妄想なくして成長なし

今さらながらようやく「マレーナ」を見た。

ワシはモニカ・ベルッチが好きなのでもっと早く見ておくべきだったのだが、意外と機会が訪れなくてこんな遅くになってしまったのだった。CSで深夜放送していたのを一気に見て思ったけど、もう何だろうね「ポニョ」がジジイの妄想映画とはよく言われているが「マレーナ」の方も同じく監督の少年期妄想全開の映画ではなかったと言う気はしたかも(しかもかなり生々しい)

自分のことを振り返っても確かに思春期の年上女性に抱いていた性的妄想というのは「だいたいこんなモノ」という共感がものすごくあったし、いまだに外で艶っぽい熟女を見かけるとそれだけで「むむっ(__;)」と来てしまうのは或いはまだワシの「年上のオトナ女性に対しての妄想」は継続中なのかもしれないと思ってもみたり(成長がないのかねー・・・)

なんちゅうか昨今みうらじゅんなんかが提唱しているDT映画なんかより遙かに童貞度の高い映画だったなとワシは思ったな。

ストーリーラインは至ってなんてことのない話だったので案外わかりやすかったけど、街の人たちとマレーナの関係性というのがイマイチよくわからないというか、あんな酷いことをしていてそれで済むのか?という気もしたが(或いは戦後直ぐの人間関係なんてあんなモノなのかもしれないけど)


”イタリアの宝石”モニカ・ベルッチ主演!DVD廃盤。■マレーナ <デレィクターズ・エディション>■
 アレックス / モニカ・ベルッチ
●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!モニカ・ベルッチ ジュリア <ヘア無修正版> <期間限定生産>


関連記事

0 Comments

Leave a comment