You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ

Category: ◆映画は液晶前の指定席で=TVやDVD等で見た映画の話  

なつやすみのしゅくだい・しあげへん

連日続くレコーダー掬いの報告。

「フライトナイト」・・・スターチャンネルでの放送。
 
これは85年オリジナルの方。公開当時劇場で見たそのときからこの映画は気に入っていたのだ。隣に越してきたイケメンが実はヴァンパイアで、尚且つ明らかにバイセクシャルの香りをぷんぷん臭わせたキャラクターというのが面白かった(吸血鬼を演じていたクリス・サランドンの怪しいセックス・アピールがそう思わせた所以ではないかと思うが、リメイク版でこの役をコリン・ファレルに振ったのは良いキャスティング。こちらの方は女好き度がググっとアップした印象だけど、まだその新作は見てないなあ・・・)

ストーリーは吸血鬼映画の定番的展開に「怪奇映画のスター」という設定のロディ・マクドウォール(この映画で初めて猿以外の素顔を見たぞ(__;))がメタ・フィクション風にドラマへ絡んでくるのが目新しく、さらには映画全体の醸し出すムードがどことなく青春映画の空気になっていて、その部分でも珍しい映画ではなかったかと思っている。

僕にとっては数年に一回くらいは見返したくなる独特の魅力を持っている映画だ。それと上右に貼り付けてある動画は本作の主題歌(♪Fright Night/The J. Geils Band♪)だけど、もう聞けば聞くほど80年代の音楽なのが世代的にはたまらなくツボでもあった。


「シャイニング」・・・WOWOWシネマでの放送。
 
ずっと大事に持っていたSD画質のDVDがなんだったんだと言うくらいモノスゴイ綺麗な画質(ーー;)おおーっ、オーバールック・ホテルがこんなにクリアで広く見えるなんて・・・やっぱりステディカムの効果は大画面の16:9で見なければよくワカランなと本編見ながら今回はそっちの方ばかりに感動していたのであった。

この映画のことは三月のエントリーに長々と書いたのでそれを取り出してみたが、今回の見直しで気がついたのは_

○包丁持って走るウェンディ(シェリー・デュバル)がやたらコワく(__;)音消してそこだけ見たらコイツが殺人鬼に見える。
○最後に出てくる犬オトコがなぜかキュート(リンク先のこじかさんブログ参照)
○”シャイニング”という能力は映画の中ではほぼ役に立っていない等々

そして何度目かわからないほど見ているのに、今回もきっちり怖いと思えたのはさすが。


「ハンナ」・・・スターチャンネルで放送
 
状況設定はマジメな「キックアス」みたいな始まり方だったけど、ハンナ役シアーシャ・ローナンのアクションの切れがイマイチで、そこが個人的にはやや不満(薄幸美少女の魅力は満開だったので、このあと見る予定の「ラブリー・ボーン」は少し楽しみになっている)それ以外の格闘系アクションシーンもちょっとパンチ不足の感あり。

ただまあ冒頭からエリック・バナの父親と合流するくだりあたりまではけっこうハラハラして見られたし、途中ハンナと仲良くなるめっちゃクソ生意気なソフィー(ジェシカ・バーデン)一家との交流場面は浅いけれども悪くなく、劇中では一服の清涼剤という趣があって良い場面だった。最後は特に何もないまますぱっと終わった感じだったのでなんとなく物足りない気はしたが、割と好きな部類のビジュアル(ハンナが監禁されている所から脱出するシーンのBGMと編集がバッチリ決まっているところとか)が多かったので好編だったとは思っている。


「アジョシ」・・・WOWOWシネマで放送。
 
この休み中に見た映画じゃこれが一番面白かったなあ・・・ふだん殆ど韓国映画見ないのに自分でも意外な反応(ーー;) 基本プロットは完全に「レオン」をやっているのだけど、あちらが超・美少女とその彼女に毒気を抜かれた純情ロリコンオトコの純愛物語だったのに対して、こちら「アジョシ」はテシク(ウォンビン)が救おうとする他人の娘・ソミ(キム・セロン)に生まれることのなかった自分の子供の姿を投影しているというのが心情部分でひじょーに共感できて、これはベタ中のベタ的展開ではあるけれども、そこがモノスゴク良かったのである(T_T)

またこの映画はこのすぐ後で見た高倉健の「夜叉」と同様、過去を背負ったオトコの物語としても良くできており個人的には昔からそのパターン大好きだったので(^_^;)それだけで好印象に覆われてしまったところはあったとは思っている。回想以外で一切表情を変えなかったテシクが最後の最後で笑顔を見せたり、場面場面であー良いシーンだなと言うのが定期的に訪れるのも見ていて心地よかったのだ(それと上に書いた「ハンナ」と比べてもアクション描写はかなりハード)


あと見たものだとサスペンス風に始まってスラッシャー物に転じるかと思わせておきながら最後は謎の地底人退治の話になるという(ーー;)構成ばらっばらなデタラメ不思議映画「ディセント」、田中裕子の野良猫女ぶりにあー、でもこんな女って実際おるよなと思えて仕方なかった「夜叉」、上映時間が三時間もあるのにいっこうに画面では戦況が掴めずナレーションだけで話が進んでいく「連合艦隊」あたりが印象に残ったかな。あ、「さよならジュピター」も見たな・・・


まだいくらか見ているのでアタマの中で整理が着いたらまたアップいたしましよう。
関連記事

Newer Entry思てたんと違ーーーう!!

Older Entryなつやすみのしゅくだい・えいがのかんそうぶん

 

Comments
Edit
またまたお久しぶりです〜^^

しろくろさんのブログに「シャイニング」ネタが織り込まれてるといちいち反応してしまいますが、この度はまた!!ひゃは〜〜ほっこりする不意打ちリンクでした^^もぉありがとうございます!!!

あと先日書かれていた「青春の殺人者」のくだり…、何を書かれるのだろう?!と思ったら、、、ツボでした(笑)

またお邪魔させていただきます(^−^*)
Editいやいや
ホントは事前にお知らせするべきでしたが事後承諾になってすいませんでした<(_ _)>←文中リンクの件。

でもあれが"犬オトコ"という名前なのはイイですね(^_^;)

どーしても年に何度かは取り上げてしまう「シャイニング」ですが、見るたびに毎回発見があるのはさすがMy Favorite Horror だなと思ってしまいます。

それと改めて見たらシェリー・デュバル意外と若かったですね(HDだからこそわかるという・・・) 

あと「青春の_」のツボ部分はやはりアノくだりでしょうか(^0^;)だとしたらご同輩です。
Edit
こんにちは。
この中では『ハンナ』と『アジョシ』鑑賞済みです。
ハンナ・・・・そうなんですよね。アクションいまいちでした。
シアーシャちゃんの透明感ある魅力はマンテンだったのですが(薄幸美少女ってぴったりの表現ですね)

アジョシ・・・・耳に入る原語が日本語と英語しか受け付けないので、滅多にその他の国の映画は観ません。
久々の韓国モノ。
内容もウォン・ビンも良かったですが、エグぃ場面にはやはり閉口。
ハリウッドのグロシーンは全然OKなのですが、この映画の目玉のシーンとかはちょっと無理でした@

それはそうと、『glee』シーズン2始まりますね♪

EditEテレに拍手
>mia☆mia さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

「アジョシ」の文字通りの目玉シーン(^_^;)は僕もハラハラしました。たぶんあの子のじゃないんだろうとわかってたけど、韓国映画って容赦ないからひょっとして・・・ってけっこう最後まで心配して見ました。

邦画も含めたアジア作品のゴアシーンが何故か生々しく感じるのはよくわかります。少し前に見た「冷たい熱帯魚」も大概のモンでしたし(__;) 僕は80年代以降のスプラッターと「人肉饅頭」等の90年代香港ホラーでだいぶ鍛えたので(ーー;) 普通に見えてしまいますが、絵空事感が薄くなるとエンタメとして見えにくくなるのかもしれませんね。

あと「glee」も無事連続放送してくれるので安心しています。このまませめて3まではやりきってほしいですなあ。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >