今年一発目にがおがおー

仕事終わりでシネサンへ「AVP2」を見に行った。


予約商品 ホットトイズ エイリアンズVSプレデター / AVP2 1/6スケール エイリアン ウォリアー
予約商品 ホットトイズ エイリアンズVSプレデター / AVP2 1/6スケール プレデター

仕事を早めに終わらせていたので、なんとか六時十五分の回に間にあったのだけど客がワシ以外たった一人というのはどーなのよ??(あんなに宣伝してこの入りなのかと少し心配になったくらい)

映画の内容がくだらないことはもうベーシックな心構えとして持ち合わせているため、特にどーだこーだ書くこともないんだけど、もう少し何とかならんのかなあとは思ったなあ。映画全体のテンポは至極快調でそんなダレたりはしないのだけど、如何せん短い時間の中に人間を出し過ぎた嫌いはあったかな。やりたいことはワカラナイではないけど、あの街それぞれの家庭のドラマなんか本気でやる気なんかなかったろうに(^_^;)

復員してきた母親(映画終了間際で「24」のミシェルことレイコ・エイルスワースと気がついた)の家族だけを中心にして描いた方が見やすかったと思うのだけど、あんなにたくさん登場人物いたら人物設定なんかアタマに入る前にどんどんエイリアンたちにやられてしまうから、結局はダレも記憶に残んないし(__;)

新種のエイリアンもどうしてこうなったという描写らしい物がほとんどないから今までのヤツと比べてどう違うのか全くワカラナイ。そしてそれを追いかけてきたプレデターがなんでわざわざ一人(一匹?)で地球まで追いかけてきたのか、そしていちいち証拠隠滅的な動きをしていた意味とかもまったくもって意味不明。

とにかく誰かちゃんとわかるようにワシに説明しろ!とそんな疑問ばかりが置き去りにされたまま話は進み、あまつさえ最後は「バタリアン」みたいな幕引きとは、いったいどーなっておるのやらと愚痴の一つも言いたくなってしまう終わり方だった。

単純にお馴染みのモンスターキャラが大暴れする怪獣映画と思えばその部分だけでも十分楽しめるけど、最初に書いたとおりもう少し何とかならんのかという思いは最後まで消えることはなかった(ついでながらSFホラー映画にそれほどのモラルを求めないワシだが、子供や妊婦をエイリアンに襲わせるという描写は少々嫌悪感を感じる。このへんは少し考えてもらいたい物だ)


SF映画界で世界的な知名度を誇る2大モンスター“エイリアン”と“プレデター”の対決を描いたSFアクション!【DVD】◆エイリアンVSプレデター◆
<FOX & MGM BEST HITS SELECTION>[DVDソフト] エイリアン【デジタル0110】
<FOX & MGM BEST HITS SELECTION>[DVDソフト] エイリアン2 完全版【デジタル0110】


DVD プレデター 【ベストヒット・セレクション】
プレデター2(DVD) ◆20%OFF!



関連記事

0 Comments

Leave a comment