archive: 2016年08月  1/1

疾風の如く二人去って行く緑の仮面

No image

ここ三ヶ月くらいあんまり家で映画を見ることが無くって(暑さで集中力が続かんかったのだろうね(~Q~;))気がついたら海外ドラマと特撮テレビばかり(あとたまに怪獣映画(^◇^;))という感じだったのだけど、そんな中少ないながらも何本かは見た映画があるので今回は纏めて感想を記しておく。「ホルテンさんの初めての冒険」・・・U-NEXTで配信されていたのを見た、ひじょーに珍しいノルウェー製の映画。話自体は簡単に言うと「定年...

  •  2
  •  0

ここで河童の大怪獣映画を撮れば良いのに

高知旅行二日目のはなし、の前に前回書きそびれた「空想特撮映画特集」の感想追記。入館したときから少し気にはなっていたのだけど、過去二回の催しでは上映の待ち時間に音楽をかけていて(主に当日上映作品のサントラや伊福部先生の名盤「SF交響ファンタジー」なんかを)それが鑑賞前の気分をぐっと盛り上げてくれていたのだ。なのに今年はそれが一切無くホールの中は人も少ないせいで妙に静かだったのが高揚していた気持ちをやや...

  •  4
  •  0

実は大魔神も登場した高知

と、言っても自主映画の中での話だけど(アマチュア8ミリ特撮の「大魔神復活」と言う映画。これを作った方は高知ご出身でその前はラドン風怪獣が高知を襲う「大怪獣ゼラン」というのも撮られていて、こちらは30年以上前に高知新聞会館で開催された「アマチュア特撮映像の世界」で上映されたのを見ている)このように何かと特撮モノにうすく(?)縁のある高知県へこの27/28日と一泊二日の夫婦旅行に行ってきた。初日の昨日は午前中家...

  •  2
  •  0

誰もいなけりゃ泣くことも出来ない

ここ数年お盆がまったくのカレンダー通りの勤務になってしまい、いわゆる「夏休み」というものが一切無かったせいでこの時期特有のざわざわしたゆるい気分(年末年始にもよく似たアレ)を今年もまったく味わうことがなかったのだけれども、それでも帰省していた旧友と飲みに行ったり飯食いに行ったりみたいな事だけは最低限出来たのだった。そのときの話の中で「シン・ゴジラ」を見た人間が私を含めて4人居たのだが、満足派が私と...

  •  8
  •  0

あの唇ですべてを許そうではないか

少々出遅れてしまったが先週8/2火曜日20時からの最終上映で「シン・ゴジラ」を見てきた。 普段から普通の人以上にカイジューだトクサツだと喧しい私が初日(7/29)に行けなかったのは残念としか言いようがないのだけど、結果的にはまあまあ良い席でゆっくり見ることが出来たので良かったなとは思っている(しかも当日は妻を伴って人生初の「夫婦50歳割引」を適用しての初鑑賞。これがシンゴジになったのはなんて自分らしいんだと(^...

  •  21
  •  2