FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 09 2018

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

頭脳と体力の限りを尽くして見たつもりだが

28日の水曜日に「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を見てきた。

今までこのシリーズは前作「ローグ・ネイション」を除いて全部見ていて、そのすべては独立した物語になっていたので前作は見ていなくとも大丈夫だろうと今回も安心しきって劇場へ来てみたのだけど、鑑賞済みの人であれば既におわかりだと思うがこれが完璧な前作の後日談として描かれていたのであった( ̄。 ̄;) 

いやもう完全に失敗したなと思ったモノのどうしようもないのでなんとか前回の設定を想像しながら見ることにしたのだが、まあとりあえず最低限のストーリーを追いかけることは出来たのではないかという感じだった。

しかしミスったなあ。「ローグ・ネイション」はちょっと前にスターチャンネルの無料月にオンエアがあったのを録画していたし、AmazonのPrime見放題ラインナップにも入っていたから、いつでも見ようと思えば見られたものをなんて迂闊だったのかと猛省してしまったよ。

それでこのMIシリーズと言うのは毎回監督の個性が前面に出ていて同一連作の趣があまり存在しない、それぞれ独立したアンソロジーの形になっているのが魅力だと思っていたのだけれども最新作の「フォールアウト」にはあまりそうした物が感じられず、しかもスパイアクション映画と言うよりは寧ろジャッキー・チェンの主演作や「ワイルド・スピード」系の作品に近い肉弾戦とカーチェイスの連打で構成されていたために、どこか冗長で飽きが来る気分を生んでいたような気がしているのである。

本来であればアクションに付随したスパイ小道具をもっと使って、それこそロジャー・ムーア時代の007みたいなノリをもっと見せてくれても良かったハズなのに(私が見た過去四作にはそれらを多少なりとも見せ場に使うという演出をされていたし)それが殆ど無かったのがわたしは物足りなかった。

あと強奪された三個の原爆を巡る展開についても本編中でこれらが「今誰が持っていて何処にある」という説明を全然してくんないので、最後に「ああなる」事が最後までよくわからなかったのである(「え!?(゜Д゜;)いつの間にそんなことになってんの?的な。これはYahoo!知恵袋にも私と同じような疑問符を持った人が質問をアップしていたけど、まったくあの人の意見に同感でしたわ←ネタバレ質問なんでリンクは張っていない。知りたい人はそれっぽいキーワードを並べてググってみてください)

で、それ以上にわたしが本作中で気になったのはトム・クルーズの老化と覇気のなさだった。毎回の売りになっている「トムの観光地全力疾走および大ジャンプ!とんでもない高所でわおー!!( ̄□ ̄;)!!」(一部の人には"笑い処"としても好評)は今作でもしっかり描かれているが、どうもさすがにかなり無理してるんじゃないの?という風に見えて仕方が無かったのである。

このイーサン・ハントの役もかれこれ20年続けているし、彼もそろそろ還暦に近づいている事(公称では現在56歳)を考えると、トム・クルーズを主演にしたこのシリーズは潮時に来てるんじゃないのかとも思えてしまった(私個人はたとえばトムをIMFの偉いさんに仕立て上げて別の若い役者をイーサンのポジションで起用してみるのも面白いと思うのだが)

本家の「スパイ大作戦」だって細かいメンバーチェンジは頻繁にあったわけだから(番組の顔だったフェルプス役のピーター・グレイブスも二代目のリーダーだったし)そういうことがあってもいいと我が輩は思うのだけどね(上では↑「若い人に」なんて書いたけど、次作はいっそベンジー役のサイモン・ペッグを主役にしてみてはどうだろうか。絶対無い話だとは思うけど( ̄▽ ̄;))

なんせとりあえずとっとと「ローグ・ネイション」を見てしまわないと、気分的に完結することができないですわね(__;)

最後に蛇足的追記ながら本作はテレビシリーズ「スパイ大作戦」でラロ・シフリンが書いたスコアを例のOPテーマ曲以外にも何曲か流用していて、個人的に好きだった毎回の活動開始と締めのシーンに使われていた♪たー、たらー、た、たったらー♪(サントラの曲名は"The Plot")もBGMになっていたのはけっこう嬉しかった。この点は雰囲気アップにかなり貢献していて良かったと思っている。


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >