You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆超銀幕無法地帯・激動編=劇場で見た映画の話  

地獄のジャーマン・シネマ・パラダイス(パリ編)

レイトで「イングロリアス・バスターズ」を見てきた。

連休中日ということもあってか雨にもかかわらず来客多数。映画仲間のKさんと同行したのだがワシらの両隣も空席が出来ずにやや窮屈な鑑賞となってしまった。

というわけで劇場で見るタランティーノ映画は「キル・ビル2」以来だったのでかなり楽しみでもあったが(「デス・プルーフ」は徳島でやんなかったのだよ・・・)冒頭ナチスのランダ大佐がユダヤ人を匿っている家に踏み込んでくるシーンが例によって会話が長い割にスゴイ緊張感があって、おー、出だしとしては最高やないかい、と期待したののも束の間、なんとも全体的にとっちらかったような内容で感想としてはひじょーに微妙な気分。。。

ビックリしたのはブラピ率いるバスターズと復讐を企むショシャナとが最後までリンクすることなく別々に動いて話が完結してしまったところなのだが、コレはハッキリ言って集中力が削がれるだけで(それぞれの描写が分断されるだけで)さしたる効果を上げているとはとても思えなかったし、話が進むにつれてバスターズ(特にブラピ)の存在意義がどんどんなくなってくるしで、これは単純に構成ミスではなかったかなと言う気がするのだよ。

時間配分を食い合いしたせいであれだけ個性的で頭数のいたバスターズがいつのまにやら二人しか残っていないのとか、酒場のシーンで主要登場人物が「一気に」減ってしまうのも使い方としてはムダなだけで勿体ないと思うし(ヒューゴーの出番はもっとあっても良かった)なによりどちらの側も軍隊規模がちっとも大きく見えないのはどうなんだという(米軍は10人も映らなかったんじゃないの??)戦争ネタの映画にしてはスケールが小さいなと言う点も気にはなったしねー。

オチも今ふたつくらいで思い返すと文句の方が多くなるが、それでも第3章のアタマからデビッド・ボウイの「キャット・ピープル」主題歌がかかるあたりの映像はちょっとかっこよすぎてゾクゾクきたり(このシーンだけは文句なしだった)ナチスの幹部を字幕で説明する腰砕けぶりが妙に可笑しかったりで気に入ったところも結構あったからなあ・・・

まあ個人的な好き嫌いで言えば好きな部類にはいると思うけど、映画としての出来はあんまり良くなかったというのが正直なところだろうか。



関連記事

Newer Entry第○次滅亡ブームに敢えて便乗

Older Entry思い出話もありですか

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >