かよって思えたけど、このドラマ見れば見るほどヒューイットの代表作「ゴースト」に印象がとてつもなくオーバーラップしてしまうのである。

あちらは霊視能力のある彼女が浮遊霊の相談を受けて成仏するまでを手伝うという話だったけど、こちらは勤める謎の高級エステ(これがまたサービスにヌキがあるのかどうか曖昧に見せている所がモヤモヤする)にやってくるリッチなお客の悩みを親身になって聞いてあげ、終いにはには解決策まで提示してあげるという(しかもピンポイントで見事なアドバイスをするという(__;))おいおいそれって相手が死んでるか生きてるかだけの違いで「ゴースト」と変わりないんじゃないの?と思えてしまったのだ(舞台と基本設定はまったくの別物だけど)

まあ失踪中の夫の追跡とか継続中の謎もあったりするけどお話し的な新味は正直あまりなかった。しかし、しかしだなー(ーー;)それでも自分が毎回このドラマを「見てしまう」のはナゼか?それはこれまた「ゴースト」を見ていた時と同じ理由で、物語を見たいからではなくジェニファー・ラブ・ヒューイット自身を見たいからチャンネルを合わせている所はあるのだよ。

いやもう毎回見てビックリするのはヒューイットのコスプレ的服装チェンジ。エステでの勤務時はベビードールのような格好で登場したり、どこまでもセクシーなランジェリーを身につけてマッサージを開始するのだが、施術中お客の眼前数センチ上にはドがつくボリュームの巨乳があったりで男性目線ではタマらんビジュアルが延々と続いていくのである。

それで上にも書いたようにこの店のサービスに性的なものがあるのか(他の従業員はそれがあることを示唆しているが)ヒューイットだけがお悩み相談だけで済んでいるのかは曖昧にしているあたりが本作を「見てしまう」最大の引きになっていると思えるのだ(見えそうで見えないチラリズムみたいなのは案外オッサン好きだからね(^_^;) それとこの人「ラストサマー」なんかの若い頃より今の方が断然良い)

と、なんだかんだ良いながら毎回録画に設定しているのはスケベ心からだと正直に言えるドラマでもある。
Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

会場のBGMがワシを操る

IMG_0709.jpg先週の連休中はこんなものを見学に出かけてきた。

「おもちゃで見る懐かしのヒーロー展」


これは地元・徳島新聞社が創刊70周年を記念して開催したイベントであるとのこと。

テレビ創世期の1960年代から10年ずつ時代を区切りながら当時売られていたおもちゃ(主にキャラクターグッズ)やアニメ/怪獣映画等のポスター、そして徳島新聞の復刻誌面などが2フロアに渡って展示されていた。

なかなか楽しかったので写真と共に簡単な現場報告を書いてみる。

ちょうどこの日はこの数年恒例になっているマチアソビというサブカルイベントが徳島駅周辺で行われており、目的地に行くまでの道中で痛車の展示会が開催されていたり(写真撮り損ねたけど描いてあるキャラがなんなのかほぼわからず。今のアニメに対する自分の知識がゼロであるというのを実感(T^T))そこかしこでコスプレした若者(中にはそうじゃない人もちらほらいたが(ーー;))が歩いていて油断していると想定外のカッコしたヤツが前後にいたりするのでビックリしたな(°0°)

それ目当てだとは思うけど駐車場も満車でなかなか車を停めることが出来ず、街はかなりの賑わいを見せていた。何をしても人の集まらなかった地元商店街がまさかこのような形で活性化するとは、老舗商店主の皆さんは驚くと同時に目から鱗ではなかったろうかなあ(マンガでこないに人が来るんか!?と)

IMG_0699.jpg閑話休題、肝心な展示会の話。上に書いたように10年毎の括りでグループ分けされたキャラのオモチャが良い意味で雑然と並べられ、おーコレ知ってるよ、あら?これなんだっけ??などと言いながら見て回るのもなかなかに一興なモノ。

ちなみに右写真の一群は1960年代の皆様。入り口からゼロ年代でスタートしだんだん時代を逆行していくという見せ方なのだが、自分としてはやはり60~80年代が知っている顔は多かった(70年代は100パーセント知ってるメンツだったなあ・・・( ̄。 ̄;))

ただずっと見ているとよくわかったけど、昔のオモチャはやはり雑というか出来があまりよろしくないように見えてしまう。製造工程上の問題なのか当時の技術の限界なのかはわからないが、だいたい原型(元のデザイン・意匠)とは似ても似つかない姿になってそのうえやたら顔がデカイという(ーー;)

あまりこのジャンルに造詣が深くないのでなんとも言えないが、そのへんすべてを「味」と「趣」でカバーしていると言うことなのだろうか。

IMG_0708.jpg実は今回この展示会で使われているオモチャ達は私が7月に訪ねた松山のサブカルバー・ヒーロースターのマスターが所有しているモノなのである。

そのときの話

マスターの会社ご紹介

(こういうイベント事を仕事として全国展開されているそう)飲んでるときにこの徳島での話も聞いていたので、その流れで見学に来たというのもあったのだ。

他にも遊園地に置いてあったような2メートル級のウルトラマンやマジンガーZの人形、同じ怪獣(ガメラならガメラばかり)のフィギュアをこれまた時代毎に何種類も置いてあったり、小さいことだけど着眼点としては面白い。それと見ていた間中会場に流れている音楽が「白獅子仮面」とか「魔人ハンターミツルギ」の主題歌だったりするのがみょーにマニアック(ついついリズムを取ってしまう自分がちょっと恥ずかしかったぞ)

そんなんを含めて昭和に子供時代を過ごした人間なら誰しも郷愁感で一杯になれる、そういうAlways的なイベントではなかったかと僕は思っている。で、記事にアップするのが遅くなってしまったがこの展示会はこの27日(日)まで開催中。お近くの方は買い物ついでに立ち寄ってみるのも良いのではないでしょうか。

○場所は徳島船場ビル

最後にポスター展示で今回いちばん笑ったのがこの写真。「かつおぶし味」(__;)の飴ってなんだよ??IMG_0710.jpg
Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

草も木もないスクリーンに

これを映画と言うのはどうかと思うけど、お隣の県・香川は宇多津にあるイオンシネマで上映中の「ブシモ Presentsプロレス3D第7弾ワールドプロレスリング G1 CLIMAX 2013」を見てきた(ちなみに地元の劇場ではやってない)
 
これは「ライブシネマ」と呼ばれるスポーツやコンサートと言ったイベントを映画館で見せる形態(システム?)のことで、物によっては生中継の物もあるが今回は8月に開催された新日本プロレスのビッグイベント「G1クライマックス」を2時間に纏めた総集編を3Dで上映。そんなわけでなるべく「映画」の感想として書いてるつもりだけどプロレスそのものの話が長くなるかもしれないので興味ない人はこの記事スルーしちゃってください( ̄。 ̄;)

※G1クライマックスとは??

実は我が輩10歳の頃からプロレスが大好きで気がつけば37年もファンをやっている。そのきっかけになったのは「格闘技世界一決定戦・アントニオ猪木対ウィリアム・ルスカ」という柔道対プロレスの異種格闘技戦だ。以降主に新日本プロレスメインで応援し続けて今は以前ほどの熱意(キオスク(コンビニなんか無い時代の話)で毎日のように大阪(東京)スポーツ新聞と週に一度「週刊ファイト」を買い、雑誌関連もほぼすべての媒体に手を出していたし、試合を見るために四国四県の会場は言うに及ばず大阪城ホールや東京の大田区体育館にも足を伸ばしたことがある)はなくなったけど、それなりにプロレスというジャンルとは仲良くやっているつもりである。

それで成る程と思ったのは映画館をこういう使い方するのはアリだなと言う点で、ましてや音楽ライブ/スポーツ等であれば大画面・大音響の効果というのは絶大なモノがあり、今までも音楽であればフィルムコンサートという名目で何本かは公開されている。今回はこれに3Dというオプションが追加になり、この事によっていろんなジャンルのイベント(落語やお笑いなども)をかなりな臨場感で体感させることができるようになったのだろう。

今回のケースで言うとすでに結果の出ている試合に対しても視覚・聴覚を強力に刺激すれば没頭度合いも上がるしLIVE感もグッと上がってくるのがよくわかった(これIMAXでやったらもっと凄いと思うけど)特にプロレスの場合はカメラポジションが頻繁に変わるため、いろんな角度、パターンでのでの3D映像を楽しめるのが面白いのだ。例えば入場時の演出で行われるレーザー光線の照射、スモークの噴射等は現場で見ている感覚と遜色が無く、会場で熱狂しているファンの動きなども直ぐソコにその人が居るかのような錯覚すら覚えたほど。

唯一残念だったのはリングを引きで撮ったときの映像(中継時の一番平均的なポジション)の立体感が薄く、そこだけは面白みがなかったが寝技絞め技でレスラーがアップになったときは立体具合が半端なくUpして、汗や浮き上がる血管などがここまで近く見えるのかと驚いてしまった(__;)あれなら引きの絵を止めてこのアングル中心で構成した方がより効果的なのではないだろうか。

ともかく事前の予想よりは遙かに面白かったし楽しめた。これがホントに生のパブリックビューイング等であればもっと興奮できただろうなと思いながら劇場を出たのだけど、残念ながらイオンシネマ宇多津は年明け早々ビブレ閉店と共に閉館するとのこと。自分の場合シネコン初体験(確か「ミッション:インポッシブル」だったかな)がここだったからすごく寂しい想いがする。さよならイベントとかあるなら駆けつけないとイカンな。それまでに今度はコンサート系にも一度来ておかねば(大好きな佐野元春のライブもやっていたのに既に終了、なんと残念な)

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >