正月は終わってしまったが

コレを書いている時点で2012年も始まって既に一週間が経過してしまいました(__;)
遅まきながら新年明けましておめでとうございます。

速いものでこのFC2へ偏向趣味ブログを移して3年近くとなりますが、当初月一程度で停滞していた更新も昨年10月以降は多少まともな更新頻度に落ち着いてきたような気がしています。ご来訪いただける方もちらほらではありますが増えつつある状況ですし、なんとかこのまま維持して続けていきたいと思っております。

今年もここをお通りになるすべての皆様、引き続きよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

さて、そんな新年一発目の話なにを書こうかと迷ったが、まだ劇場にも行けてないしちゃんと見たDVDやテレビ放送も未だ一本もない。そこで根本的な事ながらなんで自分がブログを書いているのだろう、また何で三つもブログを抱えているのだろうということを自問自答しながらぐだぐだ綴ってみようかと思っている。

まずブログをやり出したことには大きな理由が二点あって、ひとつは当時(2004年当初)まだ30代後半だったにもかかわらず自分がその日何をしたかと言ったことが簡単に思い出せないというか、日常の変化があまりになさ過ぎて10日もすれば殆ど記憶に残ってないという状況にショックを覚えたこと(それは健忘症などではなく(^_^;)同一ルーティンの日々が増えていた事による弊害)そこで自分の行動等を記録に残すことによって日々の暮らしをメリハリのある物にしたいと思ったことが第一の理由。

さらにもうひとつは仕事柄メールを書いたりすることはあっても、長い報告書(自分の考えを挟めるような)のようなものを書く機会がほぼゼロになってしまっており、なんとなくこのままだと自分が文盲化していくんじゃないかというそこはかない不安である。決して自分が文才あるなどとは自惚れてはいないけど「書くことが好き」なのは間違いなく、それをノートやチラシの裏なんかじゃなく(^_^;)他人様の目に触れるところで発露できるほうが面白いんじゃないかと考えたことも大きかった。

そんなわけでブログを始めたのは今から7年前の今頃、今は亡き「日記のススメ」というサービスを利用していたのが最初だった。↑にもあるとおり、もともと文章を書いたりすることが昔からキライじゃなく、高校の頃にはいっぱしの評論家気取りで(__;)同人誌に原稿を送ったりもしていたので(今読み返すととんでもなく恥ずかしいが、その縁から最初で最後となる書いた記事の商業誌掲載なんかもあって、ある意味貴重な体験をさせていただいたりもした)成人後時間を経てからブログを書くという行為に辿り着いたのはある意味自然な流れだったのだろう。

そういう経緯で始めたブログだが、やり始めた頃はもうごった煮というか完全な公開日記の形を取っていて、見たことやったこと聞いたことの備忘録的な内容に終始していた。しかしその1年後「日記のススメ」そのものがサービスを終了することになり(過去ログのバックアップなど出来なかったので、丸々データはパアになってしまった(__;))楽天ブログへ最初の引っ越しを敢行。

そこでも同じような内容でブログを続けたが、だんだん知人や身内にその存在を知られることになり、そのうち誰に頼まれたわけでもないのに僕の中で読み手のことを意識した部分が少しずつ大きくなってきてしまい(こんな事書いてもウケへんよなあ、みたいな勝手な思い込み)エントリー内容を自分で窮屈にしてしまう傾向が出てきのだ。

なんか自分が楽しくなるためにやっていたのに、こんな仕事感覚で書いていたのでは本末転倒ではないかと考えるようにもなり、ちょうど楽天ブログに対して異常な不自由さ(書き出すとキリがないので割愛するが)を感じていた時期でもあったので、昨年10月に思い切って運用の形を変えてみることにした。

それは大きく三つの柱を作り、ブログをそれぞれ分割するというスタイルである。まず身辺雑記関連をデータ容量の大きいヤプログへ、趣味の映画特撮関連をカスタマイズフリーのFC2へ(ここだけは一足早く三年前から楽天時代の別館として位置づけていたが)そして同じく趣味の野球関連をアクセスの多いgooへとそれぞれに振り分け。日記と趣味を完全に切り離したこのやり方は自分の中では旨くいったと思っているし、更新頻度が増えていることからすればこれが自分の求めていた形なのだろうと僕自身は悦に入っている(^_^;)

とくにこのFC2内では書いている全ブログの中でも一番他人様を気にしてない(__;)もう自分だけが気持ちよいオナニールームとして今後も好き勝手なことを書き殴っていくつもりである(配慮はあっても遠慮と忌憚だけはないブログを目指していこうと)

と、気がつけばなんだか新年の誓いのようになってしまったな・・・(__;)

関連記事

0 Comments

Leave a comment