怪獣ショーの新しい姿がそこにある

イオン綾川で「大怪獣バトル・ウルトラ銀河伝説」を見てきた。「ワンピース」に来ている連中にもみくちゃにされながら某知人N氏とオッサン二人で怪獣映画に入場したわけだが、当然のようにいぶかるガキ共やヤンママ連中の視線が突き刺さる。とりあえずは照明よ早く暗くなれと・・・(__;)



それはともかく今回の映画は今までのテレビ・映画版のウルトラシリーズとはもう完全に一線を画したというか、全然別物だったなと言う印象が強く残ってしまった(「ウルトラマン物語」なんかは多少作りが似ているが半分は総集編であったわけだし)

要はむかし読んだ内山まもるの「ザ・ウルトラマン」をそのまま地で行く世界観とでも言うのか、へたすりゃ役者のライブアクションなんか一切なくても成立したのではないかという空気すらあったり(ZAPのメンバー以外はほんとに余計だった気はする)

お話しはとにかく忙しくて落ち着きのない展開に終始しているためか見終わって5分もしたら細かい所なんかなんにも覚えてないけど、全編宇宙でのシーンが連続するCGがメインの特撮画面ではこちらも従来のウルトラシリーズとはまったく違う絵作りがされていて新味があったように思えた(小惑星をクッションにして動きを切り返したりといったアクションシーンなんかは特に)

怪獣の見せ方も人間を手前に置いた状態でカメラがぐるっと煽りのまま激しく回転したり(巨大感や迫力はそれなりのモノ)雪山の向こうから出現する怪獣と滑落する人間が凄いスピードで交差していく動きのある合成カットとか、このあたりも今までなかったような見せ方だったのは感心している。

トータルで見たら楽しかったのでヨシとはしているが先に書いたように人間側の登場人物はもっと絞り込んでも良かったと思うし、話題作り(客引き)のためのアスカ=つるの剛士登場は唐突すぎで最後までムリがあった。あと新キャラのゼロがワシはあんまりかっこいいと思えなかったのもロストポイントではあるけど(デザインがどーもイマイチ)この作品は映画ではなく、はいろんなところで開催されている「怪獣ショー」の進化型形態と考えれば(今回の映像やセットを舞台に流用できればより面白くなるとワシは思うのだが)かなりレベルの高い見せ物として成立していたとワシは思うのである。

そういう意味では新しいウルトラシリーズの展開として多少なりとも違う拡がりを見せようとしている部分は評価してもヨイのではないだろうかと。

関連記事

0 Comments

Leave a comment