スタートレックテレビ試写会報告

DVD発売に先駆けてスターチャンネルとWOWOWが一夜限りで放送する「スタートレック」を見る。




劇場に見に行くつもりで行けてなかったので、こんなに早くオンエアしてくれるというのは実にありがたいことだ(しかしその反面「ひょっとして客入らなかったのか?」といういらぬ心配もしてしまうな)

さてワシはそこらのトレッキーのように重箱の隅をつつようなことはしない程度にこの番組(オリジナルシリーズの「宇宙大作戦」)に愛着を抱いている者の一人だと自負してる。今回本編を見た限りではシリーズそのものを再構築するという名目の元いろいろ頭を捻った後は伺えるが、これだけ新シリーズや劇場版が作られた後で登場した作品としてはまあまあ頑張った方ではなかったか。

各役者についてもそれほどの違和感はなく(ウフーラはむしろセクシーさがアップしてヨシだったし(^_^;)色気づいているスポックもザッカリー・クイントの顔でああいうことをされるので妙に合っていて可笑しいというか←くさい台詞をカークに突っ込まれて「ノーコメントだ」と返す会話シーンなどは旧シリーズの趣も残しながら新しい空気も感じられる良いシーンだったのではないかと思ってしまった)特にマッコイ役の人なんか全然知らない役者だったけど(カール・アーバンと言う人だが「指輪物語」とか「リディック」なんかにも出てたとか。どれも見たけど記憶にないなあ・・・)彼がいちばんオリジナルのイメージに近かった(ロングショットで見たらほんとにディフォレスト・ケリーが立ってるみたいな感じがしたくらい)

映画そのものの方はとにかく時間がなさ過ぎたというか(カークがブリッジに「艦長」として座るまでの流れがけっこう唐突で強引)詰め込みすぎた感じがあって全体のストーリーとしては今ひとつではあったが、新シリーズのパイロット版(こんだけ金かけて結局テレビドラマ並みかよという声もあるだろうけど・・・)と思えばそんなに目くじらを立ててどうだこうだと言うほどでも無いんじゃないかと自分の中では好意的に受けとめられる作品だった。このまま間隔開けずにシリーズ化してくれたら個人的には楽しいとは思うけど、リアル・トレッキーの方々には果たしてどう受け止められるだろうか。

関連記事

0 Comments

Leave a comment