こんなヒット作でこの名前を見たことが嬉しい

今日何日?なんと1日サービスデーに見た「アベンジャーズ」の話を今頃書く遅さ(ーー;)

 

これに集結するヒーローの関連映画では「ハルク」と「アイアンマン」しか見てなかったけど、特にそれは問題なくストーリーには入れた(ちゅーかアレだけ説明してくれたらわかるわな(ーー;))さして思い入れのないヒーロー集合物でどこまで感情移入できるのかは自分でもわかんなかったけど、クライマックスで全員集合したシーンは意外に感動したな~(T_T)

やっぱりこういうパターンは東映まんがまつりで何度も見た「マジンガーZ対デビルマン」や「グレートマジンガー対ゲッターロボ」と同じで、お山の大将同士(冠番組持った者同士)がいがみ合いつつも最後は大同団結するというのがヒーロー集合映画の鉄板というモノなのだろう。

何度かこのブログで引用したフレーズだと「強者結集のカタルシス」(「大特撮」という本で書かれていたいわゆる「七人の侍」状態のことを指す言葉)というのが正にこれに当たるのではないかと思うが、この形は万国共通で男子の感性を揺さぶる表現方法なのでしょうな。

映画自体はそういう特に何も考えず最後まで楽しめてしまうお祭り作品だけど、感心するのはこれに至るまでの前振りをいろんな作品でやりつつ(「アイアンマン2」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」も含めれば5本の映画をまとめ上げたことになる)力わざで「アベンジャーズ」に仕上げたその根気良さというかマーケティングの確かさというか、この映画がこれほど世界的に大ヒットしているのを見ると制作サイドの旨さというものを感じずにはいられない。  

そしてもっと驚くのはそのように大当たりしたメジャー作品の監督を我らがジョス・ウェードン(このたびの日本語表記は”ジョス・ウィードン”になってるけど、ホントのところ"Joseph Whedon"ってどう読むのでしょうなあ)がやっていると言うところにあるのだ。

捻くれテレビマニアの一人としては映画「エイリアン4」「トイストーリー」の脚本家と言う実績よりもディープでオタク趣味丸出しのテレビドラマ「バフィー・恋する十字架」「エンジェル」「ファイアフライ」「ドールハウス」と言った一癖二癖三癖ある濃いドラマの制作総指揮者としての印象がはるかに強い人でもあったわけだけど、いわば万人受けとは縁遠いマイナーな実力者(先のドラマはそれなりに当たったモノも多いが、どちらかと言えば一般層向けの作品ではなかった)というイメージがあったので、今になってハリウッドのセンターにすっくと立つ彼の姿は正に画面に登場しないもう一人のヒーローにすら思えたモノだったし、ずっと彼の作り出す作品のファンだった者としては心底嬉しい事態でもあった。

僕はこの人の作るドラマが初期設定はひじょーにベタでぬるいものでありつつも、エピソードを重ねるにつれてどんどん奥行きが深くなりシーズンを進むにしたがってますます先が読めなくなっていくというのが本当に好きだったのである。今回の「アベンジャーズ」にはそのような気配は皆無ではあったけど(ーー;)これがシリーズとなったりしたときには必ず今と違ったものが展開されていることだろうと予想している(このまんまフツーにメジャー監督化してむかしの良さが消えるのだけは勘弁してくれと思うけどね(__;))

あと「アベンジャーズ」で面白かったのはハルクの扱いがとんでもなく高い位置にあって、敵も味方もそこまで恐れる存在だったのかと、過去のハルク映画では考えられないパワーアップしたキャラになっていたのが可笑しかった。実はコイツひとりで何とかなったんじゃないの?と思えたくらい(^_^;)

ちなみに帰宅後は関連映画を改めて見たくなったので現在少しずつ鑑賞中。上では↑ああ書いたけど「ソー」だけは先に見ておくべきだったと少しだけ後悔・・・

※参考動画は"Firefly"と"Buff the Vampire Slayer" 久々に見たら皆若いなー(__;)
関連記事

6 Comments

mia☆mia  

こんにちは

東映まんがまつりにはよく行きましたが、戦隊ものやロボットものに関しては
全く記憶に無いワタシです。

『アベンジャーズ』面白かったですよね~。
ハルク、強すぎです。
冒頭のブラック・ウィドウもかっこよくて好きです^^
先日やっと『キャプテン・アメリカ』見ました。
やっぱり先に見るべきでした(涙)
でも、そうですねぇ。『マイティ・ソー』は確かに先に鑑賞してる方が
良いかも知れないですね。(もう手遅れですが・・・)

2012/09/13 (Thu) 17:16 | REPLY |   

しろくろshow  

女の子だと

「長靴をはいた猫」の方がウケたかも・・・

> mia☆mia さん

こんばんは、コメント&トラバありがとーございます<(_ _)>

ハルクの無双ぶりはいろんなとこで話題になってるようですが、人間時の担当役者が何度も変わってるからキャラ設定イジりやすかったのかもしれませんね。

ちなみに「ハルク」と言うと僕は大昔のテレビドラマの方が印象深かったです(やっすい特撮でしたけどねー・・・)

2012/09/13 (Thu) 21:23 | REPLY |   

momorex  

こんばんはー

私も先日観に行ってきました。
記事を書いてからお邪魔しようと思っていたのですが、なかなか書けず..。
で、やって来てしまいました。

私のお気に入りはマイティ・ソーです。
確かに、今回の敵はロキだったから、先に観といた方がわかりやすかったかもしれませんねー。
結局は「お兄ちゃんに負けたくない!」が理由だったのでしょうか?

あ、でも本作で一番楽しませてもらったのはハルクの「ロキ」ボコボコシーンです!

2012/09/20 (Thu) 20:51 | REPLY |   

しろくろshow  

劇場でも笑いが

>momorex さん

こんばんはです、コメントありがとうございましたm(__)m

確かにあのハルクの過剰な大暴れシーンはウケましたね(^_^;) 僕が行った徳島のシネコンでも爆笑が起こってましたよ(ロキの耐久力もすごいんですが・・・)

それで映画見終わってから昨日までに関連映画全部見たんですけど「キャプテン・アメリカ」が意外につまんなくて「マイティ・ソー」の方が個人的には楽しかったです。

「アベンジャー2」はメンバー増員あるんでしょうかねー・・・

2012/09/21 (Fri) 21:33 | REPLY |   

楽珍劇場  

『アベンジャーズ』好きです。

実に楽しかったですね!ロキが面白過ぎます。
ヒーロー達のキャラクターを上手く活かし、満足度の高い作品でした。
恥ずかしながらこの監督は知りませんでした。
只者ではありませんね・・・

『2』の前に、それぞれの続編が公開されるようですが、
予告編が解禁された『アイアンマン3』に期待してます。
(ネタバレが嫌な方は観ない方が良いです)

2012/10/31 (Wed) 20:03 | REPLY |   

しろくろShow  

やろうと思えば

>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントどうもです_(._.)_

このシリーズはその気になれば何本でも増やして行けそうな気配があるから凄いと思います。一本の映画で描ききれなかったことでもBとCで補填、みたいに今までなかった横に拡がっていく世界観がおもしろいな~と感じますねー。

でも、やっぱり軸は「アイアンマン」(ーー;) 3がコケずにヒットしてくれることを願います。

2012/10/31 (Wed) 23:07 | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  アベンジャーズ
  • アベンジャーズ・アッセンブル(2012/08/15)V.A.、サウンドガーデン 他商品詳細を見る 【Marvel's The Avengers】 制作国:アメリカ 制作年:2012年 長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャ...
  • 2012.09.13 (Thu) 17:12 | miaのmovie★DIARY