ノンケでも大丈夫??

「図書館戦争・革命のつばさ」を見てきた。

 

しかも地元の映画館ではなく愛媛の劇場まで行ってきたのだけど(ーー;)このあたりの細かい話はこちらで。

僕自身は原作も未読で、原作者・有川浩の他の作品もまったく読んだことはなかったから特に思い入れがあったとか気になっていたとかではなく、もうこの一連のシリーズにハマりにハマっているカミさんのおつきあい(兼運転手)で見に行ったようなところもあったのだ。

そんなわけで物語のアウトラインはなんとなしに知っていたつもりだが、やはり本を巡って二つの大きな組織が国家的対立を生んでいるという設定を時間かけて説明してくれなかった関係で「なんでそこまで揉めなければイカンのだろう」という疑問を解消してくれず、導入部はやや「?」を感じたまま話に入らねばならなかったのだが、僕みたいな原作未読組非ファン(言い方変えればノンケの一見さん)的な輩でも30分も見ていたらすぐ馴染めたし、終わってみたら映画版は大団円だったから相当なカタルシスもあるし、事前予想よりは遙かに楽しめる映画だったと思っている。

キャラクターデザインも嫌味なく作られてるしキャラの棲み分け・区別もイージーなので昨今のアニメーションをあまり見ていない我々のような層も取り込みやすい作りになっているのではないだろうか。また感心したのは背景画であるとか細かい街の景色であるとかがすごいリアルに描き込まれていて、そういう技法等も今ってこんなに凄いことになっているのだなと驚かされた(実写の映像入れてるのかと思ったけど、今ってもうCG処理とかでいちいち人がセルに描いたりしないのかねー・・・・)

映画トータルで感じたのはなんとなくの想像だけど、原作者の夢想する「書籍の大事さ・すばらしさ」+「作家と言う仕事へのリスペクトならびにあこがれ」を包括したファンタジーになっているような印象を僕は受けてしまった。そういう”自分の仕事のスペシャル加減”を称えようなどとすれば描き方次第で鼻持ちならない物になってしまう可能性もあったと思うのだけど、この映画ではそれが純粋に「確かにそうだよな」と素直に受け止められたので、そこが好印象として残ったところではないかと思うのである。

ちなみに帰りの道中でこれが実写化されたらキャストはどうなるのかという話が出たのだが、我々夫婦の間では下記のように意見が出された。もしホントに実写映画化が決まったらそのときはこのエントリーを引っ張り出して比較してみようかと思う。

・笠原→夏菜
・堂上→岡田准一
・玄田→内野聖陽
・手塚→勝地涼
・柴崎→栗山千明
関連記事

0 Comments

Leave a comment