映画村で見た白日夢

今月8日に京都旅行に行ってきた。旅の顛末・記録は本館ブログに書いてあるので読んでもいいぞ!というチャレンジ魂をお持ちの方はこちらへどうぞ。

それで今回の目玉観光は太秦の映画村であった。一緒に行ったメンバーは若い頃一緒に自主映画を作っていた映画好きの精鋭たちでありながら、なんと過去に一度も映画村に来たことがないという連中ばかりだったのだ(と、言ってる僕も昨年初めて見に行った乗り遅れ野郎ではあるのだが)

朝9時の開門からがっつり半日見学してきたので、とりあえず映画・アニメ等に特化した話を写真交えて紹介してみる。 まず入場ゲート前全景。
IMGP4260.jpg

この映画村マップを見てもらえるとわかりやすいが、入場するとまずパディオスという展示場と売店とアミューズメント施設が一緒くたになった建物につながっていく。ヒーローショーなどもここの二階で開催されている。

一階の案内モニター。こちらでは他にも水戸黄門やワンピースの特設コーナーがあり。
IMGP4262.jpg

二階に上がるとヒーローランドというのがあって、主にスーパー戦隊と平成ライダー関連の展示。 
IMGP4263.jpg

時代劇のオープンセットを一通り見てまわると最後の方では映画文化館という資料展示の博物館が。古い施設だけど中身はなかなかマニアックで濃い。東映以外の映画紹介も多く、日本映画の歴史をじっくり堪能できるエリアとなっている。個人的に楽しかったのは予告編を見られるコーナーで延々と「仁義なき戦い」をやっていたところだが、この辺の作品選びはさすがに東映(ーー;)
IMGP4282.jpg
最後に見たのは今年開設されたばかりの東映アニメミュージアム
IMGP4292.jpg
期待が大きかったせいかちょっと内容が薄くてガッカリしたのだが、あれはもう一ひねり欲しかったかな。「プリキュア」アフレコ体験コーナーというのが設置されていたけどアレを誰が試すんだろう。我々が行ったときは部屋の中誰もいなかったし(__;)

IMGP4294.jpgどうせならああ言うのじゃなくて防音室の中で何かアトラクション的なゲームコーナーを設営してその日の優勝者には記念品をあげるとかすれば参加型のイベントとしても成立するのになと思ったりもしたが。

例えば「ゲッターロボG」のコクピットを再現し「しゃぁいいいんすぱあああーーく!!」と叫んで声量を測定させるようにするとか(「今のは50神谷明でした」みたいな)そんなんなら僕もやってたけどね。

ミュージアムの中にはかなり大きな人形も展示されていて、妙に体の歪んだグレートマジンガーがなんとなくヘンで可笑しかった(__;)一応サンダーブレークのポーズを決めているようだがこれではねー・・・

しかしこうして改めて写真を見直すと現場ではわかなんかったけど空気を入れて膨らますタイプの人形にも見えるな。

あの安定のなさはこれが原因だったか(所謂「南極一号」スタイルと言うヤツですな)入り口にいたグレンダイザーはFRPで作り込んであったんだから全部そうすれば良かったのに。

次回は秋に広島へ旅行するプランがあるので尾道か大和ミュージアムでこの手の写真が撮れたらまたアップしてみよう。
関連記事

6 Comments

晴雨堂ミカエル  

太秦。

 私が行ったのは20年以上前。
 思っていたほど狭くて貧相、江戸時代のセットには生活臭が無いハリボテ安普請。幻滅でした。
 私はリアル江戸時代を期待していました。
 今回の改装も快くは思えません。アニメに迎合したところで、大阪日本橋の方が面白い。

 どうせやるなら客にタイムスリップ感覚を楽しませるテーマパークをやってほしかった。
 スタッフは全員文化文政時代の髪型を自毛でゆい、洋服厳禁、会話も当時の日本語を使用する。
 そんなテーマパークにしてほしかった。

2012/07/26 (Thu) 10:29 | REPLY |   

しろくろshow  

一理ありますが

>晴雨堂ミカエル さん

こんばんは、コメントありがとうございます<m(__)m>

確かにミカエルさんが仰ることも理解できますが、元々京都撮影所の副業的なものとしてスタートしたらしいですし、立ち上がりからして目指していたモノが違っていたのかと思います。

僕らはむしろあのはりぼて・書き割り丸出しの安いセットがフィルムを通すと本物っぽく見えてしまっていたことに映画のすごさを感じてしまいました。

ただ、時代劇の世界観を軸に据えながら今の見せ方が中途半端な状態に陥っているのはわかります(アニメ・特撮系はせめて場所を変えてやった方が良いですね)

2012/07/26 (Thu) 22:09 | REPLY |   

シャオティエン  

高校の修学旅行で、映画村に「チラッと」行ったことがあります。私を筆頭に「7人のオタク」の如き班でしたが、その班長が「機関車オタク」でした。強引に「梅小路機関車館」を自由行動のコースに加えられまして、「映画村」はじっくり見られませんでした。というか、そこで何を見たのかすら記憶にありません。当時から、特撮関係の展示、あったんでしょうかね?もしあったとしても、見付けなくて
よかったです。後ろ髪引かれる思いで、「梅小路」
へ行くハメになったでしょうから・・・

2012/07/27 (Fri) 18:45 | REPLY |   

しろくろshow  

> シャオティエン さん

こんばんは、コメントどうもー(^^)

「梅小路」は私も数年前に会社の日帰り(ーー;)慰安旅行で行きました。鉄オタではありませんが実際に動く機関車が何台もあったのはちょっと感動しましたねー。

映画村の特撮系展示は確認したわけではありませんがたぶんこの10年くらいの話じゃないでしょうか。

ちなみに出来たばかりの「忍者からくり屋敷」ではほんの少しだけ赤影気分が味わえます(あくまでも「少し」でしたけど・・・)

2012/07/27 (Fri) 22:05 | REPLY |   

mia☆mia  

こんにちは。
映画ファンならずとも楽しめる場所ですよね。
しろくろさんの、楽しいレポを拝読して自分ももう1度訪れたくなりました。(20数年ぶりに・・・・)

2012/08/02 (Thu) 16:19 | REPLY |   

しろくろshow  

>mia☆mia さん

こんばんはー、コメント嬉しいッス、ありがとうございます<m(__)m>

季節の良い時期にぶらりと家族で行かれるのもイイかもしれませんよ。7月の京都はやっぱり暑かったですし(~Q~;) 
僕も今度行くなら春か秋にとしようと思ってます(^_^;)

2012/08/02 (Thu) 22:39 | REPLY |   

Leave a comment