You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆映画は液晶前の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

たまに見たら侮れない

めっちゃ今さらだがイマジカで「猟奇的な彼女」を見た。



最近になって国内でも草なぎ剛主演のドラマでリメイクされているのだが、映画の方はもうけっこう古い作品になっていて、制作年度を調べたら2001年となっていたからほとんど10年前の映画と言うことになる。確か日本で公開されたときもそれなりに話題になっていたと思うのだが、そのときはまったく興味もわかなくて(と言うより韓国映画に対してツマラナイという勝手な決めつけを自分の中でしていた時期でもあったので)今回が初めての鑑賞だったのだけど、なんでもっと早く見ておかなかったのだろうと後悔してしまった。物語の全般でやっていることはほぼマンガなのに、けっこうホロリとくる良い映画ではないか(ワシがトシとったせいもあるかもだけど)

で、思ったのはこの映画はチョン・ジヒョンの彼女よりキョヌ役のチャ・テヒョンがひじょうにイイということなのである。特に傍若無人な彼女を相手に普通なら激高しそうな場面でも「あーこまりましたねえ」みたいな表情で常に半笑いの対応しているのがなんともいえない味があってつい引き込まれてしまうのだ。むろんヒロインのチョン・ジヒョンも冒頭のなんじゃこの女?という印象からどんどん可愛く見えていくようになる(実際美人なのだが)のは旨い見せ方だなと思ったし、役者の好演がそのままこの映画の好印象へとどんどん被ってしまうようにワシには思えてしまったのである。

さらにはいろんな障害を乗り越えてまっすぐなハッピーエンドが来ると思っていたところで突然ワンクッションあったのが意外だったのだけど、それがあってこそのラストシーンなのであのインターバル(現実にはほぼありえへん展開ではあるのだが)は大正解。「グエムル」以来またも韓国映画に感心したという、そんな夜でありました。

関連記事

Newer Entryポセイドンは海を行け

Older Entryフカヒレくんさようなら

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >