FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 05 2018

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

これはヒーロー版の「ヒルストリート・ブルース」だったのだろうか??

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見てきたはなし。

と、言ってもコレGW期間中の事なので見てきてからだいぶ日が経っているのだけど、ようやく五月病(50過ぎていつまでそんなことを言っているのか??というお叱りの声も無く( ̄▽ ̄;))も治まってきたのでそろそろ書いておこうかなと思った次第である。

耳に入れる気がなくてもこのシリーズに関してはいろんな所から事前情報が流れてくるため、今回もこれが二部構成の映画であくまでも「前編」であるというのはわかった上で見に行っていたのだが如何せん続きの「後編」が一年も後になるとは思って無かったので、正直こんなほったらかしのクリフハンガー勘弁してくれよとも言いたくなってしまった( ̄。 ̄;) しかし乍ら映画としては過去のどのMCU作品よりわかりやすくて見所の多い良作だったように思えたのだった。

そもそもMCUの中でもこの「アベンジャーズ」に関して私は以前から高校野球の全国大会みたいな物だと思っていて、各代表(ヒーロー)が一瞬でもキラリと輝く場面があれば多少無理なストーリーになろうとももうそれで成立するモノだと考えていたのである(以前も書いたけど従って各単体作品はそれぞれ県予選を勝ち上がってもらわないといけけない、これ即ちより深く切り込んだストーリーになってもらいたいということでもあるわけで)

じっさい「アベンジャーズ」「同・エイジ・オブ・ウルトロン」そして系列的には単体作品では無くこちらに近かった「シビルウォー・キャプテンアメリカ」等では群雄割拠とは言いながらも最後まで1グループ内での出来事を追いかけた或る意味平板な物語だったのに対して今回の「IW」だと最強ヴィランであるサノスを軸にした群像劇になっていたわけで、ここが大きく違っていたと私には思えたのであった。

いままでのアベンジャーズが「とりあえず(ーー;)集うことに意義がある」に徹した作りだったことを考えると、「第一部・完」へ向けて物語が終息に向かいだした今作では各ヒーロー(主に初期メンバーのアイアンマン・ハルク・ソー・キャップ)をそれぞれの場所で均等に描くことによって全体のバランスを取り、それはそれは見事に次作への興味として期待を残す結果にもなっていたとも思うのである。

この大量人数のヒーローストーリー(アントマンとホークアイだけは今回出てなかったけど、まあたぶん何か意味があるのだろうなあ・・・)をよくぞここまで旨く纏めたな、と書けばなんとも簡単な言い方になってしまうのだけど、これはホントにスゴいことだと感じたし、なるほど二部構成でたっぷり時間が取れたからこそ出来たことなのかと、映画を見終わってから激しくナットクしたのだった。

上で↑「第一部・完」と書いたけど、おそらく次の「アベンジャーズ」で初期メンバーは殆ど卒業し、今後は残ったメンバーとこれから出てくるであろう新ヒーロー達によって新しい"アベンジャーズ・ネクストジェネレーション"が展開されるハズなのである。その中心人物がスパイダーマンなのかスター・ロードなのかはわからんけど、オッサン映画ファンとしては正直何処までついて行けるのか(~_~;)些か不安も感じてはおるのだが・・・(と、なんだかんだ言いながらあと最低10年くらいは見に行ってるような気もするなー)

最後に次の「アベンジャーズ・とりあえずいったん完結編」で私がもっとも期待しているのは、何処でも良いしカメオ出演でも良いからとにかくコールソン(クラーク・グレッグ)を出して貰いたいこと。このシリーズ序盤最大の功労者でもあった彼の生存をなんとかトニー達初期メンバーに伝えてほしいと、我が輩はそれを切に願っているのであります(時代設定が90年代の「キャプテン・マーベル」には若作りして(?)出てくるそうですが)

 

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >