FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 11 2013

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

いっそ邦題を「キャリー(句読点はハートマークで)マイ・ラブ」にせんかね

平日有休取った日に「キャリー」を見てきた。夕方16時からの上映だったせいか入場客は片手で数えられたですよ(__;)
 
名作ホラー映画のリメイクということで旧作を見ている(ましてやそれを好きだった)者からすれば比較してしまうのは仕方のないところもあるのだが、主演のキャリー役/クロエ・グレース・モレッツが最初に登場するファーストカットを見た瞬間「あ、もうこれは全然別モンだ(ーー;)」と一瞬にして思えてしまったのは良かったのか悪かったのか。

もう映画が始まって数分のこの場面からすでに"可愛い女の子"として映っているのはダレが見ても間違いなく、その後の展開でどれだけこの子が酷い目に遭おうとも最終的には「サイキック美少女の可哀想なおはなし」として完結しているようにも見えるわけで。

オリジナルの「キャリー」は言っちゃあなんだけどそれほど美人じゃない貧相な女の子が少しずつ綺麗になっていき、生まれて初めて女性として輝いたその瞬間にどツボへ落とされる超・残酷な話なだったからこそ(__;)その後の大殺戮シーンが奇妙な共感と不謹慎ながらある種の爽快感をも生んだと思うのだ。

そして反撥しながらも唯一信頼していた母にまで「悪魔」呼ばわりされ拒絶されるこの悲劇。超能力というある意味「選ばれし者」しか手にすることの出来ない素晴らしい力を得たのに日々の最悪な日常はなんら解消されることもなく、最後には想像を絶する孤独の中へ彼女は埋没していくわけで、自分に置き換えて考えてみたらこんなに悲しくて怖ろしいことはない{{ (>_<) }}(この辺は同じスティーヴン・キング原作の「デッド・ゾーン」にも通じる部分)

それが今回の映画には殆どそういう物が感じられないというか、世評で謳われている「アイドル映画」になっているという声にはなるほどとしか僕にも思えなかった。それは同時に恐怖映画としてのカテゴライズも難しくしていて(ホラー映画の歴史的名場面となったラストシーンを再現しなかったのはよくわからないが、クロエのキャリーだとアレをやってもキャラに合わないという判断をされたのかも)鑑賞後の印象としたら観月ありさの「超少女REIKO」や薬師丸ひろ子の「ねらわれた学園」と似たような感覚しか残らなかったところでもある(それくらい怖い所があまりないということ)

IMG_0749.jpgこの新作は旧作のストーリー展開と殆ど同じ進行をしながらもさらに原作(←左写真は85年に買った文庫版。このイラストは当時もどうなんだとは思ったけど(__;)中身はホントに面白かった。キャリーが受けるイジメはやはりこの小説版が当然ながら最も酷い)に近い描写を随時入れており、ジュリアン・ムーア演じるキャリーの母親のパートがそうなのだが、ここだけはオリジナル(旧作では「ハスラー」や「ツイン・ピークス」で有名なパイパー・ローリーが演っている←このオカンも怖かったなあ・・・(>_<))にひけを取らない壊れかけている人間の恐ろしさみたいな物が十二分に描写されている。この人がいることによってかろうじてこの作品がコワイ映画であるという前提を最低限崩してなかったのが救い。

結局ミスキャストだと言ってしまえば簡単な話なんだけど、やはりクロエの芝居が巧いため最後まで見られてしまう所はあるのだ。なので上にも書いたように「アイドル映画」なら合格点だけど「ホラー映画」としては今ひとつくらいの映画ではなかったかなというのが本作の感想である。

最後に勝手に夢想するもっとちゃんとした(?)キャスティングだとキャリー役には僕ならシアーシャ・ローナンエミリー・ブラウニングあたりを推しますわ。設定年齢無視したら「エミリー・ローズ」のジェニファー・カーペンターが一番合ってると思うのだがトシが30超えてるのでちょっとムリあったかも(考えてみりゃオリジナルでキャリーを演じたシシー・スペイセクは26歳であの役やったからやろうと思えば出来たかもしれんな・・・)

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

謝って済めば警察はいらないと仰いますが

小学校三年生の姪に「映画に連れて行け」と頼まれたのでてっきり「プリキュア」だろうかと予想していたら、なんと見たいのは「謝罪の王様」だと言われビックリしてしまった。女の子も小三くらいになると見る映画もそろそろ変わってくるということなのだろうか・・・

なんでもコイツの廻りでは「脇毛ぼーぼー自由の女神」(ーー;)というフレーズが異常に流行っているとのことで、最初聞いたときは何の事やらサッパリわからなかったけど、どうやらこの映画の中にそういう言葉が出てくるらしいのだ(相変わらず子供のマイブームというのはよくワカラン)

先に見てきた友達連中が教室で何度も何度も「ぼーぼー」を連呼していたそうである。聞いた瞬間は小学生レベルの一発ギャグみたいだなあと思ったけど、正に小学生の琴線を激しく刺激していたと言うことなのだろう(姪はクラスで流行遅れ(?)になるのを回避するために見たいと言いだしたのかも)敢えてその「脇毛ボーボー」が何だったのかは書かないが(ーー;) この映画見た後しばらくは頭を離れないので覚悟されたし。

おそらく自分だけならぜったい行かない類の映画(個人的な好みの問題だけど僕は笑いに「あざとさ」であるとか「お笑いのプロじゃない人が頑張って無理から笑かそうとする寒さ」みたいなのを少しでも感じると冷めてしまう所がある。この映画の場合予告を見た時点でそれがぷんぶん臭っていたためかやや敬遠気味のところがあったのだ)だと思うが、逆に言うと普段見ない系統だけに新味はあるかもしれないと何処までも良いように捉えて見ることにしてみた。喜劇ではありながら結果的に爆笑できるポイントは一つもなかったけれども(くすっと笑えるくらいの場面がぽつぽつ)それなりに最後まで見られたのは予想より好印象だったと言っておきたい。

脚本は今をときめくクドカンこと宮藤官九郎。どうも僕はこの人とは合わない傾向があってすべてを見てるワケじゃないけど(実は「あまちゃん」も未だに見たことがない)過去見た彼の作品でホントに面白かったと言える物に出会えたことはここまでなかったのだ(「ゼブラーマン」のとき特撮ファンに喧嘩売ってるのかと思うほどナメた脚本書かれたのが今も引き摺ってるかもしれない)それがこの映画の場合"笑い"以外の部分では意外とちゃんとした作りになってたのにやや感心したのである。

映画の構成としたら"東京謝罪センター"にやって来る依頼者の話を一人/1エピソードにしたオムニバスの形式を取っていて、それぞれの章がまったく独立したパートのように見せてはいるが最後には映画全体が一本の芯となって繋がっていくのがなかなかに見事(この流れにはけっこうなカタルシスあり)

それと主役の黒島(阿部サダヲ)がどうして"東京謝罪センター"なる珍妙な組織を立ち上げたのかといういきさつを紹介するパートは、この映画で一番良かった部分ではないかと思うほど心情的説得力が高かった。つまり一見馬鹿馬鹿しいと思えた舞台設定がこの場面だけを見ていると簡単に感情移入できてしまったのである。それは「謝りたい人が謝れば、謝って欲しい人は笑顔になる」という人間誰しもがわかっているような事(そしてそれは忘れがちなことでもある)をわざわざ台詞含みでてらいもなく表現したところから来たのかもしれない(と、僕は思ったのだが、簡単なことを複雑にしているのは我々オトナの悪い所だなーという)その部分にはホント素直に目から鱗のような感覚を覚えてしまったのだ。

この場面は阿部サダヲの巧さもあってそうとうに引き込まれたけど、ただこの後がねー・・・(__;)

最後の章でついに外交問題へと発展する展開に持って行ったのは大風呂敷を広げ続けた末の見せ場として理解できないことも無いんだけど、ここからが長いしひたすらダレて(ーー;) 直前でしんみりした良い気分がまたも鑑賞前の冷めた気持ちに戻されてしまったような、そんな感じではあったかな(総理大臣役の嶋田久作がモノスゴク頑張っているのは伝わったけど、ここはもっと短くても良かったような気がするな)

そんなわけで自分にとっては元々見る気の無かった映画ではあるけれども、それほど悪くはなかったなと本編終了後に多少気持ちが変化していたように思えたそんな映画でもあった(しかし1800円で見るには正直高いかな??( ̄。 ̄;))あとどーでもいい話だけど主題歌歌ってるE-girlsと言う人たちをエンドロール(完全に彼女たちのPVになっていた(__;))で初めて見たのだけど、今日の紅白出場決定のニュース聞くまでK-POPのグループだと思ってましたわ。そこまで知名度あるのも日本人なのも全然知らんかったし・・・


Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

バババババビュンと空を行く

まさに光速ならぬ"高速エスパー映画"「クロニクル」を見てきた話。

常日頃は47都道府県の何処でもやってるようなアタリマエの映画しか公開しない地元のシネマサンシャインが何を思ったか期間限定低料金(曜日時間関係なしで1000円均一)での上映をしてくれた。たまには冒険してみる気になったのか或いは全国的にそういう公開の仕方になっているのかは不明だが、ウチの地方では珍しいことなのでさっそく行ってみることにしたのだ。

本作は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以降雨後の筍の如く派生したPOV方式で撮られた"今さらな映画"ではあったが、今までどちらかと言えばホラー系か(「パラノーマル・アクティビィティ」「Rec」等)モンスター物(「クローバーフィールド」「トロールハンター」等々)ばかりの印象が強く、こういう青春超能力物(そんなジャンルがあるのかどうかは知らぬが(ーー;))でこのパターンをやられたのには少し目新しさを覚えた。

中でも感心したのはPOV映画でもっともネックとなる”手ぶれカメラ映像の気持ち悪さ"を解消するため、まず主人公がビデオカメラを常に持っているという(内向的すぎてカメラを通さないと他人とコミュニケーションが取れない)設定にしておき、その後特殊能力で念動力を得た彼がその力を使ってカメラを空中に固定させる事にしたのが旨いと思えたこと。

これでフィックス視点の映像への切り替わりがそれなりの説得力を持って提示され、見易さは不自然さもなくアップ。そして同時にそこからの映像が客観的で無機質な感情のないものにどんどん変わっていくのが彼の内面変化とリンクして、見ている側としては生々しい傍観者気分がとてつもなく高まるのだった。

この映画は紙にあらすじを書いて説明すればよくあるストーリーだと言われてしまうだろうけど、その中身は驚くほど濃密だ。映画の導入部で紹介される主人公の一人・アンドリューの鬱屈した高校生活のあまりに現実的な日常から(カメラを脇に置いてチアの練習を見ながら食事してるだけでチアガールの女の子に「気持ち悪いから余所へ行け」と言われるあたりの流れや、家庭における両親との複雑な距離感とか)初めてできた二人の友人と共に超能力を手にして以降のエンタメ度の上昇は、映画的メリハリとして相当なものだったと僕は思うのである(極端な喩えで書くと「中学生日記」が途中から「AKIRA」か「X-MEN」になってしまったような感覚というか)

出ている役者を一人も知らないのが冒頭のリアリティをキープ出来た要因かなとも思うけど、僕の中ではこの映画は一つ前見た「グランド・イリュージョン」に次ぐ”期待値ゼロで見に行ったらめっちゃアタリ”だった作品と言えるだろう。

ラストシーンがみょうに爽やかでまるでここまでの出来事が「良い想い出」みたいな語られ方で終わるのもムリヤリで気に入っている。これが1000円で見られるなら満足度は高いわ(なんて思ってたら来月もうDVD出るんだ・・・(__;)ひょっとしてそれで入場料安かったの??)

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

ちょっとゴソゴソするよ

早く書かないと忘れそうな「グランド・イリュージョン」を見て来た話。
 
夫婦でサービスデーのレイトへ行って来たのだけど実はそれほど期待していたわけではなく、まあ1000円だし値段なりの楽しさがあったらそれでいいやなと最初からハードルを低く低く設定していたら、これが思ってたより高いジャンプを見せられちょっとビックリした気分に(__;)

特に事前情報調べたりとかせず飛び込みみたいな感じで見に行ったにしてはなかなか面白い映画だった(嬉しい誤算と言うのは簡単だけど、こういうのもなかなか無いこと)とにかく気に入ったのはどのシーンも常時画面に熱気と勢いがあるのが見ていてすっごい気分良かったし、大仕掛けマジックの映像処理も細かい種明かしをあまりすることもなく(と、言うかアレじゃしたくてもでけへんだろうけど(ーー;)前半はともかく後半はムリあったなあ)もう殆ど手品じゃなくて魔法レベルの凄ワザを次々見せてくれるのが痛快。

肉弾戦アクションからカーチェイスへの流れもありがちなハリウッドスタイルの見慣れた描写ではなくて、なんとなくジャッキー・チェンの映画を見ているかのような遊び心のある見せ方をされていて、こういうところでも絵だけで飽きさせないように作られているのは大したサービス精神だと思えた。

と、まずは良いところが目に付いたけど実はこの映画欠点もたくさんあって、主役四人の繋がりがあまりにもさらっとしか紹介されないため、どうしてこんな凄いことをこのグループでやるのかという理由付けがひじょうに薄いのだ。

それに関連して彼らの周りの人たちの関わり方があまりにも浅く説明不足な点がやたらとあるところとか(フランスからやってくる女捜査官(どっかで見たねーちゃんだと思ったら「イングロリアス・バスターズ」でショシャナ演ってたメラニー・ロラン。あらためて顔見ると若いときのナスターシャ・キンスキーに似てる気がする)がホントは何の目的で来たのか臭わすだけ臭わせておいて、いやいや結局はなんにもないねん(ーー;)みたいなネタ振っただけかい!的なとこもオイオイとは思ったが、登場人物の配置自体がこの映画全体のキーワードである"ミスディレクション"だと言うことであれば合点はいくけれども)

そういう細かい所では辻褄が合わなかったりストーリーそのものにかなりムリがあったりするところも多々あるため(黒幕のアイツがあの立場でどうしてこんなコトできたんだ?と言う疑問には一切誰も答えてくれないし(__;))物語のディテールや整合性を優先して映画見る人には合わない作品かもしれない。

しかしながらここまで"楽しさ・爽快さ"を先行させて作られた映画というのも娯楽映画としては正しい姿ではないかと思えるわけで、大きな画面、大きな音響で素直に気持ちよくスッキリ鑑賞する事が出来るのはある意味映画館というアトラクションの正しい使い方であるとも思うのである(なのでこの映画をホントに楽しもうと思えば劇場へ行くか、自宅に大画面テレビ無い人はホームシアター持ってる知り合い宅を無理矢理に訪ねてでも(ーー;)見るべき)

見終わってから冷静に判断してプラスマイナスで書くと、どっちの要素もたくさんありながら個人的にはプラスの要素が僅差で勝った映画だったと言う気がしている。そしてエンタメ好きならまず嫌いにはなれない映画でもあった。
Category: ◆不定期で乗っかかるいろんなベストテン話  

SF映画ベストテンに参加してみました

washburn1975さんのブログ「男の魂に火をつけろ!」で開催されている毎年恒例のベスト10企画が今年もスタート。昨年初めて参加した「オールタイムホラー映画ベスト10」がつい最近の話だったような気がするのに、このトシになると一年なんてホンマにあっという間ですな( ̄。 ̄;) 前回はやってみたらコレがなかなか楽しかったので、ベスト10のお好きな方には是非オススメさせていただきます。

※締め切りは12/15迄とのこと

今回のお題は「オールタイムSF映画ベスト10」 これもホラー同様ジャンルとしては大好きなカテゴリなので前回と同じく記憶を紐解きながら気持ちの悪い思い出し笑いを浮かべつつ( ̄∇ ̄)しれっと書いてみた次第である。選定基準としては今回も初見時どれほど心に残ったかを優先してリストアップしてみた。



1.未知との遭遇(1977年 監/スティーブン・スピルバーグ 主/リチャード・ドレイファス)
2.銀河鉄道999(1979年 監/りんたろう 主(声)/野沢雅子)
3.スターウォーズ(1977年 監督/ジョージ・ルーカス 主/マーク・ハミル)
4.猿の惑星(1968年 監/フランクリン・J・シャフナー 主/チャールトン・ヘストン)
5.スーバーマン(1978年 監/リチャード・ドナー 主/クリストファー・リーヴ)
6.ターミネーター(1984年 監/ジェームズ・キャメロン 主/アーノルド・シュワルツェネッガー)
7.ロボコップ(1987年 監/ポール・ヴァーホーベン 主/ピーター・ウェラー)
8.デモン・シード(1977年 監/ドナルド・キャメル 主/ジュリー・クリスティ)
9.ウエストワールド(1973年 監/マイケル・クライトン 主/ユル・ブリンナー)
10.復活の日(1980年 監/深作欣二 主/草刈正雄)



結果的にチョイスとしてはベタなものになってしまったが、なぜか「2001年宇宙の旅」「E.T」「ブレードランナー」「エイリアン」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「マッドマックス」「マトリックス」あたりが入ってこなかったのは自分でも意外。作品の質的内容ではなくファーストインプレッションと刷り込みの強烈さで洗い出すとどーしても10代のときに見た映画が出てくるのは仕方ないのかも。以下選定理由をごく簡単に記す。

「未知との遭遇」・・・今見返すと家族ほったらかして思い込みだけで突っ走る痛いオッサンの話にしか見えないけど(実は新興宗教にハマった父親のメタファーだったりして)小学生時代に南山宏のUFO本等を本気で読んでいた元・円盤少年(ーー;)からすると、この映画の"70年代当時のUFOマニアが受けるリアリティ"は相当なモノで、尋常じゃないくらいの本物ぽさをかなり感じたものだった(もうどのタイミングで矢島正明のナレーションが入ってくるのかと思えるほどで、印象的にはカネかかった「木曜スペシャル」の劇場版と言っても良いくらい)

それはUFOの目撃のされ方やアブダクトされたと思われる人の描写等が、時のUFO本で読んだ内容をそのまま映像化しているという点でも明らか。手塚治虫のご子息で映画監督の手塚真が書いた「夢見るサイコ」という本があるのだけど、その文中で「スピルバーグはこの映画でUFO版ウォーターゲート事件をやろうとしていたのでは」というトンデモ記述があって(__;)今なら「そんなアホな君ィ」で失笑して終わりだけど、最初に劇場へ行ったとき僕は正にその通りの事を考えながら見ていたのである(疑うことを知らない少年の純粋さだよと敢えてイイように書いておくが(ーー;))

なのでこれ以降何本のSF映画を見たかわからないけど、これほど絵空事ではなく「きっと今地球の何処かでコレと同じ事が起こっているのだ」と一瞬でも(^_^;)思えた映画は他に無い。そういう意味で言うと自分の中ではオンリーワンの映画であることに変わりはないのだ。

「銀河鉄道999」・・・僕は両親が早くに離婚している関係で(離婚後は母に引き取られ、4歳のころには母の里である徳島に戻っていた)県外にいる父親と会うのは夏休みや冬休みの年に数度しかなかったために父親との思い出が極端に少ない。本作はその父と見に行った最初で最後のアニメ作品だったのである。映画自体がすごい良い内容だったこともあるけど、それまでアニメなんか一度も見たことのなかったハズのオヤジが真剣に「まんが映画も面白いモンがあるな」と言ってくれてそのあと食事しながら延々と映画談義をしたこと、これが未だに自分の中に強烈な思い出として残っているのである(たまたまだけど結果的にメーテル一家の夫婦げんかの顛末みたいな話でもあったのが自分たちを投影しやすかったのかも(^_^;))これも「未知との遭遇」同様映画本編以外に諸々のプラスアルファがあって脳髄に刻まれている作品。

「スター・ウォーズ」・・・「エピソード4」だの「新たなる希望」なんて副題は今でも付けたくないと思っているほどSWと言えばこの一本目。これも小学生のころに見に行ったけど物語冒頭から初めて見るような映像のオンパレードが果てしなく続き、冗談抜きに「あっ!」と言う間に二時間が過ぎ去ったような感覚だった。一回聴いたら耳に残るジョン・ウィリアムズのテーマ曲も最高だし、今でもデススター特攻場面で「フォースを使え、ルーク("Use the Force. Luke")」とオビ・ワンの声を聞くとジ~ン(T^T)としてしまうのはもはやパブロフの犬現象。言い方極端だけどあとのシリーズは僕にとっては付け足しでしかないのよ。

「猿の惑星」・・・テレビの「月曜ロードショー」で見たのが最初だと思うけど、まあラストの怖かったこと怖かったこと(ーー;)しかも全然予想してないオチだったんで本気でビックリしたし、この後猿に家乗っ取られる夢見るんちゃうかと思うほど、おーげさに言えば人間の未来に対して初めて不安感を覚えた夜でもあった。

「スーパーマン」・・・これも理由としたらSWと一緒で、自分にとってのスーパーマンはジョージ・リーブスでもなく、ましてやブランドン・ラウスやヘンリー・カヴィルでもなく、クリストファー・リーヴ以外はあり得ないのである。これも理屈ではなくその時代の熱気を吸い込んだ故の思い込みが成せる業なので世代がずれるとたぶん理解してもらえないことだろう。どこまでもストレートな英雄噺が気持ちよく進行していくのも好感。

「ターミネーター」・・・シネコン以前の映画館では一度入館すれば何度でもその映画を見ることが出来たのだが、本作はあまりの面白さに二回半(三回目は腹減ったのでシュワちゃんの眉毛が燃えたあたりで退場した)も続けて座り込んでしまった。未来からやってくる殺人マシンというのはありそうなアイディアだけど、それを筋肉の鎧纏ったようなヤツ(それだけで既にサイボーグみたいなもんだな)にやらせたのが絵的にはインパクト大。低予算なのにこれほど未来感のある映画というのもこのときは新鮮だった。

「ロボコップ」・・・最初はなんだいこの「宇宙刑事」のパクリみたいなダサいデザインは?と殆ど何の期待もなく見に行ったらこれが驚くほどの大傑作(__;) (デトロイトなんて行ったこともないけどこの映画見たらこんなイメージしか持てなくなってしまった・・)自分が何者なのか、それ以前に機械なのか人間なのかと言ったアイデンティティ・クライシスに一度は陥りながら、最後に自我と共に誇りをも取り戻すラストの格好良さ。響き渡るテーマ曲を聞きながら鳥肌立ってたことを思い出す(この映画だけはハタチ以降に見ている)

「デモン・シード」・・・たぶん「日曜洋画劇場」で見たと思う。人間以上の知能を得たコンピュータが反乱するという手垢の付いたネタだけど、なんと後半は人間の女性にそのコンピュータの子供を産まそうとするエライ展開になるのが意表を突いていて面白かった(ある種のマシンレイプ物?)ただねー、これウチじゃ家族みんなで見てたんでクライマックスはちょっと気まずかったなあ(@@;)

「ウエストワールド」・・・おそらくコレは「ゴールデン洋画劇場」だったかな。「荒野の七人」も「十戒」もそれまで見たこと無かったから僕にとって最初のユル・ブリンナーはこの作品になるのだ。映画のストーリーよりも単純に「自分もこんな所行ってみたい!」ってスゴイ思ったな。今USJとか行って映画系アトラクションをいい年して本気で楽しんでしまうのは、きっとこの映画があってのことだろう。

「復活の日」・・・過去いろんなデストピア映画見たけど”この世の終わり度数”というものがもしあるなら、個人的にはこの作品が最大値を差したと思っている(でもこの映画でそれが通じるのは中学生までかな??(__;)今見たらツッコミどころだらけでオカシイところのほうが多いけど、当時は全然気にならんかったもんなあ)

・・・・・こうして書いてみると昨年のホラーベスト10といっしょで、どーしても時代が偏ってしまうようである。来年はもう少し近年の映画を選べるよういろいろ見ておかねばいかんな。

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >