Remember BrainDead

月一恒例平日有給取得。今日も今日とて映画通い(「クレクレタコラ」みたいな出だしになってしまった・・・(¨;))

平日のシネサンで見たのは「28週後」である。


★最新作「28週後...」(原題)のプレビューDVD付き!28日後... <特別編> ボーナス・エディション

スマッシュヒットだった前作「28日後・・」の続編だが、今回もやはりイギリス映画ならではの救いのなさが全編に溢れた終末ムービーとなっている。ただし前作にあった不思議なのんびりムードや、中盤ロードムービー化していたくだりなどは一切なかったので、その点は少しザンネンかなとは思った(前作の魅力は実はそこにあると僕は思っていたので)

その代わりというわけではなかろうが、今作はとんでもなく勢いがあって、正に陸上選手もビックリの動きを見せるRageVirusの感染者達なみに映画の進行もゴンゴン前へと進んでいく。したがってテンポの良さは相当なものだった。見終わって我に返るとけっこう疑問点もぽつぽつとわいては来るけど(カーライルの奥さんの隔離方法がアマイとか、なんで逃げ延びた彼が短期間でそんな「エライ人」にんなっていたのかとか(^◇^;)あと米軍の作戦がみょーに鈍くさいとか)それが見ている間浮かばなかったと言うことは映画として旨くいっていたと言うことでもあるのでそこはマイナスポイントにはなるまい。

アメリカ映画ならもっと「家族の絆」的な絵作りをしただろうが、そのへんが全くなかったのも絶望感を煽って良かったのではないかと思うのだ(僕はフィクションとして好きな世界なのだけど、正直この手の映画は好き嫌いがはっきり別れるだろうなとも思ってしまった・・・)

ちなみにタイトルはたまたま毎日放送の深夜枠で「28日後」(最近の浜村淳さんストーリーを最後まで言わなくなったのでしょうか??)を再見したときに思い出したのだが、ウィルス拡散の原因が猿だったのすっかり忘れていたので(^◇^;)これってピーター・ジャクソン監督の大バカホラー「ブレインデッド」もそうだったなと(ま、どーでもエエことだけど(-.-)y-゜゜)


『NDS』PETER JACSON’S キングコング オフィシャルゲーム オブ ザ ムービ-ピータージャクソン-


関連記事

0 Comments

Leave a comment