You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

走れカエル少女

「崖の上のポニョ」を見た。

・公式

今回は甥の映画館デビュー(続くなあ・・・)ということでメンツはワシと姪2号、そして甥とその母(つまり弟の嫁ですな)端から見たら完璧に「なんちゃって家族」が形成されていて、知り合いに見られたら説明するのが大変だなと(__;)思いつつシネサンに赴いた。

いろいろ書きたいことはあるが4歳の男の子の集中力を途切れさせなかったあたりはサスガと評価しなければいけないだろう。お隣の姪2号も同様に画面に没頭していたし(ついでながら義妹も没頭していた模様)ファミリー映画としては申し分のないところだ。

オッサン的視点としてはなんというか「ハウル」の時と同様山場がないなあと思ってしまったのと(作っている方はどこをクライマックスにするつもりだったのか・・・)抑揚なく淡々と話しが進んでいくあたりで、なんとなくちょっとむかしの紙芝居を見せられているような気分だった。正直「え?もう終わりなの??」という感じだったし。

あと「ハウル」の時と同じやなあと思ったのは今回も説明が足りない点。ポニョの両親はどうして父親だけが人間なのか?宗介が両親を名前で(しかも呼び捨てで)呼ぶのはなぜなのか?(僕の感性内では理解できない呼称)フジモトが管理していた命の水は結局なんだったの?等々。

※同じような疑問が「教えてgoo」にも上がっていたので転載。しかしこの回答でもイマイチわからない・・・

結局の所今のミヤザキ作品は絵と雰囲気だけで楽しんでくださいと言うことなのかも知れないなあ。作り手目線が完全に子供の方へシフトしているのはウチのガキ共の反応でも明らかだし、もうオトナはやいやい言うてくれるなということなのだろうか。

それでいくと確かにポニョの表情を見ているだけでも楽しいと思えるし(魚の時の目の動きや、人間になりかけ途中の半魚人状態な顔が可笑しくて仕方なかった(^o^)猫バスやパンダコパンダやトトロの顔にも一瞬見えたくらいで)オッサン代表のワシでもなんだかんだ言いながら最後まで見えてしまったあたり、そういう意味では今回も成功作ということなのだろう。なんとなく煙に巻かれたような気がしないでもないが(__;)とりあえずはヨシとしておこうか。


【8月12日販売開始】【8月19日出荷】【お一人様1個限り】【崖の上のポニョ】ポニョ/S
【送料無料】崖の上のポニョ サウンドトラック / 久石譲
『崖の上のポニョ』マッチボックスをプレゼント中!!宮崎駿監督作品 『ハウルの動く城』 ジブリDVD
『崖の上のポニョ』マッチボックスをプレゼント中!!宮崎駿/原作・脚本・監督『となりのトトロ』 ジブリDVD
●パンダコパンダ & パンダコパンダ雨ふりサーカス DVD(2001/12/19)




関連記事

Newer Entry次はリアルなナゾラーか??

Older Entryレコーダーを消化せよ

 

Comments
EditRe:走れカエル少女(08/02)
こんばんは。ご訪問いただきありがとうございます!

ポニョは確かに説明不足って感じでしたね~。

でも私も半漁人の顔がお気に入りです♪

また遊びに来させてくださいね。

EditRe[1]:走れカエル少女(08/02)
こんにちは、コメントありがとうございます<(_ _)>



予告等であの姿があんまり流れないのはやっぱり配給側のオトナが「可愛くない」と思っているからなのかもしれませんね(^_^;)半漁人状態のグッズも殆ど売ってないし・・・逆にああいうのが面白いと思うんですけどねー。



※いつでもご来訪お待ちしております。今後ともどうぞよろしくお願いします≦(._.)≧
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >