You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Sort by 01 2017

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

おれがあいつであいつがおれで

今年初めて映画館で見た映画は妻の希望もあって「君の名は」になった。

 
徳島では昨年の夏からシネマサンシャインで公開がされていたのだが、全国的なヒットの余波がこのド田舎にも届いており、年が明けた今現在も未だ上映中。私が行ったのは正月休み1月2日の昼だったけど、ほぼ満席と言って良い状態だった。

今まで何度か本ブログでも言及してきたが我が輩は現代アニメーションにほんとに疎くて(85年以降のアニメ作品は映画テレビ問わず数えるほどしか見ていない)新海誠監督の作品も当然のように過去一本として見たことが無かったのである。そのため数日前から自宅で旧作を何本か見て(「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」「彼女と彼女の猫」)それから本作の鑑賞に臨んだわけだけど"慣らし"が効いたのか(ーー;)思っていたより50オトコの琴線にもすとんと落ちてくる好編だったと思っている。

そもそも「男女入れ替わり」というキーワード以外なんの情報も持っていなかった自分にとっていったいどんな映画なのか、内容面でやや不安もあったわけだけどこういう大がかりな話とは思ってなかったので、まずそこで気持ちよく裏をかかれた(?)気分になってしまった(二人が直ぐにコンタクトを取れない理由が"ああいうこと"だったのは素直に感心したし)

いちばんこうなったらヤだなあと思っていたのは劇中で起こる事象のエクスキューズが西洋的な魔術の影響であるとか、ゲーム世界が現実に侵食して云々みたいな事になることで、そういうのは心底カンベンして欲しかったのだ。それが土着的日本風土漂う巫女の力(そのことが全てではないにしろ、どうして三葉なのかという点での説得力は薄いながらもアリ。但し瀧の方に「何故彼なのか」という前提が不明なのは不満だが)を持ってきたのが私は面白いと感じた。

そしてこの映画はタイトル通りかつて岸惠子主演で大ヒットした同名映画(偶然にもその年(昭和29年)の観客動員では「君の名は」が「ゴジラ」を上回っており、62年経って同じ現象が起きたことになる)を下敷きにした、携帯電話以前の時代にしか成立しなかった所謂"すれちがい物"のラブストーリーに「転校生」「レディホーク」「イルマーレ」(これらは私が個人的に想起しただけで実際のところどうだったかのかは不明)と言った旧来からある様々な名作を旨く再構成した巧みなパッチワーク映画だという事を物凄く感じたのだった(未見の方はこの説明でなんとなく作風をイメージしてもらえたら良いのだけれども)

で、ちょっと話は脱線するけど新海監督の作品を続けて見てなんとなく思ったことなのだが、どれもこれもラブストーリーの体裁を保っているのにすべてのカップルが突き詰めた恋愛を放棄しているように見えたのである。両想いというのが前提にありながら男女双方が己の思い込みだけをどんどん肥大化させ「きっとこうだ」「きっとこうなのよ」的な流れをひたすら辿り、最終的にはどんどん内向きな思考に偏っていく展開がひじょうに多い気がしたのだ。

これは私の穿った見方にしか過ぎないけど、この人は何処かで恋愛に対する一歩引いた目線というか、気持ちをぶつけて受け止めてもらえないことに対する恐怖みたいなものをずっと持っている人なのかなと、そんな想像もしてしまったのだよ(と、同時に遠距離恋愛に対するあこがれと不安みたいなのもすごくあったのではないか)それが彼の実体験から来ているのかどうかは知らないが、たぶん好きな人に振り向いてもらえないときは立ち直れないほどのダメージを受けてしまうガラスのハートの持ち主なのかも。

たとえば「秒速5センチメートル」の中ではただ"会う"だけの行為にとてつもないハードルを用意して、まるでそのこと自体が最大の目的であるかのような見せ方に繋がっており(忌憚なく言ってしまうと会った後のことはオマケ扱いのような)おそらくストレートに恋が成就することよりも、そうした自我との戦いのプロセスこそが美しいと思っている人なのかなとも考えてしまった。

私が何本か見た中では相手の真意などお構いなしに自分の中だけで美化された思い出に酔うように満足している(それを心の拠り所にしているというのかな)登場人物ばかりで、少しイラッとくるところもあったのだが「君の名は」に於いてはそこがキレイに昇華される終わり方になってくれたのがよかったと思っているのである。

IMG_1714.jpg旧作同様に感情の一方通行現象は多々あるものの、設定が上手く機能してそこはかなり見やすくなっていたし、なにより私が感心したのは音楽面と映像とのシンクロ比率のすばらしさで、極端に言ってしまうとこれはもう全編が劇伴担当したRADWINPSのアニメPVと言っても良いくらいの出来の良さだったと思っているのだ。

音楽が良かったのは新海監督の過去作でも顕著だったが、そこには良く言われる実写のような美しい背景と同様、新海作品の魅力の一端を担っているように感じるのである←ストーリー的にはフラストレーションのたまった「秒速5センチメートル」なんて山崎まさよしのアニメPVと思って見返すとめっちゃ納得してしまう)

まあ、なんだかんだでそれなりにこの映画を私は気に入ってしまい(^_^;)(さすがに泣いたりはせんかったけど( ̄▽ ̄;))サントラ原作小説も買って、色々と脳内補填しながら今でも余韻を楽しんでいるところである(もし自分が一五歳の時にこれ見ていたら間違いなくアニオタになっていたでしょうなあ・・・)

あと蛇足ながらその原作の方では映画で明言しなかった思春期男子が抱く性的妄想(インスパイアされたであろう映画の一つ「転校生」が持っていた大事な要素)がサラリと軽く書かれていてみょーに可笑しかった(-∀-)
Category: ◆意外と近所の怪獣魔境=特撮/サブカル関係の話  

で、ホンマは何て言うてはるんですか??

GR.jpgAmazonプライムで数日前から「ジャイアントロボ」と「キャプテンウルトラ」が配信されている(くしくも両作品共今年で放送開始50周年)これで先行配信されていた「仮面の忍者赤影」と並びライダー以前(1960年代)の東映特撮テレビ代表作が勢揃いした形となった(あとはこれに「悪魔くん」と「忍者ハットリくん」が入ってくれば言うことはない)

定額配信サービスで特撮作品というとこれまではhuluの一人勝ちというイメージがあったのだけど(あちらはウルトラ以外の円谷作品や、ゴジラ/ガメラ/大魔神/ガッパ/ギララ等、国産怪獣映画も充実しているのだ)ここ数ヶ月でAmazonプライムに降りてきた本数がとんでもないことになっており、私が把握しているだけでも下記のような状態になっているのである。

【Amazonプライムで見られる上記以外の特撮テレビ作品】

・スーパー戦隊シリーズ(「ゴレンジャー」から「ゴーバスターズ」まで一部抜けはあるがほぼ網羅)
・ウルトラシリーズ(「マン」~「オーブ」まで一部抜けはあるがほぼ網羅)
・仮面ライダーシリーズ(「一号」~「ウィザード」まで)
・宇宙刑事シリーズ 「ギャバン」~「シャイダー」まで全作
・メタルヒーローシリーズ(「ジャスピオン」~「ビーファイターカブト」まで)

割合から言うと東映作品が圧倒的に多く、今後もいろんな物が降りてくるのではないかと期待しているところである(「大鉄人17」とか「スパイダーマン」あたりにも来て欲しい)

そして「ジャイアントロボ」と「キャプテンウルトラ」をさっそく見てみたのだけれども、どちらも視聴インターバルが二〇年以上を超えており、特に「ロボ」の方は最初にVHSのビデオソフトが(確か「傑作選」という体で順番バラバラに三話か四話分が収録されていたはず)出た83年にレンタルで見て以来なので、実に34年ぶり( ̄。 ̄;)

昭和怪獣ファンの勝手な決めつけでどうしてもこの時代の作品だと円谷>ピープロ>東映という"特撮の出来の良さ"ランキングみたいなものが出来上がっていたので、何処か見くびった意識があったような気がしていたのだが、こうしてあらためて見直すと思いの外どの特撮シーンも良く出来ていたのにたいへん驚いてしまったのである(;゜ロ゜)

後年のスーパー戦隊なんかだと合成カット一つとっても構図・遠近感はバラバラで、殆ど切り貼り状の平面的な絵を見せられたかと思うとセット自体も狭い箱庭みたいなところで積み木っぽいロボットがポコポコ殴り合ってるようなまったく巨大さを感じない印象がすごく強く、「東映のロボット特撮と言えばそんなもん」と刷り込まれていたところもあったのだけど、「ジャイアントロボ」を見ていると初回からオープンセットをフルに使い、怪獣の見せ方もちゃんと奥行きがわかるアングルを確保した形で合成が行われているのがよくわかるのだ(合成用のマスクもほとんどズレてないし建造物のミニチュアもそれなりに用意されていてロボと怪獣と闘っている場面に於いても両者がかなりの大きさであるというのはイージーにイメージ出来る)
画像1画像2

後発の東映作品で何かと言えば「ジャイアントロボ」の特撮シーンが流用されたのもなるほどなという感じで、当時としてはかなり高度な映像に挑戦していたのではないだろうか(「ロボ」の特撮監督だった矢島信夫さんもインタビュー本「矢島信夫伝」の中で「当時としては贅沢な作りだったかも」と回想しておられたくらい)

トータル二六話だから一気にはムリでも数日あれば消化出来る本数だし、このままプロ野球キャンプインまでに( ̄▽ ̄;)最後まで見てやろうかな。それとジャイアントロボといえばその口から発する独特の声が特徴的なのだが、アレは人によって聞こえ方が様々なのか漫画家の江口寿史などは自作の中にロボを登場させたときに「ま゛」と表現していたし、挿入歌である♪ジャイアントロボ・ソング♪の歌詞には「まっし」と書かれているわけで、一体どれがホントなのかは未だにワカラナイ。我が輩は自分の耳だと「んもっしゅっ」と聞こえるのだけどねー・・・

さて、それでもうひとつの「キャプテンウルトラ」の方は正直子供の頃からそんなに馴染みがなくて(「赤影」や「ジャイアントロボ」は私の住んでいる地方では再放送が頻繁にあったのに対し「キャプテン」はオンエアされた記憶がまったく無いのだ)ほとんど思い入れがない番組でもあったせいかイマイチ乗り切れず、敵のバンデル星人のあまりな可愛さ(あれはもう完全にゆるキャラですな(ーー;))につい和んでしまい( ̄。 ̄;)番組の狙いであったスペースオペラの壮大さを感じられないまま二話まで見てしまった。これもたぶん20年くらい前にレンタルで見たきりだと思うが、三話目以降はもう数話しか鑑賞しないかもしれないな。サントラは持ってたから音楽の良いのはわかっていたけど、曲の良さに全然画面がついていってないよね(__;)

このプライムのナツカシ特撮攻勢に対抗してhuluがまた同ジャンル作品を大量投入してくれるとこちらとしては思うつぼ(?)あちらは「レッドバロン」「マッハバロン」以降少しこの手がストップした状態なので、負けじと手を伸ばしてもらいたい物であります(ピープロ作品もそろそろやらんかね)

※1/28追記

上でぼんやりと補充を期待するようなことを書いたらいきなり下記の作品群がプライムへ大量に落下してきたのであった。

「人造人間キカイダー」
「キカイダー01」
「超人バロム1」
「変身忍者嵐」
「好き!好き!魔女先生」
「イナズマン」(ひとまず25話まで「F」は含まず)
「ロボット刑事」

いや~、わたしゃいったい何時に寝ればいいのかねという状態になってきましたなあ・・・・(;゜ロ゜)


Watch ジャイアントロボOP in カートゥーン  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

サカナはぼくらを待っている

年末年始に見た映画の話をそろそろ書かねばと思っていたらあっという間に年明けから20日も経ってしまった。記憶が欠片でも残っているウチにささっと鑑賞記録を残しておきましょう。

そんなわけで昨年最後に見たのは「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

どこかで誰かも書いていたけど「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフというと「イウオーク・アドベンチャー」や「エンドア/魔空の妖精」みたいなやや力の抜けた作品とか(ちなみにこの二作とも日本では劇場公開されたが元々はテレビムービー。めっちゃ偏った見方すると殆ど熊のぬいぐるみと子供が♪ハイホーハイホー♪と遊んでいただけのような印象もアリ)「クローン・ウォーズ」みたいなアニメのようによほどのSWマニアでもなければ別にムリして見ることないがなという類いのモノが多かったのだけれども、今回の「ローグ・ワン」は限りなく本線に近い番外編と言うことでかなり楽しみにして見てきたのだった。

IMG_1707.jpg全体の設定としては一作目の「スターウォーズⅣ/新たなる希望」直前の話と言うことで、「Ⅳ」冒頭で長々と流れるこの部分を(左画像参照。日本語版の方がわかりやすいと思い敢えてこちらの画面をチョイス)映像化した物となっている(本作の扱いが「エピソード3.9」という言い方になっていたのはなるほどなと思った)

そんなにめちゃめちゃ感動したわけではないし、この映画を何度も見たいかと言われると返事に困るのだが(ーー;) 面白い映画なのは間違いなく太鼓判を押せるレベル。少なくとも僕は本家のエピソードⅠ~Ⅲよりは遙かに「スターウォーズらしい」娯楽作(この基準は元祖であるエピソードⅣを指しての物)だったと思っているのである。

だいたいこうした"前日譚"だの"ビギニング"だのと言った映画の場合は物語の着地点が決まっている(オチが最初からわかっている)ためにどうしても本編の中で辻褄合わせをしなければならない宿命があるので、そうなると少しでも明るい結末で終わってくれた方が客としてはありがたいとも思っているのだ。その意味で言えば「ローグ・ワン」は悲壮な特効隊の話ではありながらもミッションを見事成功させ反乱軍に文字通り「新しい希望」をもたらしたという、ハッピーエンドの範疇で終わってくれたのが個人的にはものすごい満足感を与えてくれたワケなのである。

これが「エピソードⅠ~Ⅲ」だと6年(映画の中では15~20年くらい?)もの歳月をかけてアナキンが如何にしてダークサイドに転落していくのかを延々と見せられるわけで( ̄。 ̄;)あの可愛い子供がダース・ベイダーへと変貌を遂げたところで"END"になる鑑賞後の鬱々感というか、最後の最後でなんでこんな気分に陥らなければならないのかと言った、まるで親戚の子が年齢上昇と共にグレて逮捕されるまでの様子を再現ドラマにして見せられているような虚しさを覚えてしまうのだった(公開当時劇場を出るときの足取りの重かったこと重かったこと(ーー;)今になってこんな事言うのもどうかとは思うけど、あの前日譚シリーズは一作で一気にやった方がよかったかもしれないな)

本作はデススターの設計図を奪うという目的一点張りにして物語が構成されていることと、主人公であるジン(フェリシティ・ジョーンズ)の生涯をそれに上手く絡めたシンプルな流れになっていたのが明快なわかりやすさとして提示されており、おそらくは「スターウォーズ」を見たことが無い人でも十分に楽しめる要素のある映画だと私は思っているのである。

ROG.jpg
また、集まってくる脇役連中も各自がしっかり個性を出して埋没することが無かったのも(存在感が霧散するような事態にならないのも)良かったし、なかでも我が輩がもっとも気に入ったのはドロイドのK-2SOになるだろうか。新キャラではこいつがいちばん良かった。

最初シルエットを見たときは手塚治虫の「火の鳥」に出てくるロボット・チヒロや藤子不二雄の「21エモン」他に出てくる芋掘りロボットのゴンスケを連想してしまったのだけど、こんなにオトコマエキャラと思ってなかったので出来ることならエピソードⅧ以降もまた何かの形で登場させてくれないかと思っているくらい。

osakana.jpgあとこれは思いっきり勘違いしていたことなのだが、スカリフ攻撃にいち早く賛同して駆けつけたおさかな提督を「ジェダイの復讐」で大活躍したアクバーだと思っていたらアレって別の魚人らしいね( ̄▽ ̄;)(きっちり名前まで覚えてなかったから"ラダス提督"って言われても区別がつかなんだですわ)

特撮面ではそのスカリフの攻防シーンがとにかく良く出来ていて、宇宙空間での防御シールドを挟んだ戦闘場面なんか先に書いた「ジェダイの復讐」を何倍にもブローアップしてリアルさを増したような画面になっていたし、地上戦でもゲリラ戦を展開するローグワンのメンバーに忍び寄るスノーウォーカーの見せ方も思いっきり巨大怪獣映画のそれでこのへんはギャレス・エドワーズ監督のダテにゴジラ撮ってないよという自負のような物を感じられてスゴく気に入っている(正直エフェクトに関しては「フォースの覚醒」よりコッチのほうが好みだった)

それと驚いたのは帝国軍のモフ・ターキン総督が再登場すると聞いていたことで、既に演者のピーター・カッシングは二〇年以上前に亡くなっているのにどうするのかなと思っていたら、ソックリの俳優さんにカッシング卿のカオをデジタル合成する荒技に出たそうだ。これがまあ画面上では全然無理なく再現されていて全く違和感がなかったのだった。こんなことができるならクリストファー・リーを同じ方法でカッシングと共に復活させて「吸血鬼ドラキュラ」の新作をディズニーに作ってもらいたいと思ってしまったよ(__;)

ともかく「番外編」とか「スピンオフ」と言う言葉の意味が殆ど感じられないスターウォーズの本流にどっぷりと乗った映画がこの「ローグワン」であると、素直にそう感じた次第であります。

それから私がこの映画を見た2016/12/29というのはレイア役のキャリー・フィッシャーが亡くなった二日後でもありました(スターウォーズ以外だと「ブルース・ブラザーズ」での快演が私は一番印象に残っている。実はああいう軽いコメディの方が合っていた女優さんだったのかもしれない)遅まきながらではありますが謹んでご冥福をお祈りいたします、合掌(-人-)

Category: ◆テレビ・ストーカーSeason2=いろんなTV番組を見た話  

できることならMCUに混ぜてください

IMG_1708.jpg地上波のドラマを一切見なくなって久しいが(高視聴率番組だった「真田丸」も「逃げ恥」もまったく見たことが無い(ーー;))このたび我が輩の三〇年以上前からの愛読書である藤子・F・不二雄さんの「中年スーパーマン左江内氏」(左写真参照)がドラマ化されるとあって、もうかなり楽しみに昨日のオンエアを待っていたのである(テレビ版のタイトルは「スーパーサラリーマン左江内氏」

年末に番宣が流れていたときから主演が堤真一で妻役が小泉今日子という原作より美男美女を揃えていたのはわかっていたし、テレビ用に多少「華」をプラスする必要はあると思っていたので特に問題があるとも感じなかった。また、演出が「HK変態仮面」「勇者ヨシヒコ」シリーズ等の変化球ヒーロー物で実績のある福田雄一だったことも期待値を上げる要素になっていたのだった。

あ~、それなのにそれなのに、私は視聴から一晩経った今でもこの番組に対する怒りが収まら無い状態が続いているのである(*`皿´*)ノ

元々私自身は古い漫画の実写化というモノに対してアレはダメこれはイカン、みたいな無用な制限やイメージの押しつけなどはしたくなかったし、それなりのアレンジを施しながらテレビドラマならではの面白さを前面に出して勝負すれば良いと思っていたのだけれども、ここまでイジりすぎるともはや原型をとどめているとは言い難く、スーパースーツのデザイン以外どこに共通項があるのかと言いたくなってしまった。

全編が「すべり笑い」のノリで統一されているのは福田監督いつものパターンなのである程度外し気味の演出になっているのは許せるのだけど、デフォルメが極端すぎてドラマが終盤になればなるほどどんどん笑えなくなってくる逆効果も生んでしまい(見ているとイライラするだけの賀来賢人とか、"小池さん"を名乗るならなんでアフロのズラ被ってでも出てこなかったのか(ここは言いがかり気味ですが(ーー;))理解に苦しむムロツヨシとか、このへんのドラマ版オリジナルのキャラが私には邪魔に映ってどうしようもなかった)しかも拡大版と銘打った初回の展開がなんのカタルシスを生むこともなくグダグダなまま終わってしまったのもどうなんだと(学校に籠城した暴漢と左江内氏との対決がとにかくサムい{{ (>_<) }} 我ながらよくチャンネルを変えなかったなと自分を褒めてやりたくなった)

IMG_1709.jpg最低限私が遵守してもらいたかったのはホントに一点だけで、荒唐無稽なスーパースーツの存在以外は至って普通なサラリーマンの日常を現代ドラマなりの楽しさで綴ってほしかったという、ただそれだけなのである。

たとえば参考画像にアップした右のコマのようにヒーロー活劇の流れの中で突然小市民的な言動がバンバン出てくるミスマッチな面白さという(気がせくまま割ったガラスの修理代を真剣に心配するスーパーヒーローなんて彼くらいのモノだろう)この漫画の魅力の根幹たるココだけは大事に扱ってほしかったのだ。今回はそれをまったく感じる事が出来なかったのがこのドラマに対する落胆と怒りを生んでしまった気がしている。

まだ一回目なので次週以降どう転がっていくのか、もうしばらく辛抱して付き合ってみようかとは思っているが、せっかくこの原作を選んだのならその意義を多少なりとも感じられる作りにしていってもらいたいものだ。

現状だと別段原作があろうが無かろうがぜんぜん関係の無いオリジナル作品のような風情になっているわけで、この状態が数話続くならいっそクレジットから原作名を引き上げるくらいのことをしてもいいのではないのか(藤子プロもこれでよくOKを出したよな( ̄。 ̄;))

もっともこの文句は原作漫画を好きな私のような輩サイドからの意見なので、そちらを知らずこれを見たら面白いと感じる人が居るかもしれない。そうした一見さん的世間の反響等はまだわかんないけど、私は根本的な問題としてやはり土曜日21時のドラマの生理には合ってない原作だったんじゃないかと感じているのだ(アイドルの子を起用した「エスパー魔美」にしてみるとか、同じくアイドル男女二人組で「タイムパトロールぼん」とか、もっと向いている題材もあったのに)これがたとえばテレ東深夜枠だったらもう少しオトナ向けでなんとかなったんじゃ無いかと今更ながら物凄く残念な思いに駆られているのである。

ムリだと思うけどせめて最終回だけは原作通りにやってくれたら良いのだが(または"アイツ"の某ヒーロー仲間を全員出してみるとか・・・)最後にもう一言、空飛ぶときは猫背で立ったままみたいなブサイクな格好は止めて、きっちりスーパーマン型の飛行をしろよと言わせていただきたい。
 
Category: ◆御挨拶・インデックス・本ブログの説明他  

2017年 新年明けましておめでとうございます

2017_20170101003012c01.jpg

新年明けましておめでとうございます。

2017年って確か「ウルトラマンダイナ」の中で謎の生命体スフィアが襲来する年だったと記憶しておりますが他になんかありましたっけ??(そういえば今年「ダイナ」が放送開始20周年、「セブン」が50周年と特撮系のメモリアルイヤーは未だ続行中)

こういうご挨拶をこのブログ上で書くのも8回目になり(FC2に移ってきて9年目になりますか)我ながら長いことやってるなと実感しているところであります。いつまで続くのかはわかりませんがこれからも老体に鞭打ち、ひたすら好きなことだけをだらだらと呟き続けたいと思っています。

こちらをお通りになるすべての方々、あらためまして本年も宜しくお願い申し上げますm(._.)m
2017年も皆様にとって素晴らしい年となりますように ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >