ヱヴァQ温度差急窮泣の究

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきた。

と言いつつ実のところ真の目当ては特別同時上映となった短編映画「巨神兵東京に現わる」の方だったのはトクサツファンとしては当然か。むろん「Q」も楽しみにしての来場だったので順を追って感想を書いてみる。

「巨神兵東京に現わる」
 
この夏東京都現代美術館の「特撮博」まで行けなかった者としてはせめてこの短編だけでも見られるチャンスがあるなら行っておかねば!と思い駆けつけたのだが、数日後松山で特撮博巡回展示開催の報を聞いてしまいなんだムリしていくこと無かったがなと(ーー;)後になってから軽度な徒労感に襲われたのだった。

正直ミニチュア特撮のクオリティとしては平成ガメラ三部作を見ている者ならそれほど驚くことはなくて(と言うかこれなら「八岐大蛇の逆襲」の時の方が凄かったんじゃないのか)これはおそらくこの手の映像に触れたことの無い層に対しての入口的アプローチだったのかと自分なりに解釈している。全編に渡りよくできてるなあと言う驚きはあれども、切り貼り写真を使った群衆映像の処理が全然巧くいっておらず、残念ながら見え方としてはず平面なペラペラ(__;)「三大怪獣」のギドラ襲撃シーンの構図そのままだった場面などでも巨神兵手前にいた犬がかわいいお人形さん感満開で(^_^;)やや画面から浮いた感があったり。

爆破シーンの迫力はさすがなものがあってこれはスクリーンで見る値打ちのあるすばらしい映像だったけど、本来ミニチュア特撮の醍醐味とは怪獣による直接的な都市破壊では無いかと個人的には思っていたので、できれば巨神兵がただ歩くことにより建造物を次から次に倒壊粉砕させるシーンなんかがもっとあってもよかったとは思うのだ(コレは着ぐるみじゃなければ難しいことだろうけど)

全体の出来としてはイベントのおまけ短編映画としてなら贅沢な作りで十分楽しめる内容だが、真剣に「特撮映画」として評価しようとすると目新しいものは何もなかったなと言うのが今回の感想。やはり先にも書いたとおりふだんあまり国産特撮怪獣映画を見たことのない人たちへの啓蒙準備として見ていただくのが良いのではないだろうか。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
 
さてそれで問題のヱヴァンゲリヲン。うむー(ーー;)これ感想書くの難しいわ~・・・とりあえず能書きというかまず自分のスタンスをさらっと書いておいたほうが良いかもしれないので長々と記すと、自分は85年以降アニメーションというものに対してテレビ/映画どちらもほぼ新作を見る機会を逸した状態が現在まで続いている(この年に高卒で就職したというのが大きかったようで)それ以前の作品については作品ジャンルを問わずだいたいは目を通していたが以降でちゃんと見たものというと「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」さらに一連の宮崎作品であったり、ほかでは「電脳コイル」等数えるほどしかなく「ナディア」も「パトレイバー」も見たことのなかった自分にとって90年代たった一本だけ見ていたアニメが「新世紀エヴァンゲリオン」だったわけである。

知人友人周りにアニメファンが何人かいた関係で放送当時からいろいろ「なにやらすごいぞ」という話は耳に届いていた。僕が見たのは本放送終了して間もない再放送枠だったと思うのだが、一話の「使徒襲来」を見たときから「あ、コレは特撮ファン向きの絵の作り方してる」と直ぐ思ったし(使徒サキエルの登場場面は完全に怪獣映画の構図になっていた)そこから一気に最終話まで見た限りでは本編中全然説明のない意味不明キーワードの嵐に翻弄されながらも所謂旧来のロボットアニメ的エンタテイメントとしての見せ場はしっかりあったし、僕のような特撮ファン兼昭和アニメファンでも乗っていける要素は十分にあったと思っていた。

結果的にテレビシリーズは伏線の回収もなければオチもなく、補填してくれると思っていた最初の劇場版でも首かしげたまま映画館から出てくることしかできず、なんだ「エヴァ」ってこれほど魅力的な作品ピースを一杯持ちながら結局は完成させたかったら後はお客さん脳内で勝手にやってねって事かよっ!と言われたかのような気分で終わってしまった(そう個人的には感じていたし、作品の送り手としてプロ意識の欠片もないような事を平気やるのかとモヤモヤが残ったままで、そんな状況になってもまだ「だからエヴァなんだよ、それが良いんだ」と言ってるファンの子には「目を覚ましてください!ブ~ン!」と当時は小川直也ばりに言ってやりたくもなった)

それが2007年に突然「もいっかいちゃんとやります(?)」と再構築された四部作の第一弾がスタートし、ちゃんとエンタメとして成立する物を作ると聞いていたので「それならっ」と思い一本目の「序」、続く二年後の第二作「破」も見てみることにしたのだ。テレビ版の魅力の一端だった怪しい設定群も残しつつ、こちらは概ね明快な活劇として描かれていた。テレビ版後半や旧劇場版で見れば見るほど陰々滅々苛々のし通しだったガキどもの言動、並びに劇中それぞれの人間関係が自分の中では許容範囲で纏まっていたのもひじょうに心地よく、「破」のラストに至っては初めてシンジが主人公らしい行動を自ら起こし、ミサトがそのことを全身全霊で認め心から支援した所で「続く」になったのは見事な終わり方だったと今でも思っている(あそこは素直に感動した)このままあと二本気持ちよく完結してくれたらいいなあと夢想していたのだが・・・

あー、それなのにそれなのに「Q」はなんでこうなったのか?(そらあの引きで続編の「Q」を期待するなと言うのは無理な話ですわな(ーー;)) とにかく僕自身は今回かなり必死にこの映画を見たつもりだが、まったく「あ、わかったよ」という部分がなかった。前回の終わりが一種のクリフハンガーだったんだから次がどういう始まり方しても別に構わないとは思うけど、どうして最低限必要な説明をまったくしないのか?観客置いてきぼりの映画を見せることがプロとしてカッコ良いとでも思っているのか?例えとしては適当じゃないかもしれないけど大衆店でオープンした店が店舗展開してる途中で突然頑固おやじがやってるこだわり店に変わったみたいな、極端な方針転換は客にとっては迷惑なだけにしかならないと言いたいのだよ。

なんだかここに来て突然テレビ版+最初の映画版の雰囲気に戻ってしまったような気がして、言いたかないけど僕は詐欺にかかったような感覚すら抱いてしまったのである。こんなんだったら最初から「なんだかわかんない作品」で一本目からやっとけよって言いたくなってしまったし(次の完結編で納得いく答えがなかったらホンマに詐欺だよ)本編の四割くらいはボーイズラブみたいなんを見せられるこちらの身にもなれよと(ーー;)オッサン客サイドからは文句の一つも言わせていただきたい。とにかく今作は最初から最後まで「?」の終わらない奇怪で奇天烈な映画でした。
関連記事

4 Comments

ぷっつん  

お久しぶりコメントです!

特撮博物館が巡業するんですね!
関係者じゃないですけど何故かうれしいです。

巨神兵の短編は確かにあの本編だけだとボリューム不足なんですけど、博物館で観るメイキングと合わさるとすごい笑えます。博物館の展示の一つとしての方がしっくりきますよね。犬問題も制作者サイドの小ボケみたいです笑

博物館の感想楽しみにしています!

エヴァはまだ観てないのですが評判よくないですね。
あんまり期待せず見に行きたいと思います。

2012/12/03 (Mon) 01:12 | REPLY |   

しろくろshow  

いらっしゃいませー(^^)

こんにちは、コメントありがとうございます<(_ _)>

言われてみればご無沙汰しておりました・・・(^_^;)

あの犬はたぶんワザトやってるんだろうなあとは思ってましたけど(別の方のブログで「フランケンシュタイン対バラゴン」のイノシシのオマージュだという話も読んで「あーなるほどなあ」とは一応納得したんですが)ちょっとあざとかったですよねー

僕はミニチュアマンションの部屋から外をのぞき込むカットが昔から大好きだったので(ーー;)そこで満足しちゃったんですが、展示会の時にはそのへんしっかりパンフなんかも買って読んでおきたいと思っています。

今のところ来年一番の楽しみになってます(^^)

※「エヴァ」はぷっつんさんのレビュー是非読んでみたいのでアップされたら必ず伺います。

2012/12/03 (Mon) 11:52 | REPLY |   

楽珍劇場  

2本続けて廃墟とか

『巨神兵~』はニヤニヤしながら楽しんでました。
ミラーマンのエンディングみたいなエンドクレジットもGOODです!
ただ、あの「弟が変なのよ」みたいなナレーションはあまり好きじゃないかな?

『ヱヴァ~』につきましてはShowさんがおっしゃる通り、ワタシも口ポカーン状態でした(笑)。
もともとストーリー云々よりも「かっちょイイ映像」を楽しむものと割り切っておりましたが、今回ばかりはそれもイマイチでしたね。
ドラマが無いから、映像だけ観ていても気持ちが盛り上がらないって言うか・・・

旧劇場版の「おっさん体型の弐号機VSエヴァ量産型」をニヤニヤしながら楽しんでた頃が懐かしいデス。

2012/12/03 (Mon) 19:18 | EDIT | REPLY |   

しろくろShow  

思わせぶりで

なんも意味はなかったですね、あのナレーションは。

と、いうことでこんばんは、コメントありがとうございました<(_ _)>

自分の趣味で言うとほんとはナウシカなら巨神兵じゃなくて、リアルモスラの王蟲を実写化して欲しかったんですが贅沢は言えません(ーー;)

2012/12/03 (Mon) 23:24 | REPLY |   

Leave a comment