マングースが何処で出るか

なぜか気になる「のだめカンタービレ」のマングース(原作はそのくだりがいちばんオカシイ(^◇^;))



と、言うことで昨日今日と二夜連続で放送された「のだめinヨーロッパ」をじっくり見た。



ちょうど旨いこと千秋編とのだめ編で一日ずつ費やしているのでドラマスペシャルにありがちなバタバタ感があまりない。しかも原作の纏め方がホントに見事で、けっこうエピソードの順番はバラバラながら無理なくまとまった感じだった。

海外編と言うことでフランス語の台詞をどう処理するのかと思っていたら最初の数分ですぐ日本語に切り替えたというのが見事。この思い切りの良さ(?)は評価できるだろう(日本でお馴染みのハーフタレント・外国人タレント総出演みたいになっていたのは笑った(__;))

僕は月9でやっていたときの分も全部見たけれど、やはりこの番組はキャストが絶妙。主役が玉木宏と上野樹里になった時点でこのドラマはもう成功を約束されたようなものだったのだろう(彼らが今後これ以上の役を見つけるのはなかなか大変だろうけど・・・)しかし上野樹里は場面によってはとんでもなくブサイクな顔するし、そうかと思えばビックリするほど可愛く見えたりするあたり、大女優の片鱗を感じてしまう(前はこの子は平成の小林聡美だと思っていたけど、ひょっとしたら大竹しのぶクラスかも)玉木宏も男から見てイヤミのない男前だしなあ。

これで終わるの勿体ないから、せめて原作の最後まではドラマ化してほしいモンだ。













関連記事

2 Comments

playt*  

のだめ

>日本でお馴染みのハーフタレント・外国人タレント総出演みたいになっていたのは笑った



そうそう♪

ベッキーとかいろいろ出演されていましたよね。

2008/01/17 (Thu) 21:06 | EDIT | REPLY |   

しろくろショウ  

Re:のだめ(01/05)

レス遅れでごめんなさい<(_ _;)>



あのメンバーだとダニエル・カールとジローラモのコンビが一番違和感あって面白かったです(^_^;)

千秋編のメンバーにもピーター・バラカンとかデーブ・スペクターあたりが入ってたら笑ったんですけど・・

2008/01/19 (Sat) 21:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment