You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆映画は液晶前の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

アノ馬とは違う馬なのだよ

身辺雑記を書いているヤプログ!の映画情報ブログ・ヤプシネマージュ上で紹介されていたBlu-rayソフトの懸賞に応募したらこれがあっさり当たってしまい、自宅へとそれが届けられていたのであった。ブツは「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」という作品。最初ジャケ写見たときは「戦火の馬」だと思ってしまったよ・・・

large.jpeg実は少し前にテレビを買った時にキャンペーンで「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のブルーレイもタダでもらっていたため、短期間に二枚もBlu-rayソフトを手に入れることになってしまったのである。

僕はそれまで持っていたのは「ブレードランナー」のBlu-ray1枚だけだったのでなんとなく嬉しい気分ではあるが(かと言って以降ソフトを増やそうという気はさらさら無いけど・・・)
 
さてこの「セクレタリスト」、もらってはみたものの応募していたことも忘れていたほどだったので、当然ながら当選時の注意などもまったくアタマには入っていなかったのだが、改めて読み返すと7/15までにヤプログの僕のブログに感想をアップして応募元のサイトにトラバを送信せよとの指示が書かれていた。

気がついたのが14日だったので慌てて夜にソフトを再生し、翌日の締め切り当日になんとかアップしてトラバを送り無事義理は果たした思っているけど、よー考えたら別に書かなくてもペナルティとか無いんだからほっといても良かったかもなと今になって思っている(遅いわ(ーー;))

いちお映画の感想はこっちの専門なんで一部修正し記録として貼り付けておきましょう。
****************************************************************
ヤプシネマージュさんから頂戴したブルーレイのソフト「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」を見た。

ふだんこういう映画の感想は別館に書いているのだけど、今回は当選報告かねてこちらへアップしている(というか先方さんからはそういう指示なのでね(ーー;))

自分が応募して当選したとはいえ正直それほど見たいという映画でも無かったけれども(めっちゃ失礼な言い方してるなあ(__;))ちゃんと最後まで見てみたらそれなりに面白い映画だったのはさすがディズニーだと感心した。

作りは手堅いし元々実話がベースになっている関係で全てのシチュエーションに説得力があるため、ストーリー上の機微云々が気になる所はあまりなく、最後まで傍観者的に没頭できる素地が作品の中には充満しているようだ。

また映画本編とは別の感情が湧いていたのは、何と言っても主演のダイアン・レインである。僕の世代だとなんとなく一緒にトシを食ってきたような勝手な思い込みがあるので(ーー;)美少女役から始まった彼女がこうしてオトナの良い母親の役をリアルにこなしているのを見ていることに時間の経過を如実に感じることも出来てしまうのだった。

いろんな意味でこれは劇場ではなく深夜自宅でDVD鑑賞するのにぴったりくる作品だったような気もしたなあ。期待してなかった事もあるけどまあまあのアタリ。

 
関連記事

Newer Entry映画村で見た白日夢

Older Entry夏の日の1984

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >