においが君を変えるのか

「パフューム~ある人殺しの物語」を見た。

公式
映画生活
eiga.com



いやー、なんかとっても変わった奇妙な物を見せられたような感じ(__;)最初は不幸な生い立ちの主人公が特殊能力(コレも「なんでやねん!」と言いたくなるような常軌を逸したレベルの力)をフルに使って狂気の芸術へひた走る物語かと思っていたのだが(わかりやすく言えば「羊たちの沈黙」みたいな)全く以てそうではなかった。

むしろ大人の御伽噺というか、寓話的な話だったのかという印象の方が強く残ってしまった(きっと二十年前ならテリー・ギリアムがこんな映画撮ったかもしれない)映像や演出はけっこう重厚で重いのに、妙なタイミングでツッコミどころが出現したり(「彼には体臭がないから人々は存在に気がつかない」ってあれは言うたモン勝ちの世界にムリヤリワシらを招き入れとるぞ(^_^;))終盤の絞首刑会場からラストシーンまでの流れはあまりにも予測不可能であっけにとられてしまった。

しかし個人的な結論を言わせてもらえば、これは見ておいて損はない映画だ。人に「どんな映画や」って紹介するときにホントに困る多面的な魅力(冒頭のビックリするようなエログロの連発からは想像しがたい流れ)を持った映画だったとワシは思う。


関連記事

2 Comments

playt*  

私も観ました。

はじめの映像がグロイのにびっくりしましたー。

2007/03/16 (Fri) 21:07 | EDIT | REPLY |   

しろくろショウ  

Re:私も観ました。(03/13)

すごかったですねー・・・(__;)



しかしあの「悪臭にさいなまれた街」の描写はある意味秀逸でした(こちらに臭ってきそうなくらい)

2007/03/18 (Sun) 18:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment