あえてジッソー風

録画していた「怪奇大作戦セカンドファイル」第二話”昭和幻燈小路”を見る。

東京下町で原因不明の電波障害が発生、住民157名が行方不明になる。 事件を追うSRIの牧たちは、過去と現在が渾然一体となった不思議な空間に迷い込み、やがて・・・(上記リンク参照)

初回の時も思ったけど、今回も悪くはない。悪くはないが、なんちゅうかネタのチョイスとしてはどうなのかなという疑問は残った。たった三回しかないこのシリーズの中にこの手合いのアイディアを入れるというのは、登場人物のバックボーンや時代設定なんかのムードがこちらに伝わりきってない中ではドラマとして明らかに弱い(牧の父親のエピソード部分がそれを余計ピントのぼけた物にしてしまったきらいはあったかも)

むしろこれは番外編「追悼・実相時昭雄作品」として別に放送されるべき物ではなかったのかなと言う感じがしてしかたなかったなあ(作り手の方が視聴者ではなく故・実相寺監督のほうに向いていたような感じもあった)氏の「撮りそうな絵」「好きそうなアングル」がやたら出てきたのも多分にそういう印象を与えた原因かもしれない。

しかしもう次で終わるのか。役者にも慣れてきたしこのままあと20回くらいやってくれたらイイのに・・・


関連記事

0 Comments

Leave a comment