archive: 2016年12月  1/1

塩素まみれ男ひとり

No image

◆よーやく今日から年末年始休暇に入ったというのに、我が輩は朝からエアコンと水回りの掃除をガンガンやっていたのだった。そのせいで、未だに指からカビキラーの香りが消えず( ̄。 ̄;) しかも掃除の後は帰省している友人と食事に行ったりもして帰ってきたのはついさっき。休み初日とは言いながらもあまりゆっくり過ごすことが出来なかったので、この後はだらだらとテレビでも見ながら横になろうかと思っている。そして昨日は仕事...

  •  0
  •  0

チャンス到来、転がり込んで秘密のクレクレ

なんと29日の「京都怪獣映画祭ナイト6」(開催場所:京都みなみ会館)の最終追加プログラムは「クレクレタコラ」になったとか。いや、こりゃビックリ(;゜0゜)タコラも怪獣と言えば怪獣になるのかな?(ーー;) まあ深夜の映画館でアレを大画面・大音響で見るのもなかなかあることではないし(と、言うか全国でも初の試みではないのか?)現場に行かれる方は凄まじく貴重な体験をされることになるだろう。私もガキの頃リアルタイ...

  •  12
  •  0

変えたから何がどうってワケではないのですが

No image

もう何度目かわからないがまたまた気まぐれでテンプレ変えてみた。しかし乍ら自分の中でやっぱり止めじゃと思ったり、来ていただいた方から「見づらい」「内容と合ってない」みたいな声が上がれば直ぐ戻すつもり(腰砕けで芯の無い運営スタイルなのは相変わらず( ̄。 ̄;))とにかくしばらくはコレでやってみるつもりなのでたまたま見に来て「なんじゃこりゃ(;゜ロ゜)」と思った人も引き続き御贔屓によろしくであります。...

  •  0
  •  0

無限の宇宙に星を撒け

◇前回記事の補足・・・トークショーの様子はこちらでも紹介中。それと実相寺監督と京都との関わりというのはファンならだいたいは知っていると思うのだけれども、特撮ファン的には「怪奇大作戦」”呪いの壺” “京都買います”の二大傑作でのインパクトが大だが、もともと古都に対する思い入れは強かったそうで64年の京都タワー建設時には反対する立場を取っていて、そうした運動に参加していたこともあったそうである。また1960年代に...

  •  0
  •  0

朝と夜の間に

タイトルはピーターの歌ではなく故・佐々木守さんが書いた某番組用シナリオの副題から拝借(アレは♪夜と朝の間に♪)と、言うことで10日に京都まで足を伸ばしてきた。ここ数年京都と言えば年末のみなみ会館、というのが慣例化していたのだが今年は「京都怪獣映画際ナイト」の開催日が29日になり仕事とバッティングして行くことができず、2011年の第一回以来皆勤賞を続けていた同オールナイト参戦をついに断念することになってしまっ...

  •  0
  •  0