archive: 2017年07月  1/1

今年の文月は想い出を残して過ぎてゆく

◇今年の7月は自分にとって長年お馴染みだった方々が一気に三人もお亡くなりになってしまうという、たいへん寂しい一ヶ月になってしまった。その一人目はタレントの砂川啓介さん。昭和特撮ファンからすればなんと言っても「超人バロム1」の熱血キャラ・松叔父役が印象的で、ある意味オトナサイドの主役(本当の主役は猛と健太郎という子供二人だけなので)と言っても良い存在だった。二人目はホラー映画界の大巨匠・ジョージ・A・...

  •  2
  •  0

私が新マンにホレた理由(わけ)

この記事に書いたとおり22日の土曜日からCSチャンネル・ファミリー劇場で「帰ってきたウルトラマン・HDリマスター版」の放送がスタートした。当日は仕事だったので夜に録画していたのを見たのだけど、画質は数年前にwowowで放送された物と変わらぬクリアぶり(確証は無いけど同じ放送マスターではないのかな)BS放送のwowowとCS放送のファミリー劇場だと多少違いがあるのかもしれないけど、我が輩の老いた眼ではその差などはまっ...

  •  10
  •  0

コンピューター、コンピューター、ぼくを高知県に連れていけ

昨年の客入りがあまり良くなかったので今年はどうだろうと心配していた高知県立美術館の特撮映画特集上映が四年連続で無事開催されることになった。主催側で前回のラインナップ(「キングコングの逆襲」「宇宙大怪獣ドゴラ」「地球防衛軍」「宇宙大戦争」)があまりに渋かったのを反省したのかどうかはわからないが( ̄。 ̄;)今回は賑やかなゴジラ映画ばかりで4本。その詳細は右画像にも書いてあるけれども文字が小さいのであらため...

  •  8
  •  0

納涼アラフィフオタソンまつり報告

No image

先週の14日、高松にて旧友との飲み会があり、我が輩仕事終わりで参加してきたのだが宴の最後はいつもの如くカラオケボックスでの大熱唱大会となってしまっていた。メンバーは若い頃いっしょに自主映画をやっていた連中ばかりで、某大手電機メーカー勤務(51歳)と某大手電力会社勤務(51歳)そして徳島の零細企業スーパーブルーカラー・ポンコツ社員である我が輩の計三名(そういえば当日は50歳だったけど今日で51歳になってしまいまし...

  •  8
  •  0

1980年代、すでに徳島県ではワープロソフト・一太郎が販売されていた

少し前の話だけどまあまあの値段だった「謎の円盤UFO 完全資料集成」をちょっとムリして( ̄。 ̄;)買った。※「謎の円盤UFO」とは??大判横長サイズで約二百ページほどの内容だが、スーパーメカのデザイン画であるとかバックステージの写真であるとか、今まで見たことのないモノが多数収録されていて値段なりの満足度はかなり高かったと思っている。元々この「謎の円盤UFO」という番組は我が輩の年齢的にそれほど思い入れがあ...

  •  2
  •  0