それがどうした僕ホントにドラえもん?

またも二人の姪と映画に行く。今日は「ドラえもん/のび太の人魚大海戦」を見た。



どうもここのところ子供映画のおつきあいが続いている。。。わしも嫌いじゃないからまじめに見たけど、実は体制が変わってからのドラえもんはテレビ・劇場版ともにちゃんと見てなかったので(絵面は原作に近づいているとのことでその点はなるほどと思った)やや違和感を感じながらの鑑賞ではあったけど、なんとなく違うんじゃないのかなという印象は最後までぬぐえなかったなあ。

これはビジュアルこそ藤子・F・不二雄のテイストが濃くはなっているが、物語の根幹部分が旧来の藤子節とはまるっきり違う物(ご本人が鬼籍には入られた今ではアタリマエのこととはいえ、もはや作家性が違うとでも言えばよいのか)になっているような気がしてしまったのだ。たとえばこのストーリーなら「ポケモン」でも「ケロロ軍曹」でも成立してしまうのではないかと思えたし、こういう凡庸な物語を(と、あえて辛口)ドラえもんの作品世界に敢えて持ってきた意味がどれほどあったのだろうと。そこには過去の藤子作品で必ずあった小さいながらもポンと手を打つ発想の転換であるとか、レギュラーメンバーが必ず一度は活躍する大長編時のバランス感覚であるとか、ともかくそういった本来このシリーズに必要だったすべてのものが欠如しているような気がしてしまったのである(本作におけるドラえもんたちの「役に立たなさぶり」を見よ)

今までわしはつきそいの大人が夢中になれる漫画映画の代表格がドラえもんであると信じて疑わなかったが、今後は認識を変えた方がいいかもしれないと、そんなふうにも 思ってしまったなあ。そういう意味じゃワシにとっては「残念な」新作大長編だったなと。
関連記事

0 Comments

Leave a comment