サボるとろくはことはないのはどの世界でも一緒

8月以降は劇場に行けなかった割にテレビで映画を見た本数は例年以上に多かったので一気にブログも更新してやろうと思ったら、逆に多すぎて記憶がオーバーフロー(__;)やっぱり手抜きはアカンと言うことでしょうな・・・

しょーがないんで再び劇場鑑賞の話から。先日レイトで「SPACEBATTLESHIP・ヤマト」を見た。





知人と一緒見に行ったのだが、その直前別の知人宅で「気分を盛り上げよう」という名目の元アニメ版の最新作「復活編」をダイジェストで見せて貰っていた。これがまあ自分が旧世代のファンでもあるせいなのかまったくその世界観に馴染むことが出来ずに、途中で「もおええ」と視聴をストップしてしまったほどなので内容は推して知るべしなのだが、これでは逆効果だなと思いつつ劇場へ移動したのであった。

そもそも過去の劇場版や「2」以降のシリーズに対しても正直心の底から「面白い!」と思えたことは一度もなく、やはり自分はテレビ版1作目に限定されたファンなのだろうと自覚している。したがって今回の実写版についても過度な期待は全くなく、そのうえ直前で見た「復活編」のつまらなさがより鑑賞ハードルを低くしていたせいもあるのだろうが、ハッキリ言ってこの映画は予想外に楽しかった。

冒頭から戦闘シーンがまるっきり「Battlestar Galactica」だったり、ガミラスの歩兵軍団がほとんど「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグ状態だったりと、どこかで見たようなシーンのオンパレードというのもそんなに気にはならなかったし、デスラーやスターシャをどう見せるのかと(外人の顔に緑のペイントをするのかとか)心配していたけど、その点は旨いこと処理したなとこのあたりは感心した(意識の集合体というのもどっかで聞いたアイディアではあるけどね)

敢えてアニメ版のキャラ設定を踏襲しなかったのも今回に関しては成功していると思うのだ。たとえば「20世紀少年」のように極似の役者を揃えてみたところで、結局は原作のなぞりしか出来ないようなのであれば実写版(新作)を作る意味などほとんどないわけで、この点は潔かったと思えるし木村拓也/黒木メイサという組み合わせもほぼ月9ドラマのような空気で、むしろああいうドラマの枠でSFをやっているかのような不思議な「ムリのなさ」ともいうべき効果があって、当初懸念していた違和感はあんまり受けなかったのも事実なのである。

欠点(山崎努の台詞が不明瞭とか、最後があまりにもくどいとか)も多いし決して完成度の高い映画でもなんでもないけど、こと「ヤマト」というキーワードでこの映画を捉えたときぼくはどうしても好意的な印象が残ってしまったのだった。この気持ちを説明するのはむつかしいけど、たとえば今は無き「新春スター隠し芸大会」で良くできたパロディドラマを見せられたような(^_^;)そういう心境に近いかも←むかし堺正章が「ルパン賛成」というのをやっていたのを思い出した。あれも案外よーできたパロディだったなと。

トータルで語れば「楽しかった」という言葉しか出てこない、そんな映画だったと僕は思っている。
関連記事

0 Comments

Leave a comment