ぼうやーよいこだねんねしな

姪のお供で「friends -フレンズ- もののけ島のナキ」を北島に見に行ってきた。




タイトルにも書いてるけどこれがホントにテレビ版「日本むかしばなし」の一遍なら(15分程度の話であれば)悪くなかったと思うのだが、如何せんこの内容で長編に引っ張るには少々ムリがあったなあ。またせっかく長尺になっているにもかかわらず、親を人間に殺されて人を信じることが出来ないはずのナキがあまりにも短時間で「あっさり」とコタケに心を許してしまうあたりがどーしても嘘くさく感じられて説得力がまるでないのも如何なモノかと思ってしまった(それこそ15分の話ならそのへんも気にならなかったハズだろう)

あれをやるならナキの親が人に殺されて云々みたいな設定やめておいたらよかったのにと思うし、グンジョウ(ついでながらこの声をやった山寺宏一が旨すぎて、ナキ役の香取慎吾はちょっと割喰った感はあったかも)の親みたいに行方知れず程度で止めておいてくれた方がすっきりしたと思うのだけど、あれで人間と仲良くなってめでたしめでたしでは彼の親が死んだことの映画的意味がなんにもなくなってしまうんじゃないかとも思うのである(そもそも人間側になんの反省も促すことなく嘘の情報を与えて交流を図ろうなどという物語展開に感動しろというのも難しい話だと(__;))

あとはなんか全体的に時間配分を間違えてやせんかという部分が気になってしょうがなかった。長くなければいけないところが短く(これは主に上に書いた部分)短くて良いところが長くといったような(終盤のグンジョウの行動とかまさにそれ)絵がすごくキレイなだけにそのあたりもう少し何とかしてくれよと、同行したオッサンとしてはそんな不満ばかりが残ってしまったのだった。まあガキはそれなりに楽しんではいたけどね・・・
関連記事

0 Comments

Leave a comment