夢は夢のままでは夢でしかない

「インセプション」を見てきた。



粗筋を聞いたときはなんとなく思いつきのアイディア一発勝負!みたいな印象があって、ひょっとしたらまとまりのない話なんじゃないかと心配していたのだが、いやコレはなかなか面白いと素直に感心してしまったわ(というか発想がほんとユニークだ)

夢を何階層にも分けてそのステージでおきる事象がすべてに絡んできて最終的には現実世界に影響が出るという見せ方は、結局の所「マトリックス」なんかの仮想世界と一緒で、なんでもできるという強みはあるのだが、この映画は見進んで行くうちにどの階層が夢だか現実だかがよくわからなくなってくるあたりがひじょうに面白かった(それはオチの部分まで見事に波及している)

いままでこういうパターンの作品は何本もあったが、全編がそういう緊張感に満ちているシチュエーションがまるでバームクーヘンのようになっている映画はそうそうお目にかかることは出来ないのではないか(古い映画だと「トータル・リコール」なんか色合いは近いのだけど、アレは現実と夢の境目がほとんどバレバレの構成になっていたし)ちょうど何年か前に見た日本のアニメ「パプリカ」(そう考えるとこれもたいしたアニメだった)をそのまま実写にしたような、そういう夢ならではのもどかしさとかを見事に映像化できてるんじゃないかと思ってしまったなあ(その「パプリカ」のパクリだという声も出てはいたけど、そこまでの類似感はワシにはなかった)

渡辺謙が役回りとしてあそこまでホントに必要だったのかどうかはちょっと疑問だけど(^_^;)それをさっ引いても十分満足したというか、個人的にこういうのはワシ大好きですわ。

関連記事

0 Comments

Leave a comment