FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 01 2016

Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

不意の落雷には気をつけろ



「ゴッドファーザー」三部作の地上波吹替版が来月ついに放送されることになった。コレ私にとってはたいへん大きなニュースなのだけど周りで騒いでいる人もあんまりいないので、初回放送は明日というキワキワな話ながら(~_~;)悔し紛れに書いてみたのだ。オンエアがあるのはCSチャンネル・ザ・シネマでスケジュールは下記の通りである。

「ゴッドファーザー」・・・ 2/1(月)21:00-00:15   2/24(水)13:00-16:15   2/28(日)14:30-17:45
「ゴッドファーザーPARTⅡ」・・・ 2/2(火)21:00-00:15   2/25(木)13:00-16:15   2/28(日)17:45-21:00
「ゴッドファーザーPARTⅢ」・・・ 2/3(水)21:00-23:45   2/26(金)13:00-15:45   2/28(日)21:00-23:30

自分の場合こうした過去の名作と呼ばれる映画は殆どテレビの吹き替え映画枠で見てきた世代なので、どうしても初回鑑賞の刷り込みが強烈になってしまい、その映画が良ければ良いほど「吹き替えられた声」で頭に残ってしまう事象が派生しているワケなのである。私がオールタイムベストを選ぶとき「ゴッドファーザー」はぜったい入ってくる映画でもあるけど、それはこの「水曜ロードショー・昭和51年オンエア版」のことを指しているのだ(この音源は現在流通しているソフトには収録されていない)

自分が見たのは昭和57年頃の「水曜ロードショー」何度目かの再放送で、そのときはかなりカットされたバージョンだったはずだが、これをベータⅢ(VHSの三倍モードと同等)で録画していた友人にテープを借りて同じくベータⅢでダビングし、デッキが故障する直前VHSの三倍でもう一度ダビング、さらにまた数年後それをDVDに焼くという物凄い工程(;゜ロ゜)を経て手元に残していたのであった。

IMG_0978.jpgこの画像がそれを再生した物だけれども、これだけを見たらそんなにキタナクないような気もするが裸眼で40インチのテレビに映すとはっきり言って画質は昭和の裏ビデオレベル(^0^;)(色はつぶれ輪郭はボケボケ。また当然だが画面サイズは4:3のスタンダード)

明日以降のオンエアでは映像用マスター素材として三作ともデジタル・リストア版の物が使用されるそうである(しかも「1」については吹き替えなのに完全版ノーカット←通常地上波で映画を放送する場合カットがあるのが当たり前だったので、こうしたケースは珍しい)

こういう"インパクトある吹き替え映画"はほかの物でもたとえば「燃えよドラゴン」のブルース・リーを富山敬の声で認識していたり、ショーン・コネリーの007はすべて若山弦蔵だし、今でもジャッキー・チェンは本人の声より石丸博也の声の方が落ち着くという(__;)そんな状態が続いているのだ(「謎の円盤UFO」のソフトが出たときも最初は字幕版しか無くて、ものすごい違和感あったのを覚えてるなあ。たぶん字幕で放送のされなかった懐かし海外ドラマなんかはだいたいそういう反応をしてしまうよな)

「ゴッドファーザー」は三作ともDVDが発売された時点(2001年頃)で新たな吹き替え版が作られたのだけれども(PARTⅢだけはVHS時代から吹替版あり)配役に不満はなく皆手堅い仕事をしてくれてはいるのだが、やはりどうしても自分の中の激烈なイメージから脱却することができず、この新録版に対しては未だに馴染むことができていないのである(麦人のマーロン・ブランドや山路和弘のパチーノとか旨いと思うのだけど)

たぶん翻訳後の台詞回しとか演出も40年前の物なので、今見たらけっこう古くさい表現やヤクザ映画まがいの物言いもしているとは思うのだが(舎弟の一人が「○○でござんす」とか田舎の人が「○○ですだよ」と言ってみたり( ̄。 ̄;))そうしたアナクロ感も含めてかなり楽しめるだろううし原語(字幕)版「ゴッドファーザー」を劇場、ソフト等で見ている人にとってもいろんな意味で新鮮な「加工され具合」になっているはずなので、視聴可能な環境にある人はぜひ見ていただきたいと思っている(おそらくこういう素材が一度世に出ればいずれは商品化されてしまう事だろうけど、今現在はここでしか見ることのできないレア・バージョンでもあります)


Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

毛深いと若く見えるんでしょうか

昨年暮れに自宅パソコン用モニタが19インチフラットから23インチワイドへと変わった。そのせいでこのブログのレイアウトが両サイドを思いっきり余らせた状態で表示されてしまい、広い余白が若干気になっていた我が輩はここ数日テンプレを変える事を検討していたのだった。たぶんレイアウト幅の設定とかもスタイルシートいじれば変えることはできた気はするけれども、やり方を調べるのがめんどくさかったし( ̄。 ̄;) そろそろ新しいヤツに変えてみたいというのもあったので思い切ってチェンジしてみたわけである。

もしたまたまこのブログを見て「なんやねん、めっちゃ見づらいやんか」と思われた方がいたらごめんなさいと今から謝っておきますが(たぶんタブレットとかスマホでこのページ見たら逆にごちゃごちゃして見づらいかもしれない)当面これで試運転していきます。

で、今年入って最初に見た映画が「スター・ウォーズⅦ/フォースの覚醒」だったという話は前回も書いたけど、確か正月明け仕事始めの4日夜に見てきたはず(やる気無い仕事から現実逃避するには最適の映画だなと(^_^;))

なんでこんなに感想書くのに間が開いてしまったかというと映画自体は楽しかったし良かったんだけど「SW」好きの人10人に感想を聞いたらおそらくは9.5人までが同じ回答をするのではと感じるほど平均的な楽しさとでもいうのか、手堅すぎる無難なサービス精神あふれる映画だったという印象がひじょーに強く残ったからなのだ(なんでもそこそこ美味しいランチバイキングの店に入った気分に近いかな←あらたまって感想書くまでもなく「皆さんと一緒ですよ、右に同じです」で済んでしまいそうな感覚)

かつてエピソードⅠ~Ⅲにかけて毎回のように存在していた「こんなんを見たかったわけじゃ無いのにな(;´Д`)」的なもどかしさは今回どこにもなく、おーコレだよ、コレを見たかったんだよ~と言うシーンばかりを(エピソードⅣをなぞったストーリー展開に旧作キャストの勢揃いやBB-8が健気でかわいいところ等、それと主役はほぼ老齢のハン・ソロというのも←チューバッカだけ年を取ってなかったのはウーキー族の設定年齢(もともと二〇〇歳だっけ?)のせいなのか、それとも多毛の人が若く見えると言う理屈なのか)数珠繋ぎにしたような本作は間違いなく140分の上映時間をフルに使って楽しむことのできる映画であるとも言えるが、それは作り手側のセンスやこだわりとは違う部分の"リサーチ、またはマーケティングの勝利"ではなかったのかと、あえて嫌な言い方をすればそういう側面があったような気もするのである。

ただ、我が輩は何もそれが悪いと言っているのではなく幅広い客層に対し満足度を高めるための手法として映画をロジカルに構築するならば当然このスタイルは許されると思うし、こうした作家性を優先させること無く観客目線に特化した作り方はある意味エンターテイメント映画を提供する形としても正しい姿であると思うのだ。

それをわかっていながらわざわざ重箱の隅をつつくような書き方をしてしまうのだけど、万人受けする面白さというのは結局その他大勢の中に埋没する没個性化現象であって、さらにはその商売上手なディズニー方式への釈然としない気持ち(くどいようだけどそれは微々たる物(__;)もっと言えば「スター・ウォーズ」のような映画史上でも常に革新的だったシリーズの最新作がこれで良かったのかという小さな疑念)がどこかで生じていたようにも思うのである(陽光に照らされるタイファイターや砂漠に埋もれたスターデストロイヤー、戦闘機と地上の兵士を同一画で捉える洗練された絵面は随所にあったけど、それはアレンジの旨さであり残念ながら"新規"で驚かされるような映像表現では無かったわけで)

Ⅳ以外のルーカス監督作は確かにつまんなかったものの(^0^;) 毎回新しいことにチャレンジしていた事は映画監督・作家として賞賛されて然るべきだと思えたし、そう考えると長寿シリーズの最新作が過去作をトレースしてブローアップしただけの物で良いのなら別に誰が監督しても大差ないじゃ無いかとも思わせたのが「フォースの覚醒」だったのかなと、今時間をおいて振り返ってみるとそんな風にも感じてしまうのだった(同じく30年のインターバルを経ての新作となった「マッドマックス/怒りのデス・ロード」がそれなりに旧作のトレースもしつつ、アソコまで突き抜ける事ができたことを思うと「フォースの覚醒」でも J・J・エイブラムス監督はもう少し冒険してみても良かったのでは無いのか)

と、気がついたらなんだか小言書いてるみたいな感じになってきたけど(;゜ロ゜)この映画には満足している気持ちも8割方あるので、ここで私が言ってることはちょっと喉に小骨が刺さった程度の小文句だとご理解くださいませ。できれば吹き替え版でもう一回見ても良いと思ってるくらいだし(なんだかんだ言ってもラストシーンのアレはジーンと来たのでね~・・・(T_T))

Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

扉の向こうに私を待ってる女(ひと)がいる

今年一発目に劇場で見た映画は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」だったのだが、その前に意外なところで鑑賞することになった僕にとっては数年越しの作品のことを先に書いておくとする。それはお仲間の一人、こじかさんのブログで記事を読んで以来ずーーっっと見てみたいと思っていた「ROOM237」のことなのである。

これがいったいどういう映画であるかというのはそれぞれのリンク先や予告動画を見て推し量っていただきたいのだが、要は故・スタンリー・キューブリック監督が80年に撮った「シャイニング」(我が輩のマイ・フェイバリット・ホラー映画でもある)という映画について同作のマニア/フリーク/研究者それぞれの皆さんがあーでもないこーでもないといろんなことを二時間近く言い続ける居酒屋トークのようなドキュメンタリー作品のこと(タイトルの「ROOM237」とは「シャイニング」劇中でキーポイントになるホテルの部屋番号。スティーヴン・キングの原作小説では217号室になっているが、この映画の中ではそのことにも言及されている)

IMG_0947.jpgこうしたマニアックな映画は自分の環境下だと鑑賞する機会はなかなかやってこないのだけれども、年末に契約したNetflixのラインナップに上がっていたのをたまたま見つけて今回は「おーっ」となったわけである。充実しているドラマ群に比べて映画の方は無難な並びが多かったのだが、たま~に目を牽くようなヤツが紛れ込んでいるので今後もよく確認しておかなければいけない(そういえば「武器人間」なんかも入ってたなあ・・・)

これがまあビックリしたのは本当にいろんな人がいろんなことを熱心に語り続けていて、たとえば劇中に登場するオーバールックホテル(あれは本物では無くカリフォルニアに実在するアウェニー・ホテルというところを参考にした超広大なセットだそうだ)の本編映像を徹底的に調べ、間取りの矛盾点を指摘したりセットの位置関係を割り出して具体的に図面化する人がいたり、そのセット内に用意された家具やポスターといった小道具に「キューブリックのメッセージが隠されている」と熱弁する陰謀論史の研究家みたいな人が出てきたりと話の振り幅はとてつもなく大きい(しまいにゃアポロ捏造説まで引っ張り出してきたので(;゜ロ゜)さすがに一瞬笑ったけど、ずっと聞いてると語りに説得力があるので「或いはそうなのか・・・??」と思わせる箇所もあったりで)そうした熱い熱い好事家トークの数々は我が輩のような「シャイニング」好きにとって実にたまらない、全編がちょっとオレもその会に混ぜてくれよと言いたくなるような作りになっているのである。

で、徹底しているのは事実の検証はとにかく置いておき(^◇^;)語り手各自が自説を如何に聞いてもらうかというポイントにすべてが注がれた構成になっており、先に書いた「スキモノたちの居酒屋トーク」というのはそこから醸し出されていると思うのだけれども、ファンムービーの形としてこういうやり方はありだなと思えたし、また「シャイニング」という映画自体そうした"トンデモ理論"でまじめに語ることのできるフリーキーな作品でもあるのは間違いないわけで、それからすると本作は見る人を選ぶ映画でもあると言えるだろう(たぶん「シャイニング」を未見でキューブリックにも興味が無い人がコレ見たら五分で寝るな( ̄。 ̄;))

その反面少しでも「シャイニング」を見たことがあるとか、多少なりとも興味があるという人であれば「そんなアホな」と思いながらも同作好きにとっては随所で琴線に触れ、場面によっては思わず手のひらをポンッと叩きたくなるような箇所もたくさんある映画でもあった。さらにその熱いトークのバックには「シャイニング」の検証用映像やキューブリックの他作品(全然無関係の映画も少し混ざっていた)の映像も多数引用されており、これらを旨く使いながら周到に鑑賞者を丸め込む準備(?)もされているのである(そういう意味で言うと編集がよくできていると思わずにはいられない)

そんなわけで見る機会とチャンスのある方にはぜひ鑑賞していただきたいと映画だと思っているが、ある程度の覚悟(?)は必要かも(おそらく「シャイニング」を未見の人はスルーした方が無難(__;) しつこいけどここは要注意。そして「シャイニング」鑑賞済みの人はあくまでも"騙されたと思って"見るのを忘れないように( ̄。 ̄;))

・本ブログ「シャイニング」関連記事1
・本ブログ「シャイニング」関連記事2 

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

770(ダブルセブンオー)は徳島の郵便番号

記録するのを完全に忘れていたのだが、昨年12月に「007/スペクター」を見てきた。

軽く一月前に見た映画の話を年またいでから今頃書くのもどうかとは思うけれども、なんとかまだ記憶があるうちに綴っておかねばなるまい。全体の感想としては「ダニエル・クレイグ・007卒業記念映画」のような趣に統一されたムードがあり(これで降板するとかの確定的なニュースソースを目にしたわけではないし、次作でもあっさり出演している可能性はあるが)この映画そのものが「カジノロワイヤル」以降のシリーズ完結編の体を成していた気もするのである。

それはストーリーの面でもそうだったし(過去三本の悪役連中がスペクターのメンバーだというのを確定させてるところ等含め)もっといえばクレイグ版になってからそうとう薄味になっていた旧来の「007らしさ」(いわゆるボンド映画お約束の数々を指す←実は「慰めの報酬」くらいからそれが少しずつ小出しにされてはいたのだけど)というものを一気に詰め込んだかのような構成は「今まで重厚な(重々しい)作りで悪かったね、最後はぱーっとやろうか」と、製作サイドがクレイグに言っているかのような事すら想像させてしまったほどで。

また、それに併せて過去作のオマージュも目一杯用意されていて、例えばこれは少し違うかもしれないけど導入部が"死者の祭"からスタートするのは「死ぬのは奴らだ」と若干イメージかぶりしていたし、それに続くヘリアクションは「ユア・アイズ・オンリー」を彷彿させ、列車内での大格闘は言わずもがな「ロシアより愛をこめて」と"007祭"の賑わいを随所で感じる作りになっていたと思うのだ。

さらにシリーズ最大の好敵手であるお馴染みブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ。最初どうかなと心配してたけど見てみたらこのキャスティングは絶妙だった)をラスボスとして登場させることにより「カジノロワイヤル」から10年近くかけてようやく"ぼくらの知っている007(但し現代風のアレンジかなりあり)"へと回帰してくれたわけで、これでダニエル・クレイグが演じた「若き007・スパイはじめて物語」はついに完結したと言っても過言ではないと僕には思えたのである。

そのブロフェルドでぼくが唯一不満だったのはペットの猫、顔の傷と言ったビジュアル的特徴をああいう形で見せたのであればどうして邪魔な髪の毛も一緒に処理しなかったのかと(演出上そのチャンスはあったはずなのに、なぜやらんのか不思議だった)次回作に登場するならそこはきっちり対応してほしいなと思うけど、あるいはもうそのつもりなのかもしれないな・・・

で、上で書いている「007らしさ」が何か?なんてことをここで長々とは書かないけど(大仰な登場の仕方をした敵が最後腰砕けでやられてしまうというのもあり)その一つでもあるボンドガールの魅力も本作は炸裂しており個人的にはエヴァ・グリーン以来のアタリ。モニカ・ベルッチレア・セドゥという伊・仏を代表する女優さんを揃えたのも豪華だったし(熟女好みの我が輩はモニカ姐さんの出番が少なすぎてやや物足りないところもあったが)メインヒロインのセドゥの個性もかなり前面に出ていて可愛く酔っ払った挙句「ベッドに入ってきたらコロス(`_´)凸」と言い放つ気の強さなんてのも実に良かったわけである(ドレスを着て登場した場面を見たうちの家内は「ほぼハダカやん(__;)」と驚愕していたけど我が輩も同感。どんだけスタイルええねんと)

ともかく本作は007シリーズのファンであれば良い意味で原点回帰したことに対する喜びも感じつつ、新作スパイアクション映画としても十分堪能できる娯楽作品になっていたなと、我が輩かなり楽しんで映画館から帰ってきました。

※過去三本の007映画感想

カジノロワイヤル
慰めの報酬
スカイフォール



Category: ◆玄関開けたらトワイライトゾーン=海外ドラマを見た話  

ある日突然自宅に届き、時間を奪う神秘の箱に

そんなわけで我が輩は今、不思議の謎を解かねばならないのだけど(ワタシが何を言っているのかワカラナイ方は( ̄。 ̄;)「ファイヤーマン」の主題歌を参照)実は昨年末に妻からのクリスマスプレゼントとしてAmazonのFire TV Stickを買って貰ったのである。年末年始突入前の良いタイミングだったこともあり、動作確認も兼ねたお試し気分でNetflixHuluの無料申し込みをやってみたのだった。

Fire TV Stickが何か?というのはこのあたりを見て参考にしていただきたいが、要はテレビでストリーミングの動画を見ることが出来るツールのことで、形は最近よくみかけるスティック型PCのようなもの(じっさい使ってみるとテレビの大きな画面でスマホを触っている感覚に近く、他にもゲームやショッピング含め大概のことは出来てしまう)用意されている動画アプリはそれ以外にもAmazonビデオ(元来はコレ(及びAmazonプライム会員権)を売るための機械だと思うのだが)とGYAO、ニコ動やyoutube等。
fire.jpg

最初にNetflixに飛びついてみたのは以前買った本で紹介されていた、ソコでしか配信されていないドラマを見てみたいというのがあったからだけれども、とりあえずそのオリジナルコンテンツである「ヘムロック・グローブ」「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」の1stシーズンをそれぞれ視聴してみた。まずはそれらの簡単な感想から書いてみることにする。

「ヘムロック・グローブ」

BL要素満載のイケメン二人組(しかも両人ともに人では無い存在)が連続殺人事件の犯人を捜すというのが話の軸になってはいるが、どちらかというとこれは80年代を席巻した人狼特殊メイク映画(「ハウリング」「狼男アメリカン」「狼の血族」等)を思いっきりリスペクトした猟奇ホラーであり、さらにはフランケンシュタイン的要素をも足し込んだ怪人だらけの現代怪奇ドラマと言える作りにもなっているのだ(製作総指揮のイーライ・ロスが自分の趣味嗜好丸出して撮っているのがよくわかる)

また、こうしたネット配信(またはCATV)専用ドラマの良いところは放送コードがそれほど厳しくないところで、このドラマでも初回から毎回のようにおっぱいは出るわウジが湧いた惨殺死体は出るわゲロ吐きはあるわと凄まじい事この上ない(;゜ロ゜)そして以前Brumeさんに教えてもらったとおり見せ場である狼男への変身シーンがとにかくリアルで(ーー;) ホラー慣れしてるはずの我が輩も思わず「おおっ」と唸ってしまったほどだった。演出そのものは先に書いた80年代の人狼映画三本を思い出させる見せ方にはなっているのだけど、アレを生々しく現実っぽくやるとこうなるのねっ、という感じがしてなかなかに凄いのである。残り2シーズンあるけどコレはもう全部見てしまわないといかんでしょうな(いつまでも年を取らないリアル美魔女のファムケ・ヤンセンが最も妖怪じみててオソロシイという気もするが( ̄。 ̄;))

「ジェシカ・ジョーンズ」「デアデビル」


これはどちらもマーベルのヒーロー物だが「デアデビル」は以前ベン・アフレック主演で映画化されており、映像化はそれ以来(スピンオフ映画で「エレクトラ」もあり)但しこのテレビ版には映画版のバカっぽさ(アレはアレでけっこう楽しかったけど)は皆無でどシリアスな内容になっており、主人公に極端な能力があるわけではない事からもむしろクライムストーリーの方に重きを置いているような雰囲気がある(これは「ジェシカ・ジョーンズ」(「ブレイキング・バッド」のクリステン・リッターがこの役めっちゃハマっててカッコ良い)の方も同様)こちらは両作品とも現状では1シーズン分しか用意されていないのでまだ半分しか見ていないが、次に引っ張る引きの強さは相当なものがあると思える。どちらも予想以上に面白かった。

これらのドラマも含めNetflixだけで配信されているドラマは1話ずつでは無く1シーズン全話が一挙にラインナップに上がってくる仕組みになっているため、次のエピソードを待って悶々と言うことが派生しないのが魅力。次は「SENSE8」と「MakingMurder」あたりに手を出してみようかと思っているところ。

で、同時に登録したHuluの無料体験でも感じた事だが、ふたつとも海外ドラマの充実ぶりは素晴らしく、自分の中でこれならスカパーが無くても全然困らないという結論に達してしまい、無料体験終了後に本契約する事を決めてしまった。料金的な事を書けばNetflexが702円/月(これはSD画質での価格だがHDなら1026円/月。SD画質でも特に画像が悪いと感じる事はない)でHULUが1007円/月。今契約しているスーパードラマTVやFOX、AXNあたりの人気ドラマもたいがいはフォローされているし、基本いままでもドラマは録画してまで残す事はしてないので(「謎の円盤UFO」や「サンダーバード」みたいに例外は何本かあるけど)ちょうど良いというのもあったのである。

これで2月以降ドラマはネットで、映画と野球はBS/CS(スカパー)でという棲み分けになりそう。しかしこんな便利なオモチャが5000円切る値段で売られていて、尚且つこんなに簡単に映画もドラマも楽しめてしまうんじやレンタルビデオ屋さん大丈夫かよという心境になってしまうな。元・同業者としてはそこだけ少し心配。

なお、Fire TV スティックは今のところ3モデルでの販売がされており、ワタシが買ったのは最安値のスタンダード版。あとはリモコンが音声対応になっている物とイーサネット対応、microSDスロットの装備されたハイパフォーマンス版とがある(リモコンについては無料のスマホアプリで音声対応も出来るので実質二種類と思って良いのでは)
Category: ◆御挨拶・インデックス・本ブログの説明他  

2016年明けたらしいですな

画像1

新年明けましておめでとうございます。

実を言いますとウチは喪中であったのですが、せめてこのブログだけでも新春気分を味わいたいと思い通常モードで2016年をスタートしております(現在少々飲酒酩酊中( ^_^)/□☆□\(^_^ ))

そしてわたくし今年はついに50歳という超・大台に突入いたします。しかしながら特にそのことでブログ内容が変わったりするようなことは一切無いと思われますので(__*) 本年も引き続き宜しくお願い申し上げます。こちらをお通りになるすべての皆様にとって2016年が良い年となりますように。

あ、あとはバナー画像を正月中に更新せねば・・・

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >