FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 10 2018

Category: ◆映画は六畳間の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

そういえば「BTTF」ドクの声もこの人だったっけ

hozumi.jpg今頃遅いよと言われそうだが俳優の穂積隆信さんが10/19にお亡くなりになったそうである。  

・スポーツ報知~穂積隆信さん、死の直前まで借金返済 激動人生「最期は静かに」
・デイリースポーツ~穂積隆信さん死去

世間一般的には「積木くずし」の原作者か、或いは青春ドラマのイヤミな教頭先生役(「ツカモトくんツカモトくん」って昔よくマネしたな~←ツカモトってのは教頭の腰巾着役だった柳生博さんのこと)で知られている方だと思うのだけど、我々(って、誰と誰やねん(;´Д`))特撮・映画ファンからすればテレビで放送された映画の吹き替えだったり、「マグマ大使」「ウルトラQ」「ウルトラセブン」のゲストだったりで(特にセブンの「狙われた街」に於ける刑事役のハマリ具合は素晴らしかった←左写真がその時の物)忘れられない存在の方でもあるのだ。

中でも我が輩はやはり声優としての穂積さんが一番ぴんと来るというか、自分の好きな映画や海外ドラマのアテレコを相当数やって居られたと言うこともあってのことだが、今ざっと思い浮かぶだけでも_

○「激突!」のデニス・ウィーバー・・・追いつめられて切羽詰まった感じの声がとてもリアルで、これは本人の声よりぜったい上手かったと思うのだ(あんまり出演者がいないのでこの吹き替え版は殆ど穗積さんの朗読劇に近いノリもあったし)→BSチャンネルのシネフィルWOWOWで来月この吹替版放送あり

○「ゴッドファーザー」のジェイムズ・カーン・・・「トム、どうしてくれるんだい、坊やがその気になっちまったじゃねえか」って台詞がすごく好きだった(新録の谷口節バージョンだと「感情に走ってるのはよっぽどコイツの方だぜ」と訳されていたがこの人の声だとやや上品に聞こえてしまう)マフィアの幹部でありながら人間味のあるソニー役を心から楽しんでいたようにも感じたなあ。

○「スピード」のデニス・ホッパー・・・ちょうど今月シネフィルWOWOWの吹き替え枠で放送予定があったのでタイミングが良いと言うと不謹慎だが、キアヌ役の山寺宏一との掛け合いは原語版以上に"ザ・善玉VSザ・悪玉"の趣が強くて楽しかった。

○英国TVドラマ「謎の円盤UFO」のジャクソン医師・・・S.H.A.D.O.諜報部リーダーであるダグ・ジャクソン役(「007/ロシアより愛をこめて」でスペクターの一員として登場するヴラディク・シェイバル)を普段よりトーンを落とした怪しげな声で快演し、第2話「シャドー秘密指令」と第23話「フォスター大佐死刑」では裏主役とも言える存在感を発揮。

で、今唐突に思い出したのだけどトム・セレックの「ミスター・ベースボール」にもドラゴンズのエライさんとして出演していたな。ハリウッド映画だからわかりやすい日本の悪人顔が求められたのだろうけど、あれも上手かったですわ。

巷間漏れ聞こえてきた伝聞や書物等によれば氏の人生は彼の出演してきた映画やドラマ以上に劇的で激しい物だったと言われているが、俳優・声優としてもホントにインパクトのある個性的なタレントさんだったと私は思っているのである。

ここに長きにわたり楽しませて貰った視聴者の1人として心からご冥福をお祈りしたいと思います、合掌(‐人‐)

 


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >