ビッチなツインズVS最強のおかん

少し前からDLifeで始まった新ドラマを2本見ている。

一本はアシュレイ・ジャッド主演の「ミッシング」 もう一本はサラ・ミッシェル・ゲラー主演の「リンガー~二つの顔」

 

現状報告すると期待値の高かった「リンガー」は4話目で視聴ストップ中。「ミッシング」の方はなんとか継続中といったところである。

まず「リンガー」の方だけど、双子の入れ替わりものサスペンスというのは昔からけっこうあったので設定に驚きはしなかったが、犯罪歴ある妹がリッチな姉になりすますまでの見せ方が下手すぎて説得力がなさ過ぎる。あれでなんで警察も廻りの人たちも気がつかないのか(しかも早々に姉が生きていたことが判明してストーリーも纏まり悪くなってしまうし)ドラマとはいえちょっとムリないか??と思ってしまうのだ。

上に書いた「纏まりの悪さ」というのも結局よけいなネタ振りにしかならない邪魔な要素が多すぎて(姉夫婦の仮面夫婦状態であるとか姉の妊娠であるとか義理の娘のドラッグ問題とか、ほぼ物語進行の足止めにしかなってないという)お話の芯となるべき正反対な姉妹の描写がおざなり且つスカスカになっているために見ている途中からは「もうどっちがどっちでもええやん(__;)」としか思えなかったし、コレは見続けるのがしんどいドラマと感じましたわ。

そんなわけでもともとサラ・ミッシェル・ゲラーが好きで見始めたドラマだったけど(他の出演者もヨアン・グリフィズや「LOST」のネスター・カーボネルとか意外に豪華)残念ながらあっさりとリタイア中。

「ミッシング」の方は用意されている設定は僕好みで(息子を誘拐された花屋で働くシングルマザーが実は元・CIAの工作員だったという(ーー;))毎回観光ビデオレベルに展開される様々なローマの景色(かなり時間かけてロケをしている感じ)と相まってアクションテレビドラマとしては及第点を超えていると思っている。

ただまあなんちゅうか一回目見たときから気になっていたことだけど、彼女にはスキルはあっても人的な後ろ盾はなく、ひとりでいったいどうやって息子を見つけるつもりだろうかと(そしてきっとそれが孤独な母親の戦いの物語として動いていくのだろうとも)わくわくしながら何週か見てみたら何処に行っても旧知の知り合いは居るし、現地の諜報機関に最初は邪険にされながらいつの間にやらメンバーの一人みたいな形になって集団で活動したり(ーー;)あららこれって僕が思っていたような話じゃなかったんだとこの時点で気がついたのだった。

今のところこのシーズンは全部見るつもりでいるけど、先の「リンガー」同様こちらもそんなに何シーズンも引っ張れるような類のドラマではなさそう。

あとDLifeではむかし好きで見ていた「カイルXY」(「glee」のコーリー・モンテースがカイルの恋敵役だったのは最近知った(__;))が始まるのと11月に新作の「SMASH」という番組がスタートするのが楽しみ。このチャンネルは相変わらず新旧ラインナップのバランスが良くてよろしい。
関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/08 (Mon) 10:27 | REPLY |   

しろくろShow  

Re: タイトルなし

とりあえずお疲れ様でした。

またの復活を楽しみにしています。

2012/10/09 (Tue) 22:30 | REPLY |   

Leave a comment