FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりとゆるく綴るブログ

Sort by 11 2018

Category: ◆不定期で乗っかかるいろんなベストテン話  

映画の中の映画たち10本

そんなわけで前回エントリーした「映画映画ベストテン」についての補足および投票理由。

1位:「カメラを止めるな!」

このジャンルの映画としては近々に見たばかりというアドバンテージはやはり強く、どうしてもこれを外すことはできなかった。

おそらくこのベストテンに投票するほかの方たちも1位じゃなくともどこかには入れ込んでくるとは思うのだけど、私がベタに一位でエントリーさせてもらったのは鑑賞後の気分が自分の中で本当に穏やかになっていたことを自覚していたからで、映画を見に来てそんな気持ちになったことが久しくなかったという感動があったからでもある。

そしてこの映画の面白さは決して奇をてらったアイディアや小ネタありきだけで成立しているわけではない、映画作りの末端にいる人たちの人情劇という誰しもが感情移入しやすい物語上のコアが存在していたからだと私は思っているのだ。※鑑賞時の当ブログレビュー

2位:「マチネー/土曜の午後はキッスで始まる」

実在する映画監督のウィリアム・キャッスル(今にして思えば4DXの元祖みたいなことをやっていた人でもあるワケで、その先見の明は実に素晴らしい)のエピソードを下敷きにしたこれぞ王道の「映画映画」ではないかと言いたくなるジョー・ダンテ監督の傑作。

我が輩「カメ止め」がなかったらこれを一位にするつもりだった。キューバ危機のさなかにいた少年が映画に逃避していくなんてのは調べたわけじゃないけどダンテ監督の実体験だったのではと感じるほどその描写は生々しい。

それが最後には清々いほどの大団円になっていくのは「カメ止め」にも共通する気持ちよさがあったし、草食系男子の青春映画として見ても共感要素あり。それと劇中劇である「MANT!」が50-60年代的怪獣映画を忠実に再現しているのも良いのだ。

3位:「トゥルーマン・ショー」

俺の人生って実は誰かが書いた台本の上をなぞっているだけじゃないのか?みたいな昔からよくある中二病ストーリー。以前読んだ手塚治虫の短編にもよく似た話はあったけど、半ば人体実験みたいな事されてきた主人公がちっとも不幸に見えないところが映画としてはよくできているなと思えたのだよ。

4位:「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」

吸血鬼の映画を撮るなら役者ではなくホンモノを出せばよいじゃないかというなんとも超短絡的発想な話ではあるのだが(水木しげる先生の妖怪漫画でありそうな展開)下手したら寒いコントになりかねない要素がある中をジョン・マルコヴィッチとウィリアム・デフォーの怪演だけで乗り切った珍しいブラックコメディ。怪物(吸血鬼)より人間(映画監督)の方がコワイよっていうシニカルな目線もあるのが面白かったのである。

5位:「エルム街の悪夢・ザ・リアルナイトメア」

これもわかりやすい「映画映画」だけど、シリーズをずっと見てきたファンであればメイキングとスタッフ・役者の同窓会とイベント用のスペシャルムービーをセットにして見ているような気分になれる不思議なホラー映画だった(ここにジョニー・デップが出てくれればもっとよかったのだけどねー)

6位:「くそガキの告白」

監督の鈴木太一と主演の今野浩喜が完全に同一化して自分語りをしているような映画映画+映画監督映画。中でも心に響いたのはブサメンでまともな恋愛をしたことのない男がカメラを通さないと相手に気持ちを伝えることができないという描写で、ここはホントに切ない気分が画面からびんびん伝わってくるのである(ヒロインの田代さやかもこの映画に限っては実に魅力的)

7位:「フライトナイト」

怪奇映画のスター(ロディ・マクドウォールと言うキャスティングの妙が見事)が現実の世界でも吸血鬼退治を行うという、そこのみが今回の選定理由。私にとってはキャラ(ヒロインのアマンダ・ビアースが純情田舎娘から吸血美女に転身するそのギャップが良いのだ)・当時の最先端アナログ特撮・主題歌と好みのツボが満載で今でも年に一回は見返す映画となっている。

8位:「SUPER 8/スーパーエイト」

同じような話なら同時期に公開のあった「宇宙人ポール」のほうが出来は良かったと思うけど、こちらは劇中で主役グループが撮っていたゾンビ映画のダイジェスト版を最後になって見られるのがとても良かったのだ。あの8ミリ自主映画の場面は一度でも映画作りの経験ある者なら皆うんうんと頷くポイントでもある。

9位:「カイロの紫のバラ」

基本むかしのウディ・アレンの映画って見る者を選別されているようなある種のスノッブな空気を感じてしまい、私のような下衆的好みの映画ファンからするとそれまでは肌に合わない事が多かったのだけどこの映画だけは例外だった(ここからちょっとこの人を好きになったような気はしたな。最近も「ミッドナイト・イン・パリ」が良かったし)

10位:「グレムリン2 新・種・誕・生」

まさかのダンテ監督ランクイン2本目。スピルバーグ色の強かった1作目と比べたらこちらのほうがやりたい放題やってる感じがして「ばかばかしくてしょーもないけど楽しい」成分は濃厚。本編上映中に突然フィルムが燃えだし(と、いう演出上の見せ方)それがグレムリンの仕業であるなんてのもそうだし、ハルク・ホーガンに説教されて(°°;)いたずらをやめるのもデタラメの極みだが、こういうのも私は嫌いではない。

と、いうことでこのたびはこういう事になったのだけど、いただいたコメントやほかの方の投票作品を見ていると「マイク・ザ・ウィザード」「桐島部活やめるってよ」「ブギーナイツ」「エド・ウッド」「女優霊」「死亡遊戯」あたりはなるほどなと、ひじょうに納得のいくタイトルが並んでいたので、もっと吟味すれば良かったと思ってしまった。我が輩もしあと一作追加できるなら「東京湾炎上」も入れたかったですなあ・・・

Category: ◆不定期で乗っかかるいろんなベストテン話  

2018年・映画映画ベストテンに参加してみました

年に二度のお楽しみだったwashburn1975さん主催の「映画ベストテン」がはてなダイアリー上でのラスト開催となった。はてなダイアリー終了→はてなブログへのサービス運用移行(部外者からすると何がどう変わるのかよくはわかってないのだけどね(ーー;))に伴う一時的な措置ではあるけれども、来年からはきっとwashburn1975さんの新居にてこの告知が行われていることだろう。

そんな2018年掉尾を飾るお題は「映画映画ベストテン」である。

※参加しようかとお考えの方はこちらをご参照くださいませ。

ちなみに今回の「映画映画」とは次の条件を指している→"映画についての映画、映画がテーマの映画。映画俳優や監督、映画スタッフや映画ファンが主人公の映画。映画館を舞台にした映画。映画製作にまつわるドキュメンタリーやメイキングなどなど"

いやもうこれは完全に「カメ止め」余波というか、まるでこれが一位になるための企画ではないのかと思ってしまうようなヾ(・∀・;)或る意味タイムリーなテーマにもなっているようだ。また、こういう「メタ映画」ジャンルってそれほど選択肢があるわけではないので、たぶん投票被りが出まくるんじゃないかという気もするのだが、例によって例の如くスカスカでカスカスの脳を穿り一〇本を捻りだしてみた。



一位「カメラを止めるな!」(2017-18年 監督:上田慎一郎/主演:濱津隆之)
二位「マチネー/土曜の午後はキッスで始まる」(1993年 監督:ジョー・ダンテ/主演:ジョン・グッドマン)
三位「トゥルーマン・ショー」(1998年 監督:ピーター・ウィアー/主演:ジム・キャリー)
四位「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」(2001年 監督:E・エリアス・マーヒッジ/主演:ジョン・マルコヴィッチ)
五位「エルム街の悪夢・ザ・リアルナイトメア」(1994年 監督:ウェス・クレイヴン/主演:ロバート・イングランド)
六位「くそガキの告白」(2012年 監督:鈴木太一/主演:今野浩喜)
七位「フライトナイト」(1985年 監督:トム・ホランド/主演:クリス・サランドン)
八位「SUPER 8/スーパーエイト」(2011年 監督:J・J・エイブラムス/主演:ジョエル・コートニー)
九位「カイロの紫のバラ」(1986年 監督:ウディ・アレン/主演:ミア・ファロー)
十位「グレムリン2 新・種・誕・生」(1990年 監督:ジョー・ダンテ/主演:ザック・ギャリガン)



厳密にチェックすればこのうち二つくらいはルール違反になっているかもしれないけど(ーー;)いちおうこれでエントリーさせて頂きます。投票理由は後日改めて。

ホントは特撮ファン的には「ウルトラマンをつくった男たち・星の林に月の舟」「私が愛したウルトラセブン」を入れたかったのだが、テレビドラマは除外と言うことで残念ながらハブられてしまった。NHKでやっていた星野源の「私が初めて創ったドラマ-怪獣を呼ぶ男」という単発ドラマも良かったのだがなあ・・・

※締め切りは12月16日(日)深夜24時までということなので興味ある方は参加してみてください。

 
Category: ◆ネット地獄で漢をみがけ=エッセイもどき  

「○月○日、ブログを開設したのはキサマか?!」→「ちがう!オレはその日徳島でさぬきうどんを食っていたんだ!」

先日お仲間のトガジンさんがブログ開設二周年と言うことでお祝いコメントを書かせて頂いたのだが、その後でふと自分のブログ開設日はいつだったっけ?と、気になって記憶を紐解いてみた。

顧みると我が輩がこのFC2でブログを始めたのは確か2009年の9月からで、そういう意味では先々月が「開設記念月」に当たるはずなのだが、その経緯はけっこうめんどくさい話しで(ーー;)じつは大きな声で「○年○月○日からスタートした!」とは言えない形にもなっていたのであった。

ブログそのものについてはもともと2004年から楽天でブログをやっていたのだが、使い勝手が年々悪くなって途中でイヤになってしまい(現役楽天ブロガーの方にはたいへん恐縮ですが( ̄。 ̄;))引越を考えるようになってしまっていた。で、せっかくだしいろんな他ブログサービスを覗いていちばん使いやすいところに移ろうと思っていたので楽天を続けながら最終的には映画・特撮関連の話しをFC2へ、野球やプロレスの話しはgooへ、身辺雑記はヤプログ!へと棲み分けをして(と、同時に楽天のミラーサイトとしての運用も兼ねていた)平行運用をしていたのだった(ココで言えばミラーサイトとして産声を上げたのが2009年の9月ということになる)

その後楽天を完全閉鎖して各ブログを独自運用するようになったのが2011年の10月なので、FC2側で本格的にやり出したのはこの時期となるのだ。したがって開設は2009年9月だが本格運用は2011年10月からとひじょーにわかりにくい始まり方となっているために(しかもデータ移行した記事が2005年の分からあるのがよけいややこしいという(__*))自分の中では本ブログの記念日認定が出来なくなっているのである(アクセスカウンター設置が2012年の正月からになっているのはそのため)いっそのこと楽天時代のデータは消してしまおうかなと思ったこともあるけど、そのとき頂いたコメントが残っていたのでなんとなくそれも忍びないなと感じてけっきょくはそのまま(何処かのタイミングで「楽天過去ログ」みたいな名前のカテゴリを追加して纏めた方が良いような気はするなー・・・)

そして分派したブログだが、ついに先日野球ブログを書いていたgooの更新を止め、身辺雑記用のヤプログ!に統一することにした。やっぱりなんでも「第三の存在」というのは扱いが雑になったり存在感が薄くなったりで(カプセル怪獣で言えばアギラみたいなもんだ)あまりよろしくなかったのである。やり出した頃のイメージだと月間更新ペースをヤプログ!で10~15、FC2で5~10、gooで3~6程度を考えていて、こことヤプログ!はだいたいその通りになっているのだがgooは月どころか年10回くらいしか更新がなく( ̄。 ̄;)こらアカンなという感じだったのだ(当然遊びに来ていただける同好の方もほぼいないという状況だったし)

いろいろ野球ブログで賑わっているべつの所も探してみたけど、今はみんななんJとかヤフコメとかツイッター等、割とたくさんの人が短文で書いている場所に集まっているようで、我が輩みたいにだらだらと長い独り言みたいな事書く野球系ブロガーは減っているのではないかという気がしたのも撤退した要因だった。

まあそういうことなんで(?)このブログはとりあえず先月で正式運用開始から暫定でまる7年、今日からの11月で8年目に突入する(と、いうことにしておきましょう(~_~;))この7年の間にいろんな方とお知り合いになれたのはとても嬉しくありがたいことでもあったけど、同時にブログを止めてしまった人、更新が止まった人とのお別れはたいへん寂しいものがあったが、ここでブログをやってなければ私のような田舎者が全国津々浦々の(それも同じような趣味を持った)方々と触れ合えることは出来なかったわけで、こういうツールがこの年になってある種の励みや生き甲斐になっていることに感謝しなければならないと、今回はわりとマジメにそう思っているのである(普段からもっとマジメなことを書いておけばより説得力があったろうになー・・・)

とりあえず現状では今後も己のボケ防止の意味合いも含めて( ̄。 ̄;)残った二つのブログをマイペースで続けていこうとゆるく決意中であります。今まで一度でもこちらへ来ていただいたことのあるすべての皆様、何年経っても端から端までしょーもないことしか書いてないブログではありますが、これからも引き続き宜しくお願いいたします


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >