抜けているのに今頃気づくと

アニマックス「バプリカ」を見た。筒井康隆の原作と言うことで中学生の頃からのツツイファンであるワシは当然読んでいるハズだと思いこんでいたのだが、どういうわけか未読であることに気がついてしまった(映画を見ても全然既知感がないのでアラ?と思い本棚を見返したが何処にもなかったので)



よくよく考えてみれば90年以降あまりツツイ本を買っていなかったこともあり、ワシのライブラリからは漏れてしまっていたようだ。そのおかげというか映画自体はとっても新鮮な気持ちで鑑賞できたのだが、ふだんこの手のアニメをあまり見てないので夢を表現する手段としての映像にはとっても新鮮なものを感じてしまった(アニメファンの友人である某T氏からは「ふつう」と言われてしまったが(__;)アニメを見込んでいる人たちにしたらなんてこと無いんだろうなあ。それだけアニメーションの技法は平均レベルが向上しているということなのだろう)

実写映像ではなかなか表現の難しい夢の中の「もどかしさ」であるとか「前へ進めない」感であるとか、そのあたりがアニメならではの見せ方でホントにリアルに見せているあたりワシ個人はとっても感心した。しかもつい最近ひな人形の顔を見たばかりだったこともあり劇中に出てくる「喋る日本人形」がめっちゃ怖いのも(__;)インパクトが強かったように思える。

けっこう満足したので今度は原作本を読んでおかないといかんわな(ツツイ本を買うのは「エンガッツィオ司令塔」以来かも・・・)


パプリカ(DVD) ◆20%OFF!
パプリカ DVDデラックス・ボックス


関連記事

0 Comments

Leave a comment