ベルトが歌ったり喋ったりするのはもう普通なのか

一回聞いただけじゃぜったい覚えられない長いタイトル「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」を見に行ってきた。
 

この日数ヶ月ぶりに有休消化出来ることになり、朝から何か映画に行こうとは決めていたけどサービスデーでも何でも無いんで見るならレイトかなと思っていたらポイントカードが一本無料分に届いていたことを思い出した。おー、そうだよタダならライダーでエエやないかいと方針転換してこちらを見てきたワケである(平日の昼下がりならガキもおるまいとの狙い(ーー;)ちなみに同日のレイトでは「悪の教典」を鑑賞してきた)

アタマ空っぽにして見るには楽しい映画ではあったけど、何処が良かったかと問われると答えに窮する部分は多々ありましょうな。一番何とかしてほしいのはここ最近のライダー/戦隊劇場版で毎回感じるアクションシーンのわかりにくいカット割りと尺の長さがある。アップで動くショットの連続が多すぎて画面に落ち着きと余裕が無く、なかなか見栄の良いキメ絵にならないから飽きるのも早いし、どんな技も抑揚がないせいで全部同じような感じに見えてしまうのは昨今の平成プロレスと同じ。つまりアクションパートの山場が低く、いつまで経っても高揚感が上昇していかないのだ(ジャンプした本人の目線を再現したような主観映像をインサートしていたのは面白かったし、民家の軒先での追いかけっこはスピード感もあってなかなかの迫力と、良い所もあるのだけど)

それとこれも新旧ヒーローオールスター映画だから仕方ないこととはいえ話詰め込みすぎてもはやアンコが出てしまっている(ーー;) ナツカシ石森キャラ大集合もポワトリンイナズマンはともかく(イナズマンのデザインを原作調にしすぎたのはやや不満)アクマイザーをこんな使い方するのはやめてくれと言いたいし(人の小学生時代のヒーローになんてことをするのかと軽く憤慨したぞ(--#))ほかのゲストライダーも扱いは中途半端だったからあれなら出してくる意味は殆どなかった。そこいらはクライマックスのマッドマックスごっこが全然盛り上がり無いのも含めて大いに反省してもらいたい。

しかし上でも↑書いたがあんまりいろんな事考えずに見れば楽しいのは間違いなかったし、最後のオチが激萎えでは有りつつも(ーー;)実はそんなに嫌いな終幕ではなかったのは良かったのではないかと思っている(^_^;)(「フォーゼ」五年後の世界でライダー部の面々がそれぞれ"らしい姿"で活躍している姿は微笑ましくて良かった部分。やっぱり個人的にはこっちのキャストの方が好感度高いメンバーだと思ってしまうな)

で、ついでに書いておくとテレビの方の「ウィザート」は5話目くらいで自分には合わないなと思うようになり、今でも録画はしているけど殆どダイジェストでしか見ていなかったのだ。原因は前作の「フォーゼ」登場人物が全員濃いキャラ分けされていたせいかその煽りで「ウィザード」側のメンバーがみんな"普通"に見えてしまっていることがまずひとつ。中でも主役の白石隼也(「GANTZ」に出てた子というのは最近知った)が線細くてヒーローとしてはあまりにも印象が薄く(どちらかというと二号ライダーが似合いそうな感じ)変身後の「さあ、ショウタイムだ」という決め台詞もコイツが言ってもなあみたいに思えてぴったりとハマった感が無い(演者自身のキャラに合ってないというか)

そしてお話し展開面では絶望が悪(怪人)を生み正義の魔法使い(ウィザード)がそれを倒したのち人を癒やすというのがベースになっているわけだけど、希望を失った人間がゲートと呼ばれその中からファントムという怪人が出現するっていうのは前々作「オーズ」の欲望から怪人の元となるヤミーを生み出すパターンとあまり差異がないように感じられてこの設定にも新味がなかった。あと根本的にこのドラマ内での「魔法使い」という言葉の位置づけが今以て良くわからないところがあって、それが超能力の延長なのかはたまた血のなせる宿命的なものなのかと言った提示がもう少しあっても良いのではと思ってしまうのである。

今回の劇場版では「ウィザート」のパートが番外編的に軽めのお話になっていてテレビ版とは違う楽しさがあったのが新鮮だったから、シリーズの方もこういうノリでこの後展開していってくれたらもう少し見易くなるのにとは思っている。要は日曜の早朝からあんまり辛気くさいのはやめとこうよということだ(ーー;)

あと蛇足ながらどうでもいい話としては「ウィザード」の主題歌(これはなかなか格好良くて良い。是非とも今度カラオケで挑戦しよう)を歌っているゴールデンボンバーという人たちをこれではじめて見聞きしたけど、紅白出るほどメジャーな存在とは全然知りませんでした(__;)己の勉強不足も甚だしいな。
関連記事

6 Comments

楽珍劇場  

話題だけは事欠かない最近のライダー映画

昭和ヒーローのリファインも結構ですが、イメージが悪くなってしまうのはカンベンしてほしいですね~
ギャバンのようにオリジナルを尊重してくれるのなら、ウィンスペクターやソルブレインの活躍をもう一度見てみたいです。

2012/12/21 (Fri) 19:05 | EDIT | REPLY |   

しろくろShow  

次はライダーx戦隊x宇宙刑事??

> 楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございました<(_ _)>

キョーダインにしろポワトリンにしろやるのは別に構わないのですが、こういう鉄板コンテンツのライター映画で「次はコレどうだろ?」みたいに商売になりそうなナツカシキャラをリサーチするようなマネはやめて欲しいと思ってしまいます。

僕はむしろ映画じゃなくてBSとかの枠でもっと自由な括りのリメイクにチャレンジした方が良いんじゃないかと思いますねー(「アキバレンジャー」のパターンでやれば良いのにと)

2012/12/22 (Sat) 19:57 | REPLY |   

無様な愚か者  

こんにちは~(^^)

>ベルトが歌ったり喋ったりするのはもう普通なのか

衝撃です。喋るはともかく、歌うんですか!
まともに見たのがライダーRXまでの自分には、もう何が何だかです。
平成ライダーはかろうじて、龍騎くらいなら観たことあるんですが、ベルトはまくまでベルトだっただけに本当にびっくりです!

2012/12/24 (Mon) 16:21 | REPLY |   

しろくろShow  

未だ違和感があるわけですが・・・

>無様な愚か者 さん

こんばんは、コメントどうもありがとうございます_(._.)_

ちょっと長いけど参考用にライダーベルトのCMリンクを引っ張ってきました。これで変遷的な物がわかると思いますが、元祖歌うベルトのオーズのときは「ええーっ(ーー;)」と思い今の「ウィザード」に至っては最初「バカにしとるのか!」という気になりました。

http://youtu.be/JcPov_J1qbQ

コレを進化というのか何というのか・・・・おっちゃんである自分にはよくわかりません(__;)

2012/12/24 (Mon) 23:34 | REPLY |   

無様な愚か者  

動画見させていただきました。

面白かったので、しろくろshowさんの書かれたこちらの記事の紹介がてら、私のサイトでこの動画の拡散を試みてたいと思います。(^^)

2012/12/25 (Tue) 23:51 | REPLY |   

しろくろShow  

>無様な愚か者 さん

おおっ、試みとしては楽しそう・・・

あの動画集では「X」の時あきらかに子供相手に無茶な撮影しているのがすごいなと思いました(__;)

2012/12/26 (Wed) 18:55 | REPLY |   

Leave a comment